ジョン・クラークソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・クラークソン
John Clarkson
Clarksonj55.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ケンブリッジ
生年月日 1861年7月1日
没年月日 (1909-02-04) 1909年2月4日(満47歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1882年
初出場 1882年5月2日
最終出場 1894年7月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1963年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ジョン・ギブソン・クラークソンJohn Gibson Clarkson, 1861年7月1日 - 1909年2月4日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジ出身のプロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

経歴[編集]

1882年に、当時ナショナルリーグに加盟していたウースター・ルビーレッグスと契約、3試合に登板した(1勝2敗)が、ルビーレッグスはこの年18勝66敗と惨敗しリーグを離脱。彼は放出され翌年を北西部リーグのセギノー球団ですごす。

1884年8月に当時キャップ・アンソンが率いていたシカゴ・ホワイトストッキングスに入団。アンソンは彼の才能を見抜き、翌年からチームの主力投手に抜擢した。期待に応えたクラークソンは、この年70試合に登板、53勝16敗というメジャーリーグ史上2番目のシーズン勝利数を上げる。以後1886年には36勝17敗、1887年は38勝21敗で2度目の最多勝利投手となり、その才能を開花させた。

1888年、当時としては破格の1万ドルの移籍金でボストン・ビーンイーターズに移籍する。移籍した翌年の1889年には72試合に先発し49勝、奪三振284、防御率2.73をマークし投手部門の三冠を獲得した。同年6月4日の試合では、メジャーリーグ史上初めてとなる「三者連続の三球三振」の記録を達成した。[1]

1891年にはキャリア6度目の30勝以上をあげる。シーズン30勝以上を6度以上記録しているのは、メジャーリーグ史上彼とキッド・ニコルズ(7度)の二人だけである。翌1892年のシーズン途中に彼はボストンを放出され、クリーブランドに移籍。同年、通算300勝に到達したが、翌1893年に投手-本塁間の距離が60フィート6インチ (18.4m) に伸ばされると、それまでの投げすぎもあってなかなか勝ち星を挙げられなくなる。

1894年のシーズン中にボルチモアにトレードされるが、移籍先では登板することなく、そのまま引退した。1909年マサチューセッツ州で他界。1963年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1882 WOR 3 3 2 0 -- 1 2 0 -- .333 127 24.0 49 0 2 -- - 3 3 0 31 12 4.50 2.13
1884 CHC 14 13 12 0 -- 10 3 0 -- .769 478 118.0 94 10 25 -- - 102 7 0 64 28 2.14 1.01
1885 70 70 68 10 -- 53 16 0 -- .768 2487 623.0 497 21 97 -- - 308 14 0 255 128 1.85 0.95
1886 55 55 50 3 -- 36 17 0 -- .679 1914 466.2 419 19 86 -- - 313 17 0 248 125 2.41 1.08
1887 60 59 56 2 -- 38 21 0 -- .644 2183 523.0 513 19 92 -- 8 237 25 0 283 179 3.08 1.16
1888 BSN 54 54 53 3 -- 33 20 0 -- .623 2029 483.1 448 17 119 -- 10 223 33 0 247 148 2.76 1.17
1889 73 72 68 8 -- 49 19 1 -- .721 2641 620.0 589 16 203 -- 17 284 16 0 280 188 2.73 1.28
1890 44 44 43 2 -- 26 18 0 -- .591 1663 383.0 370 14 140 -- 16 138 21 0 186 139 3.27 1.33
1891 55 51 47 3 -- 33 19 3 -- .635 1982 460.2 435 18 154 -- 15 141 14 0 244 143 2.79 1.28
1892 16 16 15 4 -- 8 6 0 -- .571 617 145.2 115 4 60 -- 5 48 5 0 65 38 2.35 1.20
CLV 29 28 27 1 -- 17 10 1 -- .630 1041 243.1 235 4 72 -- 4 91 4 0 132 69 2.55 1.26
'92計 45 44 42 5 -- 25 16 1 -- .610 1658 389.0 350 8 132 -- 9 139 9 0 197 107 2.48 1.24
1893 36 35 31 0 -- 16 17 0 -- .485 1331 295.0 358 11 95 -- 5 62 15 0 240 146 4.45 1.54
1894 22 18 13 1 -- 8 10 0 -- .444 653 150.2 173 6 46 -- 0 28 8 0 109 74 4.42 1.45
通算:12年 531 518 485 37 -- 328 178 5 -- .648 19146 4536.1 4295 159 1191 -- 80 1978 182 0 2384 1417 2.81 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:546試合、1974打数254安打、本塁打24、打点232、打率.219

脚注[編集]

  1. ^ 1889年当時は、投手-本塁間の距離が今より短かった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]