ジム・カート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジム・カット
ジム・カート
Jim Kaat
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州ジーランド
生年月日 (1938-11-07) 1938年11月7日(78歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
217 lb =約98.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1957年
初出場 1959年8月2日
最終出場 1983年7月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ジェイムズ・リー・カートJames Lee Kaat, 1938年11月7日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ミシガン州ジーランド出身。ニックネームは「Kitty」。

日本語メディアにおいてはジム・カットと表記されることもある。

経歴[編集]

1957年6月17日ワシントン・セネターズと契約。1959年8月2日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビューし、同年は2敗・防御率12.60。1960年4月27日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初勝利を挙げるが、その後5連敗で6月にマイナー降格。チームがミネアポリスに本拠地を移転し、ミネソタ・ツインズと改称した1961年先発ローテーションに定着し、9勝17敗・防御率3.90、共にリーグ最多の11死球・10暴投を記録。1962年5月12日から7連勝を記録し、オールスターゲームに初めて選出される。後半戦で10勝6敗・防御率2.43と調子を上げ、18勝14敗・防御率3.14、いずれもリーグ最多の5完封・18死球・13暴投を記録。初のゴールドグラブ賞を受賞し、以後15年連続で受賞する。1963年は故障もあって10勝に留まるが、1964年は17勝を挙げる。1965年はシーズンを通じて防御率2点台を維持するなど好調で、被安打267はリーグワーストながら18勝11敗・防御率2.83を記録し、チームの32年ぶり、移転後初となるリーグ優勝に貢献。ロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズでは3試合に先発し、いずれもサンディ・コーファックスと投げ合う。第2戦では1失点完投勝利を収めるが、第5戦では3回途中4失点、中2日の第7戦では4回途中2失点で降板して敗戦投手となり、チームは3勝4敗で敗退した。

1966年は4年ぶりにオールスターゲームに選出され、8月11日から8連勝を記録するなど25勝13敗・防御率2.75・205奪三振、いずれもリーグ最多の41先発・304.1イニング・19完投・271被安打を記録し、最多勝のタイトルを獲得。MVPの投票では5位に入るが、当時サイ・ヤング賞は現在とは違って両リーグで1人だけの選出だったため、27勝9敗・防御率1.73・317奪三振を記録したコーファックスが受賞したが、もしリーグで1人であれば選出されていた可能性は高い。皮肉にも翌1967年からリーグで1人の選出となった。同年は1勝7敗と出足でつまづくが、9月に7勝・防御率1.51を記録。チームはボストン・レッドソックスデトロイト・タイガースと熾烈な優勝争いを演じ、勝てば優勝が決まる9月30日のレッドソックス戦で先発したが3回途中で降板してチームは敗れ、翌日も敗れて1ゲーム差でリーグ優勝を逃した。1968年は故障で1ヶ月出遅れたが14勝・防御率2.94の成績。エクスパンションによって4球団が誕生し、東西2地区制となった1969年も14勝を挙げ、チームの地区優勝に貢献。ボルチモア・オリオールズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは登板がなく、チームは3連敗で敗退した。1970年も14勝で、チームは地区連覇を果たす。前年に続きオリオールズとの対戦となったリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発したが3回途中4失点で敗戦投手となり、チームも3連敗で敗退。1971年は13勝。1972年は開幕から好調で10勝2敗・防御率2.06を記録するが、7月2日を最後に故障で離脱しシーズンを終えた。1973年8月15日にウェーバーにかけられ、ホワイトソックスが獲得。

1974年6月7日から7連勝、9・10月には7勝・防御率0.30を記録し、21勝13敗・防御率2.92の好成績。1975年は前半戦で13勝を挙げ、9年ぶりにオールスターゲームに選出され、20勝14敗・防御率3.11を記録。12月10日に3選手との交換トレードで、1選手と共にフィラデルフィア・フィリーズに移籍。

1976年は前半戦は9勝3敗・防御率2.91と好調だったが、後半戦で3勝11敗・防御率4.20と調子を落とす。チームは地区優勝を果たし、シンシナティ・レッズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、ビッグレッドマシンと呼ばれた強力打線を6回まで1安打に抑える好投を見せたが7回に捕まり、チームは逆転サヨナラで敗れて3連敗で敗退した。1977年は開幕からリリーフで起用され、5月に先発に戻るが6勝11敗・防御率5.39に終わる。ブルックス・ロビンソンに並ぶ16年連続16回目のゴールドグラブ賞を受賞した。1978年はシーズン初登板で完封勝利を挙げるが8勝。1979年5月11日ニューヨーク・ヤンキースに移籍し、以後はリリーフとしての起用が中心となる。オフにフリーエージェントとなるが1980年4月1日に再契約。4月30日セントルイス・カージナルスに移籍し、8勝4セーブを記録。1982年は62試合に登板し、チームはリーグ優勝。ミルウォーキー・ブルワーズとのワールドシリーズでは4試合に登板し。チームは4勝3敗でワールドチャンピオンとなり、自身唯一のチャンピオンリングを手にした。1983年7月6日に解雇され、現役を引退した。

25シーズンのキャリアは、投手としてはノーラン・ライアンの27、トミー・ジョンの26に次いで歴代3位である。1950・60・70・80年代の「4ディケード」でプレイした選手で、引退した時点で1950年代にプレイした最後の選手であった。またツインズの前身であるセネターズでプレイした最後の選手でもあった(後にテキサス・レンジャーズとなったセネターズの選手を除く)。

