投球回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

投球回(とうきゅうかい、: Innings pitched / IP)は、野球における投手記録の一つで投手登板したイニングの数を表す。投球回数、投球イニングとも。

概要[編集]

イニングの途中で投手が交代した場合には、登板時に取った(攻撃側に記録された)アウト一つにつき1/3ずつを加える。投手がアウトを一つも取れずに降板した場合は0投球回ではなく、0/3投球回と記録する(登板した事を明確にするため)。また、イニングをまたいで登板したが、アウトを取れなかったイニングがある場合にも、1 0/3投球回(新聞活字などでは0/3を一字に収める)などと記録する。

新聞などでは便宜上、投球回の0/3、1/32/3をそれぞれ.0、.1、.2と表記することがある。

アメリカや日本のプロ野球では、歴代最多投球回の記録上位のほとんどがプロ野球リーグ草創期の選手で占められている。草創期には優秀な投手の数は多くなく、ごく少数の優秀な投手が過度に優先起用されていたため、チーム投球回全体のかなりの割合を優秀な投手が担っていたが、次第にリーグの競技水準が上昇し優秀な投手の数が増えてくると、各投手間の起用機会は均一化していった。これにより先発ローテーションが整備され、また投手分業制が進展していき、1980年代後半以降はアメリカ・日本ともに一投手の投球回数は多くとも1シーズンで200から250投球回程度にとどまっている。

投球回に関する記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 投球回
1 金田正一 5526.2
2 米田哲也 5130
3 小山正明 4899
4 鈴木啓示 4600.1
5 別所毅彦 4350.2
6 梶本隆夫 4208
7 V.スタルヒン 4175.1
8 東尾修 4086
9 山田久志 3865
10 稲尾和久 3599
順位 選手名 投球回
11 若林忠志 3557.1
12 野口二郎 3447.1
13 長谷川良平 3376.1
14 平松政次 3360.2
15 山本昌 3347.1
16 工藤公康 3336.2
17 村田兆治 3331.1
18 松岡弘 3240
19 江夏豊 3196
20 石井茂雄 3168


  • 記録は2014年シーズン終了時点[1]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 投球回 記録年
1 林安夫 朝日軍 541.1 1942年
2 野口二郎 大洋軍 527.1 1942年
3 真田重蔵 パシフィック 464.2 1946年
4 野口二郎 東京セネタース 459 1939年
5 V.スタルヒン 東京巨人軍 458.1 1939年
6 亀田忠 黒鷲軍 456.2 1940年
7 別所昭 南海ホークス 448.1 1947年
8 白木義一郎 セネタース 440 1946年
9 石原繁三 大和軍 439.1 1942年
10 白木義一郎 東急フライヤーズ 439 1947年
  • 記録は2014年シーズン終了時点[2]

(備考)

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 投球回
1 サイ・ヤング 7356
2 パッド・ガルヴィン 6003.1
3 ウォルター・ジョンソン 5914.1
4 フィル・ニークロ 5404
5 ノーラン・ライアン 5386
6 ゲイロード・ペリー 5350
7 ドン・サットン 5282.1
8 ウォーレン・スパーン 5243.2
9 スティーブ・カールトン 5217.2
10 ピート・アレクサンダー 5190
順位 選手名 投球回
11 キッド・ニコルズ 5067.1
12 ティム・キーフ 5049.2
13 グレッグ・マダックス 5008.1
14 バート・ブライレブン 4970
15 ボビー・マシューズ 4956
16 ロジャー・クレメンス 4916.2
17 ミッキー・ウェルチ 4802
18 クリスティ・マシューソン 4788.2
19 トム・シーバー 4783
20 トミー・ジョン 4710.1


  • 記録は2013年シーズン終了時点[3]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 投球回 記録年
1 ウィル・ホワイト シンシナティ・レッズ 680 1879年
2 チャールズ・ラドボーン プロビデンス・グレイズ 678.2 1884年
3 ガイ・ヘッカー ルイビル・エクリプス 670.2 1884年
4 ジム・マコーミック クリーブランド・ブルース 657.2 1880年
5 パッド・ガルヴィン バッファロー・バイソンズ 656.1 1883年
6 パッド・ガルヴィン バッファロー・バイソンズ 636.1 1884年
7 チャールズ・ラドボーン プロビデンス・グレイズ 632.1 1883年
8 ジョン・クラークソン シカゴ・ホワイトストッキングス 623 1885年
9 ジム・デブリン ルイビル・グレイズ 622 1876年
ビル・ハッチソン シカゴ・コルツ 1892年

(備考)

脚注[編集]

  1. ^ 歴代最高記録 投球回 【通算記録】 - NPB公式サイト
  2. ^ 歴代最高記録 投球回 【シーズン記録】 - NPB公式サイト
  3. ^ 通算記録 (MLB) - Baseball-Reference.com
  4. ^ シーズン記録 (MLB) - Baseball-Reference.com

関連項目[編集]