今永昇太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今永 昇太
横浜DeNAベイスターズ #21
横浜DeNAベイスターズ投手の今永昇太。横浜スタジアムにて。.jpeg
2016年5月28日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市八幡西区
生年月日 (1993-09-01) 1993年9月1日(28歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト1位
初出場 2016年3月29日
年俸 1億円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表
プレミア12 2019年
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
WBSCプレミア12
2019
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

今永 昇太(いまなが しょうた、1993年9月1日 - )は、福岡県北九州市八幡西区出身のプロ野球選手投手)。左投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。

DeNA入団後の2018年には、現役のプロ野球選手では初めて、北九州市特命大使(スポーツ)を委嘱されている[2][3]

横浜DeNAベイスターズとしては初のノーヒットノーラン達成者。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

永犬丸西小学校時代にソフトボールを始めると、北九州市立永犬丸中学校への進学後に軟式野球部へ所属。投手としては身体が小さく、野球強豪校からのスカウトを受けるほどの成績も残せなかったため、中学卒業後は自宅の近くの公立校・福岡県立北筑高等学校へ入学した[4]

北筑高校では硬式野球部に所属。同校は下校時刻が19時30分のため「平日の練習時間を2時間半に限る」という環境[5]の下で、1年生の秋から対外試合に登板した。在学中は春夏ともに甲子園球場での全国大会出場は果たせなかったが、3年時の春季福岡県大会1回戦で折尾愛真高校打線から14三振を奪い、NPB球団のスカウトからの注目を集めた[6]同年の夏の甲子園福岡県予選では、4回戦に進出、小倉高校相手に最速144km/hのストレートを武器に好投したものの1-2で惜敗し甲子園出場は叶わず[7]、卒業後は駒澤大学へ進学した。

2014年4月29日

駒澤大学では、1年生の春から東都大学リーグの公式戦に登板[8]。1年時のリーグ戦では、当時4年生だった戸柱恭孝とバッテリーを組むこともあった。2年生の春季リーグ戦からエースの座に就く[8]。3年生の春季リーグ戦で3試合連続完封勝利を記録する[9]と、秋季リーグ戦では、MVP、最優秀投手、ベストナインの3冠を獲得するとともにチーム26季振りの優勝に貢献[8]。在学中はリーグ戦通算46試合に登板。18勝16敗、防御率2.03、281奪三振という成績を残した。

大学4年生時には、「大学ナンバーワンの左腕投手」と評価される一方で、左肩を痛めて春季リーグ戦の登板を回避した[10]。秋季リーグ戦で復帰したが調子が上がらず、チームも2部に降格[9]。その影響でNPB入りを真剣に悩んだことから、プロ志望届を提出したのは、締切の2日前だった[11][12]

2015年ドラフト会議では、横浜DeNAベイスターズから1巡目で単独指名された。担当スカウトは武居邦生[13]。契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)という条件で入団した[14]。背番号は21。ドラフト会議の前段階では、中日ドラゴンズゼネラルマネージャー(GM)だった落合博満が、今永の指名を主張していたが、オーナーの白井文吾などが、球団の地元・中京圏の注目選手だった髙橋純平岐阜県立岐阜商業高等学校)の指名を主張した[15]ため、今永の指名は断念した。

同年のドラフト会議では、大学卒業後にはNTT西日本に所属した大学時代の先輩だった戸柱も、DeNAから4巡目指名を受けた。

横浜DeNA時代[編集]

