勝率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝率(しょうりつ、:winning percentage、WP)は、勝利した割合を表す。主に、グループ トーナメント方式の競技大会などで順位決定に使用される。割合であるため、勝点制と異なり試合数の違いに直接は影響されず、試合の消化数の違いに順位が直接的に左右されない利点を持つ。一方で後述の野球における順位決定のように定義によっては直感と異なる順位の変動が生じうる。

計算方法[編集]

一般的な定義、または競技横断的に定義がなされているものではないが、簡単な例として試合数が有限回でその結果が勝利とそれ以外に分類できる場合、勝率を、勝利した試合数を、試合数をとして、

と定義することができる。

この方法が採用される例としてメジャーリーグベースボールにおける例や、将棋大賞における、勝率一位賞の選考が挙げられる。また、総当たりのリーグ戦において勝数を競う場合には、リーグ戦終了時の順位が勝率に基づく順位決定と一致する。

上記とは異なる勝率の定義としては以下を挙げることができる。

  • 競馬では、レースで1着になることを勝利とみなし「勝利数 ÷ 参加レース数」で勝率を計算する。競馬の騎手の場合「勝利数 ÷ 騎乗数」、調教師の場合は「勝利数 ÷ 出走数」となる。
  • 競艇においては、競艇選手の「着順点の平均値」を勝率と呼ぶ。この場合の計算式は「着順点の合計 ÷ 出走回数」である。
  • 野球の投手の勝率は「勝利数 ÷ (勝利数 + 敗北数)」で計算する(勝利数=勝戦投手となった回数、敗北数=敗戦投手となった回数)。

プロ野球将棋などでは、十進法で「十分率」「百分率」「千分率」として算出される例が多い。しかし、十進法以外が用いられる例もある。十進法以外の例として、サイコロにおける六進法が挙げられる。サイコロでは、「10」となるの目を「0」として、「0から555まで」「0から5555まで」というように出目や勝率を六進数で示し、1/6を「0.1」として「六分率」「三十六分率」「二百十六分率」「千二百九十六分率」として算出する。桁の最高値は、三桁だと 5556 = 21510 = 63-1 となり、四桁だと 55556 = 129510 = 64-1 となる。また、十進法による「勝率0.5」「0.5勝」は、六進法では「勝率0.3」「0.3勝」となり;十進法の小数では「0.3333…」「0.1111…」となって割り切れない「1/3」「1/9」が、六進法の小数では割り切れて「0.2」「0.04」となる。

引き分けの扱い[編集]

引き分けが認められている競技の場合、多くは勝点制などが採用されており、勝率で順位決定を行うことは少ない。あえて勝率を使用する場合の計算方法として、以下のようなものがある。

引き分けを除外[編集]

勝利数 ÷ (試合数 - 引き分け試合数)

もしくは

勝利数 ÷ (勝利数 + 敗戦数)で求めることができる。

引き分け試合を省いて計算する方法。引き分け試合を成績の要素から排除しているように見えるが、実際はその影響が無視できない。

  • 特徴:
    • 引き分け試合数が増えるにつれて、1試合の勝敗の持つ意味が増大する。このためゲーム差を指標として使えない。[1] (例)Aチーム92勝50敗1分(貯金42)勝率.648、Bチーム87勝47敗9分(貯金40)勝率.649とBチームがマイナス1ゲーム差で上位となる。
    • 2つの試合を2引き分けと1勝1敗になった場合を比較すると、勝率が5割超の場合は2引き分けの方が勝率が高くなり 勝率が5割未満の場合は1勝1敗の方が勝率が高くなる。(例)Aチーム86勝54敗3分(貯金32)勝率.614、Bチーム87勝55敗1分(貯金32)勝率.613とAチームが上位となる。又Cチーム64勝76敗3分(借金12)勝率.457、Dチーム65勝77敗1分(借金12)勝率.458とDチームが上位となる。
    • 総試合数が充分に多くないと、問題のある結果を導くことがある(勝率10割・0割の場合、それぞれ「引き分け=勝利」「引き分け=敗退」となる)。
    • (勝率10割または0割の場合を除き)成績の異なる2者が、同率で並ぶことは少ない。
    • 全試合引き分けの状態では、勝率が計算できない(別に定義する必要がある)。
  • 採用例:

0.5勝0.5敗に換算[編集]

{勝利数 + (引き分け試合数 × 0.5)} ÷ 試合数

1引き分けを0.5勝0.5敗に換算する方法。引き分けのない場合と同様に、ゲーム差(貯金数・借金数 / 勝ち越し数・負け越し数)・マジックナンバーなどの指標が矛盾なく機能する。

