出塁率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出塁率(しゅつるいりつ、:On-base percentage / OBP)は、野球において打者を評価する指標の一つ。打者の打撃機会あたりの出塁割合を表す。

概要[編集]

出塁率 = (安打 + 四球 + 死球) ÷ (打数 + 四球 + 死球 + 犠飛)

出塁率は、打者記録である打数四球死球犠飛の合計数のうち、安打、四球、死球で出塁した割合を表す[1][注 1]。上記計算式で算出された数値の小数第4位を四捨五入して第3位までの値を用いる。打率などと同様に、整数部分の0は省略して表記することが多い。

なお、犠飛数が四死球数を上回る場合、出塁率が打率より低くなる可能性はある。ただし、打撃において犠飛の機会は少ないため、四死球数が1以上ならばその可能性は限りなく低くなる[2]

変遷[編集]

かつての出塁率は、各野球リーグにおいてタイトル受賞者選定の際に算出されてはいたが[注 2]、打率と比べると常に注目度が低かった。だが21世紀以降、セイバーメトリクス統計学の野球への応用)が盛んとなってからは、「打者がアウトにならない確率」を示す出塁率は打率よりも得点に結び付く要素であることが裏付けされ、打者の評価指標として重要視されるようになった[3]

メジャーリーグベースボール (MLB)

この出塁率にいち早く注目したMLBオークランド・アスレチックスは、少ない資金でチームを運営しているにもかかわらず好成績を挙げた。アスレチックスのGMビリー・ビーンはセイバーメトリクスを応用し、FAトレードで「出塁率は高いが、その他の理由で評価や年俸が高くない選手」を集め、MLBドラフトでは四球数の多い選手を指名・獲得し、地味だが得点効率の高いチームを作り、2001年と2002年にはMLB最低レベルのチーム年俸総額ながら2年連続でシーズン100勝を達成した[4]。このエピソードは後にマイケル・ルイスが『マネー・ボール』と題して書籍化。映画化されるまでになった。

日本プロ野球 (NPB)

NPBでは、1984年までは犠飛を考慮せず次の計算式を使用していた[5]

出塁率 = (安打 + 四球 + 死球) ÷ (打数 + 四球 + 死球)

パシフィック・リーグでは1962年からシーズンの出塁率が最も高い選手を最高出塁率として表彰。セントラル・リーグでは1967年からシーズンの最多出塁数[注 3]選手を表彰し、出塁率は表彰対象ではなかったが、1985年より冒頭の計算式の採用とセントラル・パシフィック両リーグとも出塁率を表彰対象とする最高出塁率に制定が改定され現在に至っている[5]

日本プロ野球[編集]

最高出塁率[編集]

個人シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 打席 出塁率 記録年 備考
1 落合博満 ロッテオリオンズ .487 1986年 パ・リーグ記録
2 落合博満 ロッテオリオンズ .4806 1985年
3 R.バース 阪神タイガース .4805 1986年 セ・リーグ記録
4 落合博満 中日ドラゴンズ .4728 1991年
5 小笠原道大 日本ハムファイターズ .4725 2003年
6 柳田悠岐 福岡ソフトバンクホークス .4694 2015年
7 R.ペタジーニ ヤクルトスワローズ .4687 1999年
8 丸佳浩 広島東洋カープ .4681 2018年
9 A.カブレラ 西武ライオンズ .467 2002年
10 R.ペタジーニ ヤクルトスワローズ .466 2001年
1985年以降の規定打席以上。記録は2020年シーズン終了時点[6]

参考記録[編集]

公式記録以前の個人シーズン出塁率
順位 選手名 所属球団 打席 出塁率 記録年
1 王貞治 読売ジャイアンツ .532 1974年
2 景浦將 大阪タイガース .515 1937年秋
3 王貞治 読売ジャイアンツ .500 1973年
4 王貞治 読売ジャイアンツ .495 1966年
5 桝嘉一 名古屋軍 .493 1938年春
6 王貞治 読売ジャイアンツ .490 1965年
7 王貞治 読売ジャイアンツ .488 1967年
8 王貞治 読売ジャイアンツ .479 1976年
9 王貞治 読売ジャイアンツ .477 1977年
10 王貞治 読売ジャイアンツ .475 1968年
現行の計算式による[注 4]。規定打席以上。
個人通算記録(非公式)
順位 選手名 打席 出塁率
1 王貞治 .446
2 落合博満 .422
3 松井秀喜 .413
4 青木宣親 .403
5 張本勲 .399
6 A.カブレラ .398
7 糸井嘉男 .393
8 松中信彦 .392
9 小笠原道大 .390
10 清原和博 .389
  • 現行の計算式による[注 4]
  • 5000打席以上。
  • 2020年終了時点。