2016年は、3月29日の対読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)で、先発投手として公式戦にデビュー。この試合から5試合の先発登板のうち、4試合でクオリティー・スタート(QS)を達成しながら開幕4連敗を喫した[16]。ただし、4敗目を喫した4月29日の対阪神タイガース戦(甲子園)では、前身球団を含めたDeNAの新人投手としては公式戦最多タイ記録の14奪三振を達成した。NPBの新人投手が公式戦で14個以上の三振を奪いながら敗戦投手になった事例は、史上4例目だった[17]。また、この試合までの通算防御率が2.45(セントラル・リーグ5位)だったのに対して、登板1試合当たりの得点援護率(RS)は同リーグ規定投球回到達投手で最低の数値(0.50)にとどまっていた[16]。5月6日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)でプロ初勝利を挙げてからは、6月12日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)まで、6試合の先発登板で5連勝を記録した。前身球団を含めたDeNAの新人投手による5連勝では、横浜大洋ホエールズ時代の1982年に右腕の金沢次男が全て救援で達成して以来2人目の快挙。左腕の新人投手および、全て先発による達成は、球団史上初めてだった[18]。「時間を取ってコンディションを整えることが最優先」という首脳陣の方針で、6月中旬から一時二軍での調整に専念していた[19]が、7月に一軍へ復帰。8月以降の先発登板では、7試合続けてQSを達成した。レギュラーシーズンの公式戦全体では、22試合の登板で8勝9敗と負け越したものの、防御率2.93という成績を記録。8勝目を挙げた9月19日の対広島戦(横浜)で、チームを史上初の2016年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ進出に導いた[20]ポストシーズンでは、巨人とのCSファーストステージ第2戦(10月9日・東京ドーム)に先発すると、7回を2被安打1失点という内容で好投[21]。ファーストステージを突破して臨んだ広島とのファイナルステージでは、1勝3敗(アドバンテージを含む)で迎えた第4戦(10月15日・マツダスタジアム)に先発。しかし、1回裏に打者11人から6安打で6失点を喫し、この回の終了後に交代した[22]。結局、チームはこの試合に敗れたため、日本シリーズへの進出に至らなかった。

2017年は、本拠地開幕戦となった4月4日の対巨人戦に、先発投手としてシーズン初登板。同点で迎えた7回表に左脚を痛めたため、緊急降板した[23]。翌日には練習へ復帰した[24]が、続く4月12日の対阪神戦(横浜)では、プロ入り後自己ワーストの8失点でシーズン初黒星を喫した[25]。次に先発した4月19日の対広島戦(マツダ)では、1被安打・4与四球という内容でシーズン初勝利をプロ初完投・初完封で記録。NPBの一軍公式戦に先発した投手が、初回無死に1安打を許しただけで9回完封勝利を収めた事例は、DeNAのOBである川村丈夫が横浜時代の1998年4月3日に対阪神戦(横浜)で記録して以来19年ぶりだった[26]。8月10日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で前年を上回る9勝目を挙げる[27]と、次に登板した8月17日の対中日ドラゴンズ戦(横浜)で10勝目に到達した。球団の左投手による一軍公式戦でのシーズン2桁勝利は、土肥義弘が横浜時代の2005年に達成して以来13年ぶり。生え抜きの左投手に限れば、吉見祐治が横浜時代の2002年に達成して以来15年ぶりだった[28]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦でチームトップの11勝を記録。セ・リーグの最終規定投球回に到達した左投手ではトップ(右投手を含めればリーグ5位)の防御率2.98を記録するなど、先発陣の一角で安定した投球を続けると共に、チームの2年連続CS進出に貢献した。

ポストシーズンでは、阪神とのCSファーストステージ第2戦(10月15日・甲子園)に先発登板。試合前から雨が降り続いた影響で、グラウンドコンディションが悪い状況での登板を強いられた影響で、3回を投げ3失点という結果に終わった(勝ち負けは付かず)。後にチームがファーストステージを突破したため、広島とのファイナルステージ(マツダ)で先発登板を予定していた[29]。しかし、登板を予定していた第4戦が平成29年台風第21号接近の影響で2日順延したことから、監督のアレックス・ラミレスは登板間隔の空いた今永を中継ぎで起用することを決断。10月23日の第4戦で、1点リードの7回裏から登板。救援登板はレギュラーシーズンを含めてもプロ入り後初めてだったが、2回を無失点で凌いだ[30]。チームのファイナルステージ突破を経て臨んだ福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、地元の福岡ヤフオク!ドームで催された第2戦(10月29日)と第6戦(11月4日)に先発で登板。いずれの試合でも勝敗が付かなかったものの、第2戦では合計10個、第6戦ではスタメン全員から合計11個の三振を奪った。日本シリーズ史上、1つのシリーズで2桁奪三振を2回、および2試合連続で記録した投手は2007年ダルビッシュ有以来2人目だった[31]。チームは日本シリーズ制覇を逃した。

日本シリーズ終了後に開催された第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出された[32]。同大会ではチャイニーズタイペイとの予選リーグ最終戦(11月16日)に先発すると、6回を無失点に抑えた。18アウト中12アウトを奪三振で記録する好投でチームの決勝進出、および優勝に貢献した[33]

