2016年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2016年のワールドシリーズ
Chicago Cubs championship celebration.jpg
最終第7戦に勝利して108年ぶりの優勝を決め、喜びを爆発させるカブスの選手たち
チーム 勝数
シカゴ・カブスNL 4
クリーブランド・インディアンスAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月25日–11月2日
観客動員 7試合合計:27万7603人
1試合平均:03万9658人
MVP ベン・ゾブリスト(CHC)
責任審判 ジョン・ハーシュベック
ALCS CLE 4–1 TOR
NLCS CHC 4–2 LAD
チーム情報
シカゴ・カブス(CHC)
シリーズ出場 71年ぶり11回目
GM ジェド・ホイヤー
監督 ジョー・マドン
シーズン成績 103勝58敗・勝率.640
NL中地区優勝
分配金 選手1人あたり36万8871.59ドル[1]
クリーブランド・インディアンス(CLE)
シリーズ出場 19年ぶり06回目
GM マイク・チャーノフ
監督 テリー・フランコーナ
シーズン成績 094勝67敗・勝率.584
AL中地区優勝
分配金 選手1人あたり26万1804.65ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 FOX
実況 ジョー・バック
解説 ジョン・スモルツ
平均視聴率 13.1%(前年比4.4ポイント上昇)
ワールドシリーズ
 < 2015 2017 > 

2016年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第112回ワールドシリーズ(112th World Series)は、10月25日から11月2日にかけて計7試合が開催された。その結果、シカゴ・カブスナショナルリーグ)がクリーブランド・インディアンスアメリカンリーグ)を4勝3敗で下し、108年ぶり3回目の優勝を果たした。

MLB全30球団で最も長く107年間シリーズ優勝から遠ざかっているカブスと、その次に長く67年間遠ざかっているインディアンスとの対戦で[2]、結果はカブスが不名誉な記録に終止符を打った。第6戦・第7戦と敵地で連勝して1勝3敗からの逆転優勝を成し遂げたのは、今回のカブスがシリーズ史上37年ぶり4球団目である[3]シリーズMVPには、最終第7戦の延長10回に勝ち越し適時打を放つなど、7試合で打率.357・2打点OPS.919という成績を残したカブスのベン・ゾブリストが選出された。

この優勝によりカブスは、2017年のローレウス世界スポーツ賞・最優秀チーム部門を受賞した[4]。野球チームの受賞は、賞創設18年目で初である。

ワールドシリーズまでの道のり[編集]

両チームの2016年[編集]

10月19日にまずアメリカンリーグでインディアンス(中地区)が、そして22日にはナショナルリーグでカブス(中地区)が、それぞれリーグ優勝を決めてワールドシリーズへ駒を進めた。

ホームフィールド・アドバンテージ[編集]

7月12日にカリフォルニア州サンディエゴペトコ・パークで開催されたオールスターゲームは、アメリカンリーグナショナルリーグに4-2で勝利した。この結果、ワールドシリーズの第1・2・6・7戦を本拠地で開催できる "ホームフィールド・アドバンテージ" は、アメリカンリーグ優勝チームに与えられることになった。このオールスターには、インディアンスからはまず野手のフランシスコ・リンドーアと投手のダニー・サラザーが選出され、さらに他球団投手の出場辞退にともないコーリー・クルーバーが追加招集された[5]。一方のカブスからは、野手はアンソニー・リゾベン・ゾブリストクリス・ブライアントアディソン・ラッセル、そしてデクスター・ファウラーの計5人、投手はジェイク・アリエータジョン・レスターの2人が名を連ねた[6]。試合では、2回表一死無走者の場面でクルーバーとリゾの対戦があり、クルーバーが一ゴロに抑えている[7]

今シリーズ終了後、MLB機構と選手会との間で新たな労使協定が締結された。この新協定でホームフィールド・アドバンテージは2017年から、レギュラーシーズンの勝率がより高いほうのチームに与えられることになった[8]。ホームフィールド・アドバンテージをオールスターゲームの結果で決める制度は2003年に導入されたが、14年目の今回をもって廃止される。もしこの新規則が1年早く導入されていた場合は、今シリーズのホームフィールド・アドバンテージはカブスに与えられていたことになる[9]

両チームにまつわる "呪い"[編集]

インディアンスのファンが "ビリー・ゴートの呪い" 継続を願い、第1戦当日のプログレッシブ・フィールドに連れてきた2匹のヤギ

両チームともシリーズ制覇から見放されてきた期間が長いだけに、その歴史は球団に何らかの "呪い" がかけられた結果の産物である、とまことしやかに語られてきた。インディアンスにかけられたとされるのが "ロッキー・コラビトの呪い" であり、カブスにかけられたとされるのが "ビリー・ゴートの呪い" である[10]

コラビトの呪いは、オハイオ州クリーブランドの地元紙『プレイン・ディーラー』記者テリー・プルートが、1994年出版の著作で提唱したもの[11]。コラビトは1955年9月にインディアンスでデビューすると、1958年から2年連続で40本塁打・110打点を記録、特に1959年には本塁打王のタイトルを獲得し、チームが首位から5.0ゲーム差の2位につける原動力となった。しかし1960年のシーズン開幕直前に、インディアンスはトレードでコラビトを放出する。コラビト本人が認めるように当時のGMフランク・レインとコラビトの間には確執があり[12]、さらにチーム随一の人気選手であるコラビトに対してレインが嫉妬していたことが、このトレードの遠因となったとされる[11]。それ以降インディアンスは長い低迷期に突入し、1960年から1993年までの34シーズン中で首位とのゲーム差を11.0以内で終えたのが、選手会のストライキによる短縮シーズンとなった1981年の一度だけという有様に陥った。あまりの弱小ぶりに、1989年には映画『メジャーリーグ』の舞台となったほどであった[13]。その後、1995年からは一転して5年連続の地区優勝を果たし、1995年1997年にはワールドシリーズに進出するがいずれも敗退。1997年のシリーズでは、最終第7戦で1点リードを9回に追いつかれ、延長戦の末にサヨナラ負けを喫している。今回はそれ以来19年ぶりのシリーズ出場となる。

ビリー・ゴートの呪いは、1945年のワールドシリーズ第4戦で起きたとされる故事に由来する。ビリー・サイアニスという男が、イリノイ州シカゴで "ビリー・ゴート・タヴァーン" という居酒屋を営んでいた。彼はマーフィーと名付けたヤギを店のマスコットとして飼っており、そのマーフィーとともに第4戦を観戦しようとチケットを2枚購入してリグレー・フィールドへ赴いたが、マーフィーの悪臭を理由に入場を断られた。サイアニスは激怒し「カブスはもう勝てない。この球場がヤギの入場を認めない限り、ワールドシリーズでの優勝は二度とない」と言い放った[14]。するとカブスは、その日から本拠地で開催された4試合のうち3試合に敗れ、2勝1敗から逆転をくらってシリーズ優勝を逃したのみならず、翌1946年以降はシリーズへの進出すら果たせなくなった。1969年には8月16日時点での最大9.0ゲーム差を1か月でひっくり返されてポストシーズン進出を逃し、2003年にはあとアウト5つで58年ぶりのシリーズ進出という場面から観客のファウルフライ捕球妨害をきっかけに逆転負け、2015年のリーグ優勝決定戦ではヤギと同名のダニエル・マーフィーに4試合連続で本塁打を浴び1勝もできず、と悲劇的な敗退を繰り返す。しかし2016年は、奇しくも46年前にサイアニスが亡くなった日と同じ10月22日に、リーグ優勝決定戦突破と71年ぶりのシリーズ進出を決めた[13]

ボストン・レッドソックス時代のセオ・エプスタイン(左。写真は2007年10月30日撮影)とテリー・フランコーナ(写真は2011年4月27日撮影) ボストン・レッドソックス時代のセオ・エプスタイン(左。写真は2007年10月30日撮影)とテリー・フランコーナ(写真は2011年4月27日撮影)
ボストン・レッドソックス時代のセオ・エプスタイン(左。写真は2007年10月30日撮影)テリー・フランコーナ(写真は2011年4月27日撮影)

チームが長期間にわたって優勝から見放されているときに、その原因を呪いに求める例はほかにもある。そのなかでも特に著名なもののひとつに、ボストン・レッドソックスの "バンビーノの呪い" がある。レッドソックスは、1910年代終了時点でシリーズ優勝が全球団最多の5度を数える強豪だった。しかし1919年のシーズン終了後に、レッドソックスは主力選手の "バンビーノ" ことベーブ・ルースニューヨーク・ヤンキースへトレードで放出する。それ以降レッドソックスが優勝できなくなったのは、このときに呪いがかけられたからだ、というのがこの話の要旨である[注 1]。レッドソックスは2004年86年ぶりのシリーズ制覇を成し遂げ、バンビーノの呪いに終止符を打った。このとき、レッドソックスのGMを務めていたのがセオ・エプスタインで、監督として指揮を執っていたのがテリー・フランコーナである。それから12年が経ち、今シリーズではエプスタインがカブス編成代表、フランコーナがインディアンス監督として、敵味方に分かれて相対することとなった[15]。エプスタインはフランコーナとの対戦について「ワールドシリーズに出られるってだけでも特別なことなのに、いい思い出がたくさん蘇ってくるんだからたまらないね。ただ彼はポストシーズンに入るといつも以上に采配が冴えるから、敵に回した今となっては厄介なんだよなぁ」と述べている[16]

両チームの過去の対戦[編集]

いずれのチームも第1回ワールドシリーズが開催された1903年より前に創設され、100年以上の歴史を有している。しかし、ワールドシリーズでこの両チームの対戦が実現したことは、今までに一度もなかった[17]。カブスの過去10回のシリーズ出場は1945年以前に集中しているが、その間にインディアンスがシリーズ出場を果たしたのは1920年の一度しかなく、そのときの対戦相手はブルックリン・ロビンス(のちのロサンゼルス・ドジャース)だった。 

1997年から始まったレギュラーシーズン中のインターリーグでは、両チームの対戦はこれまでに計18試合が行われており、その結果は9勝9敗の五分である[18]。直近の対戦は、2015年にそれぞれの本拠地で2試合ずつの計4試合が組まれており、ここも2勝2敗と互角だった。その4試合のうち、6月17日の試合ではカブスが17-0の大勝を収めており、これは零封試合としてはインターリーグ史上最大点差である[17]。一方、8月24日の試合でもカブスが勝利しているが、こちらは2x-1の接戦だった。この試合では先発投手が、インディアンスがコーリー・クルーバーでカブスがジョン・レスターと、今シリーズ第1戦と同じ顔合わせとなった。結果はクルーバーが11奪三振0与四球で7.2イニング1失点、レスターが4併殺打を含む16のゴロアウトで8.2イニング1失点と、ともに好投している[19]。レスターは相手走者との駆け引きが苦手で盗塁を多く許す投手として知られ、対するインディアンスは2016年のチーム盗塁数がリーグ最多となるなど走塁面に強みを持つ。シリーズを前に、インディアンス一塁コーチのサンディー・アロマー・ジュニアは「前回の対戦では走者をあまり出せなかったから、できることもそんなになかった」と振り返り、監督のテリー・フランコーナは「走塁が彼を攻略する足がかりになればいいけどね」と述べている[20]

