カービー・パケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カービー・パケット
Kirby Puckett
Kirby Puckett retired.jpg
1997年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州シカゴ
生年月日 1960年3月14日
没年月日 2006年3月6日(満45歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1982年 ドラフト1巡目(全体3位)
初出場 1984年5月8日
最終出場 1995年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2001年
得票率 82.14%
選出方法 BBWAA[1]選出
2006年3月12日

カービー・パケットKirby Puckett, 1960年3月14日 - 2006年3月6日)は、MLBの元選手。ポジションは外野手アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。

経歴[編集]

ミネソタ・ツインズ[編集]

1982年1月のMLBドラフトミネソタ・ツインズから1巡目(全体3位)に指名を受け入団。1984年5月8日カリフォルニア・エンゼルス戦でメジャーデビューし、5打数4安打を記録するなど前半戦は.341の高打率をマーク。後半やや調子を落としたが、最終的に.296・165安打を記録した。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票ではアルビン・デイビスマーク・ラングストンに次ぐ3位に入った。1985年4月22日シアトル・マリナーズ戦でメジャー初本塁打を放つ。1986年は前半戦で打率.338・16本塁打を記録し、自身初のオールスターゲームに選出されて先発出場を果たし、以後9年連続で選出される。8月1日オークランド・アスレティックス戦でサイクルヒットを達成。打率.328、キャリアハイの31本塁打、96打点、ドン・マッティングリーに次ぐリーグ2位の223安打を記録。シルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を初受賞し、MVPの投票では6位に入った。1987年は打率.332・28本塁打・99打点、リーグ最多の207安打を記録し、チームの地区優勝に貢献。デトロイト・タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.208と振るわなかったが、チームは4勝1敗でタイガースを下し22年ぶりのリーグ優勝。セントルイス・カーディナルスとのワールドシリーズでは打率.357と活躍し、チームは4勝3敗でカーディナルスを破ってワシントン・セネタース時代の1924年以来、ミネアポリス移転後初の世界一の栄冠を手にした。MVPの投票では3位。

1988年ウェイド・ボッグスに次ぐリーグ2位の打率.356、24本塁打、キャリアハイの121打点、2年連続リーグ最多の234安打を記録。1989年は3年連続リーグ最多の215安打・打率.339で自身初の首位打者のタイトルを獲得した。1990年は打率.298・164安打で連続打率3割・200安打が4年で途切れ、チームも地区最下位に沈んだ。1991年は打率.319をマークし、チームは前年の地区最下位から地区優勝。トロント・ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.429・2本塁打の活躍でシリーズMVPを受賞。チームは4勝1敗でシリーズを制した。前年地区最下位同士の対戦となったアトランタ・ブレーブスとのワールドシリーズでは一転して不振だったが、第6戦で延長11回にサヨナラ本塁打を放つ活躍もあり、チームは4勝3敗で4年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。1992年にリーグ最多の210安打で3年ぶりの200安打を記録し、MVPの投票で自己最高の2位に入った。1994年4月8日のアスレティックス戦でボブ・ウェルチから安打を放ち、通算2000安打を達成。同年は1994年から1995年のMLBストライキでシーズンが打ち切られたが、108試合の出場で112打点を記録し、最多打点のタイトルを獲得した。1995年も打率.314・23本塁打・99打点を記録したが、緑内障に冒されて右目を失明し、1996年シーズン前に引退を表明した。

引退後[編集]

同年ロベルト・クレメンテ賞を受賞し、1997年背番号34』が球団の永久欠番に指定された。資格1年目の2001年サンディ・コーファックスルー・ゲーリッグに次ぐ史上3番目の若さでアメリカ野球殿堂入りを果たした。

2002年2月に複数の女性との浮気が発覚し、夫人から離婚訴訟を起こされた。また同年10月にはレストラントイレに女性を引きずりこんで胸を触ったとされ、監禁暴行容疑で逮捕されたが[1]、後に無罪となっている。その後も2004年に夫人に暴力を振るって逮捕されるなどトラブルを抱え、2006年3月6日心臓発作により45歳の若さで急死した。

人物[編集]

小柄でずんぐりとした風貌と明るい性格からファンに愛され、現役時代から緑内障の予防活動や障害児支援に尽力した。オフには『セレブリティ・ビリヤード・トーナメント』を開催し、収益金を心臓病児童の基金に寄付したりするなど様々なチャリティ活動に参加した。1993年に地域活動への貢献でブランチ・リッキー賞を受賞。しかし皮肉にも自身が緑内障によって選手生命を断たれることになった。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • 首位打者 1回:1989年
  • 最多打点 1回:1994年
  • ゴールドグラブ賞 6回:1986年 - 1989年, 1991年, 1992年
  • シルバースラッガー賞 6回1986年 - 1989年, 1992年, 1994年
  • リーグチャンピオンシップシリーズMVP 1回:1991年
  • MLBオールスターゲーム出場 10回:1986年 - 1995年

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 MIN 128 583 557 63 165 12 5 0 187 31 14 7 4 2 16 1 4 69 11 .296 .320 .336 .655
1985 161 744 691 80 199 29 13 4 266 74 21 12 5 3 41 0 4 87 9 .288 .330 .385 .715
1986 161 723 680 119 223 37 6 31 365 96 20 12 2 0 34 4 7 99 14 .328 .366 .537 .903
1987 157 668 624 96 207 32 5 28 333 99 12 7 0 6 32 7 6 91 16 .332 .367 .534 .900
1988 158 691 657 109 234 42 5 24 358 121 6 7 0 9 23 4 2 83 17 .356 .375 .545 .920
1989 159 684 635 75 215 45 4 9 295 85 11 4 0 5 41 9 3 59 21 .339 .379 .465 .843
1990 146 615 551 82 164 40 3 12 246 80 5 4 1 3 57 11 3 73 15 .298 .365 .446 .811
1991 152 661 611 92 195 29 6 15 281 89 11 5 8 7 31 4 4 78 27 .319 .352 .460 .812
1992 160 696 639 104 210 38 4 19 313 110 17 7 1 6 44 13 6 97 17 .329 .374 .490 .864
1993 156 682 622 89 184 39 3 22 295 89 8 6 1 5 47 7 7 93 15 .296 .349 .474 .824
1994 108 482 439 79 139 32 3 20 237 112 6 3 1 7 28 7 7 47 11 .317 .362 .540 .902
1995 137 602 538 83 169 39 0 23 277 99 3 2 0 5 56 18 3 89 15 .314 .379 .515 .894
通算:12年 1783 7831 7244 1071 2304 414 57 207 3453 1085 134 76 23 58 450 85 56 965 188 .318 .360 .477 .837
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Witness testifies Puckett dragged woman into restroom”. ESPN (2003年3月28日). 2010年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]