クリスティ・マシューソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティ・マシューソン
Christy Mathewson
Christy-Mathewson-1910.jpeg
クリスティ・マシューソン(1910年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ファクトリーヴィル
生年月日 1880年8月12日
没年月日 1925年10月7日(満45歳没)
身長
体重
6' 1.5" =約186.7 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1900年
初出場 1900年7月7日
最終出場 1916年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1936年
得票率 90.71%
選出方法 BBWAA選出

クリスティー・マシューソン(Christopher "Christy" Mathewson、 1880年8月12日1925年10月7日)は、1900年~1910年代に活躍したアメリカメジャーリーグ野球選手投手)。ペンシルベニア州ファクトリーヴィル出身。ニックネームは「Big Six[1]、「クリスチャンの紳士(The Christian Gentleman)」。

歴代3位となる通算373勝を上げた20世紀初頭の著名な投手であり、最初に野球殿堂入りを果たした5人の中の1人である。変化球の一つである「スクリューボール」をルーブ・フォスターから教わり、初めて実戦投入した投手といわれている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

キリスト教長老派教会(プレスビテリアン)の富裕な家庭に生まれる。バックネル大学を卒業後、1900年にマイナーのバージニア・カロライナリーグのノーフォーク球団から、ニューヨーク・ジャイアンツに入団する。大学出のメジャーリーグ入り第一号であった。

現役時代[編集]

後に選手経歴の大半を過ごしたジャイアンツだったが、1年目は順調にいかなかった。7月に入団して6試合に登板したが、0勝3敗で防御率も5点台と振るわず、12月には一度ジャイアンツからノーフォークに送り返されている。ところがその素質に目をつけていたシンシナティ・レッズが、すぐさまマシューソンを指名し、一旦は自分の支配下選手とした。その後レッズとジャイアンツはマシューソンとエイモス・ルーシーの交換トレードを行い、マシューソンは再びジャイアンツに戻ってくることになる。

翌1901年、ルーシーがわずか3試合で滅多打ちにあって現役を引退したのとは対照的に、マシューソンはその真価を発揮し始める。同年は40試合に登板して防御率2.41、20勝17敗の成績を上げてジャイアンツの主力投手の座を射止めた。1902年は14勝しか挙げられなかったものの、8試合が完封勝利であった。

1903年にはリーグ最多奪三振とともに30勝を達成、1905年まで3年連続で「30勝、最多奪三振」を記録し、リーグを代表する投手となる。1905年の防御率はリーグ最高の1.28で、この年はナショナルリーグの投手三冠を手中にしている。また初めて出場したワールドシリーズでは、3試合に登板し3試合とも完封という離れ業をやってのけた。同一のワールドシリーズで3完封を記録したのはマシューソンが唯一である[2]


クリスティ・マシューソン

その後1914年までの間に、12年連続で20勝をあげ、リーグ最多奪三振を5度、最多勝を4度、最優秀防御率を5度記録した。1907年に挙げた37勝は現在でもナショナルリーグ記録(1901年以降)である。1908年には投手三冠王とセーブ王を同時に獲得するというチャールズ・ラドボーン以来の快挙を達成した。マシューソンが決め球としていたのは、あまりの変化量とキレから「フェイドアウェイ」と呼ばれた変化球で、現在のスクリューボールに相当するといわれている。

1916年シーズン中にシンシナティ・レッズに移籍し、同年に現役引退。通算373勝はメジャーリーグ史上3位、通算防御率2.13は歴代5位(投球回2000イニング以上)の記録である。また通算で2502奪三振を挙げ、対して四球は844しか与えなかった。

引退後[編集]

1918年第一次世界大戦に出征。化学作戦部隊に属して、毒ガスの使用法とそれに対する防御方訓練を受け、ヨーロッパの戦場へと駆り立てられた。一行の中にはジョージ・シスラータイ・カッブもおり、いずれも教官として毒ガス・火炎放射器部隊へと配属させられた。当時、その部隊は陸軍きっての劣等兵が集められており、スポーツ選手の言うことなら聞くだろうという理由からのものであった。その指導の賜物もあり、劣等兵とみなされた兵士たちも渋々ながらも命令に従っていくようになる。

