増田達至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
増田 達至
埼玉西武ライオンズ #14
Masuda Tatsushi.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県洲本市
生年月日 (1988-04-23) 1988年4月23日(31歳)
身長
体重
180 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト1位
初出場 2013年6月13日
年俸 1億円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

増田 達至(ますだ たつし、1988年4月23日 - )は、兵庫県洲本市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

由良小学校4年生の時に野球を始め、当時は捕手遊撃手由良中学校では軟式野球部に所属し、3年生の時に投手になった。柳学園高校では1年生の夏にベンチ入りし、秋にはエースになった[2]。甲子園出場経験は無い[3]

福井工業大学では1年生の春にはベンチ入りした[2]。4年生時の北陸大学野球・春季リーグで5勝を挙げるなどの成績でベストナインを獲得[3][4]。大学通算成績は35試合171回1/3を投げ11勝9敗、防御率1.42[5]

NTT西日本では1年目の春に公式戦に登板[3]。2年目は抑え投手を務め[2]第83回都市対抗野球大会2回戦では8回の途中で救援登板し、1回1/3を投げ被安打0、無失点だった[6]

2012年11月に行われた第38回社会人野球日本選手権大会では計2試合2回2/3を投げ被安打0、無失点だった[7]

2012年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議で、東浜巨の交渉権を重複指名による抽選で外した埼玉西武ライオンズと、同様に森雄大を外した広島東洋カープにそれぞれ外れ1位で指名され、抽選の結果西武が交渉権を獲得[8][9]。契約金1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)で合意し[10]、入団、背番号は「14」に決まった[11]。12月25日には入籍している[12]

西武時代[編集]

2013年、春季キャンプはA班(一軍)スタートだったが[13]、途中で二軍落ち[14]。その後3月の二軍戦で左脇腹を痛め、5月下旬に実戦に復帰し、6月12日に一軍に初昇格した[15][16]。6月13日の対中日ドラゴンズ戦で同点の延長11回にプロ初登板。1死一、二塁から浅村栄斗の悪送球失策により勝ち越しを許し、自責点0で敗戦投手となった[17][18]。23日の対オリックス・バファローズ戦では同点の10回に登板、1回を投げ無失点で初ホールドを挙げ[19]、30日の対北海道日本ハムファイターズ戦では同点の7回途中に登板、1/3回を無失点に抑えると8回にチームが勝ち越しプロ初勝利を挙げた[12][20]。8月3日の対福岡ソフトバンクホークス戦で松田宣浩に本塁打を放たれるまで14試合連続無失点を記録した[21]。9月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では初先発し、4回1/3を投げ1失点で勝敗はつかなかった[22]。二軍では7月18日に行われたフレッシュオールスターゲームではイースタン・リーグ選抜メンバーに選ばれ、7回に救援登板し無失点だった[23]

2014年は右肩痛により開幕一軍は逃したが[24]、5月13日に出場選手登録[25]。44試合に登板しチーム最多の22ホールドを挙げた[26]

2015年は初めて開幕一軍入りを果たした[27]。7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された[28]。監督選抜によりオールスターゲームのメンバーに選ばれ、7月18日に行われた第2戦において4番手で登板し、1回を投げ無失点だった[29]。9月8日の対オリックス戦の9回、2死一・二塁で登板して1/3回を無失点に抑え、プロ初セーブを挙げた[30]。この年、パシフィック・リーグ最多の72試合に登板し[31]、リーグ最多の42ホールドポイントおよび同40ホールドを挙げ、最優秀中継ぎ投手賞を受賞した[32]

2016年、抑えの高橋朋己が負傷離脱した事を受けて抑えに転換。28セーブを挙げた。

2017年は57試合に登板し、2年続けて28セーブを挙げた。

2018年は選手会長に就任[33]。抑えを務めていたが不振で中継ぎに配置転換され、7月5日に二軍落ちしたこともあり、41試合に留まった。

選手としての特徴[編集]

平均球速約146km/h[34]、最速154km/h[35]ストレートと縦のスライダーカーブを投げ分け、社会人時代にチームの臨時コーチを務めた野田浩司から習得したフォークも稀に交える[10]。ストレートはナチュラルにカットボール気味に変化し[36]、スライダーとカーブは握りとリリースが同じだという[37]。社会人時代で50メートル走のタイムは6秒3。遠投100メートル[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 西武 42 2 0 0 0 5 3 0 5 .625 237 52.2 60 3 19 2 1 44 1 0 25 22 3.76 1.50
2014 44 0 0 0 0 3 4 0 22 .429 181 44.2 35 3 13 4 1 37 0 0 14 14 2.82 1.07
2015 72 0 0 0 0 2 4 3 40 .333 302 74.0 64 1 15 2 4 62 2 0 26 25 3.04 1.07
2016 53 0 0 0 0 3 5 28 5 .375 232 54.1 51 1 15 5 2 53 0 0 13 10 1.66 1.21
2017 57 0 0 0 0 1 5 28 4 .167 220 56.1 41 7 13 2 0 58 0 0 17 15 2.40 0.96
2018 41 0 0 0 0 2 4 14 2 .333 170 38.1 44 5 9 2 2 23 1 0 23 22 5.17 1.38
通算:6年 309 2 0 0 0 16 25 73 78 .390 1342 320.1 295 20 84 17 10 277 4 0 118 108 3.03 1.18
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2013 西武 42 1 9 1 1 .909
2014 44 2 10 0 0 1.000
2015 72 3 12 1 0 .938
2016 53 1 5 3 1 .667
2017 57 2 6 0 0 1.000
2018 41 4 6 0 0 1.000
通算 309 13 42 5 2 .924
  • 2018年度シーズン終了時

