平井克典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平井 克典
埼玉西武ライオンズ #25
Hirai25.jpg
2018年2月9日 宮崎・南郷キャンプにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県一宮市[1]
生年月日 (1991-12-20) 1991年12月20日(30歳)
身長
体重
180 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
初出場 2017年5月27日
年俸 6800万円(2022年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

平井 克典(ひらい かつのり、1991年12月20日 - )は、愛知県一宮市出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

NPBパシフィック・リーグにおける、シーズン最多登板数記録保持者

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校時代は一宮市立浅野小学校に通っていた[3]一宮市立南部中学校に進学し、愛知江南ボーイズに第18期生として所属した[4]

飛龍高等学校では、1年夏からベンチ入りした[5]。2年夏には、チームのベスト4入りに貢献した[6]。しかし、3年夏は登板機会がなく、チームも3回戦で敗退した。在学中は控え投手だった。

高校を卒業した後は、愛知産業大学に入学した。3年春には当時2部リーグだったチームのリーグ優勝に貢献し、さらに1部6位だった愛知工業大学を倒して1部昇格を果たし[7]、1部リーグでは2シーズンで計2勝を挙げた。しかし大学時代には企業チームからのオファーがなく、Honda鈴鹿硬式野球部に自ら売り込みをかけて採用を勝ち取った[8]

大学を卒業した後は本田技研工業に入社し、鈴鹿野球部でプレーした。社会人1年目はオーバースローだったが、結果を残せず秋にサイドスローに転向[9]。社会人3年目でブレイクし[10]JABA長野大会ではMVPを獲得。都市対抗野球でも2勝を挙げ、チームのベスト8入りに貢献した。また、日本選手権ではエースとして投げ、1回戦の新日鉄住金広畑戦では9回途中無失点の好投で勝利投手になったが、2回戦の酒居知史擁する大阪ガスとの試合に負け、チームは敗退した[11]

2016年ドラフト会議埼玉西武ライオンズから5位指名を受けて契約した。背番号は25

西武時代[編集]

2017年5月23日に初めて出場選手登録をされると[12]、同27日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初登板を果たした[13]。7月6日の北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初勝利[14]、8月11日の千葉ロッテマリーンズ戦ではプロ初ホールドを記録するなど[15]、シーズン終了まで登録抹消されることなく一軍のブルペンを支えた。ルーキーイヤーは一軍で42試合に登板し、2勝0敗4ホールド・防御率2.40を記録。オフの10月12日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出された[16]

2018年、初の開幕一軍入りを果たす[17]。前年のセットアッパーを務めた牧田和久ブライアン・シュリッターが共に退団し、守護神の増田達至へ繋ぐ勝ちパターンの継投が開幕当初は日替わり制となったものの[18]、候補に挙げられた髙橋朋己野田昇吾ニール・ワグナーが振るわず、武隈祥太と共にその役割を担った[19]。しかし、5月に入ると調子を落とし[20][21]、6月11日に登録抹消[22]。同22日に一軍へ再昇格すると[23]復調し、7月下旬からは再び勝ちパターンを任されるようになった[24]。この年は64試合の登板で3勝1敗21ホールド・防御率3.40を記録し、チーム10年ぶりのリーグ優勝に貢献。オフに2000万円増となる推定年俸3500万円で契約を更改した[25]

2019年の開幕前は勝ちパターンの継投が「状況や調子の良し悪しによってマーティンヒース・増田の3投手で回す」という方針があり[26]、2年連続で開幕一軍入りは果たしたものの[27]開幕当初はホールドが付かない場面での登板が多かった。しかし、マーティン・ヒースの両助っ人投手に誤算が続き[26]、5月下旬からは8回のセットアッパーに定着[28]。投手陣の苦しい台所事情もあり[29]点差、状況、回またぎ、連投を厭わず登板数を重ねていき[30]、9月20日の楽天戦で稲尾和久が持つシーズン78登板のパ・リーグ記録に並び[31]、翌21日の同カードでパ・リーグ新記録を樹立[32]。その後も記録を伸ばし、チームのリーグ2連覇が決定した9月24日のロッテ戦でNPB歴代単独2位となるシーズン81試合登板を達成した[33]。この年は81試合の登板で5勝4敗36ホールド・防御率3.50という成績を残し、オフに6500万円増となる推定年俸1億円で契約を更改した[34]

