ウォーレン・スパーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォーレン・スパーン
Warren Spahn
Warren Spahn 1953.jpg
1953年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州バッファロー
生年月日 1921年4月23日
没年月日 (2003-11-24) 2003年11月24日(満82歳没)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1940年
初出場 1942年4月19日
最終出場 1965年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1973年
得票率 82.89%
選出方法 BBWAA[:en]選出

ウォーレン・エドワード・スパーン(Warren Edward Spahn , 1921年4月23日 - 2003年11月24日)は元メジャーリーグ投手

経歴[編集]

ニューヨーク州バッファローで生まれ、1940年にボストン・ブレーブス(現・アトランタ・ブレーブス)とプロ契約を結び、1942年にメジャーデビューを果たす。

しかし直後の1943年から1945年までの3年間は、兵役義務のために陸軍に従軍し、野球から離れる。この時ヨーロッパ戦線で負傷するも戦功を認められ、パープルハート章ブロンズスターメダルを受章した。

野球界復帰後は、その現役時代のほとんどでブレーブスに所属し、チームのボストンからミルウォーキーへの移転も経験する。ワールドシリーズには1948年1957年1958年に出場、1946年から1948年にかけては、もう一人の20勝投手ジョニー・セインと共に二本の大黒柱として活躍する。1947年には地元ボストンの新聞に「Spahn and Sain and pray for rain.(スパーンとセインで勝ったら、あとは雨(での試合中止)を祈れ)」という見出しが載るなど、両投手共に大車輪の活躍で、1948年にはチームを34年振りのリーグ優勝に導いた。なお、1953年には投手として初めて年俸10万ドルを手にするが、これは、スパーンが観客動員に応じたインセンティブ契約を球団と結んでいたところ、チームがミルウォーキーに移転して飛躍的に観客動員が増加したためである。

1965年ニューヨーク・メッツサンフランシスコ・ジャイアンツに所属し、同年にメジャーリーグからは引退するが、その後数年間はメキシカンリーグでも投げた。現役21年間のうち年間20勝以上を13回達成し、そのうち42歳のときに23勝を記録するなど、息の長い活躍を続けた。通算勝利数363は左腕投手としては歴代1位であり、全体でみてもサイ・ヤング(511)、ウォルター・ジョンソン(417)、ピート・アレクサンダー(373)、クリスティ・マシューソン(373)、パッド・ガルヴィン(364)に次ぐ歴代6位の実績を誇る。

1973年野球殿堂入りを果たす。現役時代、セントルイス・カージナルススタン・ミュージアルがスパーンを評して、「スパーンは絶対に殿堂入りする事はないだろう。なぜなら彼はずっと投手であり続けるからだ。」という発言をしており、一面でそれを裏付けるような長い現役生活の末の殿堂入りだった。また、ブレーブスを退団した1965年には、スパーンの背番号21』はブレーブス初の永久欠番となっている。

1975年、53歳の時、日本プロ野球史上初めての外国人監督として広島東洋カープを指揮する事になったジョー・ルーツの招きにより、広島東洋カープの春季キャンプ(日南キャンプ)で臨時投手コーチを勤めた。丁寧で解りやすい指導は非常に好評であり、その年球団創設25年目にして初のリーグ優勝を飾った投手陣に大きな影響を与えた。臨時コーチであったスパーンは、開幕戦を見届けた後、帰国している。

1999年、スポーティング・ニュース紙の企画「偉大な野球選手100人」において第21位に選出され、20世紀選抜チームにも選ばれた。同年にはシーズンで最も活躍した左腕投手に送られる賞として、「ウォーレン・スパーン賞」が設立された。

