2015年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2015年のワールドシリーズ
151027-F-DF892-032 Team Whiteman displays U.S. flag during World Series.JPG
第1戦開始前のセレモニーが行われているカウフマン・スタジアムの様子
チーム 勝数
カンザスシティ・ロイヤルズAL 4
ニューヨーク・メッツNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月27日–11月1日
観客動員 5試合合計:21万5185人
1試合平均:04万3037人
MVP サルバドール・ペレス(KC)
責任審判 ゲイリー・シダーストロム
ALCS KC 4–2 TOR
NLCS NYM 4–0 CHC
チーム情報
カンザスシティ・ロイヤルズ(KC)
シリーズ出場 02年連続4回目
GM デイトン・ムーア
監督 ネッド・ヨスト
シーズン成績 95勝67敗・勝率.586
AL中地区優勝
分配金 選手1人あたり37万0069.03ドル[1]
ニューヨーク・メッツ(NYM)
シリーズ出場 15年ぶり5回目
GM サンディ・アルダーソン
監督 テリー・コリンズ
シーズン成績 90勝72敗・勝率.556
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり30万0757.78ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 FOX
実況 ジョー・バック
解説 ハロルド・レイノルズトム・バードゥッチ
平均視聴率 8.7%(前年比0.5ポイント上昇)
ワールドシリーズ
 < 2014 2016 > 

2015年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第111回ワールドシリーズ(111th World Series)は、10月27日から11月1日にかけて計5試合が開催された。その結果、カンザスシティ・ロイヤルズアメリカンリーグ)がニューヨーク・メッツナショナルリーグ)を4勝1敗で下し、30年ぶり2回目の優勝を果たした。

1961年以降のエクスパンションによって創設された球団どうしがワールドシリーズで対戦するのは、今回が史上初めて。優勝チームが挙げた4勝のうち、3勝が8回以降の逆転劇だったというのも史上初だった[2]シリーズMVPには、5試合で打率.364・2打点OPS.846を記録、守備でも捕手として相手の盗塁をふたつ阻止したロイヤルズのサルバドール・ペレスが選出された。

今シリーズは、ロブ・マンフレッドMLB機構の第10代コミッショナーに就任して以来初のワールドシリーズだった[3]

ワールドシリーズまでの道のり[編集]

両チームの2015年[編集]

10月21日にまずナショナルリーグでメッツ(東地区)が、そして23日にはアメリカンリーグでロイヤルズ(中地区)が、それぞれリーグ優勝を決めてワールドシリーズへ駒を進めた。

メッツが所属するナショナルリーグ東地区では当初、ワシントン・ナショナルズが優勝の最有力候補とみられていた[4]。しかしメッツは開幕6戦目から11連勝し、その後もナショナルズとの首位争いを展開して、前半戦終了時点では2.0ゲーム差の2位につけた。後半戦に入ってトレードで複数の選手を補強すると、そのなかでも特にヨエニス・セスペデスが57試合で17本塁打・44打点を記録するなどの活躍を見せ、チームの勢いを増す。8月3日に単独首位に立ってからも、ナショナルズが後半戦35勝40敗と失速するのを尻目に勝利を積み重ね、9月26日に9年ぶりの地区優勝を決めた[5]。セスペデスらを擁する打線がリーグ7位の総得点を奪う一方、投手陣は防御率がリーグ4位で、ジェイコブ・デグロムマット・ハービーら若手の活躍が光った[6]地区シリーズではロサンゼルス・ドジャースを3勝2敗で[7]リーグ優勝決定戦ではシカゴ・カブスを4勝0敗で[8]、それぞれ破った。