当時の訓練の一つに「兵士たちを気密室に送り込んで、警戒なしに毒ガスを放出する」という危険なものがあり、全ての兵士は手の合図を見ただけでガスマスクをかぶらなければならなかった。しかしある日、マシューソンやカッブたちは肝心の信号を見落としてしまい、毒ガスの充満する気密室に閉じ込められた。マシューソンやカッブは毒ガスをいくらか吸い込んでようやく事態に気がつき、すぐにマスクをつけ、手探りで壁を見つけて外に転げ出た。この時は肺が侵されていることに気づかなかったが、それから数週間の間、胸から無色のが排出され、恐ろしい咳が続いた。痰が止まったとき、タイ・カッブは本当に救われた思いがしたという[3]。実際にこの事件で閉じ込められた16人のうち、8人までが死亡している。

マシューソンはカッブに「タイラス、あそこで毒ガスを嫌と言うほど吸ってしまったんだ。ひどく気分が悪いんだよ」と血がまじった痰を吐いていたが、この訓練がマシューソンの死の原因となった。マシューソンは「人間は読んだり、書いたり、話したり、また動いたりすることさえ出来なくなるとつい余計なことを考えるものだから、僕は頭の中で野球の練習をすることにしたよ。実際にグラウンドにいるのと同じ気持ちで次々と新しい事態を想像して、それに対する処置を研究するのさ。毎日こうして過ごしているから、ゲームについて今まで気がつかなかったことを、たくさん勉強したよ」とカッブに語り、一時的に健康を取り戻すこともあったが、1925年に亡くなった。

カッブは後年、「あの忌まわしい運命の日のことを、私はまざまざと覚えている」、「1925年、この不世出の大投手クリスティ・マシューソンの生命の火はついに燃え尽きた。ちょうど彼独特の、あのフェイドアウェイのボールのように」と自伝で振り返っており、「奇跡的に生き残った同僚のひとりとして、私は彼に対し、心からの敬意を表したい。彼は数々の大記録を残したが、私が思い出すのは、その面での彼ではない。スポーツ界まれに見る偉大な人物、偉大な競技者としての彼に対し、私は衷心からの尊敬をささげるものである」と語っている[4]

この経緯により、第一次世界大戦後は療養生活を送ることとなったが、療養の甲斐なく1925年に肺病(結核)のためニューヨーク州サラナク湖畔の療養所にて、45歳で死去した。


死後[編集]

アメリカ野球殿堂博物館
National Baseball Hall of Fame and Museum
1936年に最初に殿堂入りした5人の選手のレリーフ。クリスティ・マシューソン(左上)、ベーブ・ルース(左下)、タイ・カッブ(中央)、ホーナス・ワグナー(右上)、ウォルター・ジョンソン(右下)
1911年のワールドシリーズ、ジャイアンツ監督であったジョン・マグローとマシューソン

1936年アメリカ野球殿堂博物館が設立された際、マシューソンはタイ・カップ、ベーブ・ルースらと共に最初に殿堂入りした5人のうちのひとりとなった。また、古巣ジャイアンツにおいて、(マシューソン現役時には背番号がなかったため、当時のフランチャイズであったニューヨークの二文字『NY』として、)当時の上司にして監督であったジョン・マグローとともに永久欠番として顕彰されている。

逸話[編集]

人物[編集]

非常に神経質な性格で、現役当初は負けるとチームメートから離れて一人で泣いていたという。また、信仰心に篤く、プロになっても日曜日(キリスト教の安息日)には登板しなかった。

現在では当たり前のように行われている投球後にを冷やすアイシングは、マシューソンがノーヒットノーランを記録した試合の後に行っていた事が始まりといわれている。

投手としての持ち味は、針の穴をも通すコントロールと、打者の外角へ逃げ去る変化球「フェイドアウェイ」にあった。唯一の弱点は、味方チームが大量リードを奪うと気が緩むことだった[5]

マシューソンは野球以外にも「American checkers(チェスの一種)」の名人として有名で、世界チャンピオンと対戦したこともあった。また、アメリカンフットボールでも才能を発揮しており、1900年に全米代表に選出されている。1902年シーズン終了後にはプロチームのピッツバーグ・スターズでプレーしたが、この年限りでチームは消滅した。

