大沢清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大沢 清
Kiyoshi Ohsawa 1939.jpg
名古屋軍時代(1939年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県藤沢市
生年月日 1916年12月1日
没年月日 (2005-07-14) 2005年7月14日(88歳没)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1954年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

大沢 清(おおさわ きよし、1916年12月1日 - 2005年7月14日)は、日本のプロ野球選手内野手)。

プロ野球選手の大沢紀三男大沢啓二は弟[1]。タレントの大沢あかね従孫娘


来歴[編集]

神奈川県藤沢市[1]出身。神奈川県立商工実習学校國學院大學を経て、1937年名古屋軍へ入団しプロ入り[1]第二次世界大戦終戦後、1946年に後身である中部日本軍へ復帰し、1949年東急フライヤーズへ移籍[1]

1950年には新球団として発足した大洋ホエールズへ移籍し、当時の日本記録となる1シーズン45二塁打を記録するなどチームの主軸選手として活躍[1]1951年大沢 伸夫(おおさわ のぶお)の登録名でプレーする。

1952年石本秀一のたっての希望もあり、大沢 薫史の登録名で広島カープへ入団[1]。既に35歳とチーム最年長であったが、四番に入って開幕1ヶ月は打撃成績トップを走る[2]。その後息切れしたが、チームトップの打率.279(リーグ16位)、43打点を記録する。1953年からは松竹ロビンスから移籍入団した小鶴誠に四番を譲るが、三番一塁手としてフル出場。現役最終年となった1954年も規定打席を打ち、打率.257で打撃成績25位に入っている。

引退後、ノンプロの東京ガス硬式野球部へ補強選手として都市対抗野球に出場。1960年に母校の國學院大學硬式野球部監督へ就任[1]1965年から國學院大の文学部講師を経て教授を務めた[1]

2005年7月14日死去。享年88。

選手としての特徴[編集]

右中間への流し打ちを得意とした[2]

人物[編集]

球場の外では身なりにもほどよく気を配り、ファンからも人気があったという[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 名古屋
中部日本
中日
49 179 148 15 38 8 1 0 48 17 3 -- 3 -- 28 -- 0 15 -- .257 .375 .324 .699
1937 47 205 177 14 48 11 2 0 63 23 2 -- 2 -- 26 -- 0 12 -- .271 .365 .356 .720
1938 34 146 118 15 27 4 2 1 38 19 1 -- 1 -- 27 -- 0 6 -- .229 .372 .322 .694
1938 40 174 147 17 40 4 1 0 46 24 7 -- 1 -- 26 -- 0 12 -- .272 .382 .313 .694
1939 93 398 345 33 107 12 3 2 131 46 13 -- 0 2 51 -- 0 24 -- .310 .399 .380 .779
1940 103 436 348 39 79 9 5 2 104 39 18 -- 0 5 82 -- 1 25 -- .227 .376 .299 .675
1941 68 299 241 16 55 4 0 0 59 13 8 -- 3 -- 54 -- 1 16 -- .228 .372 .245 .616
1946 57 152 136 12 31 5 2 0 40 23 4 4 0 -- 16 -- 0 8 -- .228 .309 .294 .603
1947 101 368 330 31 85 18 4 0 111 47 3 3 0 -- 38 -- 0 17 -- .258 .334 .336 .671
1948 127 523 483 38 132 24 2 3 169 53 6 8 0 -- 38 -- 2 17 -- .273 .329 .350 .679
1949 東急 134 561 493 57 140 19 3 5 180 70 10 5 1 -- 66 -- 1 39 -- .284 .370 .365 .735
1950 大洋 139 625 578 97 189 45 1 10 266 93 7 5 1 -- 46 -- 0 25 16 .327 .377 .460 .837
1951 108 471 418 57 120 13 1 9 162 60 6 5 0 -- 49 -- 4 21 15 .287 .367 .388 .755
1952 広島 120 507 441 38 123 18 2 2 151 43 4 4 0 -- 63 -- 3 22 13 .279 .373 .342 .715
1953 130 563 505 48 120 14 0 6 152 52 11 4 0 -- 55 -- 3 29 11 .238 .316 .301 .617
1954 111 465 408 39 105 19 2 6 146 47 8 3 6 3 48 -- 0 40 13 .257 .336 .358 .693
通算:14年 1461 6072 5316 566 1439 227 31 46 1866 669 111 41 18 10 713 -- 15 328 68 .271 .359 .351 .710
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 名古屋(名古屋軍)は、1944年に産業に、1946年に中部日本に、1947年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1937 名古屋 7 3 1 0 0 1 4 -- -- .200 147 31.2 36 0 20 -- 0 5 1 0 25 22 6.19 1.77
1939 17 8 5 1 0 3 6 -- -- .333 440 101.1 89 4 58 -- 4 23 0 0 47 35 3.09 1.45
1940 9 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 161 35.0 32 0 20 -- 1 15 0 0 18 14 3.60 1.49
通算:3年 33 12 6 1 0 5 11 -- -- .313 748 168.0 157 4 98 -- 5 43 1 0 90 71 3.80 1.52

記録[編集]

  • 通算1000試合出場:1951年4月18日(5人目)
  • 1試合6安打:1951年8月26日、対広島カープ戦 ※2リーグ制以降初、セ・リーグ記録 [3]

背番号[編集]

  • 19 (1937年)
  • 4 (1938年 - 1941年、1946年 - 1949年)
  • 5 (1950年 - 1951年)
  • 3 (1952年 - 1954年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、101ページ
  2. ^ a b c 『広島東洋カープ60年史 -躍動!赤ヘル軍団-』36頁
  3. ^ 週刊ベースボール2014年8月25日号78ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]