2003年11月24日、余生を過ごしていたオクラホマ州ブロークンアローの自宅にて、老衰により82年の生涯を閉じた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1942 BSN
MLN
4 2 1 0 -- 0 0 0 -- ---- 79 15.2 25 0 11 -- 0 7 0 0 15 10 5.74 2.30
1946 24 16 8 0 -- 8 5 1 -- .615 514 125.2 107 6 36 -- 1 67 4 0 46 41 2.94 1.14
1947 40 35 22 7 -- 21 10 3 -- .677 1174 289.2 245 15 84 -- 1 123 5 0 87 75 2.33 1.14
1948 36 35 16 3 -- 15 12 1 -- .556 1064 257.0 237 19 77 -- 1 114 4 0 115 106 3.71 1.22
1949 38 38 25 4 -- 21 14 0 -- .600 1258 302.1 283 27 86 -- 3 151 4 0 125 103 3.07 1.22
1950 41 39 25 1 -- 21 17 1 -- .553 1217 293.0 248 22 111 -- 1 191 8 0 123 103 3.16 1.23
1951 39 36 26 7 -- 22 14 0 -- .611 1289 310.2 278 20 109 -- 1 164 7 1 111 103 2.98 1.25
1952 40 35 19 5 -- 14 19 3 -- .424 1190 290.0 263 19 73 -- 6 183 5 0 109 96 2.98 1.16
1953 35 32 24 5 -- 23 7 3 -- .767 1055 265.2 211 14 70 -- 1 148 3 2 75 62 2.10 1.06
1954 39 34 23 1 4 21 12 3 -- .636 1175 283.1 262 24 86 -- 1 136 3 1 107 99 3.14 1.23
1955 39 32 16 1 2 17 14 1 -- .548 1025 245.2 249 25 65 4 2 110 4 0 99 89 3.26 1.28
1956 39 35 20 3 4 20 11 3 -- .645 1113 281.1 249 25 52 12 3 128 7 0 92 87 2.78 1.07
1957 39 35 18 4 1 21 11 3 -- .656 1111 271.0 241 23 78 4 2 111 2 0 94 81 2.69 1.18
1958 38 36 23 2 4 22 11 1 -- .667 1176 290.0 257 29 76 7 2 150 2 1 106 99 3.07 1.15
1959 40 36 21 4 5 21 15 0 -- .583 1203 292.0 282 21 70 9 1 143 2 0 106 96 2.96 1.21
1960 40 33 18 4 0 21 10 2 -- .677 1110 267.2 254 24 74 9 4 154 1 0 114 104 3.50 1.23
1961 38 34 21 4 2 21 13 0 -- .618 1064 262.2 236 24 64 1 4 115 4 0 96 88 3.02 1.14
1962 34 34 22 0 3 18 14 0 -- .563 1088 269.1 248 25 55 4 3 118 4 0 97 91 3.04 1.13
1963 33 33 22 7 0 23 7 0 -- .767 1037 259.2 241 23 49 4 0 102 4 0 85 75 2.60 1.12
1964 38 25 4 1 0 6 13 4 -- .316 759 173.2 204 23 52 4 2 78 6 0 110 102 5.29 1.47
1965 NYM 20 19 5 0 1 4 12 0 -- .250 543 126.0 140 18 35 1 2 56 1 0 70 61 4.36 1.39
SF 16 11 3 0 0 3 4 0 -- .429 303 71.2 70 8 21 1 1 34 1 0 34 27 3.39 1.27
'65計 36 30 8 0 1 7 16 0 -- .304 846 197.2 210 26 56 2 3 90 2 0 104 88 4.01 1.35
通算:21年 750 665 382 63 26 363 245 29 -- .597 21547 5243.2 4830 434 1434 60 42 2583 81 5 2016 1798 3.09 1.19
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • BSN(ボストン・ブレーブス)は、1953年にML1(ミルウォーキー・ブレーブス)に球団名を変更

タイトル・表彰[編集]

記録[編集]

  • ノーヒットノーラン 2回
  • 通算363勝利(歴代6位、左腕投手では歴代1位)
  • 投手通算35本塁打(歴代3位)

ブレーブス球団通算記録[編集]

  • 勝利数:356 (歴代1位)
  • 登板数:714 (歴代2位)
  • 投球回:5046.0 (歴代1位)
  • 奪三振:2493 (歴代3位)
  • 先発数:635 (歴代1位)
  • 完投数:374 (歴代2位)
  • 完封数:63 (歴代1位)

出典・外部リンク[編集]