1983年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1983年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ボルチモア・オリオールズAL 4
フィラデルフィア・フィリーズNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月11日–16日
観客動員 5試合合計:30万4139人
1試合平均:06万0828人
MVP リック・デンプシー(BAL)
ALCS BAL 3–1 CWS
NLCS PHI 3–1 LAD
殿堂表彰者 エディ・マレー(BAL内野手)
ジム・パーマー(BAL投手)
カル・リプケン(BAL内野手)
スティーブ・カールトン(PHI投手)
ジョー・モーガン(PHI内野手)
トニー・ペレス(PHI内野手)
マイク・シュミット(PHI内野手)
チーム情報
ボルチモア・オリオールズ(BAL)
シリーズ出場 4年ぶり7回目
GM ハンク・ピーターズ
監督 ジョー・オルトベリ
シーズン成績 98勝64敗・勝率.605
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり6万5487.70ドル[1]
フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
シリーズ出場 3年ぶり4回目
GM ポール・オーウェンズ
監督 ポール・オーウェンズ(兼任)
シーズン成績 90勝72敗・勝率.556
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり4万4473.32ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 ABC
実況 アル・マイケルズ
解説 ハワード・コーセル
アール・ウィーバー
平均視聴率 23.3%(前年比4.6ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1982 1984 > 

1983年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第80回ワールドシリーズ(80th World Series)は、10月11日から16日にかけて計5試合が開催された。その結果、ボルチモア・オリオールズアメリカンリーグ)がフィラデルフィア・フィリーズナショナルリーグ)を4勝1敗で下し、13年ぶり3回目の優勝を果たした。

両チームの対戦はシリーズ史上初めて。両球団の本拠地都市を州間高速道路95号線(Interstate 95)が結んでいるため、今シリーズは "I-95シリーズ" とも呼ばれた[3]。オリオールズは敵地ペンシルベニア州フィラデルフィアで優勝を決めたあと、本拠地メリーランド州ボルチモアへはチームバスでI-95を通って凱旋している[4]シリーズMVPには、第2戦の5回裏に勝ち越し・決勝の適時二塁打を放つなど、5試合で打率.385・1本塁打・2打点OPS 1.390という成績を残したオリオールズのリック・デンプシーが選出された。

ワールドシリーズでは1976年から指名打者(DH)制度が導入され、1985年までの10年間は、偶数年は全試合で採用、奇数年は全試合で不採用とされていた[5]。したがって今シリーズでは、DH制は採用されていない。

試合結果[編集]

1983年のワールドシリーズは10月11日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月11日(火) 第1戦 フィラデルフィア・フィリーズ 2-1 ボルチモア・オリオールズ メモリアル・スタジアム
10月12日(水) 第2戦 フィラデルフィア・フィリーズ 1-4 ボルチモア・オリオールズ
10月13日(木) 移動日
10月14日(金) 第3戦 ボルチモア・オリオールズ 3-2 フィラデルフィア・フィリーズ ベテランズ・スタジアム
10月15日(土) 第4戦 ボルチモア・オリオールズ 5-4 フィラデルフィア・フィリーズ
10月16日(日) 第5戦 ボルチモア・オリオールズ 5-0 フィラデルフィア・フィリーズ
優勝:ボルチモア・オリオールズ(4勝1敗 / 13年ぶり3度目)

第1戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2 5 0
ボルチモア・オリオールズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
  1. : ジョン・デニー(1勝)  : スコット・マクレガー(1敗)  S: アル・ホランド(1S)  
  2. :  PHI – ジョー・モーガン1号ソロ、ギャリー・マドックス1号ソロ  BAL – ジム・ドワイヤー1号ソロ
  3. 審判:球審…マーティー・スプリングステッド(AL)、塁審…一塁: エド・バーゴ(NL)、二塁: アル・クラーク(AL)、三塁: フランク・プーリ(NL)、外審…左翼: スティーブ・パレルモ(AL)、右翼: ダッチ・レナート(NL)
  4. 試合時間: 2時間22分 観客: 5万2204人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・モーガン 1 A・バンブリー
2 P・ローズ 2 J・ドワイヤー
3 M・シュミット 3 C・リプケン
4 S・レスカーノ 4 E・マレー
5 G・マシューズ 5 J・ローウェンスタイン
6 G・マドックス 6 R・ダウアー
7 B・ディアス 7 T・クルーズ
8 I・デヘスース 8 R・デンプシー
9 J・デニー 9 S・マクレガー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・デニー S・マクレガー

第2戦 10月12日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
5回裏、ジョン・ローウェンスタインが同点のソロ本塁打を放つ(51秒)
9回表、マイク・ボディッカーがマイク・シュミットを空振り三振に仕留めて試合終了、オリオールズが1勝1敗のタイに(1分3秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3 0
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 0 3 0 1 0 X 4 9 1
  1. : マイク・ボディッカー(1勝)  : チャールズ・ハドソン(1敗)  
  2. :  BAL – ジョン・ローウェンスタイン1号ソロ
  3. 審判:球審…エド・バーゴ(NL)、塁審…一塁: アル・クラーク(AL)、二塁: フランク・プーリ(NL)、三塁: スティーブ・パレルモ(AL)、外審…左翼: ダッチ・レナート(NL)、右翼: マーティー・スプリングステッド(AL)
  4. 試合時間: 2時間27分 観客: 5万2132人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・モーガン 1 A・バンブリー
2 P・ローズ 2 D・フォード
3 M・シュミット 3 C・リプケン
4 J・ラフィーバー 4 E・マレー
5 G・マシューズ 5 J・ローウェンスタイン
6 G・グロス 6 R・ダウアー
7 B・ディアス 7 T・クルーズ
8 I・デヘスース 8 R・デンプシー
9 C・ハドソン 9 M・ボディッカー
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ハドソン M・ボディッカー

