ジム・デブリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジム・デブリン
Jim Devlin
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
生年月日 1849年6月6日
没年月日 (1883-10-10) 1883年10月10日(34歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手一塁手
初出場 1873年4月21日
最終出場 1877年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジム・デブリンJames Alexander "Jim" Devlin , 1849年6月6日 - 1883年10月10日)は、1870年代に活躍したメジャーリーグベースボールの野球選手(投手)。アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。右投げ右打ち。ナショナルリーグの初代『奪三振王』だったが、1877年に八百長疑惑により永久追放処分を受けた。

球歴[編集]

1873年に内野手として地元フィラデルフィアのプロ球団であったフィラデルフィア・ホワイトストッキングスに入団、主に一塁手として試合に出ていた。翌1874年にシカゴ・ホワイトストッキングス(現:シカゴ・カブス)に移り、一塁手と外野手をこなすようになった。シカゴでは肩の良さを買われたのか、1875年シーズンから投手として登板するようになり、この年28試合に登板、7勝16敗で防御率2.89とまずまずの成績を残す。

1876年にナショナルリーグが創設された際、デブリンはこの年新たに創設されたルイビル・グレイズに移籍、チームの中心選手となった。ルイビルはこの年69試合をこなしているが、デブリンはそのうちの68試合に先発、投球回は622回にも及んだ。この年デブリンは30勝を上げ、奪三振121はリーグ最多、防御率も1.56という活躍をしたが、一方でリーグ最多の35もの敗戦をこの年記録している。デブリンは打つ方でも打率.315と94安打を記録し、名実共にチームを牽引する存在となった。

デブリンは翌年も61試合を一人で投げぬき、35勝20敗の成績を収める。投球回は2年続けてリーグ最多となり、グレイズはこの年のナショナルリーグ優勝争いに名を連ねたが、後一歩のところで優勝に手が届かなかった。しかしこの年のオフになって、グレイズの選手が八百長に絡んで報酬を受け取っていた疑惑が浮上する(グレイズのオーナーは、同年8月に八百長を示唆する匿名での電報を受け取っていたという)。調査の段階でデブリンは八百長への関与を告白、最終的にデブリンを含む4人の選手が、ナショナルリーグ会長ウィリアム・ハルバートの裁定によって、永久追放処分を受けることになった。デブリン自身は裁定を受けた後も球界への復帰を懇願していたそうだが、ついにそれは果たせなかった。

野球選手を辞めた後、デブリンは地元フィラデルフィアへ戻りしばらく警察官をしていたが、1883年結核を患い、34歳の若さで亡くなった[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1873 PHW 23 101 99 18 24 4 4 0 36 10 0 0 -- -- 2 -- 0 4 1 .242 .257 .364 .621
1874 CHI 45 205 203 26 58 5 0 0 63 26 2 1 -- -- 2 -- 0 9 1 .286 .293 .310 .603
1875 69 322 318 60 92 17 6 0 121 40 6 1 -- -- 4 -- 0 4 1 .289 .298 .381 .679
1876 LOU 68 299 298 38 94 14 1 0 110 28 -- -- -- -- 1 -- 0 11 -- .315 .318 .369 .687
1877 61 275 268 38 72 6 3 1 87 27 -- -- -- -- 7 -- 0 27 -- .269 .287 .325 .612
通算:5年 266 1202 1186 180 340 46 14 1 417 131 8 2 -- -- 16 -- 0 55 3 .287 .296 .352 .648

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1875 CHI 28 24 24 0 -- 7 16 0 -- .304 1005 224.0 254 0 12 -- -- 23 14 0 179 48 1.93 1.19
1876 LOU 68 68 66 5 -- 30 35 0 -- .462 2568 622.0 566 3 37 -- -- 122 14 -- 309 108 1.56 0.97
1877 61 61 61 4 -- 35 25 0 -- .583 2328 559.0 617 4 41 -- -- 141 20 -- 288 140 2.25 1.18
通算:3年 157 153 151 9 -- 72 76 0 -- .486 5901 1405.0 1437 7 90 -- -- 286 48 0 776 296 1.90 1.09
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

  • 最多奪三振:1回 (1876年)
  • 通算防御率:1.90(歴代5位:投球回1000イニング以上)

脚注[編集]

外部リンク[編集]