  • 特徴:
    • 1勝の価値が常に同じとなり、"ゲーム差" と "勝率上の差" との間に誤差が生じない。
    • 「勝利=2点・敗退=0点・引き分け=1点 の勝点制」の、暫定順位の問題を解消したものとみなせる。
    • 最終消化試合数が異なる場合に矛盾が生じる場合がある。(勝率5割超の例)Aチーム20試合15勝5敗(貯金10)勝率.750、Bチーム22試合15勝5敗2分(貯金10)の場合16勝6敗換算になる事で勝率.727とAチームが上位となる。(勝率5割未満の例)Cチーム22試合9勝13敗(借金4)勝率.409、Dチーム24試合9勝13敗2分(借金4)の場合10勝14敗換算になる事で勝率.417とDチームが上位となる。同勝利数・同敗戦数で引き分けが存在するか否かの場合のみに矛盾が生じる事になる。
  • 採用例:

負け試合として扱う[編集]

勝利数 ÷ 試合数

引き分けを敗戦とみなす方法。他の基準と併用することがある(「勝率で並んだ場合は引き分け試合数の多い方を上位とする」など)。

  • 特徴:
    • 引き分け = 敗退
    • 「勝利=1点・敗退=0点・引き分け=0点 の勝点制」または「勝利数で順位を決定する方法」の、暫定順位の問題を解消したものとみなせる。
    • リーグ全体の平均勝率が5割以下となる。このため、極端な場合「勝率5割未満で単独首位」という状況も起こり得る。
  • 採用例:
    • 韓国プロ野球で2009年から2010年まで使用されていた。

勝率に関するタイトル[編集]

NPBの投手成績[編集]

JRAの騎手、調教師成績[編集]

競馬では、JRA賞JRA賞最高勝率騎手JRA賞最高勝率調教師の2タイトルが制定されており、日本中央競馬会によって表彰される。

日本プロ野球[編集]

個人通算記録[編集]

順位 選手名 勝率
1 藤本英雄 .697
2 稲尾和久 .668
3 斎藤雅樹 .652
4 杉内俊哉 .648
5 杉浦忠 .638
6 杉下茂 .636
7 別所毅彦 .635
8 V.スタルヒン .633
9 山田久志 .631
10 野口二郎 .630
順位 選手名 勝率
11 若林忠志 .62204
12 中尾碩志 .62202
13 荒巻淳 .618
14 皆川睦雄 .614
15 工藤公康 .612
16 西口文也 .607
17 北別府学 .60169
18 村山実 .60162
19 大野豊 .597
20 小林繁 .594
  • 2019年シーズン終了時。2000投球回以上[3]

個人シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 勝率 記録年
1 景浦將 大阪タイガース 1.000 1936年秋
御園生崇男 大阪タイガース 1937年秋
間柴茂有 日本ハムファイターズ 1981年
田中将大 東北楽天ゴールデンイーグルス 2013年
5 斉藤和巳 福岡ソフトバンクホークス .941 2005年
成瀬善久 千葉ロッテマリーンズ 2007年
7 御園生崇男 大阪タイガース .909 1938年春
8 V.スタルヒン 東京巨人軍 .905 1938年秋
杉浦忠 南海ホークス 1959年
10 堀内恒夫 読売ジャイアンツ .889 1966年
  • 2019年シーズン終了時。規定投球回以上[4]

脚注[編集]

  1. ^ 例えば日本のプロ野球では次の様な事態も起きている。2012年7月17日時点では広島東洋カープが38勝37敗6分で勝率.5066、東京ヤクルトスワローズが37勝36敗5分で勝率.5068でヤクルトのほうが上だったが、翌日の試合で両者が負けたため、広島が38勝38敗6分、ヤクルトが37勝37敗5分で両者ともに勝率が.500と並んだ(セ・リーグでは勝利数が多いほうが順位が上となるため、順位が入れ替わった)。15年ぶりAクラスターン[リンク切れ]
  2. ^ 下記「0.5勝0.5敗に換算」の記述と矛盾するが、これは NFL が1972年度 “終了後に” さかのぼってルール変更をしたことによる。1972年度は実際には「引き分けを除外」方式で行われたが、一方で公式記録としては この年から「0.5勝0.5敗に換算」方式が適用されている。詳細は1972年のNFLを参照のこと。
  3. ^ 歴代最高記録 勝率【通算記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  4. ^ 歴代最高記録 勝率【シーズン記録】 - NPB.jp 日本野球機構

関連項目[編集]