ロイヤルズは前年のワールドシリーズ制覇をあと1勝届かずに逃していたが、この年ふたたびシリーズの舞台へと戻ってきた。前年が地区優勝ではなくワイルドカード枠でのポストシーズン進出だったのに対し、この年は6月8日以降ずっと地区首位の座を守ったままシーズンを進めていく。しかも、7月終了時点では2位ミネソタ・ツインズとのゲーム差を8.0まで広げていたにもかかわらず、トレードでジョニー・クエトベン・ゾブリストを獲得し、さらに戦力を向上させた。その結果、ロイヤルズの地区優勝は9月24日に、MLB全6地区のなかで最も早く決まった[9]。チーム成績は総得点がリーグ6位で防御率が同3位。ロレンゾ・ケインマイク・ムスターカスら1年前を経験した選手が成長し、その後にFAで加入した新戦力も活躍した[10]地区シリーズではヒューストン・アストロズを3勝2敗で[11]リーグ優勝決定戦ではトロント・ブルージェイズを4勝2敗で[12]、それぞれ下した。

ホームフィールド・アドバンテージ[編集]

7月14日にオハイオ州シンシナティグレート・アメリカン・ボール・パークで開催されたオールスターゲームは、アメリカンリーグナショナルリーグに6-3で勝利した。この結果、ワールドシリーズの第1・2・6・7戦を本拠地で開催できる "ホームフィールド・アドバンテージ" は、アメリカンリーグ優勝チームに与えられることになった。このオールスターには、メッツからは投手のジェイコブ・デグロムただひとりが選出された[13]。ロイヤルズからは、野手はサルバドール・ペレスロレンゾ・ケインアレックス・ゴードンアルシデス・エスコバーマイク・ムスターカスの計5人、投手はウェイド・デービスケルビン・ヘレーラの2人が名を連ねた(ゴードンは左鼠蹊部の故障で出場を辞退)[14]。また、前年のリーグ優勝監督がオールスターで指揮を執るため、アメリカンリーグの監督はネッド・ヨストが務めている。試合ではデグロムが6回表の1イニングを投げ、相手打線を10球で3者連続三振に仕留めたが、ロイヤルズの打者との対戦はなかった。

四半世紀前の映画の "予言"[編集]

1989年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』では、マイケル・J・フォックス演じる主人公マーティ・マクフライが1985年から2015年にタイムトラベルした際に「シカゴ・カブスフロリダ州マイアミの球団をスウィープで下してワールドシリーズを制覇」というニュースを目にして驚く、という場面がある。映画公開当時、カブスは1908年を最後にシリーズ優勝から、1945年を最後にシリーズ出場から遠ざかっており、またマイアミを本拠地にするMLB球団は存在しなかった。脚本家ボブ・ゲイルは「いち野球ファンとして『よっしゃ、考えうる限り最もありえなさそうなシナリオを書いてやる』という気持ちだった」と振り返っている[15]

その後もカブスはシリーズ出場を果たせないまま、2015年のシーズンを迎えた。前年は73勝89敗と負け越していたが、2015年はジェイク・アリエータアンソニー・リゾらの活躍で97勝65敗と勝ち越しに転じ、ナショナルリーグ中地区3位でポストシーズンへ進出する。さらにワイルドカードゲームではピッツバーグ・パイレーツ地区シリーズではセントルイス・カージナルスと、同地区の上位チームを破った。しかし、リーグ優勝決定戦ではメッツに0勝4敗のスウィープで敗れ、シリーズ進出にはあと一歩届かなかった。奇しくもスウィープ敗退が決まった10月21日は、劇中ではカブスがスウィープ優勝を決めたとされる日であった[16]

両チームの過去の対戦[編集]

1997年から始まったレギュラーシーズン中のインターリーグでは、これまで2002年2004年2013年にそれぞれ3試合ずつ、計9試合が行われ、ロイヤルズが5勝4敗で勝ち越している[17]。直近の対戦はメッツの本拠地シティ・フィールドでの3連戦で、ロイヤルズの2勝1敗だった。この9試合という数は、メッツにとってはシカゴ・ホワイトソックス戦の7試合に次いで2番目に少なく[18]、ロイヤルズにとってはロサンゼルス・ドジャース戦やフィラデルフィア・フィリーズ戦と並んで最も少ない[注 1][19]