ロースター[編集]

両チームの出場選手登録(ロースター)は以下の通り。

クリーブランド・インディアンス シカゴ・カブス
守備位置 背番号 出身 選手 年齢 ワールドシリーズ経験 守備位置 背番号 出身 選手 年齢 ワールドシリーズ経験
出場 優勝 出場 優勝
投手 37 アメリカ合衆国の旗 コディ・アレン 27 なし 投手 49 アメリカ合衆国の旗 ジェイク・アリエータ 30 なし
47 アメリカ合衆国の旗 トレバー・バウアー 25 なし 54 キューバの旗 アロルディス・チャップマン 28 なし
52 アメリカ合衆国の旗 マイク・クレビンジャー 25 なし 6 アメリカ合衆国の旗 カール・エドワーズJr. 25 なし
28 アメリカ合衆国の旗 コーリー・クルーバー 30 なし 52 アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・グリム 28 なし
53 アメリカ合衆国の旗 ジェフ・マンシップ 31 なし 28 アメリカ合衆国の旗 カイル・ヘンドリックス 26 なし
34 アメリカ合衆国の旗 ザック・マカリスター 26 なし 41 アメリカ合衆国の旗 ジョン・ラッキー 38 3年ぶり3回目 2回
54 アメリカ合衆国の旗 ライアン・メリット 24 なし 34 アメリカ合衆国の旗 ジョン・レスター★◎ 32 3年ぶり3回目 2回
24 アメリカ合衆国の旗 アンドリュー・ミラー★◎ 31 なし 38 アメリカ合衆国の旗 マイク・モンゴメリー 27 なし
61 アメリカ合衆国の旗 ダン・オテロ 31 なし 56 ベネズエラの旗 ヘクター・ロンドン 28 なし
31 ドミニカ共和国の旗 ダニー・サラザー 26 なし 46 ドミニカ共和国の旗 ペドロ・ストロップ 31 なし
27 アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ショウ 28 なし 37 アメリカ合衆国の旗 トラビス・ウッド 29 なし
43 アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・トムリン 31 なし 捕手 40 ベネズエラの旗 ウィルソン・コントレラス 23 なし
捕手 10 ブラジルの旗 ヤン・ゴームズ 29 なし 47 ベネズエラの旗 ミゲル・モンテロ 33 なし
55 プエルトリコの旗 ロベルト・ペレス 27 なし 3 アメリカ合衆国の旗 デビッド・ロス 39 3年ぶり2回目 1回
内野手 22 アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・キプニス 29 なし 内野手 9 プエルトリコの旗 ハビアー・バエズ 23 なし
12 プエルトリコの旗 フランシスコ・リンドーア 22 なし 17 アメリカ合衆国の旗 クリス・ブライアント 24 なし
1 ドミニカ共和国の旗 マイケル・マルティネス 34 なし 44 アメリカ合衆国の旗 アンソニー・リゾ 27 なし
26 アメリカ合衆国の旗 マイク・ナポリ 34 3年ぶり3回目 1回 27 アメリカ合衆国の旗 アディソン・ラッセル 22 なし
11 ドミニカ共和国の旗 ホセ・ラミレス 24 なし 18 アメリカ合衆国の旗 ベン・ゾブリスト 35 2年連続3回目 1回
外野手 6 アメリカ合衆国の旗 ロニー・チゼンホール 28 なし 外野手 5 アメリカ合衆国の旗 アルバート・アルモーラJr. 22 なし
4 アメリカ合衆国の旗 ココ・クリスプ 36 9年ぶり2回目 1回 8 アメリカ合衆国の旗 クリス・コグラン 31 なし
20 アメリカ合衆国の旗 ラージャイ・デービス 36 なし 24 アメリカ合衆国の旗 デクスター・ファウラー 30 なし
6 アメリカ合衆国の旗 ブランドン・ガイヤー 30 なし 22 アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ヘイワード 27 なし
30 アメリカ合衆国の旗 タイラー・ネイキン 25 なし 12 アメリカ合衆国の旗 カイル・シュワーバー 23 なし
指名打者 41 ドミニカ共和国の旗 カルロス・サンタナ 30 なし 68 キューバの旗 ホルヘ・ソレア 24 なし
シリーズ開幕を前に記者会見に臨むカブスのカイル・シュワーバー

インディアンスはリーグ優勝決定戦のロースターから投手を入れ替え、コディ・アンダーソンに代えてダニー・サラザーを登録した。サラザーは開幕から先発ローテーションの一角として投げ、前半戦は17試合104.2イニングで10勝3敗・防御率2.75の好成績を残し、オールスターゲームにも初めて選出された。しかしそのオールスター出場を右肘違和感のため辞退すると[21]、8月上旬にはその右肘の炎症で15日間の故障者リスト入り[22]。一度は復帰したものの9月上旬には右前腕部の張りを訴え、そのままレギュラーシーズンは投げずに終了、ポストシーズンでもリーグ優勝決定戦まではロースターを外れていた[23]。ワールドシリーズで復帰ということにはなったが、投手コーチのミッキー・キャラウェイは、サラザーの投球数は65球から70球が限度になるだろうとの見通しを示している[24]。アンダーソンは地区シリーズもリーグ優勝決定戦もロースターには入っていたが、一度も登板しないままサラザーに枠を譲ることになった。またインディアンスのローテーション投手ではもうひとり、カルロス・カラスコも9月中旬の試合で打球が直撃し右手小指を骨折しており、こちらは60日間の故障者リストに入ったため今シリーズでは復帰できない[25]

カブスはリーグ優勝決定戦のロースターから救援投手のロブ・ザストリズニーを外し、外野手のカイル・シュワーバーを登録した。シュワーバーは2015年6月にデビューすると、レギュラーシーズンでは69試合で16本塁打、ポストシーズンでは9試合で5本塁打を放っていた。しかし2016年は、開幕3試合目で外野守備中にデクスター・ファウラーと交錯し、左膝の前十字靭帯および外側側副靱帯断裂するという重傷を負っていた[26]。リハビリの結果、リーグ優勝決定戦のさなかに医師から打撃と走塁の許可が下りたため、シュワーバーは急遽チームの帯同を離れてアリゾナ・フォールリーグ(AFL)に合流し、シリーズ出場へ向けて最終調整を行うことになった[27]。AFLでは2試合の出場にとどまったものの、二塁へのスライディングを無事こなせたことや打球速度が110mph(約177.0km/h)を記録したことなどから、ロースター入りが決まった[28]。敵地プログレッシブ・フィールドでは指名打者として、本拠地リグレー・フィールドでは代打としての起用が見込まれる[24]。ザストリズニーは左投手で、リーグ優勝決定戦では対戦相手のロサンゼルス・ドジャースに左打者が多いことからロースター入りしていたが[29]、登板機会は結局なかった。

試合結果[編集]

2016年のワールドシリーズは10月25日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月25日(火) 第1戦 シカゴ・カブス 0-6 クリーブランド・インディアンス プログレッシブ・フィールド
10月26日(水) 第2戦 シカゴ・カブス 5-1 クリーブランド・インディアンス
10月27日(木) 移動日
10月28日(金) 第3戦 クリーブランド・インディアンス 1-0 シカゴ・カブス リグレー・フィールド
10月29日(土) 第4戦 クリーブランド・インディアンス 7-2 シカゴ・カブス
10月30日(日) 第5戦 クリーブランド・インディアンス 2-3 シカゴ・カブス
10月31日(月) 移動日
11月01日(火) 第6戦 シカゴ・カブス 9-3 クリーブランド・インディアンス プログレッシブ・フィールド
11月02日(水) 第7戦 シカゴ・カブス 8-7 クリーブランド・インディアンス
優勝:シカゴ・カブス(4勝3敗 / 108年ぶり3度目)

第1戦 10月25日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、5分26秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シカゴ・カブス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
クリーブランド・インディアンス 2 0 0 1 0 0 0 3 X 6 10 0
  1. : コーリー・クルーバー(1勝)  : ジョン・レスター(1敗)  
  2. :  CLE – ロベルト・ペレス1号ソロ・2号3ラン
  3. 審判:球審…ラリー・バノーバー、塁審…一塁: クリス・グッチオーネ、二塁: ジョン・ハーシュベック、三塁: マービン・ハドソン、外審…左翼: トニー・ランダッゾ、右翼: ジョー・ウェスト
  4. 試合時間: 3時間37分 観客: 3万8091人 気温: 50°F(10°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第2戦 10月26日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、4分40秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シカゴ・カブス 1 0 1 3 0 0 0 0 0 5 9 0
クリーブランド・インディアンス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 4 2
  1. : ジェイク・アリエータ(1勝)  : トレバー・バウアー(1敗)  
  2. 審判:球審…クリス・グッチオーネ、塁審…一塁: ジョン・ハーシュベック、二塁: マービン・ハドソン、三塁: トニー・ランダッゾ、外審…左翼: ジョー・ウェスト、右翼: ラリー・バノーバー
  3. 試合時間: 4時間4分 観客: 3万8172人 気温: 43°F(6.1°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第3戦 10月28日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、4分21秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
クリーブランド・インディアンス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 8 1
シカゴ・カブス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
  1. : アンドリュー・ミラー(1勝)  : カール・エドワーズ・ジュニア(1敗)  S: コディ・アレン(1S)  
  2. 審判:球審…ジョン・ハーシュベック、塁審…一塁: マービン・ハドソン、二塁: トニー・ランダッゾ、三塁: ジョー・ウェスト、外審…左翼: サム・ホルブルック、右翼: クリス・グッチオーネ
  3. 試合時間: 3時間33分 観客: 4万1703人 気温: 62°F(16.7°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第4戦 10月29日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、5分21秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
クリーブランド・インディアンス 0 2 1 0 0 1 3 0 0 7 10 0
シカゴ・カブス 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 7 2
  1. : コーリー・クルーバー(2勝)  : ジョン・ラッキー(1敗)  
  2. :  CLE – カルロス・サンタナ1号ソロ、ジェイソン・キプニス1号3ラン  CHC – デクスター・ファウラー1号ソロ
  3. 審判:球審…マービン・ハドソン、塁審…一塁: トニー・ランダッゾ、二塁: ジョー・ウェスト、三塁: サム・ホルブルック、外審…左翼: クリス・グッチオーネ、右翼: ジョン・ハーシュベック
  4. 試合時間: 3時間16分 観客: 4万1706人 気温: 59°F(15°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第5戦 10月30日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、5分59秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
クリーブランド・インディアンス 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 6 1
シカゴ・カブス 0 0 0 3 0 0 0 0 X 3 7 0
  1. : ジョン・レスター(1勝1敗)  : トレバー・バウアー(2敗)  S: アロルディス・チャップマン(1S)  
  2. :  CLE – ホセ・ラミレス1号ソロ  CHC – クリス・ブライアント1号ソロ
  3. 審判:球審…トニー・ランダッゾ、塁審…一塁: ジョー・ウェスト、二塁: サム・ホルブルック、三塁: クリス・グッチオーネ、外審…左翼: ジョン・ハーシュベック、右翼: マービン・ハドソン
  4. 試合時間: 3時間27分 観客: 4万1711人 気温: 50°F(10°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第6戦 11月1日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、4分24秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シカゴ・カブス 3 0 4 0 0 0 0 0 2 9 13 0
クリーブランド・インディアンス 0 0 0 1 1 0 0 0 1 3 6 1
  1. : ジェイク・アリエータ(2勝)  : ジョシュ・トムリン(1敗)  
  2. :  CHC – クリス・ブライアント2号ソロ、アディソン・ラッセル1号満塁、アンソニー・リゾ1号2ラン  CLE – ジェイソン・キプニス2号ソロ
  3. 審判:球審…ジョー・ウェスト、塁審…一塁: サム・ホルブルック、二塁: クリス・グッチオーネ、三塁: ジョン・ハーシュベック、外審…左翼: マービン・ハドソン、右翼: トニー・ランダッゾ
  4. 試合時間: 3時間29分 観客: 3万8116人 気温: 71°F(21.7°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

