二塁打

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二塁打(にるいだ)とは、野球ソフトボール打者が打った安打のうち、二塁まで進んだ場合を指す。

概要[編集]

ツーベース(ヒット)とも呼ばれる。なお、アメリカのOfficial Baseball Rulesでの表記はtwo-base hitだが、現在ではdoubleという呼称が定着している。また、打球がグラウンドに一旦落ちてからフェンスを超えるなどして野手がこれ以上追うことが出来ない場所に出た場合には、ボールデッド(一時中断)となって打者走者を含む全ての走者に2個の安全進塁権が与えられる。この場合、打者には二塁打が記録され、これを日本ではエンタイトルツーベース(アメリカではground rule double)と呼んでいる。

ただし、打者が二塁まで進むことが出来ても、その進塁に野手の失策野手選択によるものが含まれていた(と記録員が判断した)場合は二塁打ではなく、単打と失策(野手選択)による進塁と記録される。

二塁打数に関する記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 二塁打数
1 立浪和義 487
2 福本豊 449
3 山内一弘 448
4 金本知憲 440
5 稲葉篤紀 429
6 王貞治 422
7 張本勲 420
8 長嶋茂雄 418
9 榎本喜八 409
10 川上哲治 408
順位 選手名 二塁打数
11 松原誠 405
12 野村克也 397
13 広瀬叔功 394
田中幸雄
15 谷繁元信 391
16 松井稼頭央 385
17 門田博光 383
18 小笠原道大 382
19 小久保裕紀 381
20 秋山幸二 377


  • 記録は2014年シーズン終了時点[1]

シーズン記録[編集]

個人[編集]
順位 選手名 所属球団 二塁打数 記録年 備考
1 谷佳知 オリックス・ブルーウェーブ 52 2001年 パ・リーグ記録
2 福浦和也 千葉ロッテマリーンズ 50 2003年
3 P.クラーク 近鉄バファローズ 48 1998年
4 山内一弘 毎日オリオンズ 47 1956年
福留孝介 中日ドラゴンズ 2006年 セ・リーグ記録
6 松井稼頭央 西武ライオンズ 46 2002年
7 大沢清 大洋ホエールズ 45 1950年
松原誠 大洋ホエールズ 1978年
森野将彦 中日ドラゴンズ 2010年
10 青木宣親 東京ヤクルトスワローズ 44 2010年
井口資仁 千葉ロッテマリーンズ 2010年
  • 記録は2014年シーズン終了時点[2]
チーム[編集]
チーム 二塁打数 記録年
北海道日本ハムファイターズ 290 2009年

その他の記録[編集]

個人[編集]
記録 選手名 所属球団 記録日
連続試合記録 7試合 金子誠 北海道日本ハムファイターズ 2009年4月7日 - 4月15日
1試合記録 4本 門前眞佐人 大阪タイガース 1937年6月13日
藤井勇 大洋ホエールズ 1951年8月5日
基満男 大洋ホエールズ 1979年5月9日
渡辺進 ヤクルトスワローズ 1981年9月24日
高沢秀昭 ロッテオリオンズ 1984年5月30日
大野久 福岡ダイエーホークス 1992年7月5日
イチロー オリックス・ブルーウェーブ 1994年9月11日
柴原洋 福岡ダイエーホークス 2001年4月29日
井口資仁 福岡ダイエーホークス 2003年7月26日
糸井嘉男 北海道日本ハムファイターズ 2010年6月15日
岩村明憲 東京ヤクルトスワローズ 2014年6月14日
1イニング記録 2本 記録多数
チーム[編集]
記録 チーム 記録日
1試合記録 11本 読売ジャイアンツ 1948年10月16日
東北楽天ゴールデンイーグルス 2013年8月4日
1イニング記録 7本 東北楽天ゴールデンイーグルス 2013年8月4日
連続打席記録 5本 広島東洋カープ 1986年6月3日

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 二塁打数
1 トリス・スピーカー 792
2 ピート・ローズ 746
3 スタン・ミュージアル 725
4 タイ・カッブ 724
5 クレイグ・ビジオ 668
6 ジョージ・ブレット 665
7 ナップ・ラジョイ 657
8 カール・ヤストレムスキー 646
9 ホーナス・ワグナー 640
10 ハンク・アーロン 624
順位 選手名 二塁打数
11 ポール・モリター 605
ポール・ウェイナー
13 カル・リプケン 603
14 バリー・ボンズ 601
15 ルイス・ゴンザレス 596
16 ラファエル・パルメイロ 585
17 ロビン・ヨーント 583
18 キャップ・アンソン 581
19 ウェイド・ボッグス 578
20 チャーリー・ゲーリンジャー 574


  • 記録は2012年シーズン終了時点[3]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 二塁打数 記録年 備考
1 アール・ウェッブ ボストン・レッドソックス 67 1931年 ア・リーグ記録
2 ジョージ・バーンズ クリーブランド・インディアンス 64 1926年
ジョー・メドウィック セントルイス・カージナルス 1936年 ナ・リーグ記録
4 ハンク・グリーンバーグ デトロイト・タイガース 63 1934年
5 ポール・ウェイナー ピッツバーグ・パイレーツ 62 1932年
6 チャーリー・ゲーリンジャー デトロイト・タイガース 60 1936年
7 トリス・スピーカー クリーブランド・インディアンス 59 1923年
チャック・クライン フィラデルフィア・フィリーズ 1930年
トッド・ヘルトン コロラド・ロッキーズ 2000年
10 ビリー・ハーマン シカゴ・カブス 57 1935年
ビリー・ハーマン シカゴ・カブス 1936年
カルロス・デルガド トロント・ブルージェイズ 2000年
  • 記録は2012年シーズン終了時点[4]

脚注[編集]

  1. ^ 歴代最高記録 二塁打 【通算記録】 - NPB公式サイト
  2. ^ 歴代最高記録 二塁打 【シーズン記録】 - NPB公式サイト
  3. ^ baseball-reference - 通算成績の詳細(メジャーリーグ)(英語)
  4. ^ baseball-reference - シーズン記録の詳細(メジャーリーグ)(英語)

関連項目[編集]