ただこの対戦は、翌2016年シーズン開幕戦のひとつとして組まれている。この日程が発表されたのは9月8日のことで[20]、ワールドシリーズと翌年の開幕戦が同じ対戦カードとなったのは偶然だった。開幕戦開催地はロイヤルズの本拠地カウフマン・スタジアムである。そのためメッツにとっては、もし今回のシリーズに敗れると、開幕戦時にロイヤルズのチャンピオンリング授与式を目の前で見せられる可能性が出てくる[21]

ロースター[編集]

両チームの出場選手登録(ロースター)は以下の通り。

ニューヨーク・メッツ カンザスシティ・ロイヤルズ
守備位置 背番号 出身 選手 年齢 ワールドシリーズ経験 守備位置 背番号 出身 選手 年齢 ワールドシリーズ経験
出場 優勝 出場 優勝
投手 46 アメリカ合衆国の旗 タイラー・クリッパード 30 なし 投手 47 ドミニカ共和国の旗 ジョニー・クエト 29 なし
40 ドミニカ共和国の旗 バートロ・コローン 42 なし 17 アメリカ合衆国の旗 ウェイド・デービス 30 2年連続2回目 なし
48 アメリカ合衆国の旗 ジェイコブ・デグロム 27 なし 41 アメリカ合衆国の旗 ダニー・ダフィー 26 2年連続2回目 なし
27 ドミニカ共和国の旗 ジェウリス・ファミリア 26 なし 40 ドミニカ共和国の旗 ケルビン・ヘレーラ 25 2年連続2回目 なし
36 アメリカ合衆国の旗 ショーン・ギルマーティン 25 なし 44 アメリカ合衆国の旗 ルーク・ホッチェバー 32 なし
33 アメリカ合衆国の旗 マット・ハービー 26 なし 46 アメリカ合衆国の旗 ライアン・マドソン 35 6年ぶり3回目 1回
32 アメリカ合衆国の旗 スティーブン・マッツ 24 なし 39 アメリカ合衆国の旗 クリス・メドレン 30 なし
49 アメリカ合衆国の旗 ジョナソン・ニース 27 なし 45 ベネズエラの旗 フランクリン・モラレス 29 2年ぶり3回目 1回
43 アメリカ合衆国の旗 アディソン・リード 26 なし 30 ドミニカ共和国の旗 ヨーダノ・ベンチュラ 24 2年連続2回目 なし
47 ドミニカ共和国の旗 ハンセル・ロブレス 25 なし 36 ドミニカ共和国の旗 エディンソン・ボルケス 32 なし
34 アメリカ合衆国の旗 ノア・シンダーガード 23 なし 32 アメリカ合衆国の旗 クリス・ヤング 36 なし
捕手 7 アメリカ合衆国の旗 トラビス・ダーノー 26 なし 捕手 9 アメリカ合衆国の旗 ドリュー・ブテラ 32 なし
22 アメリカ合衆国の旗 ケビン・プラウェッキー 24 なし 13 ベネズエラの旗 サルバドール・ペレス 25 2年連続2回目 なし
内野手 21 アメリカ合衆国の旗 ルーカス・ドゥーダ 29 なし 内野手 24 プエルトリコの旗 クリスチャン・コローン 26 なし
4 ベネズエラの旗 ウィルマー・フローレス 24 なし 2 ベネズエラの旗 アルシデス・エスコバー★◎ 28 2年連続2回目 なし
55 アメリカ合衆国の旗 ケリー・ジョンソン 33 なし 35 アメリカ合衆国の旗 エリック・ホズマー 26 2年連続2回目 なし
28 アメリカ合衆国の旗 ダニエル・マーフィー 30 なし 27 アメリカ合衆国の旗 ラウル・A・モンデシー 20 なし
2 ドミニカ共和国の旗 フアン・ウリーベ 36 5年ぶり3回目 2回 25 キューバの旗 ケンドリス・モラレス 32 なし
5 アメリカ合衆国の旗 デビッド・ライト 32 なし 8 アメリカ合衆国の旗 マイク・ムスターカス 27 2年連続2回目 なし
外野手 52 キューバの旗 ヨエニス・セスペデス 30 なし 18 アメリカ合衆国の旗 ベン・ゾブリスト 34 7年ぶり2回目 なし
30 アメリカ合衆国の旗 マイケル・コンフォルト 22 なし 外野手 6 アメリカ合衆国の旗 ロレンゾ・ケイン 29 2年連続2回目 なし
23 アメリカ合衆国の旗 マイケル・カダイアー 36 なし 1 アメリカ合衆国の旗 ジャロッド・ダイソン 31 2年連続2回目 なし
3 アメリカ合衆国の旗 カーティス・グランダーソン 34 9年ぶり2回目 なし 4 アメリカ合衆国の旗 アレックス・ゴードン 31 2年連続2回目 なし
12 ドミニカ共和国の旗 フアン・ラガーレス 26 なし 16 ブラジルの旗 パウロ・オルランド 29 なし
9 アメリカ合衆国の旗 カーク・ニューエンハイス 28 なし 15 アメリカ合衆国の旗 アレックス・リオス 34 なし

