登板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

登板(とうばん)とは、

  1. 野球において、選手投手のポジションに就いて試合に出場すること(対義語は降板)。また、その回数を示す記録。
  2. (1.からの派生語)テレビ番組舞台などで、決まった役に就き出演すること(対義語は降板)。

投手が投球するとき、マウンドに埋め込まれている投手板を踏んでいることから、この名称がある。以下では1.について述べる。

試合に出場しても登板は記録されないケース[編集]

野球の試合においては、選手が投手として実際にプレーしなかった場合、打撃成績としての試合出場は記録されるが投手としての登板とは記録されない。

  • 投手以外のポジション(先発出場のほか、指名打者代打代走、守備のみの出場など)でのみ出場した場合
    • 投手登録の選手で試合と登板が大きく異なる選手の代表例として、投手として登録されていながら外野手としても出場する、いわゆる「二刀流」の大谷翔平北海道日本ハムファイターズ)が挙げられる。新人年の2013年は、試合出場77試合のうち、投手として登板したのは13試合(登板数の中には投手として登板し、その後守備に就いた試合も含む)で、他の64試合は野手のみの出場だった。
    • 偵察メンバー[1]として起用された場合もこれに該当し、1976年までは、名目上のポジションの守備成績にも「試合」をカウントしていた。
  • 試合中の投手交代で、新たに登板することになった選手が告げられた直後に、降雨などでコールドゲームが宣告された場合

記録上は、登板は投手としての出場、試合(出場試合)は全てのポジションを含む出場回数であるが、近年のプロ野球では投手が他のポジションで出場することは珍しいため、投手としての出場の意味として試合を用いることが多い。

登板数に関する記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 登板数
1 米田哲也 949
2 金田正一 944
3 岩瀬仁紀 904
4 梶本隆夫 867
5 小山正明 856
6 江夏豊 829
7 皆川睦雄 759
8 稲尾和久 756
9 鹿取義隆 755
10 権藤正利 719
順位 選手名 登板数
11 五十嵐亮太 708
12 大野豊 707
13 石井茂雄 705
14 鈴木啓示 703
15 山本和行 700
16 東尾修 697
17 足立光宏 676
18 小野正一 671
19 佐々木宏一郎 667
20 別所毅彦 662
  • 記録は2016年シーズン終了時点[4]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 登板数 記録年 備考
1 久保田智之 阪神タイガース 90 2007年 セ・リーグ記録
2 藤川球児 阪神タイガース 80 2005年
3 久保裕也 読売ジャイアンツ 79 2010年
浅尾拓也 中日ドラゴンズ 2011年
5 稲尾和久 西鉄ライオンズ 78 1961年 パ・リーグ記録
菊地原毅 広島東洋カープ 2001年
7 福間納 阪神タイガース 77 1984年
8 木塚敦志 横浜ベイスターズ 76 2007年
青木高広 広島東洋カープ 2011年
10 稲尾和久 西鉄ライオンズ 75 1959年
J.ウィリアムス 阪神タイガース 2005年
武田久 北海道日本ハムファイターズ 2006年
S.アッチソン 阪神タイガース 2009年
  • 記録は2016年シーズン終了時点[5]

新人登板記録[編集]

順位 選手名 所属球団 登板数 記録年
1 益田直也 千葉ロッテマリーンズ 72 2012年
2 林安夫 朝日軍 71 1942年
大原慎司 横浜ベイスターズ 2011年
4 攝津正 福岡ソフトバンクホークス 70 2009年
5 野口二郎 セネタース 69 1939年
堀本律雄 読売ジャイアンツ 1960年
権藤博 中日ドラゴンズ 1961年
8 又吉克樹 中日ドラゴンズ 67 2014年
9 岩瀬仁紀 中日ドラゴンズ 65 1999年
三上朋也 横浜DeNAベイスターズ 2014年

通算記録(リリーフでの登板数)[編集]

順位 選手名 救援登板数 備考
1 岩瀬仁紀 903
2 鹿取義隆 739
3 五十嵐亮太 708 先発での登板経験なし
4 山口鉄也 624
5 藤田宗一 600 先発での登板経験なし
6 藤川球児 586
7 高津臣吾 581
8 角盈男 575
9 永射保 566
10 橋本武広 547
  • 記録は2016年シーズン終了時点[6]

救援登板に関する主な通算記録[編集]