第7戦 11月2日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、7分9秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
シカゴ・カブス 1 0 0 2 2 1 0 0 0 2 8 13 3
クリーブランド・インディアンス 0 0 1 0 2 0 0 3 0 1 7 11 1
  1. : アロルディス・チャップマン(1勝1S)  : ブライアン・ショウ(1敗)  S: マイク・モンゴメリー(1S)  
  2. :  CHC – デクスター・ファウラー2号ソロ、ハビアー・バエズ1号ソロ、デビッド・ロス1号ソロ  CLE – ラージャイ・デービス1号2ラン
  3. 審判:球審…サム・ホルブルック、塁審…一塁: クリス・グッチオーネ、二塁: ジョン・ハーシュベック、三塁: マービン・ハドソン、外審…左翼: トニー・ランダッゾ、右翼: ジョー・ウェスト
  4. 試合時間: 4時間28分 観客: 3万8104人 気温: 69°F(20.6°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com / FanGraphs

シリーズ終了後[編集]

優勝記念パレード[編集]

青く染まったシカゴ川
市街地を通過するパレードの様子
クリス・ブライアントは、腰にチャンピオンベルトを巻いてパレードに参加した。このベルトは、プロレス団体のWWEがカブス優勝を記念して製作・贈呈した、同団体世界王座ベルトのレプリカである[30]

シリーズ終了から一夜明けた11月3日の正午前、シカゴ市長ラーム・エマニュエルが記者会見で、カブスの優勝記念パレードが翌4日に開催されることを発表した[31]。開催日について市側は当初、週明け月曜日の7日を希望していた。優勝決定により多くの人が夜の街に繰り出した結果、警察当局が3日未明まで雑踏警備にあたっており、パレード開催が翌4日では彼らの負担が大きいというのがその理由である[32]。実際にこのとき、優勝を祝う喧騒のなかで14人が逮捕され35人が救急搬送されている[33]。一方、球団側は4日開催を求めた。こちらは選手が一日でも早くオフの休暇に入りたがっていることに加え、7日からは各球団の幹部が集まるGM会議がアリゾナ州スコッツデールで始まり、パレードが7日開催では編成代表セオ・エプスタインらが参加できなくなるためだった[31]。最終的に市側が折れ、開催日は4日に決まった。コースは、本拠地球場リグレー・フィールドを午前10時に出発してアディソン通りを東へ進み、ミシガン湖に突き当たったところで右折して南下、ミシガン通りコロンバス通りを経てグラント・パーク着、というものである。グラント・パークは、2008年11月の大統領選挙バラク・オバマがおよそ24万人の聴衆を前に勝利演説をした場所であり[34]アイスホッケーNHLシカゴ・ブラックホークスによる2010年以降3度のスタンレー・カップ優勝時にもパレードの終着点となるなど[35]、過去にも人が多く集まるイベントの開催地となった実績がある。今回も、エマニュエルの会見に先立つ3日早朝から、ステージ設営や仮設便所設置など記念式典の準備が始まっていた[32]

イリノイ州知事ブルース・ローナーは、パレードが行われる4日を「世界王者シカゴ・カブスの日」とすると発表した[36]。カブスのファンは3日、アーニー・バンクスハリー・ケリーなど既に亡くなっている球団OBの墓にお供え物をしたり、リグレー・フィールドの煉瓦壁に親戚の故人の名前を書き込んでいったりと、カブスの優勝を見届けることなくこの世を去った人々を思い思いの形で鎮魂した[37]。ケリーの墓には、青リンゴが多くお供えされていた。これは、アメリカ英語に「…なのは確かだ」「…なのは間違いない」を意味する「が青リンゴを創造したように…」( "Sure as God made green apples..." )という慣用句があり、生前のケリーがこれを用いて「いつの日かカブスがワールドシリーズに出るのは間違いありません」と述べていたことに由来する[38]。ファンにとって今回の優勝はただ嬉しいだけではなく、それを分かち合うことができなかった故人に思いを馳せるという点で、少しほろ苦いものでもあった[39]2003年のリーグ優勝決定戦ファウルフライ捕球妨害を起こし大バッシングを浴びたスティーブ・バートマンは、選手たちに集まるべき注目が自分へ向けられると祝福ムードに水が差されるのでパレードを観には行かないが、カブスの優勝にはとても喜んでいるとの声明を代理人弁護士を通じて発表した[40]。当時の大統領オバマは、カブスではなくシカゴ・ホワイトソックスの熱狂的ファンであるにもかかわらず、この日の夜にジョー・マドンに祝福の電話をかけ、自分が大統領を退任する2017年1月までにホワイトハウスを訪問しないか、とカブスを招待した[41]スティーブ・グッドマンが1984年に発表したカブス応援ソング『ゴー、カブス、ゴー』はインターネット上での再生数が一気に伸び、ストリーミング配信大手 "Spotify" ではこの曲がバイラルチャートの第22位に登場した[42]チャンス・ザ・ラッパーは自身の代表曲『ノー・プロブレム』と『ゴー、カブス、ゴー』のマッシュアップ曲を "SoundCloud" に投稿し[43]プライベートバンク劇場ではミュージカルハミルトン』上演終了後のカーテンコールで出演者が『ゴー、カブス、ゴー』を歌った[44]

市の発表では、パレード当日は警察当局による巡回が未明の午前3時頃から始まることになっていた[31]。しかし実際に日付が変わると、午前2時頃には早くもファンがグラント・パークの周りに集まりだした[45]。さらにアディソン通りでも、ファンが席取りする姿は日の出前から見られた[46]。街に朝日が昇った午前7時15分頃には、シカゴ川に染料が流され、川がカブスのチームカラーである青一色に染まった[47]。シカゴ川に染料で色をつけること自体は、毎年3月 "聖パトリックの祝日" の時期に行われている。シカゴにはアイルランド系アメリカ人が多く住むため、アイルランド守護聖人パトリキウス(聖パトリック)の命日を祝うこの時期に、アイルランドのナショナルカラーである緑に川を染めるのが恒例行事となっている。しかし、地元スポーツチームの優勝を祝うために川を染めたというのは、これまでに前例のないことだった[48]シカゴ交通局(CTA)やメトラなどの鉄道事業者は予想される混雑に対応するため、臨時ダイヤを編成してこの日の運行本数を増やし、また自転車車内持ち込みを制限するなどの対応策を決めていた[49]。それでも午前8時30分頃には最大31分の遅れが発生したほか[50]、一部の列車はこれ以上乗客を乗せられないと判断して一部の停車駅を通過する措置をとった[51]。これまでの一日の最多乗客数は、CTAのシカゴ・Lが約90万人でメトラが約43万人だったが、この日はそれぞれがそれを上回る約110万人と約46万人を記録した[52]。アディソン通りでは、警備にあたる警察官までもがカブスの勝利を祝う旗をはためかせていた[46]

選手たちは午前8時40分頃からリグレー・フィールドに集まり始め、球場内で記念撮影に興じていた[53]。ただ、球場周辺が多数の人出で渋滞となり、一部の選手が巻き込まれて遅刻したため、パレードは開始予定時間から45分ほど遅れての出発となった[54]。この日は空も晴れ、気温も60°F(約15.6°C)ほどと、シカゴには珍しい秋晴れの日となった[55]。パレードには選手やコーチ陣、エプスタインらフロントとその家族のほか、ライン・サンドバーグケリー・ウッドといった球団OBたち[56]地元イリノイ州選出の連邦議会上院議員やエマニュエルら政治家なども参加し[注 2][53]、総勢42台のバスで市内を進んでいった[57]。ファンは少しでもいい視界を確保しようと街路樹や建物の窓のへりによじ登り[58]デビッド・ロスが通過するときには「グランパ(おじいちゃん)!」と声援を送った[59]。ミシガン湖沿いでは高速道路に入ったので沿道のファンはまばらだったが、対向車線では北進していた車がパレードを見ようと速度を落としたため、渋滞が発生した[53]。一行が高速道路を下り、ミシガン通りのマグニフィセント・マイルと呼ばれる区間にさしかかると、沿道は再びファンで埋め尽くされた。ジェイク・アリエータはミシガン通りの光景を目にして「この人の多さにはグッとくるものがあるね」と述べた[60]。エプスタインを乗せた車両が通ると、ファンは「セーオ、セーオ、セーオ」と彼の名を連呼し[61]、選手のなかではシリーズMVPベン・ゾブリストに特に大きな歓声が集められた[54]。一行がミシガン通りを通過してシカゴ川を渡りきったあとには、ファンの何人かが橋からシカゴ川に飛び込んだ[62]