2020年は6月の開幕を一軍で迎えるも[35]7月中旬から失点が目立つようになり[36][37]、セットアッパーの座を平良海馬に譲る。その後はホールドの付かない場面での登板が続いたが、8月20日の対オリックス・バファローズ戦で「ブルペンデー」の1番手としてプロ初先発[38]。5回2安打無失点と好投し、プロ初の先発勝利を挙げた[39]。これをきっかけに先発・中継ぎと起用法が流動的となり、この年は41試合(4先発)の登板で5勝5敗7ホールド・防御率4.18という成績であった。オフに2000万円減となる推定年俸8000万円で契約を更改した[40]

2021年からは本格的に先発に転向して開幕ローテーション入りし、3月28日のオリックス戦では6回無失点[41]。4月4日のソフトバンク戦では5回2/3を2失点[42][43]、同11日のロッテ戦では7回1失点で開幕から3戦3勝と好スタートを切った[44]。しかし、その後は6試合勝ちが無く、その期間は2敗・防御率6.98と不振であり、5月31日に登録を抹消された[45]。二軍調整を経て6月30日のソフトバンク戦で一軍復帰するも4回7失点で敗戦投手[46]。その後は日程の都合もありリリーフで3試合に登板し前半戦を終えると、エキシビションマッチでも中継ぎ起用が続き、西口文也投手コーチから配置転換が明言された[47]。リリーフでは14試合の登板で1勝2ホールド・防御率1.59と結果を残し[48]、9月25日のロッテ戦で先発復帰を果たしたものの6回途中3失点で敗戦投手となり[49]、翌26日に登録を抹消されて[50]以降は右前腕の負傷により、残りのシーズンをリハビリに費やした[51]。この年は25試合の登板で4勝4敗2ホールド・防御率4.22という成績にとどまり、11先発で3勝4敗・防御率4.99と先発としては結果を残せなかった[52]。オフに1200万円減となる推定年俸6800万円で契約を更改した[53]

選手としての特徴・人物[編集]

スリークォーターに近いサイドスローで投げる[54]。「スライダーだけは磨き続けてきた」と、握りを試行錯誤しながら切れ味を増していったスライダーを軸に、安定感のある投球をみせる[55]。直球は148km/hを記録している[56]。その他の球種としてカットボールやシュート[57]があり、2019年シーズンからはフォークを投じるようになったほか、稀にチェンジアップも投じている[58]