2018年は、シーズン開幕前の3月にナゴヤドームで開催されたオーストラリア代表との強化試合の日本代表に選出された。3月3日の試合に3回表からの救援登板で、2イニングを無失点に抑えた[34]

シーズンでは日本代表からDeNAに復帰後から左肩に違和感を覚え、一軍公式戦へのシーズン初登板は4月24日の対広島戦(横浜)まで持ち越された[35]。その後の先発登板試合でも本調子には程遠く、一軍と二軍を往復[36]。一軍公式戦の先発登板16試合で3勝10敗、防御率7.10と不振を極めたため、9月中旬からは、レギュラーシーズンで初めて中継ぎ要員へ転向した。転向後の一軍公式戦では7試合の登板で1勝1敗4ホールド、防御率3.68を記録するなど若干持ち直したものの、シーズン全体ではセ・リーグ最多の11敗を喫した。シーズン終了後の11月18日に臨んだ契約交渉では、プロ入り後初めて球団から減俸を提示され、推定年俸6700万円(前年から1700万円減)という条件で契約を更改[37]。更改後の11月中旬から12月末までは、自身の希望に沿って、オーストラリアン・ベースボールリーグキャンベラ・キャバルリーに派遣された[38]。オーストラリア滞在中、6試合に先発し、4勝0敗、防御率0.51で57奪三振を記録しながら、1与四球という圧倒的な成績を残した[39]

2019年は、シーズン開幕前の3月に開催されたメキシコとの強化試合に日本代表に選出された。3月9日の試合で2回を無失点に抑えている[40]

シーズンでは入団後初めてのレギュラーシーズン開幕投手として、3月30日の対中日戦(横浜)に先発。8回無失点の好投でシーズン初勝利を挙げるとともに、チームに8年ぶりの本拠地開幕戦勝利をもたらした[41]。5試合に先発した5月は、リーグトップタイの4勝(1敗)、リーグ2位の月間防御率1.78を記録するなど好調で、セ・リーグ投手部門の月間MVPを初めて受賞した[42]。さらに、セ・リーグの監督推薦選手としてオールスターゲームに初出場[43]。リーグ戦の再開後は、山口俊などとの間で、最多勝利最優秀防御率最多奪三振のタイトルを争った[44]。結局はタイトルと無縁であったが、チームトップ(リーグ2位)の13勝、リーグトップの3完封勝利を記録するなど、チームの2年ぶりCS進出に貢献。本拠地・横浜スタジアムで初めて開催されたCSでは、阪神とのファーストステージ3試合中2試合に救援で登板したが、ステージの突破までには至らなかった[45]

オフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12日本代表に選出された。同大会では11月14日のメキシコ戦で6回を1失点に抑えた[46]。12月5日に前年から6900万円増となる推定1億3600万円で契約を更改。前身球団を含むDeNAの左腕投手では史上最高額となった[47]

2020年は、前年に続いて開幕投手に選ばれたが、6月19日の対広島戦(横浜)では5回2失点で敗戦投手になり、球団として遠藤一彦以来の開幕戦連勝とはならなかった。その後も先発ローテーションの一角を担うも、本来の状態には及ばず、8月16日に出場選手登録を抹消。熟考の結果、10月5日に左肩のクリーニング手術を受けた[48]。この年は9試合の登板に終わるも、5勝3敗を記録した。オフでは「離脱するまでは若い選手を引っ張ってくれた」(三原代表)との評価を受け、3600万円減の年俸推定1億円で契約を更改し、大台を維持した[49]。前任の石田健大からの指名を受け、2021年から選手会長に就任することも発表された[50]

2021年は、キャンプから順調にリハビリを重ね、5月23日の対ヤクルト戦(神宮)で一軍復帰登板[51]。6月13日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で、前年8月以来309日ぶりの勝利を収めた[52]。9月19日の対中日戦(横浜)では9回4安打6奪三振無四球1失点の好投で763日ぶりの完投勝利を飾った[53]。最終的には19試合を投げて5勝5敗と貯金こそ作れなかったが、防御率は3.08、120 2/3回と110奪三振はともにチームトップだった[54]。一方で被本塁打16本はリーグワースト5位と課題を残した。また、この年は40打席に立ち打率.270と10打席以上立ったセ・リーグの投手では最も高い打率を残した[55]。12月22日には現状維持となる年俸1億円(推定)で契約更改し、「契約の話をする前に『アメリカ自体に今永自身は興味があるのか』と(三原球団代表から)投げてもらった。まさか聞かれるとは思っていなかった。『あります』と答えた。」と将来的なMLBへの願望を口にした[54]

