藤井彰人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤井 彰人
阪神タイガース #50
Fujii akihito.jpg
2011年7月10日、秋田県立野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府東大阪市
生年月日 1976年6月18日(39歳)
身長
体重
170 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1998年 ドラフト2位
初出場 1999年4月30日
年俸 4,500万円(2015年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤井 彰人(ふじい あきひと、 1976年6月18日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼稚園時に兄の影響でソフトボールに触れ、小学4年時にボーイズリーグの若江ジャイアンツに入団。監督から捕手を強制されたが嫌がり、投手三塁手もこなしていた。

上小阪中学3年のころ本格的に捕手を始めた[2]。若江ジャイアンツ・中学部では、全国大会出場を果たす。1学年上のチームメイトに「グラブさばきがえげつなかった」[3]と記憶する松井稼頭央がいた。また若江ジャイアンツの強力なライバルチームであった八尾フレンド在籍の山下勝充と戦ったことがある。

近大附属高校2年時に夏の甲子園出場。金城龍彦とバッテリーを組んでいた。

進学先の近畿大学では、まだ内野手への未練を残していた[3]が、同学年の内野手には二岡智宏がいて、さらに1学年下に山下勝充もいたため、捕手に専念することになった。3年時には宇高伸次とバッテリーを組み、二岡、山下らと共に春のリーグ戦、秋のリーグ戦、大学選手権明治神宮大会全日本アマチュア野球王座決定戦の五大会で優勝し、史上初のアマチュア五冠を達成。1997年8月にはインターコンチネンタルカップに日本代表として出場、優勝メンバーの一員となった。この時のメンバーには後に近鉄・楽天でチームメートとなる高須洋介や、巨人へ入団した二岡、上原浩治高橋由伸らも名を連ねていた。関西学生リーグ通算81試合出場、296打数85安打打率.287, 5本塁打、56打点。最優秀選手2回、ベストナイン5回受賞。

1998年のドラフト会議大阪近鉄バファローズから2位指名を受け、1位指名の宇高と共に入団。

近鉄時代[編集]

プロ初出場は入団1年目の1999年4月30日の対千葉ロッテマリーンズ戦で、9回に捕手として出場した。また同年にプロ初安打・初打点も記録。入団2年目に右膝の靭帯を断裂し、翌1年間をリハビリに費やしたため、2001年の出場数は1試合のみだったが、同年の日本シリーズ(対ヤクルトスワローズ)に出場。第2試合目、スタメン捕手古久保健二代打が出されると代わってマスクをかぶり、好リードで追加点を許さずその後の逆転勝ちに大きく貢献した。しかしヤクルトが優勝を決めた第5戦目では近鉄最後の打者となった。

復帰した2002年から3年間は着実に出場数を伸ばしていき、近鉄最後の年である2004年には的山哲也と正捕手の座をめぐり熾烈な争いを繰り広げた。開幕スタメンは藤井が務めたが6月までは両者が並行して起用された。7月に的山が正捕手を奪い返し、藤井の出場はゼロ。8月になるとまた藤井がスタメンマスクをかぶり、以降閉幕まで的山のスタメン出場は8試合だけだった。最終的には藤井86試合249打席、的山81試合140打席。また、この年最多勝を挙げた岩隈久志が先発する時はほぼ藤井がマスクをかぶった。

2004年のシーズン終了後、オリックス・ブルーウェーブとの合併に伴う選手分配ドラフトで、新規参入球団の東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。野球生活で初めて、出身地(大阪府)以外の地域に本拠を置くチームへ所属することになった。

楽天時代[編集]

2005年はプロ入り最多の113試合に出場。プロ入り後初めて正捕手といえるポジションをつかんだ。

2006年野村克也が監督に就任し、野村克則と正捕手の座を争った。最終的には105試合出場。出場試合数こそ前年より減ったが、打席数は80ほど増加し過去最高を記録。オフの契約更改の席で、球団に自分のグッズ作成を要望した。