高校時代も社会人時代も野球で泣いたことがなかった。2018年9月27日の福岡ソフトバンクホークス戦では甲斐拓也に逆転適時打を打たれてマウンドを降りたが、8回裏に秋山翔吾が逆転本塁打を記録した際に、涙を流しながら秋山を迎えた[59]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 西武 42 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 184 45.0 43 4 10 0 3 42 3 1 15 12 2.40 1.18
2018 64 0 0 0 0 3 1 0 21 .750 217 53.0 40 9 19 0 2 54 1 0 22 20 3.40 1.11
2019 81 0 0 0 0 5 4 0 36 .556 354 82.1 77 6 32 3 6 66 4 0 33 32 3.50 1.32
2020 41 4 0 0 0 5 5 0 7 .500 260 60.1 60 3 23 2 1 53 3 0 35 28 4.18 1.38
2021 25 11 0 0 0 4 4 0 2 .500 327 74.2 85 7 19 0 6 55 2 0 40 35 4.22 1.39
通算:5年 253 15 0 0 0 19 14 0 70 .576 1342 315.1 305 29 103 5 18 270 13 1 145 127 3.62 1.29
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2017 西武 42 5 1 0 0 1.000
2018 42 5 1 0 0 1.000
2019 81 4 9 0 0 1.000
2020 41 4 15 3 2 .864
2021 25 8 11 1 0 .950
通算 253 26 41 4 2 .944
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 25(2017年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 2016年プロ野球ドラフト”. スポニチアネックス. 2016年12月30日閲覧。
  2. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月4日閲覧。
  3. ^ 一宮市立浅野小学校”. 一宮市立浅野小学校サイト. 2016年12月28日閲覧。
  4. ^ 愛知江南ボーイズ”. 愛知江南ボーイズサイト. 2016年12月28日閲覧。
  5. ^ 平井克典プロフィール”. スポーツナビ. 2016年12月26日閲覧。
  6. ^ 西武5位平井 社会人で急成長の遅咲き右腕”. 日刊スポーツ (2016年10月21日). 2016年12月25日閲覧。
  7. ^ 中日進学ナビ”. 中日進学ナビ. 2016年12月29日閲覧。
  8. ^ 小学館グランドスラム誌49号、Honda鈴鹿のチーム紹介ページより。
  9. ^ 社会人野球:ホンダ鈴鹿・平井 切れ味増したスライダー”. 毎日新聞 (2016年11月1日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月27日閲覧。
  10. ^ 【ドラフト特集】東海3県の高校生・社会人篇 達人に訊け!”. 中日新聞プラス. 2016年12月30日閲覧。
  11. ^ 巨人ドラ4・池田が大会MVP 日本選手権に出場したドラフト選手たち”. BASEBALL KING (2016年11月9日). 2016年12月27日閲覧。
  12. ^ ロッテ角中、広島中崎ら登録/23日公示”. 日刊スポーツ (2017年5月23日). 2022年2月11日閲覧。
  13. ^ 2017年5月27日 【公式戦】 試合結果 (東北楽天vs埼玉西武)”. 日本野球機構. 2022年2月11日閲覧。
  14. ^ 西武ドラ5平井がプロ14戦目で初勝利「慎二さんのためにも必ず優勝したい」”. Full-Count (2017年7月6日). 2022年2月11日閲覧。
  15. ^ 2017年8月11日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs埼玉西武)”. 日本野球機構. 2022年2月11日閲覧。
  16. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日). 2017年10月22日閲覧。
  17. ^ 西武 開幕1軍登録メンバー一覧”. 日刊スポーツ (2018年3月29日). 2022年2月11日閲覧。
  18. ^ 西武、勝利の方程式は「日替わり」制 投手コーチがキーマンに指名したのは…”. 西日本スポーツ (2018年3月28日). 2022年2月11日閲覧。
  19. ^ 前回優勝時に酷似? 強い、埼玉西武の現在と10年前のメンバー&状況を比較”. パ・リーグ.com (2018年5月11日). 2022年2月11日閲覧。
  20. ^ オリックス今季初3連勝 マレーロ&ロメロ勇者弾”. 日刊スポーツ (2018年5月3日). 2022年2月11日閲覧。
  21. ^ 西武連勝ストップ 辻監督は3番手・平井の投球に苦言”. 東スポ (2018年5月26日). 2022年2月11日閲覧。
  22. ^ 中日大野雄大、楽天ペゲーロら抹消/11日公示”. 日刊スポーツ (2018年6月11日). 2022年2月11日閲覧。
  23. ^ 阪神大山悠輔ら抹消、楽天岩見ら登録/22日公示”. 日刊スポーツ (2018年6月22日). 2022年2月11日閲覧。
  24. ^ 2018年7月29日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs埼玉西武)”. 日本野球機構. 2022年2月11日閲覧。
  25. ^ 西武・平井が2000万増でサイン「70試合登板目指す」”. サンスポ (2018年12月5日). 2022年2月11日閲覧。
  26. ^ a b 西武・増田達至 クローザーにはこだわらない背番号14/守護神たちの序盤戦”. 週刊ベースボールONLINE (2019年5月8日). 2022年2月11日閲覧。
  27. ^ 秋山、山川、中村ら/西武開幕1軍メンバー”. 日刊スポーツ (2019年3月28日). 2022年2月11日閲覧。