2022年は、春季キャンプ中に左腕の肉離れが判明し、開幕は出遅れる[56]。5月6日に一軍登録され広島戦(マツダ)にてシーズン初先発登板[57]。5月17日の中日戦(バンテリン)で9回4安打13奪三振の無失点に抑え、3年ぶりの完封勝利で1勝目を飾った[58]。6月7日の北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で史上85人目のノーヒットノーランを達成した[59][60][61]。球団では鬼頭洋以来52年ぶり[62]。また札幌ドームでの達成は史上初である[63]。交流戦でノーヒットノーランを達成した事例は、2012年の杉内俊哉以来10年ぶり3度目である[64]。今永の達成により、全てのセ・リーグチームが21世紀以降にノーヒットノーラン達成者を出したことになった。

選手としての特徴[編集]

2019年の投球データ[注 1]
球種 配分
%
平均球速
km/h
フォーシーム 49 146.5
スライダー 26 137
チェンジアップ 20 134
カーブ 5 116

スリークォーター[66]から伸びのあるストレート[67]スライダーチェンジアップカーブを投げ分ける[68]。リリーフ時には自己最速152km/hを記録した[69]。2019年からは、後輩の東克樹から伝授された130km/h台前半で変化するチェンジアップ(自称チェンジフォーク)[70]や、140km/h前後で変化する高速スライダーを軸にした投球スタイルにしている[71]。また、チェンジアップは同じ握りから140km/h前後の高速チェンジアップも投げ分ける[72]

取材やヒーローインタビューの際の特徴的な言い回しより、「投げる哲学者」の異名が付けられ、ファンやマスコミの間で定着している[73]

DeNAに1位指名された際には投球スタイルが杉内俊哉に似ていると紹介された[68][74]。ストレートは高校2年生の秋から肩甲骨の柔軟な動きを意識したトレーニングの成果によって球速が短期間で大きく向上し、3年生の時には常時140km/h台を計測するようになった[9][6]

連投が相次いだ大学時代には、体調が万全な時に奪三振の山を築く一方で、スタミナが切れた時に集中打を打たれるという傾向が頻繁に見られた[11]。DeNAへの入団1年目(2016年)に監督へ就任したラミレスは、今永を先発に立てた同年の公式戦で投球数が85 - 100球前後へ達するまでに今永を交代させる方針を取った。「若い投手は(1試合あたりの投球数を)ある程度制限することが将来につながる」との持論によるもので、6月上旬から今永が不調に転じると、休養やコンディション調整を目的に二軍への降格を即断。今永も1か月余りにわたっての二軍調整を経て一軍へ復帰すると、レギュラーシーズンの終盤まで先発で好投を続けた。以上の方針について、チームのクライマックスシリーズ進出決定後には「二軍で過ごした経験がなければ、今、元気に一軍で投げられているとは到底思えない。『ラミレス監督には本当に大事に起用していただいたな』と思っています」との言葉でラミレスに感謝の意を示している[20]

また投手ながら打撃も良く2021年シーズン終了時点で通算打率は200打数34安打で打率.170を記録しており、特に2021年シーズンは37打数10安打で打率.270を記録した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 DeNA 22 22 0 0 0 8 9 0 0 .471 541 135.1 108 16 38 1 2 136 1 0 47 44 2.93 1.08
2017 24 24 3 2 0 11 7 0 0 .611 600 148.0 115 13 52 2 5 140 3 0 49 49 2.98 1.13
2018 23 16 1 0 0 4 11 0 4 .267 402 84.2 108 18 38 6 4 80 6 0 77 64 6.80 1.72
2019 25 25 3 3 0 13 7 0 0 .650 684 170.0 128 18 56 8 4 186 2 0 59 55 2.91 1.08
2020 9 9 0 0 0 5 3 0 0 .625 224 53.0 47 2 17 1 1 63 2 0 24 19 3.23 1.21
2021 19 19 1 0 1 5 5 0 0 .500 476 120.0 97 16 26 3 4 110 0 0 43 41 3.08 1.03
通算:6年 122 115 8 5 1 46 42 0 4 .523 2927 711.0 603 83 227 21 20 715 14 0 299 272 3.44 1.17
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBSCプレミア12での投手成績[編集]










