メッツはリーグ優勝決定戦のロースターから内野手を入れ替え、マット・レイノルズを外してフアン・ウリーベを登録した。ウリーベはレギュラーシーズン終盤に胸部を痛め、9月25日を最後に試合出場を見合わせていた。その後、地区シリーズ第2戦でルーベン・テハダが右足腓骨を折る重傷を負い、内野手が足りなくなった。これを受けメッツはメジャー出場経験のないレイノルズをマイナーリーグから招集したが、出場機会がないままウリーベと入れ替えることになった[22]

ロイヤルズはリーグ優勝決定戦のロースターから、外野手のテレンス・ゴアに代えて内野手のラウル・A・モンデシーを登録した。監督のネッド・ヨストは、指名打者制が採用されない敵地シティ・フィールドでの試合に備え、複数のポジションをこなせるモンデシーを入れたと説明している[23]。モンデシーもレイノルズと同様に、メジャー出場経験はない。またロイヤルズでは、外野手のパウロ・オルランドブラジル出身者では初のワールドシリーズ出場選手となった[24]

試合結果[編集]

2015年のワールドシリーズは10月27日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(火) 第1戦 ニューヨーク・メッツ 4-5x カンザスシティ・ロイヤルズ カウフマン・スタジアム
10月28日(水) 第2戦 ニューヨーク・メッツ 1-7 カンザスシティ・ロイヤルズ
10月29日(木) 移動日
10月30日(金) 第3戦 カンザスシティ・ロイヤルズ 3-9 ニューヨーク・メッツ シティ・フィールド
10月31日(土) 第4戦 カンザスシティ・ロイヤルズ 5-3 ニューヨーク・メッツ
11月01日(日) 第5戦 カンザスシティ・ロイヤルズ 7-2 ニューヨーク・メッツ
優勝:カンザスシティ・ロイヤルズ(4勝1敗 / 30年ぶり2度目)