グラント・パーク入口に集まっていたファンは、午前8時15分頃の開門と同時になだれ込んだ[53]。彼らの待つところにパレード一行が到着し、記念式典が始まったのは午後に入ってからである[63]。マドンはステージ上から大観衆を見渡すと、この式典をウッドストック・フェスティバルになぞらえ「カブストック2016によく来たな! リッチー・ヘブンスがこの場にいたらなぁ、と思うよ」と声をあげた[64]。球団専属ラジオアナウンサーのパット・ヒューズは観衆に「みんな、仕事や学校にはちゃんと行ったか?」と問いかけ、"No" という返事が聞こえると「心配はいらないぞ、上司も先生もここに来てるからな」と話した[65]。実際に平日の日中にもかかわらず、パレードや記念式典の観衆のなかには、児童や学生と思しき若者や彼らを含む家族連れの姿も多く見られた[46]。というのも、シカゴの学区が管轄する公立学校はもともとこの日、教職員が学校改善策を検討する日として授業を休講することになっていたのである[31]。ただ、学区管轄外で休講予定のない学校でも、遅刻・欠席の数が普段の数倍にのぼった事例は少なからずあった[65]ジョン・レスターはヒューズからマイクを受け取ってのスピーチで "shit" と放送禁止用語を口走ってしまい「子供の前ではまずかったね」と謝った[55]。全体的に浮かれた空気で式典が進むなか、アンソニー・リゾは涙を見せた。彼はチームの裏方や選手の妻ら家族に感謝の言葉を述べたあと、ロスについて触れ、時折言葉を詰まらせながら「より良き人間でいるためにどうすべきか、フィールドの内外でたくさん教えてもらった。彼には一生感謝するよ、彼は永遠のチャンピオンとしてフィールドを去るんだ」と称賛した[64]。そのロスは全選手中最後に登場すると「自撮りさせてもらってもいいか? みんな、手を挙げてくれ」と呼びかけ、観衆を背景にチームメイトも入れた自撮り写真を撮影し、のち自身のTwitterに投稿した[66]。その後、カントリー歌手のブレット・エルドレッジが登壇して『ゴー、カブス、ゴー』を歌い、『伝説のチャンピオン』をBGMに選手たちがコミッショナーズ・トロフィーを高々と掲げて式典が締めくくられた[53]

人類史上最も多くの人を集めたとされる行事トップ10(2016年11月時点)[57]
順位 行事 開催年 開催国 人数
1 クンブ・メーラ
ヒンドゥー教の行事)
2013年 インドの旗 インド 3000万人
2 アルバイーン
イスラム教シーア派の行事)
2014年 イラクの旗 イラク 1700万人
3 C・N・アンナードゥライタミル・
ナードゥ州
初代首相)の葬儀
1969年 インドの旗 インド 1500万人
4 ルーホッラー・ホメイニー
イラン最高指導者)の葬儀
1989年 イランの旗 イラン 1000万人
5 教皇フランシスコキリスト教
カトリック最高位聖職者)の訪問
2015年 フィリピンの旗 フィリピン 600万人
6 第7回ワールドユースデー
(カトリック信者の年次集会)
1995年 フィリピンの旗 フィリピン 500万人
7 カブスのワールドシリーズ
優勝記念パレードおよび式典
2016年 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 500万人
8 ガマール・アブドゥル=ナーセル
エジプト大統領)の葬儀
1970年 アラブ連合共和国の旗 エジプト 500万人
9 ロッド・スチュワート
コンサート
1994年 ブラジルの旗 ブラジル 350万人
10 ハッジ
(イスラム教徒の聖地メッカ巡礼)
2012年 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 300万人

シカゴ市危機管理通信課は昼前に、この日のパレードや記念式典を観に訪れた人の数を推定500万人と発表した[53]。過去にシカゴで行われたほかのパレード推定観衆数は、2005年のホワイトソックスによる88年ぶりのワールドシリーズ制覇時が120万人、ブラックホークスの優勝時が200万人である[54]。また、これまでにアメリカ合衆国史上最も多くの人を集めたスポーツ関連行事は、2004年にボストン・レッドソックス86年ぶりのワールドシリーズ優勝を果たしたときのパレードで、推定300万人とされる[67]。今回のパレードはこれらの記録を塗り替えたのみならず、一説によれば、人類史上7番目に多くの人を集めた行事になるという[68]。今回のと同等もしくはそれ以上に人を集めた行事は、その多くが宗教にまつわるものであり、スポーツ関連で500万人というのは世界的にも過去に例を見ない[69]。ただ、冷静に考えると、500万人という数字はいささか現実味に欠ける。例えば、人ひとりが立つのに要する面積を2ft2(約0.186m2)と仮定すると、グラント・パークと沿道とで計500万人が入るには沿道の幅が平均で206ft(約62.8m)ないといけない計算になるが、実際の道幅は最も広いところでも120ft(約36.6m)しかない[70]。さらに、500万人という数字がシカゴ市の人口(約270万人)の2倍近く、かつ合衆国50州のうち半数以上の州それぞれの人口より多い数字であること、また自家用車で来た人はその車をどこの駐車場に停めたのかなど、疑問点はほかにも挙げられる[34]。それでも、前述の計算から導き出される100万人が実際の数字だったとしても、集まった人々にとっては思い出深い一日となっただろう[70]アリゾナ州立大学教授のスティーブ・ドイグは「数百万人という規模ではなかったにしろ、幸福感に満たされたファンが大集合していたのは確かです」と述べている[67]

前述の計算によれば、グラント・パークへの入場者は48万7000人ほどと考えられる[70]。入場者には手荷物検査が課され、容器未開栓の水など一部を除いて場内持ち込みが制限されるなど、厳重な警備体制が敷かれた[53]。その結果、パレード当日の逮捕者は6人、救急搬送者は33人だった[71]。エマニュエルはのちに声明を出し「市のあらゆる機関・部署のみなさまの多大なる貢献により、本日の祝典が開催できましたことに感謝申し上げます。カブスの優勝と並び、このパレードを行うにあたり昼夜を問わず尽力されたシカゴ市民のみなさまも、ここに顕彰いたします」と謝意を示した[53]。一方、数十万人が一斉に詰めかけたことでグラント・パークには芝生の剥離などの損傷が発生し、市は後日カブスに修繕費用として38万8000ドルを請求した[72]

もうひとつの100年以上待ちわびた勝利[編集]

沿道でパレードを見守る観衆のなかに、ラグビーユニオンニュージーランド代表 "オールブラックス" の姿があった。なぜ彼らがそこにいたかというと、翌5日にソルジャー・フィールドアイルランド代表テストマッチを行うためである。オールブラックスの宿舎はミシガン通りの近くにあり[73]ジュリアン・サヴェアら一部の選手はカブスが優勝を決めた瞬間もテレビ中継で観ていたという[74]。パレードへ出かけるとアーロン・スミスサム・ケインらは野球ごっこに興じ、オールブラックスの前をカブス一行が通過する際には、TJ・ペレナラワイサケ・ナホロがそれぞれサヴェアとオーウェン・フランクス肩車してもらって光景を視界に収めた[73]。今回のオールブラックス北半球遠征スコッドのうち、ここに名前の挙がった選手たちは2015年のワールドカップで優勝を経験している。彼らは10月31日の決勝戦に勝利すると、開催地イングランドから地球の裏側にある母国に帰り、この日のカブスからちょうど1年前の11月4日に同国最大都市オークランドでパレードをしていた。そんな彼らにとっても、今回のカブス優勝記念パレードは強く印象に残るものとなった。ペレナラは「うちの国の総人口より多い人数がここに来てるのか」「桁違いだな」と感嘆していた[注 3][73]

アイルランド代表はその日の朝、パレードによって大通りが塞がっていたため、ソルジャー・フィールドへ練習に向かうのに警察の先導で地下道を通らなければならなくなった[75]。主将のローリー・ベストは午前の練習を終えると、トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー内の宿舎に戻り、17階からパレードを見下ろして「信じられない」と漏らした[76]。しかし外に出て見に行くことはせず、パレードの最中に記者会見に臨み「オールブラックスには敬意を払わねばならないが、かといって戦意を喪失したり怖気づいたりしてもいけない。フィールドに出たら俺たちのゲームプランを試合終了まで貫いて、最後は彼らに勝たないと」と意気込みを語った[77]。両国のテストマッチは、1905年11月の初対戦以来これまでに28試合が行われ、オールブラックスが27勝1分と圧倒している。今回はカブスが108年ぶりの優勝を決めた直後にカブスの本拠地都市で対戦するということで、次はアイルランド代表111年目の初勝利なるかとファンの期待が高まっていた[78]。代表HCジョー・シュミットも、そのことに「いやぁ、私は迷信を信じるような人間じゃないんだ。1908年と1905年、確かに似ているがそれだけだよ」と否定的ながらも言及した[79]

テストマッチ当日、ソルジャー・フィールドには6万2300人の観衆が集まった。その多くはアイルランド代表のファンで、場内の雰囲気はベストが「第二のホーム」と表現したほどだった[80]。試合は午後3時に始まり、アイルランド代表は開始3分で3点を先制すると、前半だけで3トライを挙げるなど試合を優位に進め、25-8でハーフタイムを迎える。後半に入るとオールブラックスが反撃に転じ、64分には33-29と4点差にまで追い上げるが、アイルランド代表は残り5分でロビー・ヘンショウがトライを決めて突き放し、40-29で勝利を手にした。試合後にロブ・カーニーは「この試合に全力を尽くした我々は勝利に値すると思う。カブスが勝ったあとのこの週末、シカゴには何かが起こりそうな空気があった」と、本拠地にも敵地にもない独特の雰囲気を指摘した[78]。オールブラックスHCのスティーブ・ハンセンは「あの500万人パレード、うちの選手もほぼみんな見に行ってたよ。それが翌日の試合に負けた主な原因かどうかはわからないが、普段ならテストマッチ前日にやるようなことではないのは確かだ」と、カブスに気を取られて試合に集中していなかった選手の存在を認めた[81]

大統領選挙とホワイトハウス表敬訪問[編集]

ワールドシリーズが最終第7戦までもつれたときのシリーズと大統領選挙の勝者
ワールドシリーズ勝者 大統領選挙当選者
1924年 ワシントン・セネターズ AL カルビン・クーリッジ 共和党
1940年 シンシナティ・レッズ NL フランクリン・ルーズベルト 民主党
1952年 ニューヨーク・ヤンキース AL ドワイト・D・アイゼンハワー 共和党
1956年 ニューヨーク・ヤンキース AL ドワイト・D・アイゼンハワー 共和党
1960年 ピッツバーグ・パイレーツ NL ジョン・F・ケネディ 民主党
1964年 セントルイス・カージナルス NL リンドン・ジョンソン 民主党
1968年 デトロイト・タイガース AL リチャード・ニクソン 共和党
1972年 オークランド・アスレチックス AL リチャード・ニクソン 共和党
2016年 シカゴ・カブス NL (?)