2019 日本 2 2 1 0 0 33 9.0 5 1 1 0 0 12 0 0 1 1 1.00

年度別守備成績[編集]



投手












2016 DeNA 22 5 17 1 1 .957
2017 24 12 31 1 3 .977
2018 23 4 20 1 1 .960
2019 25 10 25 1 0 .972
2020 9 5 9 2 1 .875
2021 19 5 17 1 0 .957
通算 122 41 119 7 6 .958
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

NPB
  • 月間MVP:1回(投手部門:2019年5月)

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席・初安打:2016年3月29日、対読売ジャイアンツ1回戦(横浜スタジアム)、3回裏にアーロン・ポレダから三塁内野安打
  • 初打点:2016年5月6日、対広島東洋カープ6回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回表に横山弘樹から投手スクイズバント
その他の記録

背番号[編集]

  • 21(2016年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 25先発・170.0回。1point02.jpによる[65]

出典[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月23日閲覧。
  2. ^ “スポーツ大使に今永投手 北九州市 [福岡県”]. 西日本新聞. (2018年2月15日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/394309/ 2018年3月13日閲覧。 
  3. ^ “DeNA・今永、北九州市スポーツ大使就任「老後を暮らしたい」”. サンケイスポーツ. (2018年2月19日). https://www.sanspo.com/article/20180219-FOXZD33SHFK5HD47QDWPAGFQHA/ 2018年3月2日閲覧。 
  4. ^ 野球太郎』No.017 廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14, P84。
  5. ^ “駒澤大学 今永 昇太選手(北筑高校出身・福岡)INTERVIEW”. 高校野球ドットコム (WoodStock). (2014年5月5日). https://www.hb-nippon.com/interview/1173-intvw2014/6660-20140505no188 2016年7月19日閲覧。 
  6. ^ a b “DeNA・今永昇太 無類の負けず嫌いでプロでもエースを目指す”. 週刊ベースボールONLINE (ベースボール・マガジン社). (2016年1月27日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=085-20160127-01 2016年7月19日閲覧。 
  7. ^ 小倉vs北筑 2011年夏の大会 第93回福岡大会 4回戦”. 高校野球ドットコム (2011年7月21日). 2020年5月15日閲覧。
  8. ^ a b c 野球太郎』No.017 廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14, P85。
  9. ^ a b c “DeNAのドラ1左腕・今永昇太 “浮き沈み”と向き合ってきた男の強さ”. BASEBALL KING. (2016年3月10日). https://baseballking.jp/ns/column/61500 2016年7月19日閲覧。 
  10. ^ “ベイ1位今永を育てたのはハーレー乗りの父と音楽教師の母”. 日刊ゲンダイDIGITAL (日刊ゲンダイ). (2015年11月14日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/169382/5 2015年11月14日閲覧。 
  11. ^ a b “注目集めるDeNAの新人今永 大学野球で鍛えられた即戦力左腕”. 47NEWS (共同通信). (2016年5月31日). オリジナルの2016年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160810094534/https://www.47news.jp/topics/entertainment/2016/05/post_8661.php 2016年7月19日閲覧。 
  12. ^ 野球太郎』No.017 廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14, P85-P86。
  13. ^ “DeNA武居邦生スカウトが勇退 山崎康晃、今永昇太、上茶谷大河らを発掘”. 日刊スポーツ. (2021年11月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111080000668.html 2022年4月13日閲覧。 
  14. ^ “DeNA ドラ1今永と合意 契約金1億円、年俸1500万円”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年11月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/18/kiji/K20151118011528130.html 2015年11月18日閲覧。 
  15. ^ “地元の雄か、投手王国再建か… オレ流指名が通りそうもない中日のドラフト事情”. リアルライブ (リアルライブ). (2015年9月30日). https://npn.co.jp/article/detail/54044326 2021年5月4日閲覧。 
