ベン・ライブリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベン・ライブリー
Ben Lively
サムスン・ライオンズ #39
Ben Lively (46776691035) (cropped).jpg
AAA級オマハ・ストームチェイサーズ時代
(2019年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州エスカンビア郡ペンサコーラ
生年月日 (1992-03-05) 1992年3月5日(27歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 MLBドラフト4巡目
初出場 MLB / 2017年6月3日
KBO / 2019年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エドワード・ベネット・ライブリーEdward Bennett Lively, 1992年3月5日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州エスカンビア郡ペンサコーラ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。韓国プロ野球サムスン・ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2010年MLBドラフト26巡目(全体780位)でクリーブランド・インディアンスから指名されたが、この時は契約せずにセントラルフロリダ大学へ進学した。

プロ入りとレッズ傘下時代[編集]

2013年MLBドラフト4巡目(全体135位)でシンシナティ・レッズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級ビリングス・マスタングス英語版でプロデビュー。A級デイトン・ドラゴンズでもプレーし、2球団合計で13試合に先発登板して0勝4敗、防御率0.88、56奪三振を記録した。

2014年はA+級ベーカーズフィールド・ブレイズ英語版とAA級ペンサコーラ・ブルーワフーズでプレーし、2球団合計で26試合に先発登板して13勝7敗、防御率3.04、171奪三振を記録した。

フィリーズ時代[編集]

2014年12月31日にマーロン・バードとのトレードで、フィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[1]

2015年は傘下のAA級レディング・ファイティン・フィルズでプレーし、25試合に先発登板して8勝7敗、防御率4.13、111奪三振を記録した。

2016年はAA級レディングとAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスでプレーし、2球団合計で28試合に先発登板して18勝5敗、防御率2.69、139奪三振を記録した。

2017年は開幕をAAA級リーハイバレーで迎え、6月3日にメジャー初昇格を果たした。メジャーデビューとなった同日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では、ジョニー・クエトと投げ合って7回1失点の投球で勝利投手となった[2]。この年メジャーでは15試合に先発登板して4勝7敗、防御率4.26、52奪三振を記録した。

2018年9月3日にDFAとなった[3]

ロイヤルズ時代[編集]

2018年9月5日にウェイバー公示を経てカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[4]

2019年6月20日にDFAとなった[5]

ダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2019年6月22日にウェイバー公示を経てアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[6]。移籍後は傘下のAAA級リノ・エーシズでプレーしていたが、8月8日に自由契約となった。

サムスン時代[編集]

2019年8月8日に、不振のため退団したデック・マクガイアの代役として、韓国プロ野球サムスン・ライオンズと契約した[7]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 49(2017年)
  • 19(2018年 - 同年途中)
  • 48(2018年途中 - 2019年途中)
  • 39(2019年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ Charlie Wilmoth (2014年12月31日). “Reds Acquire Marlon Byrd” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年9月22日閲覧。
  2. ^ San Francisco Giants at Philadelphia Phillies Box Score, June 3, 2017” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年9月22日閲覧。
  3. ^ Todd Zolecki (2018年9月3日). “Phils activate Eickhoff, designate Lively” (英語). MLB.com. 2019年9月22日閲覧。
  4. ^ Jeffrey Flanagan (2018年9月5日). “Royals claim Lively from Phils, DFA Stout” (英語). MLB.com. 2019年9月22日閲覧。
  5. ^ Jeff Todd (2019年6月20日). “Royals Place Adalberto Mondesi On 10-Day IL, Designate Ben Lively” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年9月22日閲覧。
  6. ^ Connor Byrne (2019年6月22日). “Diamondbacks Acquire Ben Lively” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年9月22日閲覧。
  7. ^ Connor Byrne (2019年8月8日). “Ben Lively To Sign With KBO’s Samsung Lions” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年9月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]