シリーズ最終戦から6日後の11月8日は、第58回アメリカ合衆国大統領選挙の投票日だった。現職のバラク・オバマ民主党)は憲法の任期制限規定により出馬できず、与党・民主党からは元大統領夫人で前国務長官ヒラリー・クリントンが、野党・共和党からは不動産開発業者タレントドナルド・トランプが、それぞれ候補者となり選挙戦を繰り広げた。政治ジャーナリストのケン・ルーディンは、シリーズと選挙に関する一種の法則を指摘している。それによると、選挙の年にシリーズが最終第7戦までもつれ込んだ場合、アメリカンリーグの球団が優勝すると共和党候補が、逆にナショナルリーグ球団が優勝すると民主党候補が選挙で当選しているという[82]。この法則に従えば、今シリーズはナショナルリーグのカブスが制したため、選挙ではクリントンが勝つことになる。実際、世論調査ではクリントンが上位という結果が多く、今回も法則通りになりそうな情勢だった。トランプは選挙期間中、ポリティカル・コレクトネスを無視した暴言を連発していたため、支持者でもそのことを公言しづらい状況にあった[83]

カブスの地元イリノイ州は民主党支持者が多い "青い州" とされ、1992年にクリントンの夫ビルが勝ったときから民主党候補が6連勝中である。オバマとクリントンはともにシカゴ居住経験があり、今シリーズではカブスを応援していた。とはいうものの、オバマのほうは元来シカゴ・ホワイトソックスのファンであり、2008年には同市内のライバルであるカブスのファンを、球場ではを飲むばかりで試合をろくに観もしない連中だとこき下ろしたこともある[84]。2016年のポストシーズンでは、ホワイトソックスが出場していなかったこともあって、一時的にカブスのファンになっていた[41]。これに対してクリントンは、幼少期からカブスのファンだった。ニューヨーク州選出の連邦議会上院議員時代にはニューヨーク・ヤンキースを応援していたこともあるが、その理由は「アメリカンリーグに贔屓球団を持とうにも、私の地元でホワイトソックスを応援するのはへの冒涜みたいなものだから」だという[85]。またクリントンは、カブス応援ソング『ゴー、カブス、ゴー』の歌手スティーブ・グッドマンメイン東高校で同級生だったという縁もある[86]。シリーズ最終戦から一夜明けた11月3日、クリントンはノースカロライナ州での演説で「昨晩はとても特別な一夜でしたが、数日後にはもっとすごいことが起こるかもしれません。カブスが前回(1908年)優勝したとき、女性には大統領選挙の投票権すらなかった――女性たちは今回の選挙でその遅れを挽回しようとしているのです」と、カブスを引き合いに出しながら史上初の女性大統領誕生へ意欲を見せた[注 4][87]。ただ、カブス球団オーナーのリケッツ家は、球団会長のトムをはじめ多くが共和党支持者である。一家の資金提供を受けた特別政治活動委員会(スーパーPAC)は、ナショナルリーグ優勝決定戦のテレビ中継でクリントンを中傷する内容のCMを流し、物議を醸した[88]

インディアンスの地元オハイオ州は両党支持勢力が拮抗する "スイング・ステート" として知られ、1964年以来この州を制した者がそのまま選挙でも当選している。共和党は同州を重視し、7月の党全国大会開催地をクリーブランドにしたほか[89]、選挙戦でもトランプ本人だけでなく彼の娘イヴァンカ副大統領候補マイク・ペンスなど、大物の人物を民主党陣営よりも重点的に同州へ動員していた[90]。ただシリーズに関しては、共和党陣営にインディアンス応援の動きは見られなかった。トランプはどちらのチームを応援するかシリーズ開幕後も表明していない[91]。最終第7戦に対する関心の度合いも、クリントンとは対照的である。クリントンは遊説終了後にiPadで延長戦の模様を見守り、決着後にはカブスの勝利を祝う旗を広げて喜びをあらわにした[92]。これに対してトランプは、移動中の自家用ジェット機内で党全国委員長ラインス・プリーバスから中継を観ないかと提案されたが拒否し、しかもその代わりにテレビ画面には自身の肖像写真を大写しにしたという[93]。トランプ以外の陣営関係者でも、ペンスはカブスのファンであると公言している[91]。また、世論調査ではクリントンが終始優勢だったことから、選挙対策委員長ケリーアン・コンウェイTwitterで、一時は1勝3敗と崖っぷちに追い込まれたカブスの逆転優勝を暗に自陣営と重ね合わせるかのような投稿を行った[94]。選挙直前に地元のスポーツチームが勝つと与党の得票が増える、という社会科学の研究報告もあり、共和党としてはインディアンスに負けてもらったほうが都合がよかったのかもしれない[90]。インディアンス球団オーナーのラリー・ドーランもまた共和党支持者であるが、政治活動にはあまり積極的でない。2010年以降の政治献金額を比較すると、リケッツ家が3000万ドル以上を投入しているのに対し、ドーラン家は20万ドル未満にとどまっている[95]

シカゴで行われた反トランプの抗議デモ
1月の表敬訪問。背番号44のアンソニー・リゾから第44代大統領バラク・オバマへカブスのユニフォームが贈呈される

コンウェイがほのめかしたようにトランプ当選の可能性は日増しに高まり、11月に入ると支持率がクリントンを超えた、などの報道も一部で出るようになった。しかし11月3日、各メディアのトップニュースは、大統領選挙ではなくカブス優勝だった。このことは、逆転の可能性が現実的なものとしてはとらえられていなかったことを意味する[96]。こうした状況下で投票は8日に行われ、翌9日未明にかけて開票作業が進められた。その結果、イリノイ州ではクリントンが、オハイオ州ではトランプが、それぞれ勝利を収めた。そして合衆国全体では、単純な得票数ではクリントンのほうが多かったものの、選挙人獲得数ではトランプが上回ったため、トランプが当選した。この選挙結果、そしてトランプの大統領への適格性に対する懸念から、全米各地で反トランプの抗議デモが発生した。シカゴでも数千人がデモに参加し、トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワーの前で "Not my president!" (「こんな大統領は選んでない!」)と叫び声をあげた[97]。またスポーツ界でも、アメリカンフットボールNFLバスケットボールNBAではトランプ政権への不安を公言する選手が出てきたほか[98]、複数のNBAチームがニューヨーク州ニューヨークやシカゴへの遠征時にトランプの名を冠したホテルの利用をとりやめることにするなど[99]、トランプ当選の余波が広がった。こうしたなか、ワールドシリーズ優勝球団恒例のホワイトハウス表敬訪問をカブスはどうするのか、注目が集まった。カブスはオバマから招待を受けている。そのオバマの退任およびトランプの就任は翌年1月20日である。カブスがオバマを訪問するなら、日付はそれより前となる。しかしその時期だと、オバマは次期政権への引継作業を優先させなければならないし、カブスもオフで選手各々がプライベートの予定を抱えているため、どれだけ揃うかは不透明だった[100]

結局カブスは、オバマかトランプかの二者択一とはせず、1月にオバマを、6月にトランプを、それぞれ表敬訪問した。1度の優勝で表敬訪問を複数回行うのは異例である。まず1月16日、カブスは最初の訪問でオバマと面会した。ジェイク・アリエータジョン・レスターら4選手が家庭の事情などで欠席する一方[101]FAで他球団への移籍を決めたデクスター・ファウラーアロルディス・チャップマンらは出席した[102]。オバマは演説のなかで「スポーツには我々をひとつにする力がある。たとえ国が分断されているときでも」と訴えた[103]。編成代表セオ・エプスタインは「これまでのあなたの(ホワイトソックスを応援してきたという)過ちに駆け込み恩赦を与えましょう」と笑わせ、オバマは「ホワイトソックスのファンのなかで、カブスを最も熱く応援していたのはこの私だ」と弁明した[102]。続いてシーズン開幕後の6月28日、カブスはワシントンD.C.遠征を利用してトランプとも面会した。1月の訪問が球団の公式行事だったのに対し、今回の訪問は非公式扱いで選手の参加も任意とされた。そのため不参加を表明した選手は10名と1月の倍以上にのぼり、その理由も「試合への準備を優先したい」「もう1月に行ってるし」「恐竜博物館にでも行こうかな」など様々であった[104]。トランプは面会中にも記者団に、前政権が進めた医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃について「すごい、すごいサプライズがあるからな。すごいことになるぞ」と進展を示唆するなど、自身の政治的宣伝を忘れなかった[105]。またトランプは、ダン・ギルバートをカブス一行と引き合わせた。ギルバートはNBAクリーブランド・キャバリアーズのオーナーで、この日は別件でホワイトハウスに来ていた。ただ、カブスにとってキャバリアーズは、ワールドシリーズの対戦相手インディアンスと同じ街を本拠地とする存在なだけに、この対面は気まずい空気に包まれたという[106]

セレモニー[編集]

試合前のアメリカ合衆国国歌星条旗』独唱・重唱・演奏と始球式セブンス・イニング・ストレッチにおける『私を野球に連れてって』独唱、および『ゴッド・ブレス・アメリカ』独唱を行った人物・グループは、それぞれ以下の通り。『ゴッド・ブレス・アメリカ』は、これまではセブンス・イニング・ストレッチで『私を野球に連れてって』の前に歌われてきたが、今シリーズでそうなったのは第1戦のみである。第2戦が降雨見込みのために試合開始を1時間繰り上げた影響で『ゴッド・ブレス・アメリカ』独唱もセブンス・イニング・ストレッチから試合前に移動となり、第3戦以降もそのまま試合前の独唱が続いた。

試合 国歌独唱・重唱・演奏 始球式 『ゴッド・ブレス・アメリカ』独唱 『私を野球に連れてって』独唱
第1戦 レイチェル・プラッテン[107] ケニー・ロフトン[108] アリソン・ジョーンズ
アメリカ空軍曹長)[109]
オルガン演奏
第2戦 ロキャッシュ[110] カルロス・バイエガ[111] エリック・サリバン
アメリカ空軍曹長)[109]
第3戦 パトリック・スタンプ
フォール・アウト・ボーイ[112]
ビリー・ウィリアムズ[113] ウェイン・メスマー[114] ビル・マーレイ[115]
第4戦 ジョン・ヴィンセント[116] ファーガソン・ジェンキンス
グレッグ・マダックス[117]
ジュリアナ・ゾブリスト
(カブス内野手ベンの妻)[118]
ヴィンス・ヴォーン[119]
第5戦 ウェイン・メスマー[120] ライン・サンドバーグ[121] ウェイン・メスマー[122] エディ・ヴェダー
パール・ジャム[123]
第6戦 ハンター・ヘイズ[124] デニス・マルティネス[125] ブリアナ・メアリー・シャイニク
アメリカ陸軍上等兵)[126]
オルガン演奏
第7戦 クリーブランド管弦楽団
弦楽部門[127]
ジム・トーミ[128] エミリー・メイヤー
アメリカ海兵隊中尉)[129]
第6戦の観客入場前にサウンドチェックを行うハンター・ヘイズ

インディアンスがシリーズ進出を決めると、同球団の本拠地プログレッシブ・フィールドで開催される試合の始球式に、俳優のチャーリー・シーンが名乗りを上げた。シーンはインディアンスを舞台とした1989年の映画『メジャーリーグ』に、制球難の豪速球投手リッキー・ボーン役で出演していた。そのためファンの間でシーンの登場を望む声が高まり、これを受けてシーンもTwitterで「もしお呼びがかかれば光栄だね」と述べていた[130]。しかしMLB機構は、インディアンスの球団史を彩った名選手を既に人選済みだとして、シーンの登場を否定した[131]。それでもシリーズが最終第7戦までもつれると、シーンは地元の実業家に招かれてプログレッシブ・フィールドへ観戦に訪れた[132]。6回表終了後、場内に映画のテーマ曲『恋はワイルド・シング』が流れ、電光掲示板にシーンの姿が映し出されると、観客から歓声があがった[133]