  16. ^ a b “プロ初勝利が遠いDeNA今永昇太。5試合で4回QS達成も援護率0.50”. BASEBALL KING. (2016年5月6日). https://www.baseballchannel.jp/npb/17501/ 2016年7月19日閲覧。 
  17. ^ “14Kで新人黒星…DeNA今永は4人目の不運な男”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年11月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1639594.html 2015年11月18日閲覧。 
  18. ^ “DeNA今永5連勝、82年金沢次男以来34年ぶり”. 日刊スポーツ. (2016年6月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1661900.html 2016年7月19日閲覧。 
  19. ^ “DeNA今永2軍再調整 ラミレス監督がプラン変更”. 日刊スポーツ. (2016年6月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1665693.html 2016年7月19日閲覧。 
  20. ^ a b DeNAを初CSへ導いたラミレス監督 選手起用で見られた計画性とデータの重視”. スポーツナビ (2016年9月20日). 2016年10月5日閲覧。
  21. ^ “ラミレス監督、敗戦も今永評価「期待以上の投球」”. 日刊スポーツ. (2016年10月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1722205.html 2016年10月9日閲覧。 
  22. ^ “DeNA今永1回猛攻浴び6失点KO「申し訳ない」”. 日刊スポーツ. (2016年10月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1724676.html 2016年10月15日閲覧。 
  23. ^ “DeNA今永が緊急降板 7回途中左足痛め負傷退場”. 日刊スポーツ. (2017年4月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1802611.html 2017年4月20日閲覧。 
  24. ^ “DeNA今永「問題ない」負傷降板の翌日即練習復帰”. 日刊スポーツ. (2017年4月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1802997.html 2017年4月20日閲覧。 
  25. ^ “DeNA・今永、自己ワースト8失点でKO「勝ちを意識してしまった」”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2017年4月12日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/04/12/0010090252.shtml 2017年4月20日閲覧。 
  26. ^ a b “今永、連続27アウト ほぼノーヒッター”. 日刊スポーツ. (2017年4月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1810414.html 2017年4月20日閲覧。 
  27. ^ “DeNAが連勝、今永9勝目 ヤクルトは石山が誤算”. 日刊スポーツ. (2017年8月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1869934.html 2017年8月11日閲覧。 
  28. ^ “DeNA今永10勝 制球難もイニング間に重心修正”. 日刊スポーツ. (2017年8月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1873742.html 2017年8月23日閲覧。 
  29. ^ “DeNA・今永、恵みの雨!"中6日"スライド先発「いい方向にとらえたい」”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2017年10月22日). https://www.sanspo.com/article/20171022-W2ZKFOYCWNJYZC7VCTTQEGG33Y/ 2017年10月24日閲覧。 
  30. ^ “DeNA・今永、完璧リリーフ=プロ野球CS”. 時事ドットコム (時事通信社). (2017年10月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102301527&g=bsb 2017年10月24日閲覧。 
  31. ^ a b “DeNA・今永、ダルビッシュ以来、史上2人目の2試合連続2ケタ奪三振”. デイリースポーツ. (2017年11月4日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/11/04/0010705362.shtml 2017年11月5日閲覧。 
  32. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日). 2017年10月22日閲覧。
  33. ^ “侍J・今永、台湾打線を圧倒12K!四回ピンチも「むしろチャンス」3者連続K”. サンケイスポーツ. (2017年11月17日). https://www.sanspo.com/article/20171119-UFGRNBOJLZOLNJLXOUL24LUR7A/ 2017年11月21日閲覧。 