選手名 登板数
通算記録 岩瀬仁紀 903
連続試合記録 岩瀬仁紀 781
初登板からの記録 五十嵐亮太 708

5年以上連続で救援として50試合以上に登板した投手[編集]

順位 選手名 所属球団[7] 連続年数 記録年 備考
1 岩瀬仁紀 中日ドラゴンズ 15 1999年-2013年 新人年度からの記録
2 山口鉄也 読売ジャイアンツ 9 2008年-※
宮西尚生 北海道日本ハムファイターズ 2008年-※ 新人年度から継続中
4 橋本武広 西武ライオンズ 7 1995年-2001年
武田久 北海道日本ハムファイターズ 2006年-2012年
6 伊藤敦規 阪神タイガース 5 1997年-2001年
藤田宗一 千葉ロッテマリーンズ 1998年-2002年 新人年度からの記録
押本健彦 東京ヤクルトスワローズ 2008年-2012年
小山伸一郎 東北楽天ゴールデンイーグルス 2008年-2012年
平野佳寿 オリックス・バファローズ 2010年-2014年
益田直也 千葉ロッテマリーンズ 2012年-※ 新人年度から継続中
  • 記録は2016年シーズン終了時点。※印は現在も継続中。

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 登板数
1 ジェシー・オロスコ 1252
2 マイク・スタントン 1178
3 ジョン・フランコ 1119
4 マリアノ・リベラ 1115
5 デニス・エカーズリー 1071
6 ホイト・ウィルヘルム 1070
7 ダン・プリーサック 1064
8 マイク・ティムリン 1058
9 ケント・テカルヴ 1050
10 ラトロイ・ホーキンス 1042
順位 選手名 登板数
11 トレバー・ホフマン 1035
12 リー・スミス 1022
ホセ・メサ
14 ロベルト・ヘルナンデス 1010
15 マイク・ジャクソン 1005
16 リッチ・ゴッセージ 1002
17 ラインディ・マクダニエル 987
18 トッド・ジョーンズ 982
19 デビッド・ウェザース 964
20 ローリー・フィンガース 944
  • 記録は2015年シーズン終了時点[8]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 登板数 記録年 備考
1 マイク・マーシャル ロサンゼルス・ドジャース 106 1974年 ナ・リーグ記録
2 ケント・テカルヴ ピッツバーグ・パイレーツ 94 1979年
サロモン・トーレス ピッツバーグ・パイレーツ 2006年
4 マイク・マーシャル モントリオール・エクスポズ 92 1973年
ペドロ・フェリシアーノ ニューヨーク・メッツ 2010年
6 ケント・テカレヴ ピッツバーグ・パイレーツ 91 1978年
7 ウェイン・グレンジャー シンシナティ・レッズ 90 1969年
マイク・マーシャル ミネソタ・ツインズ 1979年 ア・リーグ記録
ケント・テカレヴ ピッツバーグ・パイレーツ 1987年
10 マーク・アイヒホルン トロント・ブルージェイズ 89 1987年
ジュリアン・タバレス サンフランシスコ・ジャイアンツ 1997年
スティーブ・クライン セントルイス・カージナルス 2001年
ポール・クアントリル ロサンゼルス・ドジャース 2003年
ジム・ブロワー サンフランシスコ・ジャイアンツ 2004年
  • 記録は2013年シーズン終了時点[9]

脚注[編集]

  1. ^ 相手の先発投手やその日の調子などを見て、試合開始後に出場選手を決めたい場合に、その選手の代わりにスターティングメンバーに名前を入れる選手。その試合に登板予定の無い投手が使われることが多い。
  2. ^ 呉昇桓 緊急登板もその瞬間豪雨…結局1球も投げず「ハジメテ」 - 2014年8月30日 Sponichi Annex
  3. ^ 【プロ野球セ】すべては大雨のせいだ!呉昇桓リリーフカーで登場も… 2014/08/29 T-S - YouTube プロ野球チャンネル・セ【CentralLeagueMovie】
  4. ^ NPB 通算記録 - NPB公式サイト
  5. ^ NPB シーズン記録 - NPB公式サイト
  6. ^ >救援投手の記録と、ワンポイントの歴史”. Baseball LAB. 2016年11月30日閲覧。
  7. ^ 記録継続の該当期間における所属球団。必ずしも最終所属球団ではないことに留意。
  8. ^ MLB 通算記録 - Baseball-Reference.com]
  9. ^ MLB シーズン記録 - Baseball-Reference.com]

関連項目[編集]