MLBの球場において『私を野球に連れてって』は、事前に録音されたものを流したり、オルガン奏者が弾いたりするのが一般的である。しかしカブスの本拠地リグレー・フィールドでは、放送席の一角に毎試合 "Guest Conductor"(客演指揮者)との名目でゲストを招き、歌わせるのがならわしとなっている[134]。元々は球団専属アナウンサーのハリー・ケリーが観客といっしょに歌うのが球場名物だったが、ケリーが1998年2月に亡くなってからは特定の人物を後継者とせず、試合ごとにゲストを呼ぶ方式がとられるようになった。第3戦のマーレイはダフィー・ダックの物真似をしながら一曲を歌い切り[135]、第5戦のヴェダーは「デビッド・ロスにこの歌を捧げる。(この年限りで引退する)彼のリグレーでの最後の試合なんだ、みんなで彼のために歌おうぜ」と観客に呼びかけるなど[136]、それぞれに趣向を凝らした内容となった。

テレビ中継[編集]

アメリカ合衆国[編集]

FOXがリグレー・フィールドの外に設置した仮設スタジオ

アメリカ合衆国におけるテレビ中継はFOXが放送した。実況はジョー・バックが、解説はジョン・スモルツが、フィールドリポートはケン・ローゼンタールトム・バードゥッチが、それぞれ務めた。FOXは過去2年の中継では解説者にハロルド・レイノルズとバードゥッチのふたりを起用していたが、今回はバードゥッチをフィールドレポートに配置転換し、元選手の解説者としてレイノルズに代えてスモルツを起用した。スモルツは前年のシリーズにおいて、アメリカ合衆国外向け英語放送の解説を担当していた[137]。また試合前にはケビン・バークハート進行のコーナーがあり、フランク・トーマスピート・ローズアレックス・ロドリゲスらが出演して試合の見所などを語った。FOXがスポンサー企業に販売したCM放送枠の価格は、30秒あたり56万5000ドルと推定されている[138]

全7試合の平均視聴率は13.1%で、前年から4.4ポイント上昇した[139]。シリーズを通しての、全米および出場両チームの本拠地都市圏における視聴率等は以下の通り。

試合 日付 全米 イリノイ州など
シカゴ
オハイオ州
クリーブランド
視聴率 占拠率 視聴者数 視聴率 占拠率 視聴率 占拠率
第1戦[140][141] 10月25日(火) 11.3% 20% 1940万人 34.1% 51% 46.5% 65%
第2戦[140][142] 10月26日(水) 10.2% 18% 1740万人 35.4% 52% 38.9% 55%
第3戦[140][143] 10月28日(金) 11.0% 20% 1940万人 35.1% 57% 39.2% 60%
第4戦[140][144] 10月29日(土) 9.3% 18% 1670万人 30.1% 52% 39.8% 62%
第5戦[140][145] 10月30日(日) 13.1% 21% 2360万人 42.8% 60% 48.6% 66%
第6戦[140][146] 11月01日(火) 13.3% 23% 2340万人 40.2% 59% 40.5% 59%
第7戦[140][147] 11月02日(水) 21.8% 37% 4000万人 51.2% 71% 48.6% 69%
平均[140] 13.1% 23% 2340万人 不明 不明 不明 不明

第5戦の裏番組としてNBCは、アメリカンフットボールNFL中継『サンデーナイトフットボール』(SNF)を放送した。SNFは、2006年の放送開始から4年間はワールドシリーズがある週の放送を見合わせていたが、2010年以降は放送実施に転じていた。その結果2015年までの6年間で、シリーズ中継のほうが裏番組のSNFより多くの視聴者を獲得したのは、2011年の一度しかなかった。しかし2016年は、FOXのシリーズ第5戦が視聴率13.1%・視聴者数2360万人だったのに対し、NBCのSNFは10.2%・1800万人にとどまり、シリーズ中継が5年ぶりにSNFを上回る成績を残した[148]。このときSNFで中継されたのは、ダラス・カウボーイズフィラデルフィア・イーグルスというNFC東地区所属どうしのライバル対決であり、試合内容も23-23の同点で延長戦へ突入するという熱戦だった。それにもかかわらずシリーズ中継のほうが高視聴率を記録した理由として、シリーズの注目度が元々高かったことに加えて、以下のようなNFL側のマイナス要因も挙げられている。

  • この日に限らず全体的に、NFL中継の視聴率が前年と比べて低迷傾向にある。SNFは前年同時期比で、平均視聴率が13.8%から11.1%に、平均視聴者数が2370万人から1950万人に落ち込んでいる[148]。その原因として、以下のようなことが挙げられる[149]
  • この日のNFLは、イギリスの首都ロンドンでも試合を開催していた。そのため朝・昼・夜とNFL中継が続き[注 5]、視聴者もさすがに飽きたとみられる[150]
Good news, Chicago!! We all want to focus on the @cubs bringing home a win, so we'll hold the show tonight! Go Cubs!!
(シカゴに朗報!! カブスが優勝するところをみんなが観たがっているので、我々の番組は今夜の放送を延期します! ゴー・カブス!!)
シカゴ P.D.』出演者
ソフィア・ブッシュTwitter[151]

第5戦にカブスが勝利したことで第6戦の開催が決まると、FOXのライバル局のうちCBSが11月1日の番組編成を改めた。FOXによる第6戦中継の裏でCBSは、ドラマNCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』シーズン14・第7話→『BULL / ブル 法廷を操る男』第6話→『NCIS: ニューオーリンズ』シーズン3・第6話の初回放送を予定していたが、全てを過去のエピソードの再放送に切り替えた[152]。さらにシリーズが最終第7戦までもつれ込むと、CBSとNBCの2局が11月2日の編成に手を加え、ドラマの初回放送を翌週に延期する代わりに再放送を流した。CBSは『クリミナル・マインド FBI行動分析課』シーズン12・第5話を同作のシーズン11・第7話に、NBCは『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン2・第8話→『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』シーズン18・第6話→『シカゴ P.D.』シーズン4・第6話を『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』シーズン18・第1話および第2話→『シカゴ P.D.』シーズン4・第2話に変更した[151]

この放送は2017年5月9日に発表された第38回スポーツ・エミー賞において、最優秀中継特別番組賞を受賞した[153]

2015年:
第50回スーパーボウル
CBS
スポーツ・エミー賞
最優秀中継特別番組賞

2016年
2017年:
第118回アーミー=
ネイビー・ゲーム

CBS

日本[編集]

日本での生中継の放送は、日本放送協会(NHK)衛星放送チャンネル "BS1" で行われた。実況は浅井僚馬が、解説は小早川毅彦斎藤隆が務めた[154]。斎藤は、シリーズの結果について「両チームに力の差はなかったと思います。ほんのわずかな差が勝者と敗者を分けました」と評したうえで、特にリグレー・フィールドを包んだ「言葉では表現できないほど」の熱気や「歴史の重み」を感じ、シリーズ制覇がいかに難しいものであるかを再認識したという[155]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一方のヤンキースは、1923年のワールドシリーズでルースが6試合3本塁打の活躍を見せ初優勝を果たすと、ルース在籍中にさらに1927年1928年1932年の3度シリーズを制した。そして1936年からの4連覇でレッドソックスを抜いて優勝回数を全球団最多とすると、その地位を現在まで守っている。
  2. ^ 参加した連邦議会上院議員は、ディック・ダービン民主党)とマーク・カーク共和党)。このうちカークは、パレードの4日後に行われた上院議員選挙タミー・ダックワース(民主党)に敗れ、2017年1月3日をもって議席を失った。ダービンは今回は改選対象ではなく、次の選挙は2020年である。
  3. ^ ニュージーランドの人口は、2013年3月の第33回国勢調査によると424万2048人。
  4. ^ 大統領選挙において全州で女性に投票権が与えられたのは、憲法修正第19条が批准された1920年のことである。
  5. ^ ロンドンでの試合の開始時刻は、現地時間の午後1時30分である。これはアメリカ合衆国の東部夏時間では午前9時30分となる。

出典[編集]