  34. ^ “稲葉ジャパンがフル代表1勝、千賀ら6人完封リレー”. 日刊スポーツ. (2018年3月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803030000818.html 2018年12月24日閲覧。 
  35. ^ “DeNA首位陥落、今季初先発今永「粘れなかった」”. 日刊スポーツ. (2018年4月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804240000789.html 2018年12月24日閲覧。 
  36. ^ “DeNA低迷打破にはラミレス監督の「寛容さ」必要”. 日刊スポーツ. (2018年9月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/201809070000866.html 2018年12月24日閲覧。 
  37. ^ “DeNA今永 初の年俸ダウン「プロとして恥ずかしいシーズン」”. スポーツニッポン. (2018年11月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/19/kiji/20181118s00001173488000c.html 2019年12月5日閲覧。 
  38. ^ “DeNA今永、巻き返しへ 豪冬リーグで武者修行”. 日刊スポーツ. (2018年11月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811190000090.html 2018年12月24日閲覧。 
  39. ^ “DeNA今永、豪州最終登板で6回1H13K無失点の快投 16打者連続凡退の圧巻劇”. Full-Count. (2018年12月30日). https://full-count.jp/2018/12/30/post273858/ 2020年1月28日閲覧。 
  40. ^ “侍J、強化試合初戦はメキシコに逆転負け 吉田正先制打、先発今永快投も救援陣崩れる”. スポーツニッポン. (2019年3月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/09/kiji/20190309s00001004306000c.html 2019年12月5日閲覧。 
  41. ^ “筒香5打点!先制打&3ラン 8年ぶり本拠開幕戦勝利「最後まで戦い抜く」”. スポーツニッポン. (2019年3月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/30/kiji/20190329s00001173537000c.html 2019年12月5日閲覧。 
  42. ^ 2019年5月度「大樹生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年9月16日閲覧。
  43. ^ マイナビオールスターゲーム2019出場者”. 日本野球機構. 2021年9月16日閲覧。
  44. ^ “DeNA今永、巨人山口との決戦制し3冠 球団初快挙へ盤石6回零封12勝「もう一波乱を」”. スポーツニッポン. (2019年8月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/26/kiji/20190826s00001173029000c.html 2019年12月5日閲覧。 
  45. ^ “DeNA、2位の意地見せた!勝利まであと1人で山崎同点弾被弾もその裏、乙坂が代打サヨナラ2ラン”. スポーツニッポン. (2019年10月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/06/kiji/20191006s00001173391000c.html 2019年12月5日閲覧。 
  46. ^ “侍J・今永 ソロ被弾だけ毎回8Kでメキシコ封じ!6回1安打1失点「気合入れて投げました」”. スポーツニッポン. (2019年11月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/14/kiji/20191114s00001004064000c.html 2019年12月5日閲覧。 
  47. ^ “DeNA・今永、球団左腕最高1億3600万円で更改 大幅昇給の使い道は?”. スポーツニッポン. (2019年12月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/06/kiji/20191205s00001173552000c.html 2019年12月6日閲覧。 
  48. ^ DeNA今永 3600万円ダウンの1億円更改 10月に左肩手術も「大台に残していただいた」”. スポーツニッポン (2020年12月17日). 2021年9月16日閲覧。
  49. ^ DeNA今永 3600万円ダウンの1億円更改 10月に左肩手術も「大台に残していただいた」”. スポーツニッポン (2020年12月17日). 2021年9月16日閲覧。
  50. ^ 【DeNA】今永昇太、来季選手会長 10月左肩手術も「2月中に全力投球」”. スポーツ報知 (2020年12月16日). 2022年5月17日閲覧。
  51. ^ DeNA今永ほろ苦復帰登板5回途中6失点KO「良い球と悪い球はっきり」”. 日刊スポーツ (2021年5月24日). 2021年9月16日閲覧。
  52. ^ DeNA今永「温める」温熱と振動を与える機械で肩ケアし309日ぶり白星”. 日刊スポーツ (2021年6月13日). 2021年9月16日閲覧。
  53. ^ DeNA今永、完全復活の763日ぶり完投勝利 今季打率は驚異の.276”. Full-Count (2021年9月19日). 2022年2月22日閲覧。
  54. ^ a b DeNA今永昇太は現状維持1億「気持ちあることだけ話した」メジャー願望”. nikkansports.com. 2022年2月22日閲覧。