弟のヘンリーもニューヨーク・ジャイアンツで投手をしていたが、通算0勝に終わっている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1900 NYG 6 1 1 0 - 0 3 0 - .000 157 33.2 37 1 20 - 4 15 1 0 32 19 5.08 1.69
1901 40 38 36 5 - 20 17 0 - .541 1361 336.0 288 3 97 - 13 221 23 1 131 90 2.41 1.15
1902 34 33 29 8 - 14 17 0 - .452 1142 284.2 248 3 73 - 10 164 17 2 114 65 2.11 1.13
1903 45 42 37 3 - 30 13 2 - .698 1502 366.1 321 4 100 - 10 267 18 0 136 92 2.26 1.15
1904 48 46 33 4 - 33 12 1 - .733 1437 367.2 306 7 78 - 4 212 10 2 120 83 2.03 1.04
1905 43 37 32 8 - 31 9 3 - .775 1294 338.2 252 4 64 - 1 206 6 3 85 48 1.28 0.93
1906 38 35 22 6 - 22 12 1 - .647 1092 266.2 262 3 77 - 3 128 4 0 100 88 2.97 1.27
1907 41 36 31 8 - 24 12 2 - .667 1235 315.0 250 5 53 - 2 178 5 0 88 70 2.00 0.96
1908 56 44 34 11 - 37 11 5 - .771 1469 390.2 281 5 42 - 3 259 2 0 85 62 1.43 0.84
1909 37 33 26 8 - 25 6 2 - .806 998 275.1 192 2 36 - 0 149 4 0 57 35 1.14 0.83
1910 38 35 27 2 - 27 9 0 - .750 1242 318.1 292 5 60 - 3 184 8 0 100 67 1.89 1.11
1911 45 37 29 5 - 26 13 3 - .667 1208 307.0 303 5 38 - 1 141 2 0 102 68 1.99 1.11
1912 43 34 27 0 - 23 12 5 - .657 1263 310.0 311 5 34 - 2 134 3 0 107 73 2.12 1.11
1913 40 35 25 4 - 25 11 2 - .694 1195 306.0 291 8 21 - 0 93 3 0 94 70 2.06 1.02
1914 41 35 29 5 - 24 13 2 - .649 1251 312.0 314 16 23 - 2 80 7 0 133 104 3.00 1.08
1915 27 24 11 1 - 8 14 0 - .364 768 186.0 199 9 20 - 1 57 1 0 97 74 3.58 1.18
1916 12 6 4 1 - 3 4 2 - .429 256 65.2 59 3 7 - 0 16 0 0 27 17 2.33 1.01
CIN 1 1 1 0 - 1 0 0 - 1.000 43 9.0 15 1 1 - 0 3 1 0 8 8 8.00 1.78
'16計 13 7 5 1 - 4 4 2 - .500 299 74.2 74 4 8 - 0 19 1 0 35 25 3.01 1.10
通算:17年 636 552 435 79 - 373 188 30 - .665 18913 4780.2 4218 91 844 - 59 2502 114 6 1616 1133 2.13 1.06
  • 太字はリーグ1位

タイトル・表彰・記録[編集]

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位



















1916 C
I
N
N
L
69 25 43 .368 7 7月21日
1917 157 78 76 .506 4
1918 119 61 57 .517 3 開幕~8月25日
通算成績 345 164 176 .482

出典[編集]

  1. ^ 「Big Six」というマシューソンのあだ名は、6番をつけた有名なニューヨーク市の消防隊から出た言葉で、「火消し」を意味する。
  2. ^ “All-time and Single-Season World Series Pitching Leaders”. Baseball-Reference. http://www.baseball-reference.com/postseason/WS_pitching.shtml 
  3. ^ ベースボール・マガジン社 野球王タイ・カップ自伝335〜341ページ
  4. ^ ベースボール・マガジン社 野球王タイ・カップ自伝335〜341ページ
  5. ^ 『オールタイム大リーグ名選手101人』

外部リンク[編集]