  28. ^ 2019年5月29日 【公式戦】 試合結果 (東北楽天vs埼玉西武)”. 日本野球機構. 2022年2月11日閲覧。
  29. ^ 防御率ワースト西武を救う“鉄腕”平井 登板ペース稲尾に迫る”. 西日本スポーツ (2019年6月27日). 2022年2月11日閲覧。
  30. ^ 西武・中継ぎエース平井 目標の70試合登板へ「何連投でもしますよ」”. 東スポ (2019年6月28日). 2022年2月11日閲覧。
  31. ^ 西武平井が稲尾タイ78戦登板!狙うは新記録よりV”. 日刊スポーツ (2019年9月20日). 2022年2月11日閲覧。
  32. ^ 西武平井、79試合登板でパ記録更新 58年前の稲尾とは全く異なる記録の内容”. Full-Count (2019年9月23日). 2022年2月11日閲覧。
  33. ^ 西武・平井が歴代単独2位の81試合登板”. 東スポ (2019年9月24日). 2022年2月11日閲覧。
  34. ^ 西武・平井 大幅6500万UPで1億円到達!フル回転81試合登板「想像以上の評価」”. Sponichi Annex (2019年12月3日). 2022年2月11日閲覧。
  35. ^ 開幕一軍メンバーの登録公示 西武はドラ1・宮川、2位の浜屋がメンバー入り”. BASEBALL KING (2020年6月18日). 2022年2月11日閲覧。
  36. ^ 西武連敗で再び借金生活 猛追も8回に痛恨の追加点”. 西日本スポーツ (2020年7月16日). 2022年2月11日閲覧。
  37. ^ 楽天内田の満塁弾で連敗ストップ 西武平井1敗”. 日刊スポーツ (2020年7月19日). 2022年2月11日閲覧。
  38. ^ 西武・平井 初先発へ プロ4年210戦オール救援 20日「ブルペンデー」の1番手に”. Sponichi Annex (2020年8月18日). 2022年2月11日閲覧。
  39. ^ 西武・平井、登板211戦目の初先発で勝利「任されたところでこれからも頑張る」”. サンスポ (2020年8月21日). 2022年2月11日閲覧。
  40. ^ “西武・平井2000万円ダウン「情けない1年」来季は先発に本格挑戦”. サンスポ.com. (2020年12月12日). https://www.sanspo.com/article/20201212-RJTEUBYVEVJVFNHIU4MQU5MSXY/ 2020年12月13日閲覧。 
  41. ^ 【西武】先発転向の平井克典が6回無失点で今季初登板初勝利「野手に助けられました」スポーツ報知.2021年3月28日
  42. ^ 西武先発平井がドラ1渡部に「神です」援護の2ラン効いたチームは5連勝西日本スポーツ.2021年4月4日
  43. ^ 【西武】若獅子の活躍で17年ぶり福岡で3連勝 辻監督は「夢の夢」スポーツ報知.2021年4月4日
  44. ^ 西武・平井 パ・リーグで1人だけ開幕から負けなし先発3戦3勝!”. Sponichi Annex (2021年4月12日). 2022年2月11日閲覧。
  45. ^ “西武が負傷の若林と不振の平井を抹消”. 西日本スポーツ. (2021年5月31日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/747555/ 2021年12月4日閲覧。 
  46. ^ 1カ月ぶり先発の西武・平井が4回7失点の大炎上「いい流れを止めてしまいました」”. Sponichi Annex (2021年6月30日). 2021年8月3日閲覧。
  47. ^ 西武ダーモディ1回0封、後半戦は平井とともに中継ぎてこ入れ配置転換”. 日刊スポーツ (2021年7月29日). 2021年8月3日閲覧。
  48. ^ 西武、4回以降無失点リレーで執念ドロー 好調リリーフ陣が大逆転CSの生命線に”. Full-Count (2021年9月16日). 2021年10月30日閲覧。
  49. ^ 西武は打線に元気がなく連勝ストップ 平井の初回の3失点をはね返せず”. 西日本スポーツ (2021年9月25日). 2021年10月30日閲覧。
  50. ^ 26日の公示 オリックスが吉田正を昇格、ホークスは上林&川瀬を抹消し柳町&高田を登録”. Full-Count (2021年9月26日). 2021年10月30日閲覧。
  51. ^ 西武平井克典、背水覚悟の三十路街道「ここから覚醒」先発志願は封印”. 日刊スポーツ (2021年11月28日). 2022年2月11日閲覧。
  52. ^ 42年ぶりの最下位に沈んだ西武、投手陣の立て直しは復活への至上命題|プロ野球2021振り返り・2022展望”. The Sporting News (2022年2月1日). 2022年2月11日閲覧。
  53. ^ 西武中村が2年契約、森は2.1億円、楽天浅村は現状維持の5億円 3日の主な契約更改”. Full-Count (2021年12月3日). 2022年2月11日閲覧。
  54. ^ Honda鈴鹿・平井“ドラ5対決”制した!「西武の意地」”. スポーツニッポン (2016年11月2日). 2021年4月1日閲覧。
  55. ^ 西武 - 2016年指名選手 - ドラフト - 野球 - SANSPO.COM”. 産経スポーツ. 2017年7月7日閲覧。
  56. ^ 西武平井、リーグ記録に並ぶ78試合登板も謙遜 「稲尾さんは400イニング以上投げている」”. Full-Count (2019年9月20日). 2021年4月1日閲覧。
  57. ^ “西武の秘密兵器だドラ5平井 多彩変化球に他球団007クギ付け”. スポニチ. (2017年2月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/02/06/kiji/20170206s00001173035000c.html 2019年6月30日閲覧。 
  58. ^ 防御率12球団最下位の西武を救うか。左キラーに生まれ変わった平井克典。”. Number (2019年5月16日). 2019年6月30日閲覧。
  59. ^ “西武平井 忘れられない試合「神様、仏様、秋山様」”. 日刊スポーツ. (2018年9月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809280000120.html 2018年12月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]