カルロス・カラスコ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルロス・カラスコ
Carlos Carrasco
クリーブランド・インディアンス #59
Carlos Carrasco, MLB Players Weekend.jpg
2017年8月27日
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ララ州バルキシメト
生年月日 (1987-03-21) 1987年3月21日(32歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 アマチュアFAでフィラデルフィア・フィリーズと契約
初出場 2009年9月1日 デトロイト・タイガース
年俸 $9,750,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カルロス・カラスコCarlos Carrasco、本名:カルロス・ルイス・カラスコCarlos Luis Carrasco, 1987年3月21日 - )は、ベネズエラララ州バルキシメト出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBクリーブランド・インディアンスに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとフィリーズ傘下時代[編集]

2003年にアマチュアFAとしてフィラデルフィア・フィリーズと契約。

2006年に1Aで12勝6敗、防御率2.26という数字を残し、将来のエース候補と呼ばれるようになる。しかし、その後は突然崩れる悪癖が目立つようになる[2]

インディアンス時代[編集]

2009年7月29日に、クリフ・リーベン・フランシスコとのトレードで、ジェイソン・ドナルドルー・マーソンジェイソン・ナップ英語版と共にクリーブランド・インディアンスへ移籍した[3]。同年9月1日デトロイト・タイガース戦でメジャーデビューし、シーズン終了までに5試合に先発したが、0勝4敗、防御率8.71という成績に終わった。

2010年はシーズンの大半を3Aコロンバスで過ごし、シーズンの終盤になってメジャーへ昇格。9月17日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー初勝利を挙げた[4]

2011年は初めてインディアンスの開幕ロースターに入った。4月下旬に右肘を痛めて故障者リストに入ったが[5]、5月11日には復帰し、6月末までに8勝を挙げる活躍を見せた。ところが、7月は0勝5敗、防御率9.13と絶不調に陥り[6]、8月に再び肘の痛みで故障者リスト入りした。9月14日にトミー・ジョン手術を受け、復帰は2013年になる予定[7]

2013年、2年ぶりにメジャーのマウンドに戻ってきた。7試合の先発登板を含む15試合に投げたが、防御率6.75に終わり、手術からの完全復活とはならなかった。

2014年、先発ローテーション定着とまではならなかったが、14試合に先発投手として投げ、リリーフ登板も合わせると自己ベストの40試合でマウンドに登った。成績は防御率2.55・8勝7敗という良い内容であり、投球回を超える三振を奪って奪三振率9.4を記録するなど、手術からの復活・選手としての成長を果たした。

2015年1月15日に、球団と年俸調停を回避し1年総額230万ドルで契約を結んだ[8]。この年は年間通じて先発ローテーションに入り、30試合に登板。チームトップタイの14勝 (12敗) を挙げたほか、リーグ5位となる216個の三振を奪って奪三振率10.6を記録するなど、大いに飛躍した。

2016年は4月にハムストリングを痛めて故障者リストに入り[9]、9月17日には先発してわずか2球でピッチャーライナーが右手に当たって骨折が判明し[10]シーズン終了となった。この年は登板試合数が減少し、25試合だった為、規定投球回には届かなかったが、防御率3.32は前年から改善し、11勝8敗と2年連続で2ケタ勝利を記録。奪三振率も依然として9.0以上の数値をキープし、実力派スターターとしてチームに貢献した。チームはワールドシリーズまで進出したが、終盤に離脱したカラスコの復帰は叶わなかった。

2017年は7月7日のタイガース戦の5回に球団史上2人目となる3者3球三振を記録した[11]。最終的に2年ぶりに年間通して先発として投げ、自身初の年間200イニングを達成。32試合で18勝6敗、防御率3.29で自身初のタイトルとなる最多勝利 を受賞した。最後の5登板で5連勝し、初の最多勝のタイトルを獲得し、チームメイトのコーリー・クルーバーも最多勝であり、ア・リーグとしては47年ぶり3度目のチームメイト2人による最多勝となった[11]

2018年も安定した結果を残し、17勝10敗、防御率3.38だった。この年はコーリー・クルーバートレバー・バウアーマイク・クレビンジャーとあわせて4人全員が200奪三振以上という史上初の記録を達成した[12]。12月6日、球団と2022年までの4年総額4700万ドルで契約延長した[13]

2019年6月5日に故障車リスト入りし、6月上旬には球団がカラスコの血液検査の結果として「最適な治療と回復の選択肢を模索するため、プレーから離れる」と発表した。その後、7月6日に自身が白血病であることを公表した[14]。治療を続けながら復帰に向けたトレーニングも行い、8月19日に2Aのアクロン・ラバーダックスで闘病後初めて実戦に登板すると、1回無失点に抑えた[15]。9月1日のタンパベイ・レイズ戦でメジャー復帰を果たし[16]、その後も登板し続けた。

人物[編集]

  • 2014年に当時4歳の長女・カミラ (Camila)の入院の見舞いに行ったことがきっかけで小児病院を度々訪れることになった。それからは病院に限らず、患者、シングルマザー、アフリカの子供、母国近くの難民キャンプなどに多大なお金・物資・時間を提供して支援してきた。そのことが評価されて2019年にロベルト・クレメンテ賞を受賞した[17][18]
  • 愛称はクッキーが好物であることからクッキー[19]

選手としての特徴[編集]