2007年福盛和男と並んで選手会の副会長に就任。大卒ルーキーの嶋基宏と正捕手の座を争った。開幕から6試合はスタメンマスクをかぶったが、1勝5敗と振るわず、その後は嶋にスタメンを譲ることが多くなった。それでも守護神の福盛と組み、抑え捕手として生き残りを賭けていたが、後半戦に福盛は戦線離脱。新守護神の小山伸一郎と嶋がコンビを組んだため、さらに出場機会が減り、最終的には76試合の出場にとどまった。また、前年は3割を越えた盗塁阻止率が1割台に落ち込み、藤井がマスクをかぶった時のチーム防御率は5点台と不本意な成績でシーズンを終えた。8月25日の対オリックス・バファローズ戦では、負けた場合「3試合連続サヨナラ負け」のプロ野球新記録がかかっていたが、4投手をリードし打っては4打数4安打と、久々のスタメン出場で意地を見せた。

2008年は、岩隈やドミンゴ・グスマンが先発した試合を中心にスタメンマスクをかぶるようになり、90試合に出場。リーグトップとなる盗塁阻止率.429も大きく評価され、岩隈とともに最優秀バッテリー賞を受賞した。嶋の打撃改善や井野卓の台頭などもあったが、嶋や井野が二軍落ちを経験する中で一軍のマスクを守り抜き、成績的にも盗塁阻止率のみならず打撃全般のレベルアップを見せた。また、前年に続き選手会副会長を山村宏樹と共に務めた。

2009年、6月27日の対オリックス戦で自身初の代打本塁打を放ったが、8月5日に左脇腹痛のため一軍登録抹消。2005年の楽天創設時から4年間一軍登録抹消を経験しておらず、野手の中では創設時から最も長く二軍落ちしていなかったが、5年目でついに一軍から外される形となった。結局、この年は楽天移籍後最少となる35試合の出場にとどまった。しかし規定打席不足ながら3割を超える打率を記録した。

2010年、開幕戦こそスタメン出場を果たしたものの、その後は正捕手の座を嶋に奪われる形となり、出場試合は前年をも下回るわずか8試合にとどまった。シーズン終了後、出場機会を求めFA権を行使。そこで、シーズン終盤に左膝を負傷し手術を受けた城島健司の穴を埋められる捕手を探していた阪神側との思惑が一致し、11月22日に阪神との2年契約に合意。12月1日、大阪市内で入団会見を行い、背番号は「50」となった[4]

阪神時代[編集]

移籍初年度の2011年、7月2日の対横浜ベイスターズ戦(阪神甲子園球場)で、移籍後初、自身2年振りの本塁打を放ち、先制打を放った新井貴浩と共に移籍後2度目のヒーローインタビューを受けた。この時、新井が藤井の本塁打について「チームメイトが『さすが男前!』と言ってました」と発言したのを受け「顔しか取り柄がないけど頑張る」とジョークを交えて応じた。このやり取りがスポーツ紙で話題になり[5][6]、阪神球団では、藤井のキャラクターを前面に押し出した公認応援グッズ(Tシャツ・フェイルタオル・ストラップなど)を同年8月から2012年シーズンまで発売した[7]。この年は膝の手術を受けた城島が春先から不振に陥り、6月初めに右肘痛で登録抹消されたため、その代わりに6月6日のセ・パ交流戦対オリックス戦から先発起用されるようになった。その次の対ロッテ戦からペナントレースの対横浜戦まで7カード連続で負け越しを回避し、3度の完封勝利も記録。6月19日の交流戦では古巣の楽天相手に先制タイムリーを含む2安打で、7対0の大勝に貢献。ジェイソン・スタンリッジとバッテリーを組んだ6月の3試合ではすべて勝利を挙げ、スタンリッジの月間MVP受賞を援護。スタンリッジは受賞の際に「MVPは彼に渡したほうがいい」と藤井を絶賛した[8]。6月には、藤井の好物にちなんで、藤井の親族が「阪神タイガース 藤井彰人選手の店」として大阪府富田林市でお好み焼店を開いた[9]。12月10日にABCテレビで放送された『虎バンスペシャル 阪神タイガースファン感謝デー』では、ファンとの交流企画の一環として、藤井のファンがこの店で藤井自身からお好み焼き作りの手ほどきを受けているシーンが流れた。