投手としては打力に優れ、投手としての登板の他106試合に代打等で起用されている。通算で打率.185・16本塁打・106打点を記録。1964年には3本塁打も記録している。

引退後は1984年にフィリーズ時代のチームメイトで、当時シンシナティ・レッズの監督兼選手であったピート・ローズの下、投手コーチに就任し、その後は野球解説者に転身。ドワイト・グッデンノーヒットノーランデビッド・ウェルズ完全試合達成のシーンにも遭遇した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1959 WHS2
MIN
3 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 29 5.0 7 1 4 0 2 2 0 0 9 7 12.60 2.20
1960 13 9 0 0 0 1 5 0 -- .167 228 50.0 48 8 31 2 5 25 2 0 39 31 5.58 1.58
1961 36 29 8 1 1 9 17 0 -- .346 865 200.2 188 12 82 1 11 122 10 1 105 87 3.90 1.35
1962 39 35 16 5 4 18 14 1 -- .563 1112 269.0 243 23 75 5 18 173 13 0 106 94 3.14 1.18
1963 31 27 7 1 1 10 10 1 -- .500 764 178.1 195 24 38 1 9 105 6 0 96 83 4.19 1.31
1964 36 34 13 0 0 17 11 1 -- .607 1009 243.0 231 23 60 5 9 171 13 1 100 87 3.22 1.20
1965 45 42 7 2 2 18 11 2 -- .621 1115 264.1 267 25 63 6 5 154 3 0 121 83 2.83 1.25
1966 41 41 19 3 4 25 13 0 -- .658 1227 304.2 271 29 55 4 3 205 12 0 114 93 2.75 1.07
1967 42 38 13 2 5 16 13 0 -- .552 1100 263.1 269 21 42 2 9 211 9 1 110 89 3.04 1.18
1968 30 29 9 2 1 14 12 0 -- .538 854 208.0 192 16 40 0 3 130 5 0 78 68 2.94 1.12
1969 40 32 10 0 2 14 13 1 -- .519 1048 242.1 252 23 75 15 9 139 9 0 114 94 3.49 1.35
1970 45 34 4 1 0 14 10 0 -- .583 972 230.1 244 26 58 8 3 120 11 0 110 91 3.56 1.31
1971 39 38 15 4 6 13 14 0 -- .481 1098 260.1 275 16 47 9 6 137 8 0 104 96 3.32 1.24
1972 15 15 5 0 2 10 2 0 -- .833 443 113.1 94 6 20 2 0 64 2 0 36 26 2.06 1.01
1973 29 28 7 2 4 11 12 0 -- .478 778 181.2 206 26 39 1 4 93 3 0 101 89 4.41 1.35
CWS 7 7 3 1 3 4 1 0 -- .800 173 42.2 44 4 4 0 0 16 0 0 23 20 4.22 1.13
'73計 36 35 10 3 7 15 13 0 -- .536 951 224.1 250 30 43 1 4 109 3 0 124 109 4.37 1.31
1974 42 39 15 3 3 21 13 0 -- .618 1137 277.1 263 18 63 3 6 142 4 0 106 90 2.92 1.18
1975 43 41 12 1 0 20 14 0 -- .588 1279 303.2 321 20 77 0 9 142 0 2 121 105 3.11 1.31
1976 PHI 38 35 7 1 3 12 14 0 -- .462 924 227.2 241 21 32 3 0 83 1 0 95 88 3.48 1.20
1977 35 27 2 0 1 6 11 0 -- .353 709 160.1 211 20 40 6 2 55 2 0 100 96 5.39 1.57
1978 26 24 2 1 0 8 5 0 -- .615 586 140.1 150 9 32 6 5 48 5 0 67 64 4.10 1.30
1979 3 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 37 8.1 9 1 5 2 0 2 0 0 4 4 4.32 1.68
NYY 40 1 0 0 0 2 3 2 -- .400 249 58.1 64 4 14 2 2 23 2 0 29 25 3.86 1.34
'79計 43 2 0 0 0 3 3 2 -- .500 286 66.2 73 5 19 4 2 25 2 0 33 29 3.92 1.38
1980 4 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 27 5.0 8 0 4 2 0 1 1 0 5 4 7.20 2.40
STL 49 14 6 1 4 8 7 4 -- .533 546 129.2 140 6 33 11 0 36 3 1 61 55 3.82 1.33
'80計 53 14 6 1 4 8 8 4 -- .500 573 134.2 148 6 37 13 0 37 4 1 66 59 3.94 1.37
1981 41 1 0 0 0 6 6 4 -- .500 229 53.0 60 2 17 8 0 8 2 0 25 20 3.40 1.45
1982 62 2 0 0 0 5 3 2 -- .625 321 75.0 79 6 23 9 2 35 2 0 40 34 4.08 1.36
1983 24 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 162 34.2 48 5 10 3 0 19 0 0 19 15 3.89 1.67
通算:25年 898 625 180 31 46 283 237 18 -- .544 19021 4530.1 4620 395 1083 116 122 2461 128 6 2038 1738 3.45 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • WHS2(ワシントン・セネタース)は、1961年にMIN(ミネソタ・ツインズ)に球団名を変更

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • 最多勝 1回:1966年
  • ゴールドグラブ賞 16回:1962年 - 1977年 (連続16回受賞は史上最多タイ記録)
  • MLBオールスターゲーム選出 3回:1962年, 1966年, 1975年

外部リンク[編集]