第3戦 10月14日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 0 0 1 2 0 0 3 6 1
フィラデルフィア・フィリーズ 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2 8 2
  1. : ジム・パーマー(1勝)  : スティーブ・カールトン(1敗)  S: ティッピー・マルティネス(1S)  
  2. :  BAL – ダン・フォード1号ソロ  PHI – ゲイリー・マシューズ1号ソロ、ジョー・モーガン2号ソロ
  3. 審判:球審…アル・クラーク(AL)、塁審…一塁: フランク・プーリ(NL)、二塁: スティーブ・パレルモ(AL)、三塁: ダッチ・レナート(NL)、外審…左翼: マーティー・スプリングステッド(AL)、右翼: エド・バーゴ(NL)
  4. 試合時間: 2時間35分 観客: 6万5792人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・シェルビー 1 J・モーガン
2 D・フォード 2 S・レスカーノ
3 C・リプケン 3 M・シュミット
4 E・マレー 4 G・マシューズ
5 G・レニキー 5 T・ペレス
6 R・ダウアー 6 G・マドックス
7 T・クルーズ 7 B・ディアス
8 R・デンプシー 8 I・デヘスース
9 M・フラナガン 9 S・カールトン
先発投手 投球 先発投手 投球
M・フラナガン S・カールトン

第4戦 10月15日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 2 0 2 1 0 0 5 10 1
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 1 2 0 0 0 1 4 10 0
  1. : ストーム・デービス(1勝)  : ジョン・デニー(1勝1敗)  S: ティッピー・マルティネス(2S)  
  2. 審判:球審…フランク・プーリ(NL)、塁審…一塁: スティーブ・パレルモ(AL)、二塁: ダッチ・レナート(NL)、三塁: マーティー・スプリングステッド(AL)、外審…左翼: エド・バーゴ(NL)、右翼: アル・クラーク(AL)
  3. 試合時間: 2時間50分 観客: 6万6947人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 A・バンブリー 1 J・モーガン
2 J・ドワイヤー 2 P・ローズ
3 C・リプケン 3 M・シュミット
4 E・マレー 4 J・ラフィーバー
5 J・ローウェンスタイン 5 G・マシューズ
6 R・ダウアー 6 G・グロス
7 T・クルーズ 7 B・ディアス
8 R・デンプシー 8 I・デヘスース
9 S・デービス 9 J・デニー
先発投手 投球 先発投手 投球
S・デービス J・デニー

第5戦 10月16日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
エディ・マレーが2回表に先制ソロ本塁打、4回表に2点本塁打を放つ(1分9秒)
9回裏、スコット・マクレガーがギャリー・マドックスを遊直に打ち取り試合終了、オリオールズの優勝が決定(38秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 0 1 1 2 1 0 0 0 0 5 5 0
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  1. : スコット・マクレガー(1勝1敗)  : チャールズ・ハドソン(2敗)  
  2. :  BAL – エディ・マレー1号ソロ・2号2ラン、リック・デンプシー1号ソロ
  3. 審判:球審…スティーブ・パレルモ(AL)、塁審…一塁: ダッチ・レナート(NL)、二塁: マーティー・スプリングステッド(AL)、三塁: エド・バーゴ(NL)、外審…左翼: アル・クラーク(AL)、右翼: フランク・プーリ(NL)
  4. 試合時間: 2時間21分 観客: 6万7064人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 A・バンブリー 1 J・モーガン
2 D・フォード 2 P・ローズ
3 C・リプケン 3 M・シュミット
4 E・マレー 4 G・マシューズ
5 J・ローウェンスタイン 5 T・ペレス
6 R・ダウアー 6 G・マドックス
7 T・クルーズ 7 B・ディアス
8 R・デンプシー 8 I・デヘスース
9 S・マクレガー 9 C・ハドソン
先発投手 投球 先発投手 投球
S・マクレガー C・ハドソン

脚注[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年10月13日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年10月13日閲覧。
  3. ^ Jack Berk and Josh Berk, "October 16, 1983: Orioles win World Series behind McGregor's shutout," Society for American Baseball Research. 2019年10月13日閲覧。
  4. ^ Bart Barnes, Martin Weil and Washington Post Staff Writers; Contributing to this story was Washington Post Staff Writer Michael Martinez, "High-Flying Fans Cheer Orioles in Baltimore," The Washington Post, October 17, 1983. 2019年10月13日閲覧。
  5. ^ John Cronin, "The Historical Evolution of the Designated Hitter Rule," Society for American Baseball Research, 2016. 2019年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]