2012年は、春季キャンプの終盤に左脇腹を痛めた影響で、実戦への登場はオープン戦の終盤にまで持ち越された。公式戦では開幕から一軍に登録。後輩捕手の小宮山慎二との併用扱いながら、大半の試合ではスタメンマスクを任されていた。しかし、4月10日の対広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)の第1打席で犠打を試みた際に、広島の先発投手大竹寛から左目付近に死球を受けて交代。左頬の骨折と診断され、翌日には出場選手登録を抹消された[10]。5月4日に再び出場選手登録され、同日の対読売ジャイアンツ戦(甲子園)7回表からの守備で実戦復帰を果たすと、以降の試合には主にスタメンで起用されていた。しかし、古巣・楽天との対戦になった6月5日のセ・パ交流戦(クリネックススタジアム宮城)9回表の打席で、一塁内野安打を放った際に右足の太腿部を故障。そのまま試合終了までマスクをかぶったが、翌日に再び出場選手登録を抹消された。シーズン通算では一軍公式戦への出場が81試合にとどまったが、阪神との2年契約を満了したシーズン後には、同球団と新たに1年契約を結んだ。

2013年には、オリックスからFA移籍した日高剛との併用を前提に、開幕から一軍に登録された。日高が主に左腕の榎田大樹が先発する試合で起用されたのに対し、藤井は榎田以外の投手が先発する試合にスタメンマスクを任されることが多かった。打撃面でも、5月7日の対巨人戦(東京ドーム)で放ったソロ本塁打によってシーズン通算の打点・得点が前年を上回るなど、おおむね8番打者として好調を維持[11]。6月5日の対埼玉西武ライオンズ戦(倉敷マスカットスタジアム)では、移籍後初めて6番打者に起用された。この年のオールスターゲームには監督推薦で自身初出場を果たした[12]。5月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦(甲子園)では猛打賞を記録し、試合後に勝利投手の藤浪晋太郎とともに、自身2年振りのヒーローインタビューを受けた。その際、前述の2年前のヒーローインタビューの際に「顔しか取り柄がない」と発言したことに触れ「他に何か取り柄がないかと考えたが、やっぱり顔しかなかった」と発言、再び場内を沸かせた[5][6][13]