第1戦 10月27日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、7分5秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 1 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 4 11 1
カンザスシティ・ロイヤルズ 1 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 1x 5 11 1
  1. : クリス・ヤング(1勝)  : バートロ・コローン(1敗)  
  2. :  NYM – カーティス・グランダーソン1号ソロ  KC – アルシデス・エスコバー1号ソロ、アレックス・ゴードン1号ソロ
  3. 審判:球審…ビル・ウェルキー、塁審…一塁: マーク・カールソン、二塁: マイク・ウィンタース、三塁: ジム・ウルフ、外審…左翼: アルフォンソ・マルケス、右翼: ゲイリー・シダーストロム
  4. 試合時間: 5時間9分 観客: 4万320人 気温: 52°F(11.1°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第2戦 10月28日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、5分27秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 1
カンザスシティ・ロイヤルズ 0 0 0 0 4 0 0 3 X 7 10 0
  1. : ジョニー・クエト(1勝)  : ジェイコブ・デグロム(1敗)  
  2. 審判:球審…マーク・カールソン、塁審…一塁: マイク・ウィンタース、二塁: ジム・ウルフ、三塁: アルフォンソ・マルケス、外審…左翼: ゲイリー・シダーストロム、右翼: ビル・ウェルキー
  3. 試合時間: 2時間54分 観客: 4万410人 気温: 52°F(11.1°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第3戦 10月30日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、7分34秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カンザスシティ・ロイヤルズ 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3 7 0
ニューヨーク・メッツ 2 0 2 1 0 4 0 0 x 9 12 0
  1. : ノア・シンダーガード(1勝)  : ヨーダノ・ベンチュラ(1敗)  
  2. :  NYM – デビッド・ライト1号2ラン、カーティス・グランダーソン2号2ラン
  3. 審判:球審…マイク・ウィンタース、塁審…一塁: ジム・ウルフ、二塁: アルフォンソ・マルケス、三塁: ゲイリー・シダーストロム、外審…左翼: マイク・エベリット、右翼: マーク・カールソン
  4. 試合時間: 3時間22分 観客: 4万4781人 気温: 52°F(11.1°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第4戦 10月31日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、5分46秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カンザスシティ・ロイヤルズ 0 0 0 0 1 1 0 3 0 5 9 0
ニューヨーク・メッツ 0 0 2 0 1 0 0 0 0 3 6 2
  1. : ライアン・マドソン(1勝)  : タイラー・クリッパード(1敗)  S: ウェイド・デービス(1S)  
  2. :  NYM – マイケル・コンフォルト1号ソロ・2号ソロ
  3. 審判:球審…ジム・ウルフ、塁審…一塁: アルフォンソ・マルケス、二塁: ゲイリー・シダーストロム、三塁: マイク・エベリット、外審…左翼: マーク・カールソン、右翼: マイク・ウィンタース
  4. 試合時間: 3時間29分 観客: 4万4815人 気温: 51°F(10.6°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第5戦 11月1日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、7分39秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
カンザスシティ・ロイヤルズ 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 5 7 10 1
ニューヨーク・メッツ 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 4 2
  1. : ルーク・ホッチェバー(1勝)  : アディソン・リード(1敗)  
  2. :  NYM – カーティス・グランダーソン3号ソロ
  3. 審判:球審…アルフォンソ・マルケス、塁審…一塁: ゲイリー・シダーストロム、二塁: マイク・エベリット、三塁: マーク・カールソン、外審…左翼: マイク・ウィンタース、右翼: ジム・ウルフ
  4. 試合時間: 4時間15分 観客: 4万4859人 気温: 61°F(16.1°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

セレモニー[編集]

試合前のアメリカ合衆国国歌星条旗』独唱と始球式、およびセブンス・イニング・ストレッチにおける『ゴッド・ブレス・アメリカ』独唱を行った人物・グループは、それぞれ以下の通り。

試合 国歌独唱 始球式 『ゴッド・ブレス・アメリカ』独唱
第1戦 アンディ・グラマー[25] ジョージ・ブレット[26] キーシャ・グウィン
アメリカ空軍一等軍曹)[27]
第2戦 サラ・エヴァンス[28] ドナルド・E・バラードチャールズ・C・
ヘイグマイスター
ロジャー・ダンロン
名誉勲章受章者)[29]
ミシェル・ドゥーリトル
アメリカ空軍一等空兵)[30]
第3戦 ビリー・ジョエル[31] マイク・ピアッツァ[32] メアリー・ケイ・メッセンジャー
アメリカ陸軍曹長)[33]
第4戦 デミ・ロヴァート[34] ティム・マグロウ[35] マキア・ブラウン
ニューヨーク市警察[36]
第5戦 フランク・ピザーロ
ニューヨーク市消防局[37]
ダリル・ストロベリームーキー・
ウィルソン
クレオン・ジョーンズ[38]
フランク・ピザーロ
ニューヨーク市消防局[39]
第3戦開始前にアメリカ合衆国国歌『星条旗』を歌うビリー・ジョエル(手前)と、一塁側ファウルライン上で整列して聴くメッツの選手たち

