マット・レイノルズ (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マット・レイノルズ
Matt Reynolds
ワシントン・ナショナルズ (マイナー)
Matt Reynolds on March 29, 2017.png
ニューヨーク・メッツ時代
(2017年5月29日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州タルサ
生年月日 (1990-12-03) 1990年12月3日(28歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手二塁手
プロ入り 2012年 MLBドラフト2巡目
初出場 2016年5月17日 ワシントン・ナショナルズ
年俸 $507,500 (2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マシュー・ウィリアム・レイノルズMatthew William Reynolds, 1990年12月3日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州タルサ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBワシントン・ナショナルズ傘下所属。愛称はレイ・レイ[2]

経歴[編集]

プロ入りとメッツ時代[編集]

2012年MLBドラフト2巡目(全体71位)でニューヨーク・メッツから指名され[3]6月29日に契約。契約後、傘下のA級サバンナ・サンドナッツ英語版でプロデビュー。42試合に出場して打率.259、3本塁打、13打点、5盗塁を記録した。

2013年はA+級セントルーシー・メッツでプレーし、117試合に出場して打率.226、5本塁打、49打点、9盗塁を記録した。9月2日にAA級ビンガムトン・メッツへ昇格し、1試合に出場した。

2014年はまずAA級ビンガムトンでプレーし、58試合に出場して打率.355、1本塁打、21打点、6盗塁を記録した。6月19日にAAA級ラスベガス・フィフティワンズへ昇格。AAA級ラスベガスでも68試合の出場で、打率.333、5本塁打、40打点、14盗塁と結果を残した。オフにはメッツ傘下所属選手のオールスターチームに遊撃手として選出された[4]

2015年はAAA級ラスベガスでプレーし、115試合に出場して打率.267、6本塁打、65打点、13盗塁を記録した。ポストシーズンの10月12日にメッツとメジャー契約を結び、リーグチャンピオンシップシリーズでは、負傷したルーベン・テハダの代役としてメジャー未経験ながらロースター入りした[5]。しかし出場機会はなく、ワールドシリーズのロースターからは外された。

2016年4月1日にAAA級ラスベガスへ異動し[6]、そのまま開幕を迎えた。開幕後はAAA級ラスベガスで33試合に出場し、5月17日にメジャーへ昇格した[7]。同日のワシントン・ナショナルズ戦で「9番・三塁手」として先発起用されメジャーデビュー。しかし3打数無安打1三振に終わった[8]。5月25日のナショナルズ戦で、5回表にタナー・ロアークからメジャー初安打となる右翼への安打を記録[9]。その後も主に代打として起用されていたが、5月29日にウィルマー・フローレス故障者リストから復帰したため、AAA級ラスベガスへ降格[10]。6月3日にデビッド・ライトが故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格[11]。6月22日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦ではホアキム・ソリアから右中間スタンドへのメジャー初本塁打を記録した[12]。再昇格後は18試合で打率.273・1本塁打・5打点の成績を残していたが、7月5日にホセ・レイエスと入れ替わる形でAAA級ラスベガスへ降格した。降格後はパシフィック・コーストリーグのオールスターゲームに選出された[13]。最終的には47試合に出場し、打率.225、3本塁打、13打点を記録した。守備では複数ポジションを守ったが、基本的に遊撃手を守り、21試合で2失策守備率.972・DRS -1・UZR +0.1という成績を残した。

2017年シーズン開幕時はマイナー・オプションによってAAA級ラスベガスで迎えたが、4月26日にアクティブ・ロースター入りした[14][15]。この年は68試合に出場して打率.230、1本塁打、5打点を記録した。

2018年2月9日にトッド・フレイジャーの加入に伴ってDFAとなった[16]

ナショナルズ時代[編集]

2018年2月12日に金銭トレードで、ワシントン・ナショナルズへ移籍した[17]

2019年1月13日にブライアン・ドージャーの加入に伴ってDFAとなり[18]、17日にマイナー契約で傘下のAAA級フレズノ・グリズリーズへ配属された[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 NYM 47 96 89 11 20 8 0 3 37 13 0 1 2 0 4 0 1 34 2 .225 .266 .416 .682
2017 68 130 113 12 26 1 2 1 34 5 0 1 1 0 14 1 2 37 2 .230 .326 .301 .626
2018 WSH 12 14 13 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .154 .214 .154 .368
MLB:3年 127 240 215 24 48 9 2 4 73 19 0 2 3 0 19 1 3 75 4 .223 .295 .340 .635
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 15(2016年 - 2017年)
  • 19(2018年)

脚注[編集]

  1. ^ Matt Reynolds Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月28日閲覧。
  2. ^ Explaining Mets Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月28日閲覧
  3. ^ Ethan Asofsky (2012年6月5日). “Mets show Arkansas bias on Day 2 of Draft” (英語). MLB.com. 2016年7月28日閲覧。
  4. ^ Robert Emrich (2014年12月4日). “Herrera's ascension fuels Mets' stars” (英語). MiLB.com. 2016年7月28日閲覧。
  5. ^ “Mets add infielder Matt Reynolds to NLDS roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (New York Mets), (2015年10月12日), http://m.mets.mlb.com/news/article/154148318/mets-add-infielder-matt-reynolds-to-nlds-roster/ 2016年7月28日閲覧。 
  6. ^ Anthony DiComo (2016年4月1日). “Mets finalize Opening Night roster” (英語). MLB.com. 2016年7月28日閲覧。
  7. ^ Joe Trezza (2016年5月17日). “Mets promote prospect Reynolds for MLB debut” (英語). MLB.com. 2016年7月28日閲覧。
  8. ^ Scores for May 17, 2016” (英語). ESPN (2016年5月17日). 2016年7月28日閲覧。
  9. ^ Scores for May 25, 2016” (英語). ESPN (2016年5月25日). 2016年7月28日閲覧。
  10. ^ Joe Trezza (2016年5月29日). “Mets activate Flores from DL, option Reynolds” (英語). MLB.com. 2016年7月28日閲覧。
  11. ^ Anthony DiComo (2016年6月3日). “Wright placed on disabled list with neck issue” (英語). MLB.com. 2016年7月28日閲覧。
  12. ^ Scores for Jun 22, 2016” (英語). ESPN (2016年6月22日). 2016年7月28日閲覧。
  13. ^ PCL Announces All-Star Roster” (英語). MiLB.com (2016年7月1日). 2016年7月28日閲覧。
  14. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2019年3月20日閲覧。
  15. ^ Anthony DiComo (2017年4月26日). “Reynolds called up, Gilmartin sent down” (英語). MLB.com. 2017年4月27日閲覧。
  16. ^ https://twitter.com/AnthonyDiComo/status/961369855025967104
  17. ^ Jamal Collier (2018年2月12日). “Nats acquire utility man Reynolds from Mets” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/nationals-acquire-matt-reynolds-from-mets/c-266352570 2018年2月13日閲覧。 
  18. ^ Connor Byrne (2018年1月13日). “Report: Nationals designate Matt Reynolds to make room for Brian Dozier” (英語). Yardbarker.com. https://www.yardbarker.com/mlb/articles/report_nationals_designate_matt_reynolds_to_make_room_for_brian_dozier/s1_13237_28208903 2018年3月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]