球種は、最速平均94-95mph(約151-153km/h)の速球フォーシームツーシーム)と、平均86-88mph(約138-142km/h)のスライダー、平均81-83mph(130-134km/h)のカーブ、平均88-89mph(約142-143km/h)のチェンジアップ[20]
2013年以前の奪三振率は6.2と低かったが、2014年以降は9.8と高い。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 CLE 5 5 0 0 0 0 4 0 0 .000 112 22.1 40 6 11 1 0 11 0 1 23 22 8.87 2.28
2010 7 7 1 0 0 2 2 0 0 .500 188 44.2 47 6 14 1 1 38 1 0 20 19 3.83 1.37
2011 21 21 1 0 0 8 9 0 0 .471 536 124.2 130 15 40 3 4 85 3 0 68 64 4.62 1.36
2013 15 7 0 0 0 1 4 0 0 .200 218 46.2 64 4 18 2 1 30 2 0 36 35 6.75 1.76
2014 40 14 1 1 0 8 7 1 0 .533 529 134.0 103 7 29 1 3 140 4 0 40 38 2.55 0.99
2015 30 30 3 1 0 14 12 0 0 .538 730 183.2 154 18 43 2 5 216 5 0 75 74 3.63 1.07
2016 25 25 1 1 0 11 8 0 0 .579 599 146.1 134 21 34 2 3 150 4 1 64 54 3.32 1.15
2017 32 32 1 0 1 18 6 0 0 .750 798 200.0 173 21 46 2 10 226 10 0 73 73 3.29 1.10
2018 32 30 2 0 0 17 10 0 0 .630 784 192.0 173 21 43 4 6 231 9 0 78 72 3.38 1.13
2019 23 12 1 1 1 6 7 1 1 .462 341 80.0 92 18 16 1 2 96 2 0 48 47 5.29 1.35
MLB:10年 230 183 11 4 2 85 69 2 1 .552 4835 1174.1 1110 137 294 19 35 1223 40 2 525 498 3.82 1.20
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2009 CLE 5 1 7 1 0 .889
2010 7 3 5 0 0 1.000
2011 21 4 15 0 0 1.000
2013 15 3 7 2 0 .833
2014 40 10 14 2 2 .923
2015 30 8 14 0 1 1.000
2016 25 6 22 0 0 1.000
2017 32 4 17 0 1 1.000
2018 32 8 18 0 5 1.000
2019 23 5 6 0 0 1.000
MLB 230 52 125 5 9 .973
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 59 (2009年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Carlos Carrasco Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ 城野井道人 「本誌激戦 2009注目のマイナーリーガー100人」 『月刊スラッガー』2009年6月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-8、43頁。
  3. ^ Castrovince, Anthony(2009-07-29). Lee, Francisco traded to Phillies. indians.com(英語). 2011年10月3日閲覧
  4. ^ Shin-Soo Choo hits 3 homers to lift Indians. ESPN.com(英語). 2011年10月3日閲覧
  5. ^ Bastian, Jordan(2011-04-28). Elbow inflammation forces Carrasco to DL. indians.com(英語). 2011年10月3日閲覧
  6. ^ Carlos Carrasco Game By Game Stats and Performance - Cleveland Indians - ESPN
  7. ^ Silva Drew(2011-09-14). Carlos Carrasco had Tommy John surgery this afternoon. HardballTalk(英語). 2011年10月3日閲覧
  8. ^ Jordan Bastian Indians, Carrasco avoid arbitration with deal MLB.com (2015年1月16日) 2015年1月20日閲覧
  9. ^ Carlos Carrasco of Cleveland Indians could miss 6 weeks with hamstring injury”. ESPN (2016年4月26日). 2017年6月4日閲覧。
  10. ^ Carlos Carrasco injured, exits after 2 pitches”. MLB.com (2016年9月17日). 2017年6月4日閲覧。
  11. ^ a b Slugger 2017年12月号増刊 2017MLB総決算:メジャーリーガー555人&全30球団通信簿
  12. ^ a b インディアンス、史上初4投手が200奪三振達成”. 日刊スポーツ (2018年9月23日). 2019年11月18日閲覧。
  13. ^ カラスコとの契約延長、球団側「大いに意味ある」”. nikkansports.com. 2019年8月24日閲覧。
  14. ^ インディアンスの右腕カラスコ、白血病を公表 2017年にはALトップ18勝。復帰の意思示す”. ベースボールチャンネル. 2019年8月24日閲覧。
  15. ^ 白血病公表のカラスコ 2Aで2か月半ぶりに復帰「素晴らしい気分」”. Full-count. 2019年8月24日閲覧。
  16. ^ 「ここからが始まりだ」カラスコが白血病から復帰”. nikkansports.com. 2019年10月3日閲覧。
  17. ^ a b インディアンスのカラスコ、19年のクレメンテ賞を受賞”. フランス通信社 (2019年10月26日). 2019年11月18日閲覧。
  18. ^ a b イ軍右腕のカラスコがクレメンテ賞受賞 今年7月に白血病公表→9月に現役復帰”. Full Count (2019年10月26日). 2019年11月18日閲覧。
  19. ^ Explaining Indians Players Weekend names MLB.com (英語) (2017年8月26日) 2017年9月15日閲覧
  20. ^ Carlos Carrasco » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball

関連項目[編集]

外部リンク[編集]