メッツ出場のワールドシリーズでジョエルが国歌独唱を行うのは、今回の第3戦が3度目である。初めての出演は1986年のシリーズ第2戦で、その次は2000年のシリーズ第1戦だった。ただし今回を含めた3試合の開催球場は全て異なり、1986年は当時のメッツ本拠地シェイ・スタジアム、2000年は対戦相手ニューヨーク・ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアム、そして今回がシティ・フィールドである[40]。ジョエルは独唱を終えたあと、球場に残ってケヴィン・ジェームズとともに試合を観戦した[41]。シティ・フィールドではこの年から、8回表が終わると場内にジョエルの『ピアノ・マン』を流すという演出を始めていた[42]。この日もシーズン中と同様に『ピアノ・マン』がかかり、観客が合唱していたところ、ジョエルが席から立ち上がって自ら口ずさみ始め、喝采を浴びるという一幕があった[41]。過去にジョエルが国歌独唱した際にはメッツはいずれも敗れていたが[40]、この日はメッツが9-3でロイヤルズに勝利した。

テレビ中継[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国におけるテレビ中継はFOXが放送した。実況はジョー・バックが、解説はハロルド・レイノルズトム・バードゥッチが、フィールドリポートはエリン・アンドリュースケン・ローゼンタールが、それぞれ務めた。また試合前にはケビン・バークハート進行のコーナーがあり、ゲスト出演したピート・ローズニューヨーク・ヤンキース内野手のアレックス・ロドリゲス、解説のフランク・トーマスラウル・イバニェスが試合の見所などを語った。FOXがスポンサー企業に販売したCM放送枠の価格は、30秒あたり54万5000ドルと推定されている[43]。今シリーズは第1戦と第5戦が延長戦にもつれ込んだことなどから、全5試合でFOXが得た広告収入は総額2億4000万ドル以上と、7試合が行われた前年シリーズの2億5700万ドルと大差ない数字となった[44]

全5試合の平均視聴率は8.7%で、前年から0.5ポイント上昇した[45]。シリーズを通しての、全米および出場両チームの本拠地都市圏における視聴率等は以下の通り。

試合 日付 全米 ミズーリ州 / カンザス州
カンザスシティ
ニューヨーク州など
ニューヨーク
視聴率 占拠率 視聴者数 視聴率 占拠率 視聴率 占拠率
第1戦[46] 10月27日(火) 9.0% 17% 1490万人 57.3% 不明 26.2% 不明
第2戦[47] 10月28日(水) 8.2% 14% 1370万人 56.6% 不明 21.3% 不明
第3戦[48] 10月30日(金) 7.9% 15% 1320万人 48.0% 不明 23.1% 不明
第4戦[49] 10月31日(土) 7.8% 15% 1360万人 49.8% 不明 25.6% 不明
第5戦[45] 11月01日(日) 10.0% 17% 1720万人 60.0% 80% 25.5% 40%
平均[45] 8.7% 16% 1470万人 不明 不明 不明 不明

第1戦の中継では、4回途中にFOXの中継車の電源が落ちて映像が途絶えるという放送事故が発生し、復旧するまではMLB製作のアメリカ合衆国外向け映像に切り替えられた[50]。このトラブルではビデオ判定に使う映像も確認できなくなったため、試合が7分ほど中断している。

日本[編集]

日本での生中継の放送は、日本放送協会(NHK)衛星放送チャンネル "BS1" で行われた。実況は早瀬雄一が、解説は荒木大輔田口壮が務めた[51]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これらの対戦数は全てレギュラーシーズンのみの通算である。これとは別にワールドシリーズでは、1980年にロイヤルズとフィリーズの対戦があり、フィリーズが4勝2敗で優勝している。

出典[編集]