  1. ^ a b "2016 Postseason shares announced," MLB.com Press Release, December 6, 2016. 2016年12月11日閲覧。
  2. ^ 宇根夏樹今秋のワールドシリーズは『ワールドチャンピオンから最も長く遠ざかる2チーム』がぶつかる!?」 『Yahoo!ニュース』、2016年10月17日。2016年10月28日閲覧。
  3. ^ Matt Kelly and Andrew Simon / MLB.com, "Cubs complete uphill Series comeback / Sixth team to rally from down 3-1; seventh to win Games 6, 7 on road," MLB.com, November 3, 2016. 2016年11月3日閲覧。
  4. ^ Aimee Lewis, "Usain Bolt and Simone Biles dominate at 'Sport's Oscars'," CNN.com, February 15, 2017. 2017年2月18日閲覧。
  5. ^ Jordan Bastian / MLB.com, "Kluber going to All-Star Game for first time / Indians right-hander named to AL team in place of Blue Jays' Estrada," indians.com, July 8, 2016. 2016年10月23日閲覧。
  6. ^ Carrie Muskat / MLB.com, "Deja blue: Cubs infield to start All-Star Game / Fowler earns nod in outfield; Arrieta, Lester on National League staff," cubs.com, July 5, 2016. 2016年10月23日閲覧。
  7. ^ "Jul 12, 2016, NL All-Stars at AL All-Stars Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2016年10月23日閲覧。
  8. ^ Paul Sullivan, "Finally, baseball scraps All-Star Game's link to home-field advantage," Chicago Tribune, December 1, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  9. ^ Associated Press, "CBA ending All-Star link to World Series' home-field advantage," ESPN.com, December 2, 2016. 2016年12月11日閲覧。
  10. ^ Kevin L. Burke, "How Cubs, Indians should handle their curses and superstitions in World Series," Sporting News, October 24, 2016. 2016年11月6日閲覧。
  11. ^ a b Patrick Saunders, "Saunders: While celebrating the Cubs, don’t forget Indians’ tale of woe," The Denver Post, October 23, 2016. 2016年11月6日閲覧。
  12. ^ Terry Pluto, The Plain Dealer, "Rocky Colavito honored that Cleveland Indians' fans still love him: Terry Pluto," cleveland.com, August 8, 2013. 2016年11月6日閲覧。
  13. ^ a b Jill Martin, CNN, "World Series misery will end soon for either the Cubs or Indians," CNN.com, October 25, 2016. 2016年11月6日閲覧。
  14. ^ "The BILLY GOAT CURSE," The World-Famous Billy Goat Tavern. 2016年11月6日閲覧。
  15. ^ 宇根夏樹 「『山羊の呪い』は解けるのか。『バンビーノの呪い』を解きし者たちが、今年のワールドシリーズでは敵味方に」 『Yahoo!ニュース』、2016年10月23日。2018年6月2日閲覧。
  16. ^ Anthony Castrovince, "History between Theo, Tito brings intrigue / Epstein's Cubs, Francona's Tribe meet in World Series, where duo 'reversed the curse'," MLB.com, October 25, 2016. 2016年6月2日閲覧。
  17. ^ a b AP, "Dueling Droughts: Cubs, Indians set to meet in World Series," USA TODAY, October 23, 2016. 2016年10月28日閲覧。
  18. ^ "CLE vs. CHC from 1997 to 2016 Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2015年10月25日閲覧。
  19. ^ Jordan Bastian / MLB.com, "Kluber-Lester battle lives up to hype / Both aces notch strong outing, including Cubs' starter's 11-pitch at-bat," MLB.com, August 24, 2015. 2017年2月5日閲覧。
  20. ^ Jordan Bastian / MLB.com, "If given chance, Tribe to run wild vs. Lester / Indians are an elite baserunning team, and Cubs lefty allowed third-most SBs in 2016," MLB.com, October 25, 2016. 2017年2月5日閲覧。
  21. ^ Zack Meisel, cleveland.com, "Cleveland Indians hurler Danny Salazar will not pitch in All-Star Game because of 'mild elbow discomfort'," cleveland.com, July 10, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  22. ^ Associated Press, "Indians' Danny Salazar to miss 2-3 weeks with elbow injury," ESPN.com, August 3, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  23. ^ Associated Press, "Cleveland Indians RHP Danny Salazar throws simulated game," ESPN.com, October 18, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  24. ^ a b Jon Tayler, "Weighing the World Series impact Danny Salazar and Kyle Schwarber could have," SI.com, October 25, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  25. ^ Associated Press, "Indians put Carlos Carrasco on 60-day disabled list, out for year," ESPN.com, October 3, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  26. ^ Carrie Muskat / MLB.com, "Schwarber has torn ACL, LCL; out for year," MLB.com, April 9, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  27. ^ Mark Gonzales, "Kyle Schwarber rejoining Cubs for World Series a real possibility," Chicago Tribune, October 22, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  28. ^ Tom Verducci, "The inside story of how Cubs' Kyle Schwarber returned in time for World Series," SI.com, October 27, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  29. ^ Mark Gonzales, "Cubs add Rob Zastryzny as 12th pitcher on NLCS roster," Chicago Tribune, October 15, 2016. 2017年1月7日閲覧。
  30. ^ Chris Bahr, "WWE sent Kris Bryant this custom Cubs title belt for the World Series parade," FOX Sports, November 15, 2016. 2017年9月17日閲覧。
  31. ^ a b c d Fran Spielman, "Cubs World Series parade and rally set for Friday," Chicago Sun-Times, November 3, 2016. 2017年3月8日閲覧。
  32. ^ a b "Plans Still Underway For Cubs’ World Series Parade, Rally," CBS Chicago, November 3, 2016. 2017年3月8日閲覧。
  33. ^ "14 arrests in Wrigleyville after Cubs' World Series win," abc7chicago.com, November 3, 2016. 2017年3月16日閲覧。
  34. ^ a b Ken Hoffman, "Chicago Cubs are a hit on parade circuit," Houston Chronicle, November 7, 2016. 2017年3月8日閲覧。
  35. ^ R.J. Anderson, "The Cubs' World Series victory parade is set for Friday, and here are the details," CBSSports.com, November 3, 2016. 2017年3月8日閲覧。
  36. ^ "Governor Rauner Proclaims Nov. 4 ‘World Champion Chicago Cubs Day’," CBS Chicago, November 3, 2016. 2017年3月16日閲覧。
  37. ^ Bob Nightengale, USA TODAY Sports, "A day after World Series win, major relief for Cubs, beleaguered fans," USA TODAY, November 3, 2016. 2017年3月16日閲覧。
  38. ^ R.J. Anderson, "LOOK: Cubs fans leave green apples at Harry Caray's grave after World Series win," CBSSports.com, November 3, 2016. 2018年1月21日閲覧。
  39. ^ Jessica Roy, "For Cubs fans, the hardest part is knowing who wasn't here to see the game," LA Times, November 3, 2016. 2017年4月22日閲覧。
  40. ^ Josh Peter, USA TODAY Sports, "Steve Bartman 'overjoyed' by Cubs' World Series win, won't crash victory parade," USA TODAY, November 3, 2016. 2017年3月19日閲覧。
  41. ^ a b Associated Press, "President Obama invites world champion Cubs to White House," ESPN.com, November 4, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  42. ^ Xander Zellner, "Steve Goodman's 'Go, Cubs, Go' Hits Streaming Highs During Chicago's World Series Run," Billboard, November 3, 2016. 2017年4月22日閲覧。
  43. ^ Jack Moore, "Chance the Rapper's "No Problems"/"Go Cubs Go" Mashup Is a Beautiful Thing," GQ, November 3, 2016. 2017年4月22日閲覧。
  44. ^ Pete Blackburn, "Watch the Chicago cast of ‘Hamilton’ break into ‘Go Cubs Go’ on stage," FOX Sports, November 15, 2016. 2017年4月22日閲覧。
  45. ^ "Cubs’ Massive Victory Parade, Rally Draw Estimated 5M," NBC Chicago, November 4, 2016. 2017年3月16日閲覧。
  46. ^ a b c Leonor Vivanco, John Byrne and Genevieve Bookwalter, "Huge crowds downtown, at Wrigley for Cubs World Series parade," Chicago Tribune, November 4, 2016. 2017年5月13日閲覧。
  47. ^ Chicago Tribune staff, "Chicago River is dyed blue for Cubs celebration," Chicago Tribune, November 4, 2016. 2017年3月16日閲覧。
  48. ^ Ashley Varela, "The Cubs will dye the Chicago River blue if they win World Series," HardballTalk, October 30, 2016. 2017年3月16日閲覧。
  49. ^ "How to Get to Chicago Cubs' World Series Parade, Rally Friday," NBC Chicago, November 4, 2016. 2017年6月25日閲覧。
  50. ^ "Cubs Fans Pack Metra, CTA Trains Ahead Of World Series Parade," CBS Chicago, November 4, 2016. 2017年6月25日閲覧。
  51. ^ Heather Cherone, "5 Million People Attend Cubs Rally And Parade, City Estimates," DNAinfo Chicago, November 4, 2016. 2017年6月25日閲覧。
  52. ^ Kelly Bauer, "1.1 Million People Took The 'L' To The Cubs Rally, The Most Ever For CTA," DNAinfo Chicago, November 11, 2016. 2017年6月25日閲覧。
  53. ^ a b c d e f g h ABC7 Team Coverage, "Chicago Cubs honored by millions at World Series celebration," abc7chicago.com, November 7, 2016. 2017年7月9日閲覧。
  54. ^ a b c Christopher Placek and Doug T. Graham, "Millions celebrate at Cubs parade, Grant Park rally," Daily Herald, November 4, 2016. 2017年7月9日閲覧。
  55. ^ a b The Athletic Staff, "Let's have a parade: Chicago celebrates the World Series champs," The Athletic, November 4, 2016. 2017年9月24日閲覧。
  56. ^ Alyson Footer / MLB.com, "Former Cubs revel in World Series triumph / 'This, for me, is the last feather in the cap,' Sandberg says," MLB.com, November 4, 2016. 2017年7月9日閲覧。
  57. ^ a b Scott Merkin / MLB.com, "Joyful fans part of 7th largest gathering in human history," MLB.com, November 4, 2016. 2017年7月9日閲覧。
  58. ^ Maggie Hendricks, "Cubs fans gather at Wrigley to celebrate 'once in a lifetime ' World Series win," For The Win, November 4, 2016. 2017年9月17日閲覧。
  59. ^ Julie Bosman, "For Cubs Fans, a Parade Worth the 108-Year Wait (Plus a Few Hours)," The New York Times, November 4, 2016. 2017年9月17日閲覧。
  60. ^ Carrie Muskat / MLB.com, "Wrigley, millions: Cubs celebration epic / Fans come out in 'mind-boggling' show of support," The Official Site of the Chicago Cubs, November 4, 2016. 2017年9月17日閲覧。
  61. ^ Joan Niesen, "Cubs fans keep World Series celebration going with parade, rally to honor champions," SI.com, November 4, 2016. 2017年9月17日閲覧。
  62. ^ Tony Briscoe, Dan Hinkel and Genevieve Bookwalter, "Millions at Wrigley, downtown for Cubs' World Series parade, rally," Chicago Tribune, November 4, 2016. 2017年9月17日閲覧。
  63. ^ The Associated Press, "Chicago Cubs celebrate World Series title with massive rally: ‘Welcome to Cubstock 2016!’," NY Daily News, November 4, 2016. 2017年9月17日閲覧。
  64. ^ a b Mark Gonzales, "Anthony Rizzo tribute to David Ross highlight of championship celebration," Chicago Tribune, November 4, 2016. 2017年9月24日閲覧。
  65. ^ a b Lauren FitzPatrick, Andy Grimm and Sam Charles, "Students, teachers absent from school with ‘Cubs fever’," Chicago Sun-Times, November 4, 2016. 2017年9月24日閲覧。
  66. ^ Carrie Muskat / MLB.com, "The ultimate selfie: Ross captures moment at parade," MLB.com, November 4, 2016. 2017年10月15日閲覧。
  67. ^ a b Carla K. Johnson, "Largest victory parade ever? An estimated 5 million celebrate Cubs’ World Series win in Chicago," Orange County Register, November 4, 2016. 2018年1月21日閲覧。
  68. ^ Joshua Barajas, "5 important stories that got lost in the Clinton and Trump election chatter," PBS NewsHour, November 7, 2016. 2018年1月21日閲覧。
  69. ^ 出野哲也 「シカゴの歓喜・クリーブランドの熱狂」 『隔月刊スラッガー』2017年1月号、日本スポーツ企画出版社、2016年、雑誌15509-1、44-47頁。
  70. ^ a b c Brett Baker, "Commentary: 5 million at the Cubs rally and parade? I don't think so," Chicago Tribune, November 7, 2016. 2018年1月21日閲覧。
  71. ^ "Six Arrested During Cubs Festivities, Including Drone Operator: City," CBS Chicago, November 4, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  72. ^ Leonor Vivanco, "Cubs to pay $388,000 for repairs to Grant Park after World Series victory rally," Chicago Tribune, November 23, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  73. ^ a b c Tom Hamilton, "All Blacks become faces in the crowd at Cubs' victory parade," ESPN UK, November 5, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  74. ^ NZ Herald, "All Blacks kept up by celebrating Chicago Cubs fans," NZ Herald, November 4, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  75. ^ Gerry Thornley in Chicago, "It’s time for heroes to emerge in the battle of Soldier Field," The Irish Times, November 5, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  76. ^ Garry Doyle, "Rugby review 2016: Ireland's excellent year can be foundation for successful World Cup," The Irish Post, December 30, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  77. ^ Telegraph Sport, "Ireland captain Rory Best urges side to be fearless against 'best ever' All Blacks in Chicago Test," The Telegraph, November 4, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  78. ^ a b Brendan Fanning at Soldier Field, "Ireland clinch first ever win over All Blacks to end New Zealand's record streak," The Guardian, November 6, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  79. ^ Gerry Thornley, "Joe Schmidt opts for familiar for All Blacks Test," The Irish Times, November 4, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  80. ^ Paul Gittings, CNN, "All Blacks stunned by five-try Ireland at Soldier Field," CNN.com, November 7, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  81. ^ NZ Herald, "Hansen: All Blacks distracted by Cubs in Chicago," NZ Herald, November 18, 2016. 2018年4月22日閲覧。