2014年は開幕スタメンを逃した。4月25日の対横浜戦(横浜スタジアム)で走塁中に右足甲を痛め約1か月半戦線を離脱[14]、その間に新加入の鶴岡一成梅野隆太郎が台頭したことで復帰後も出場機会は増えず、7月29日には右肘痛で再び戦線離脱した[15]。この二度の故障もあり、この年は阪神移籍後最低の34試合出場にとどまったが、9月29日には通算1,000試合出場を達成した[16]。ほか、クライマックスシリーズ日本シリーズでは鶴岡とともにマスクをかぶった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1999 近鉄 15 21 19 4 5 1 1 0 8 1 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .263 .333 .421 .754
2000 21 15 11 3 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 4 0 0 4 1 .273 .467 .364 .830
2001 1 3 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .500 .667 .500 1.167
2002 53 89 85 5 19 4 1 0 25 5 0 0 1 0 3 0 0 19 1 .224 .250 .294 .544
2003 73 190 166 13 32 4 2 1 43 13 2 1 14 1 7 0 2 24 2 .193 .233 .259 .492
2004 86 249 216 19 52 4 1 1 61 20 3 2 19 0 14 0 0 33 5 .241 .287 .282 .569
2005 楽天 113 271 250 19 58 9 1 0 69 21 1 1 6 3 11 0 1 38 5 .232 .264 .276 .540
2006 105 342 297 26 70 13 0 3 92 25 6 1 14 1 29 0 1 51 9 .236 .305 .310 .615
2007 76 110 98 8 23 5 0 0 28 7 1 3 3 2 6 1 1 13 5 .235 .280 .286 .566
2008 90 223 190 15 50 7 0 0 57 13 3 2 13 1 18 2 1 25 9 .263 .329 .300 .629
2009 35 76 71 7 23 1 0 1 27 9 0 0 3 0 2 0 0 9 2 .324 .342 .380 .723
2010 8 19 18 1 4 1 0 0 5 2 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .222 .263 .278 .541
2011 阪神 99 298 265 19 59 9 1 2 76 15 1 1 16 0 16 2 1 48 10 .223 .270 .287 .557
2012 81 228 210 9 52 5 0 1 60 10 0 1 7 0 9 2 2 39 3 .248 .285 .286 .571
2013 112 343 298 21 77 7 0 1 87 24 1 0 15 3 27 2 0 43 7 .258 .317 .292 .612
2014 34 73 65 5 14 3 0 0 17 5 0 0 0 1 7 1 0 10 3 .215 .288 .262 .550
通算:16年 1002 2550 2261 174 542 74 7 10 660 170 18 12 111 12 156 10 10 365 62 .240 .290 .292 .582
  • 2014年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1999 14 12 8 4 .333
2000 18 2 1 1 .500
2001 1 0 0 0 -
2002 52 25 21 4 .160
2003 72 57 41 16 .281
2004 86 73 50 23 .315
2005 111 485 51 6 6 2 .989 81 59 22 .272
2006 104 643 54 4 9 2 .994 72 45 27 .375
2007 74 252 14 3 1 3 .994 35 29 6 .171
2008 87 456 40 0 4 2 1.000 49 28 21 .429
2009 29 129 8 1 0 0 .993 14 10 4 .286
2010 8 36 4 0 0 0 1.000 7 6 1 .143
2011 98 697 56 2 5 1 .997 42 29 13 .310
2012 80 479 45 5 7 2 .991 54 30 24 .444
2013 111 699 53 3 9 1 .996 62 39 23 .371
2014 33 171 12 1 3 1 .995 9 7 2 .222
通算 945 594 403 191 .322
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 31 (1999年 - 2010年)
  • 50 (2011年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “契約更改 阪神”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/baseball/professional/koukai/2015/team/koukai-tigers.html 2015年1月4日閲覧。 
  2. ^ 「現役の皆さんに聞きました キャッチャーの魅力を教えてください」『週刊ベースボール』2009年6月1日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20441-6/1, 20-21頁。
  3. ^ a b 「“虎のあっちゃん”藤井彰が救世主 」 デイリースポーツ、2011年6月10日。
  4. ^ 藤井彰人選手入団記者会見 2010年12月1日 阪神タイガース公式サイト
  5. ^ a b 虎・藤井彰“今季初”お立ち台「やっぱり顔しか…」 サンケイスポーツ、2013年5月27日配信、同日閲覧。
  6. ^ a b 阪神藤井猛打賞 仕事っぷりもカッコイイ nikkansport.com, 2013年5月27日配信、同日閲覧
  7. ^ 顔しか取り柄がない?藤井彰“男前グッズ”発売へ スポーツニッポン、2011年7月5日。しかし実際には、グッズは増産されなかったうえ、「男前」の商標を男前豆腐店などが登録していたことが2012年のシーズン終了後に判明し、商標権との兼ね合いなどから2013年以降「男前」を冠したグッズを発売できなくなった(藤井彰、残念「男前グッズ」消える… デイリースポーツ、2012年12月21日)。
  8. ^ 虎・スタン、月間MVPは「チームに感謝」 サンケイスポーツ、2011年7月6日。
  9. ^ 近鉄時代の同僚・下山真二の公式ブログ
  10. ^ 阪神・藤井彰、顔面死球…トラ緊急事態 サンケイスポーツ、2012年4月11日。
  11. ^ 阪神藤井彰V弾、あら入ってもうた nikkansport.com, 2013年5月8日配信、5月29日閲覧。
  12. ^ 阪神藤井彰がプロ15年目で初球宴/球宴 日刊スポーツ、2013年7月2日、同19日閲覧。
  13. ^ タイガースムービー ヒーローインタビュー 【2013/5/26】 藤浪投手と藤井選手のヒーローインタビュー!! 阪神タイガース公式ウェブサイト、2013年5月27日配信、同日閲覧。
  14. ^ 右足甲痛めた阪神藤井が登録抹消 デイリースポーツ、2014年4月26日、10月9日閲覧。
  15. ^ 藤井 右肘痛で選手登録抹消 デイリースポーツ、2014年7月29日、10月9日閲覧。
  16. ^ 阪神藤井1000試合出場「感謝です」 日刊スポーツ、2013年9月30日、10月9日閲覧。

関連項目[編集]