  1. ^ a b "2015 postseason shares announced," MLB.com Press Release, November 30, 2015. 2015年12月27日閲覧。
  2. ^ Jayson Stark, Senior Writer, ESPN.com, "Royals crowned kings of improbability and MLB," ESPN.com, November 2, 2015. 2015年11月8日閲覧。
  3. ^ David Lennon, "Rob Manfred discusses the issues," Newsday, October 26, 2015. 2016年6月5日閲覧。
  4. ^ 出野哲也 「30球団通信簿 ワシントン・ナショナルズ 世界一候補最右翼がまさかのプレーオフ逸」 『月刊スラッガー』2015年12月号、日本スポーツ企画出版社、2015年、雑誌15509-12、70頁。
  5. ^ Associated Press, "Mets secure 1st postseason berth since 2006 behind Lucas Duda's grand slam," ESPN.com, September 27, 2015. 2015年12月27日閲覧。
  6. ^ 杉浦大介 「30球団通信簿 ニューヨーク・メッツ 若手投手の成長と的確な補強で9年ぶりの栄冠」 『月刊スラッガー』2015年12月号、日本スポーツ企画出版社、2015年、雑誌15509-12、68頁。
  7. ^ Associated Press, "Daniel Murphy-led Mets take down Zack Greinke, Dodgers for NLCS berth," ESPN.com, October 16, 2015. 2015年12月27日閲覧。
  8. ^ Associated Press, "Daniel Murphy homers again as Mets sweep Cubs, reach World Series," ESPN.com, October 22, 2015. 2015年12月27日閲覧。
  9. ^ Associated Press, "Royals romp past Mariners to claim first division title in 30 years," ESPN.com, September 25, 2015. 2015年12月27日閲覧。
  10. ^ 城ノ井道人 「30球団通信簿 カンザスシティ・ロイヤルズ 黄金期突入を実感させる充実のシーズン」 『月刊スラッガー』2015年12月号、日本スポーツ企画出版社、2015年、雑誌15509-12、59頁。
  11. ^ Associated Press, "Johnny Cueto tosses gem as Royals oust Astros, reach ALCS," ESPN.com, October 15, 2015. 年月日閲覧。
  12. ^ Associated Press, "Royals edge Blue Jays to advance to second straight World Series," ESPN.com, October 24, 2015. 2015年12月27日閲覧。
  13. ^ Anthony DiComo / MLB.com, "deGrom feels he belongs at All-Star Game / Mets' righty following up on 2014 Rookie of the Year campaign," MLB.com, July 13, 2015. 2015年10月22日閲覧。
  14. ^ Jeffrey Flanagan / MLB.com, "Davis, Herrera join KC group as All-Stars / Royals sending 7 to Midsummer Classic; Moustakas added on Final Vote," MLB.com, July 10, 2015. 2015年10月25日閲覧。
  15. ^ Christopher Placek, "'Back to the Future' writer says 2015 Cubs prediction no longer a joke," Daily Herald, October 9, 2015. 2015年10月22日閲覧。
  16. ^ Michael Zennie, "Chicago Cubs Swept Out of Playoffs on the Day They Were Predicted to Win World Series in Back to the Future," People.com, October 22, 2015. 2015年10月22日閲覧。
  17. ^ "NYM vs. KCR from 1997 to 2015 Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2015年10月25日閲覧。
  18. ^ "NYM Head-to-Head Records from 1997 to 2015," Baseball-Reference.com. 2015年10月29日閲覧。
  19. ^ "KCR Head-to-Head Records from 1997 to 2015," Baseball-Reference.com. 2015年10月29日閲覧。
  20. ^ SI Wire, "MLB releases 2016 schedule; Padres to visit Blue Jays for first time," SI.com, September 8, 2015. 2015年11月8日閲覧。
  21. ^ 宇根夏樹メッツはワールドシリーズで負けられない。来年、目の前で優勝リングが渡されるのを阻止するためにも」 『Yahoo!ニュース』、2015年10月26日。2015年11月8日閲覧。
  22. ^ Adam Rubin, ESPN Staff Writer, "Juan Uribe added to Mets' World Series roster," ESPN.com, October 27, 2015. 2015年10月29日閲覧。
  23. ^ Jerry Crasnick, ESPN.com MLB Sr. Writer, "Royals add Raul A. Mondesi, 20, to World Series roster," ESPN.com, October 27, 2015. 2015年10月29日閲覧。
  24. ^ Dave Skretta (AP Sports Writer), "Royals' Orlando becomes first Brazilian in World Series," Yahoo Sports, October 28, 2015. 2015年10月28日閲覧。