メジャーリーグベースボール[編集]

個人通算記録[編集]

順位 選手名 出塁率
1 テッド・ウィリアムズ .482
2 ベーブ・ルース .474
3 ジョン・マグロー .466
4 ビリー・ハミルトン .455
5 ルー・ゲーリッグ .447
6 バリー・ボンズ .444
7 ビル・ジョイス英語版 .435
8 ロジャース・ホーンスビー .434
9 タイ・カッブ .433
10 ジミー・フォックス .4283
順位 選手名 出塁率
11 トリス・スピーカー .4279
12 エディ・コリンズ .4244
13 フェリス・フェイン英語版 .4241
14 ダン・ブローザース .4233
15 マックス・ビショップ英語版 .4230
16 ジョー・ジャクソン .422
17 ミッキー・マントル .421
18 ミッキー・カクレーン .4192
19 フランク・トーマス .4191
マイク・トラウト
  • 3000打席以上且つ500試合以上
  • 1876年以前の成績は原則としてシーズン記録は含まないが、個人通算記録は含まれる。
  • 記録は2020年シーズン終了時点[7]

個人シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 打席 出塁率 記録年 備考
1 バリー・ボンズ サンフランシスコ・ジャイアンツ .609 2004年 ナ・リーグ記録
2 バリー・ボンズ サンフランシスコ・ジャイアンツ .582 2002年
3 テッド・ウィリアムズ ボストン・レッドソックス .553 1941年 ア・リーグ記録
4 ジョン・マグロー ボルチモア・オリオールズ .548 1899年
5 ベーブ・ルース ニューヨーク・ヤンキース .545 1923年
6 ベーブ・ルース ニューヨーク・ヤンキース .533 1920年
7 バリー・ボンズ サンフランシスコ・ジャイアンツ .529 2003年
8 テッド・ウィリアムズ ボストン・レッドソックス .526 1957年
9 ビリー・ハミルトン フィラデルフィア・フィリーズ .521 1894年
10 ベーブ・ルース ニューヨーク・ヤンキース .516 1926年
  • 記録は2020年シーズン終了時点[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 公認野球規則9.21。なおインターフェアオブストラクションによる出塁は除く(9.21原注)。
  2. ^ 一例として、日本では「無冠の帝王」として清原和博が挙げられることがしばしばあるが、清原は最高出塁率のタイトルを2回獲得している。
  3. ^ 出塁数 = 安打 + 四球 + 死球
  4. ^ a b 宇佐美徹也「プロ野球記録大鑑」および各年発行の「ベースボールレコードブック」の個人記録欄より独自に算出

出典[編集]

  1. ^ 記録の計算方法 - NPB.jp 日本野球機構
  2. ^ 打率よりも低い出塁率。そんなことってあり得る?? - 宇根夏樹、Yahoo!ニュース、2016年11月18日
  3. ^ John Edwards (2020年2月7日). “【米記者が解説するセイバーメトリクス】1:なぜ打率に頼るのをやめるべきなのか” (日本語). SPORTING NEWS. 2020年11月17日閲覧。
  4. ^ 著者とアスレチックスGMが語った「マネーボール」への情熱”. ITmedia (2011年11月11日). 2020年11月10日閲覧。
  5. ^ a b 広島丸、王貞治だけが達成した「出塁率5割」に挑む”. Full-Count (2018年7月3日). 2020年11月10日閲覧。
  6. ^ 歴代最高記録 出塁率【シーズン記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  7. ^ 通算出塁率記録 - Baseball-Reference.com
  8. ^ シーズン記録 - Baseball-Reference.com

関連項目[編集]