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 14(2013年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e 広島 外れ1位に152キロ右腕、NTT西日本・増田 スポニチ Sponichi Annex 2012年10月16日掲載
  3. ^ a b c 虎リストアップ即戦西日本・増田 日刊スポーツ 2012年5月22日紙面から
  4. ^ 記録 北陸大学野球連盟
  5. ^ 別冊宝島アプロ野球選手データ名鑑2013 宝島社発行 126頁
  6. ^ 第83回 都市対抗 本大会 7月20日 東京ドーム 第1試合 2回戦 公益財団法人 日本野球連盟
  7. ^ 第38回 日本選手権 本大会 11月3日 京セラドーム大阪 第1試合 1回戦第38回 日本選手権 本大会 11月9日 京セラドーム大阪 第3試合 2回戦 公益財団法人 日本野球連盟
  8. ^ 2012年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年10月25日配信
  9. ^ 2012年 新人選手選択会議 (埼玉西武ライオンズ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  10. ^ a b 西武増田 武器は野田直伝お化けフォーク 日刊スポーツ 2012年11月22日紙面から
  11. ^ 2012ドラフト指名選手 入団発表会! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年12月13日配信
  12. ^ a b 増田初勝利!支えた妻に「ありがとう」 日刊スポーツ 2013年7月1日紙面から
  13. ^ 2013年春季キャンプ参加選手決定! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2013年1月17日配信
  14. ^ 西武ドラ1・増田、2軍へ「しっくりきてない 感覚違う」 スポニチ Sponichi Annex 2013年2月21日掲載
  15. ^ ドラ1増田が1軍初昇格へ「しっかりやりたい」 スポニチ Sponichi Annex 2013年6月11日掲載
  16. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  17. ^ 西武ドラ1増田 初登板で黒星、不運…打ち取ったが味方失策 スポニチ Sponichi Annex 2013年6月13日掲載
  18. ^ 2013年6月13日 埼玉西武 対 中日 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  19. ^ 2013年6月23日 (日) 埼玉西武 9 - 9 オリックス 日本野球機構オフィシャルサイト
  20. ^ 2013年6月30日 (日) 北海道日本ハム 4 - 8 埼玉西武 日本野球機構オフィシャルサイト
  21. ^ 【西武】増田、無失点試合14でストップ 日刊スポーツ 2013年8月3日掲載
  22. ^ 2013年9月26日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  23. ^ 2013年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果 日本野球機構オフィシャルサイト
  24. ^ 1軍合流の増田 1時間汗流し意気込み「一生懸命やるだけ」 スポニチ Sponichi Annex 2014年5月12日掲載
  25. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  26. ^ 2014年 個人成績 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  27. ^ 2015年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年3月25日配信
  28. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる[リンク切れ] 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  29. ^ マツダオールスターゲーム2015 出場者2015年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第2戦) 日本野球機構オフィシャルサイト
  30. ^ 岸 10K粘投で5勝目!増田がプロ初セーブ スポニチ Sponichi Annex 2015年9月9日掲載
  31. ^ 2015年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(投手部門) 日本野球機構オフィシャルサイト
  32. ^ 2015年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(投手部門) ホールド2015年度 表彰選手 (パシフィック・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  33. ^ 西武選手会長に増田 守護神で4年ぶりAクラス貢献日刊スポーツ 2017年11月28日掲載
  34. ^ 『2016 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2016年、62頁。ISBN 978-4-905411-36-9
  35. ^ 西武中村剛也「オタオタせず待つ」不変のルーティン日刊スポーツ
  36. ^ 『野球太郎 No.18 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補名鑑2016』廣済堂出版、2016年、59頁。雑誌69412-21。
  37. ^ 「週ベ・オーロラビジョン 守護神たちの序盤戦」『週刊ベースボール』2016年5月16日号、ベースボール・マガジン社、 45頁、 雑誌20443-5/16。
  38. ^ 試合結果 2013年6月15日 詳細打席別結果 スポニチ Sponichi Annex
  39. ^ 選手登場曲 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]