トミー・マッカーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミー・マッカーシー
Tommy McCarthy
Tommy McCarthy 1884.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 マサチューセッツ州ボストン
生年月日 1863年7月24日
没年月日 1922年8月5日(満59歳没)
身長
体重
5' 7" =約170.2 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 右翼手
初出場 1884年7月10日
最終出場 1896年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1946年
選出方法 ベテランズ委員会選出

トミー・マッカーシー(Thomas Francis Michael "Tommy" McCarthy, 1863年7月24日 - 1922年8月5日)は、19世紀のアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは右翼手マサチューセッツ州ボストン生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Little Mac(リトル・マック)"。1890年代のボストン・ビーンイーターズ(現アトランタ・ブレーブス)で主に活躍、現在の殿堂入り選手の中で唯一、ユニオン・アソシエーション(1884年だけ運営されたリーグ)でのプレー経験を持つ。

経歴[編集]

1884年、この年に創設されたユニオン・アソシエーションのボストン・レッズに投手および外野手として入団する。53試合に出場したものの、通算打率は.215、投手としては0勝7敗と全くいいところがなかった。ユニオン・アソシエーション解体と共に翌年から3年間はナショナルリーグのボストン、フィラデルフィアに所属するが、打率は2割に届かず、レギュラー定着には程遠い状況だった。

1888年アメリカン・アソシエーションのセントルイス・ブラウンズに移籍。ここでようやく外野手として定着した彼は、持ち前の足の速さを生かせるようになり、それまで全くだめだった打撃成績も急激に向上した。同年は109盗塁、106得点(近年の統計では93盗塁、107得点)を記録。シーズン得点はこの年以後7年連続で100以上を挙げた。打率は1890年に初めて3割を超え (.350) 、マッカーシーは俊足巧打の外野手へと変貌していった。

1891年にアメリカン・アソシエーションの消滅に伴ってボストン・ビーンイーターズに移籍。翌年からボストンはリーグを2連覇。ヒュー・ダフィーとの外野コンビは『ヘブンリー・ツインズ』(双子座の意)と呼ばれた。マッカーシーは外野守備を工夫し、フライをわざと落とし進塁する走者を刺す、といったトリッキーなプレーをいくつも見せていたそうである。

1896年にブルックリンに移籍し同年現役を引退、1922年ボストンにて死去。1946年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"(+)"は、記録不明の箇所があることを示す。

































O
P
S
1275 5128 1496 192 53 44 1069 537 468(+) 163(+) 537 50(+) 33(+) .292 .364 .376 .740

獲得タイトル・記録[編集]

  • 盗塁王:1回 (1890年)
  • リーグ優勝:3回 (1888年、1892年、1893年)

投手成績[編集]

  • 通算:登板数13、先発6、投球回69.1、0勝7敗、被安打83、被本塁打3、防御率4.93

監督としての戦績[編集]

  • 所属:セントルイス・ブラウンズ(アメリカン・アソシエーション)(1890年)
  • 戦績:15勝12敗、勝率.556、リーグ最高順位:3位

審判歴[編集]

  • 在籍・年次・試合数:
アメリカン・アソシエーション (1889年) 1試合
ナショナルリーグ (1896年) 1試合

出典・外部リンク[編集]