  82. ^ Extra Mustard, "How Game 7 of the World Series could predict the presidential election," Sports Illustrated, November 2, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  83. ^ Steven Shepard, "Poll: 'Shy Trump' voters are a mirage," POLITICO, November 3, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  84. ^ 李啓充米大統領選とペナントレース:バラク・オバマの大間違い」 『Number Web』、2008年9月5日。2018年5月26日閲覧。
  85. ^ Dan Merica, CNN, "Hillary Clinton and the Chicago Cubs: It's complicated," CNNPolitics, October 23, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  86. ^ Phil Rosenthal, "Hillary Clinton's 'Go Cubs, Go' connection," Chicago Tribune, November 2, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  87. ^ Monica Alba, "Clinton on Trump: 'How Can We Trust Him to Serve All Americans?'," NBC News, November 4, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  88. ^ Kenneth P. Vogel and Daniel Strauss, "Trump looms over Cubs World Series," POLITICO, October 28, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  89. ^ Trip Gabriel and Jonathan Martin, "Republicans Pick Cleveland Over Dallas for Convention," The New York Times, July 8, 2014. 2018年5月26日閲覧。
  90. ^ a b Jason Johnson, "The Swing State Strikes Out: Cleveland Loses the World Series and Ohio Politics May Never Be the Same," The Root, November 3, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  91. ^ a b JR Havlan, "The World Series of Political Pandering," Esquire, October 27, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  92. ^ Tribune news services, "Clinton celebrates Cubs World Series while on the campaign trail ," Chicago Tribune, November 3, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  93. ^ Alex Isenstadt, Eli Stokols, Shane Goldmacher and Kenneth P. Vogel, "Inside Trump’s Stunning Upset Victory," POLITICO Magazine, November 9, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  94. ^ Madeline Conway, "Conway points to Cubs victory as proof Trump could win," POLITICO, November 3, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  95. ^ Rick Newman, "As political donors, the Chicago Cubs' owners swing for the fences," Yahoo Finance, October 25, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  96. ^ 冷泉彰彦アレッポにもモスルにも、ほとんど関心がない米世論」 『ニューズウィーク日本版オフィシャルサイト』、2016年11月4日。2018年5月26日閲覧。
  97. ^ Tribune news services, "'Not my president:' Donald Trump denounced in protests across the country," Chicago Tribune, November 10, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  98. ^ Cindy Boren and Kelyn Soong, "‘The message was loud and clear’: In NBA and NFL, a struggle to accept Trump’s election," The Washington Post, November 10, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  99. ^ Marc Stein and Zach Lowe, "Sources: 3 NBA teams stop staying at Trump-brand hotels in NYC and Chicago," ESPN.com, November 17, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  100. ^ Paul Sullivan, "Cubs working to arrange White House visit before Obama leaves office," Chicago Tribune, December 5, 2016. 2018年5月26日閲覧。
  101. ^ A.J. Perez, USA TODAY Sports, "Jon Lester: Missing Cubs White House trip 'absolutely nothing political'," USA TODAY, January 17, 2017. 2018年5月26日閲覧。
  102. ^ a b Paul Sullivan, "President Obama welcomes Cubs to the White House: 'It took you long enough'," Chicago Tribune, January 16, 2017. 2018年5月26日閲覧。
  103. ^ Adam Woodard, USA TODAY Sports, "Obama greets champion Cubs: Sports bring us together," USA TODAY, January 17, 2017. 2018年5月26日閲覧。
  104. ^ Gordon Wittenmyer, "Party lines drawn? Not all Cubs eager to visit Trump White House," Chicago Sun-Times, June 28, 2017. 2018年5月26日閲覧。
  105. ^ Craig Calcaterra, "The Cubs visited the White House. Again.," NBC Sports, June 28, 2017. 2018年5月26日閲覧。
  106. ^ 渡辺史敏モンテロ放出、トランプ大統領面会…カブス混乱続き」 『日刊スポーツ』、2017年6月29日。2018年5月26日閲覧。
  107. ^ "Platten sings national anthem," MLB.com, October 26, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  108. ^ "Kenny Lofton's first pitch," MLB.com, October 26, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  109. ^ a b "MLB Announces the Ceremonial and Off-Field Activities for Games 1 and 2," MLB.com Press Release, October 24, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  110. ^ "LoCash sings national anthem," MLB.com, October 27, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  111. ^ "Baerga's ceremonial first pitch," MLB.com, October 27, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  112. ^ "Stump sings national anthem," MLB.com, October 29, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  113. ^ "Williams' first pitch," MLB.com, October 29, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  114. ^ "God Bless America performed," MLB.com, October 29, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  115. ^ "Murray sings during stretch," MLB.com, October 29, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  116. ^ "John Vincent sings anthem," MLB.com, October 30, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  117. ^ "Jenkins, Maddux toss first pitch," MLB.com, October 30, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  118. ^ "Julianna Zobrist sings," MLB.com, October 30, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  119. ^ "Vaughn sings during stretch," MLB.com, October 30, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  120. ^ "Messmer performs national anthem," MLB.com, October 31, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  121. ^ "Sandberg's first pitch," MLB.com, October 31, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  122. ^ "Messmer sings before game," MLB.com, October 31, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  123. ^ "Vedder leads Wrigley in song," MLB.com, October 31, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  124. ^ "Hunter Hayes sings anthem," MLB.com, November 2, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  125. ^ "Martinez's first pitch," MLB.com, November 2, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  126. ^ "Ceremonial activities for Game Six of the 2016 World Series / Pair of perfect game hurlers, Dennis Martinez and Len Barker, to be on-field for pregame ceremonies," MLB.com Press Release, November 1, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  127. ^ "String section's anthem," MLB.com, November 3, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  128. ^ "Thome's first pitch," MLB.com, November 3, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  129. ^ "Marine sings 'God Bless America'," MLB.com, November 3, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  130. ^ Andrew Joseph, "Charlie Sheen would be 'honored' to throw out first pitch at World Series," USA TODAY, October 20, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  131. ^ AP, "Charlie 'Wild Thing' Sheen not throwing out first pitch in World Series," USA TODAY, October 21, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  132. ^ Hayden Grove, cleveland.com, "Charlie Sheen makes his way to Progressive Field for Game 7 of the World Series (video)," cleveland.com, November 2, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  133. ^ チャーリー・シーン、インディアンスに声援も…」 『スポニチ Sponichi Annex』、2016年11月3日。2016年11月16日閲覧。
  134. ^ Nick Friedell, "Cubs missing the mark with 7th-inning stretch tradition," ESPN Chicago, April 24, 2015. 2016年11月16日閲覧。
  135. ^ Phil Thompson, "Bill Murray's Daffy singing strikes right toon with fans," Chicago Tribune, October 29, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  136. ^ Mark Feinsand, "Eddie Vedder, Jon Lester help give retiring Cubs catcher David Ross a night to remember at Wrigley Field," NY Daily News, October 31, 2016. 2016年11月16日閲覧。
  137. ^ Carroll Rogers Walton, "Smoltz shines in debut as World Series color analyst," The Atlanta Journal-Constitution, October 27, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  138. ^ Anthony Crupi, "Sponsors Go to Bat for Historic Cubs-Indians World Series Matchup," AdAge, October 25, 2016. 2017年2月18日閲覧。
  139. ^ Michael Mulvihill, "Baseball's Power Affirmed in Magical Postseason, and Ordinary Regular Season," FOX Sports, November 18, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  140. ^ a b c d e f g h "World Series Game 7 Averages Over 40 Million Viewers," FOX Sports, November 3, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  141. ^ "Cubs vs. Indians Delivers Best Metered Market Rating for Game 1 of the World Series Since 2009," FOX Sports, October 26, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  142. ^ "World Series Game 2 Posts 11.3 Overnight Rating, Drives FOX to Primetime Victory for Second Consecutive Night," FOX Sports, October 27, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  143. ^ "INDIANS GAME 3 WIN OVER CUBS IS BEST METERED MARKET RATING FOR A WORLD SERIES GAME 3 SINCE 2005," FOX Sports, October 29, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  144. ^ "World Series Game 4 Delivers Best Saturday Night Metered Market Rating Since 2009," FOX Sports, October 30, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  145. ^ "World Series Game 5 Delivers Massive 15.3 Overnight Rating," FOX Sports, October 31, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  146. ^ "Indians-Cubs Tuesday Night is Best World Series Game 6 Metered Market Rating Since 2009," FOX Sports, November 2, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  147. ^ "World Series Game 7 is Best Metered Market Rating Since 2001," FOX Sports, November 3, 2016. 2016年12月3日閲覧。
  148. ^ a b Anthony Crupi, "Cubs-Indians Are the Biggest World Series Draw in a Dozen Years," AdAge, November 1, 2016. 2016年12月31日閲覧。
  149. ^ Thomas Barrabi, "World Series Ratings Spike As NFL Strikes Out," Fox Business, October 31, 2016. 2016年12月31日閲覧。
  150. ^ Phil Rosenthal, "Cubs-Indians' TV ratings strong, trounce NFL's Sunday night game," Chicago Tribune, October 31, 2016. 2016年12月31日閲覧。
  151. ^ a b Jean Bentley, "World Series Game 7 Has Postponed Your Favorite TV Shows," E! News, November 3, 2016. 2016年12月11日閲覧。
  152. ^ WKRG Staff, "Here’s Why NCIS, Bull And NCIS Nola Were Reruns Last Night," WKRG, November 2, 2016. 2016年12月31日閲覧。
  153. ^ "THE NATIONAL ACADEMY OF TELEVISION ARTS & SCIENCES ANNOUNCES WINNERS OF THE 38th ANNUAL SPORTS EMMY® AWARDS," emmyonline.com, May 9, 2017. 2017年5月13日閲覧。
  154. ^ MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第1戦 『カブス』対『インディアンズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第2戦 『カブス』対『インディアンズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第3戦 『インディアンズ』対『カブス』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第4戦 『インディアンズ』対『カブス』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第5戦 『インディアンズ』対『カブス』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第6戦 『カブス』対『インディアンズ』」および「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 第7戦 『カブス』対『インディアンズ』」 『NHKクロニクル』。2017年8月13日閲覧。
  155. ^ 斎藤隆氏が見たWS 改めて感じた王者になる難しさ」 『スポニチ Sponichi Annex』、2016年11月4日。2017年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]