  25. ^ "Andy Grammer performs anthem," MLB.com, October 28, 2015. 2015年10月28日閲覧。
  26. ^ "George Brett's first pitch," MLB.com, October 28, 2015. 2015年10月28日閲覧。
  27. ^ "TSgt. sings 'God Bless America'," MLB.com, October 28, 2015. 2015年10月28日閲覧。
  28. ^ "Sara Evans sings national anthem," MLB.com, October 29, 2015. 2015年10月29日閲覧。
  29. ^ "Veterans throw out first pitch," MLB.com, October 29, 2015. 2015年10月29日閲覧。
  30. ^ FOX 4 Newsroom, "Everything you need to know about the special events and guests for WS Game 2," fox4kc.com, October 28, 2015. 2015年10月29日閲覧。
  31. ^ "Billy Joel sings national anthem," MLB.com, October 31, 2015. 2015年11月1日閲覧。
  32. ^ "Mike Piazza's first pitch," MLB.com, October 31, 2015. 2015年11月1日閲覧。
  33. ^ Michelle Pekarsky, "New Yorker Billy Joel to sing National Anthem at World Series Game 3," fox4kc.com, October 30, 2015. 2015年11月1日閲覧。
  34. ^ "Demi Lovato sings anthem," MLB.com, November 1, 2015. 2015年11月1日閲覧。
  35. ^ "Tim McGraw's first pitch," MLB.com, November 1, 2015. 2015年11月1日閲覧。
  36. ^ "Brown sings 'God Bless America'," MLB.com, November 1, 2015. 2015年11月1日閲覧。
  37. ^ "FDNY firefighter sings anthem," MLB.com, November 2, 2015. 2015年11月2日閲覧。
  38. ^ "Mets greats throw first pitches," MLB.com, November 2, 2015. 2015年11月2日閲覧。
  39. ^ "FDNY firefighter sings in 7th," MLB.com, November 2, 2015. 2015年11月2日閲覧。
  40. ^ a b Neil Best, "Billy Joel sings national anthem at World Series for third time," Newsday, October 30, 2015. 2016年11月27日閲覧。
  41. ^ a b Jessica Goodman, "See Billy Joel sing 'Piano Man' with Mets fans at the World Series," EW.com, October 31, 2015. 2016年11月27日閲覧。
  42. ^ Glenn Gamboa, "Billy Joel and the Mets: A history," Newsday, October 29, 2015. 2016年11月27日閲覧。
  43. ^ Anthony Crupi, "Fox Cashes in on Mets-Royals World Series Showdown," AdAge, October 27, 2015. 2017年2月12日閲覧。
  44. ^ Anthony Crupi, "Sponsors Go to Bat for Historic Cubs-Indians World Series Matchup," AdAge, October 25, 2016. 2017年2月12日閲覧。
  45. ^ a b c "World Series Game 5 Most-Watched Since 2003," FOX Sports, November 2, 2015. 2015年11月3日閲覧。
  46. ^ "2015 World Series Leads Off With Highest Rated Game 1 Since 2009," FOX Sports, October 28, 2015. 2015年11月2日閲覧。
  47. ^ "World Series Audience Off to Best Start Since 2010," FOX Sports, October 29, 2015. 2015年11月2日閲覧。
  48. ^ "World Series Off To Best Start Since 2009," FOX Sports, October 31, 2015. 2015年11月2日閲覧。
  49. ^ "World Series Game 4 Ratings Recap," FOX Sports, November 1, 2015. 2015年11月2日閲覧。
  50. ^ Alex Stedman, "Fox Loses Power During Epic World Series Broadcast," Variety, October 27, 2015. 2015年10月28日閲覧。
  51. ^ MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第1戦 『メッツ』対『ロイヤルズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第2戦 『メッツ』対『ロイヤルズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第3戦 『ロイヤルズ』対『メッツ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第4戦 『ロイヤルズ』対『メッツ』」および「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第5戦 『ロイヤルズ』対『メッツ』」 『NHKクロニクル』。2017年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]