  55. ^ 投手「首位打者」はDeNA今永、申告敬遠トップは...12球団データ番外編”. www.hb-nippon.com. 2022年2月22日閲覧。
  56. ^ 「野球選手の中で多いけがではない」1軍復帰のDeNA今永、左前腕の肉離れだった「不安はない」”. 中日スポーツ (2022年5月2日). 2022年5月6日閲覧。
  57. ^ 【DeNA】今永昇太「緊張」今季初登板は6回3失点勝敗つかず 倉本好守で勢い最速150キロ”. 日刊スポーツ (2022年5月6日). 2022年5月6日閲覧。
  58. ^ DeNA・今永、3季ぶり完封 チームは連敗「3」でストップ”. サンスポ (2022年5月17日). 2022年5月17日閲覧。
  59. ^ 今永 昇太選手がノーヒットノーランを達成!” (日本語). 横浜DeNAベイスターズ (2022年6月7日). 2022年6月8日閲覧。
  60. ^ DeNA・今永がノーノー!今季3人目、四球1つだけの準完全 球団52年ぶり4人目”. デイリースポーツ (2022年6月7日). 2022年6月7日閲覧。
  61. ^ 今永がノーヒットノーランプロ野球史上85人目”. デイリースポーツ online (2022年6月7日). 2022年6月7日閲覧。
  62. ^ 【DeNA】今永昇太、ノーヒットノーラン達成”. スポーツ報知 (2022年6月7日). 2022年6月7日閲覧。
  63. ^ DeNA・今永がノーヒットノーラン達成 北海道では史上初、球団では大洋時代の鬼頭以来52年ぶり4人目”. スポニチアネックス (2022年6月7日). 2022年6月8日閲覧。
  64. ^ 今永がノーヒットノーラン プロ野球史上85人目”. 中日新聞 online (2022年6月7日). 2022年6月8日閲覧。
  65. ^ 1.02 - Essence of Baseball, DELTA Inc.”. 1point02.jp. 2020年3月26日閲覧。
  66. ^ ハートは熱く、頭は冷静に! ~今永昇太投手(横浜DeNAベイスターズ)~”. ハレピョンブログ (2018年1月19日). 2019年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月14日閲覧。
  67. ^ 伸びる直球、筒香もうなる DeNA今永昇太(上)”. 日本経済新聞 (2017年3月12日). 2021年6月27日閲覧。
  68. ^ a b 野球太郎』No.017 廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14, P15。
  69. ^ DeNA・今永、2回完全!直球グイグイ球宴デビュー”. サンケイスポーツ (2019年7月13日). 2021年6月27日閲覧。
  70. ^ “【DeNA】今永、単独トップ13勝目 三冠で沢村賞見えた ラミレス監督「No.1投手と証明した試合」”. スポーツ報知. (2019年9月2日). https://hochi.news/articles/20190902-OHT1T50005.html 2019年9月16日閲覧。 
  71. ^ “カーショウ球速低下も「スラッター」で勝負 サイヤング賞左腕の“進化””. SPAIA. (2019年5月31日). https://spaia.jp/column/baseball/mlb/7970?page=2 2018年9月16日閲覧。 
  72. ^ 【DeNA】今永昇太が8回1失点で後半戦初勝利「チェンジを見せ球にフォークに切り替えた」” (日本語). スポーツ報知 (2021年9月12日). 2021年9月16日閲覧。
  73. ^ 【球界ここだけの話(665)】DeNAの投げる哲学者・今永の名言集「一つ一つのボールに意味がある」”. サンケイスポーツ (2016年9月15日). 2021年9月16日閲覧。
  74. ^ 2015年プロ野球ドラフト”. スポニチ Sponichi Annex. 2015年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  75. ^ “DeNAドラ1・今永、プロ初登板4失点で黒星…チームは3連敗”. サンケイスポーツ. (2016年3月30日). https://www.sanspo.com/article/20160330-PQDZVFUJWNN4ZLNLUVPSGJI72Y/ 2022年6月7日閲覧。 
  76. ^ “DeNA今永初勝利…やっと「過去の自分に勝てた」”. 日刊スポーツ. (2016年5月7日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1643194_m.html 2022年6月7日閲覧。 
  77. ^ “DeNA・今永がノーヒットノーラン達成 北海道では史上初、球団では大洋時代の鬼頭以来52年ぶり4人目”. Sponichi Annex. (2022年6月7日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/07/kiji/20220607s00001173633000c.html 2022年6月7日閲覧。 
  78. ^ “DeNA・今永がノーノー!今季3人目、四球1の準完全もクール「何者でもない一投手を”. デイリースポーツ. (2022年6月7日). https://www.daily.co.jp/baseball/2022/06/07/0015368107.shtml 2022年6月7日閲覧。 
  79. ^ “【西武】51年ぶり屈辱…今季2度目のノーノーくらう「なんだよ。1敗は1敗」辻監督自嘲気味”. 日刊スポーツ. (2022年6月18日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202206180000704_m.html 2022年6月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]