清俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清 俊彦
基本情報
出身地 日本の旗 日本 宮崎県
生年月日 (1945-09-03) 1945年9月3日(72歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1964年
初出場 1964年6月9日
最終出場 1976年6月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

清 俊彦(せい としひこ、1945年9月3日 - )は、宮崎県出身の元プロ野球選手

経歴[編集]

高鍋高校では、1961年、1年生の時に控え投手として夏の甲子園に出場。1回戦の秋田商戦でリリーフに起用されるが0-1で敗退。2年生でエースとなり、翌1962年春の選抜に出場するが、1回戦で中塚政幸のいるPL学園に敗れる。同年夏は県予選決勝で宮崎大淀に0-1で惜敗、1963年夏も同じく県予選決勝で高橋博小川亨のいる宮崎商に敗れた。

1964年、西鉄に入団。若林忠志ヘッドコーチの指導でコントロールをつけ、1年目から11試合に先発するが、やはり安定感を欠き、翌年は主に中継ぎとして起用された。1966年には稲尾和久の衰えもあり先発陣に加わる。開幕から好調を維持し、同年6月12日には、小倉球場の近鉄戦でノーヒットノーランを達成するが、シーズン5勝止まりに終わり、翌年も4勝と今一つ伸び悩む。

1968年高木喬菊川昭二郎とのトレードで近鉄に移籍。1年目から先発四番手に食い込み6勝を挙げる。1969年には18勝を記録し、その後も3年連続で2桁勝利するなど、鈴木啓示に次ぐエース格として活躍する。その間、1969年には最高勝率のタイトルを獲得、1972年にはチーム最高の19勝を挙げ、8月に3試合連続完封(16日東映戦、22日西鉄戦、27日南海戦)[1]最優秀防御率のタイトルを獲得する。1969年、1970年にはオールスターゲームに出場した。

しかし近鉄が最下位に転落した1973年は清の投手成績も急降下。太田幸司井本隆など若手投手の台頭もあって徐々に出番が減り、1976年阪神タイガースに金銭トレードで移ったが、シーズン半ばで引退した。

引退後はラジオ大阪KBS京都解説者を務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1964 西鉄 35 11 3 1 1 4 11 -- -- .267 505 119.1 118 14 36 0 3 64 1 0 60 48 3.63 1.29
1965 22 3 0 0 0 2 2 -- -- .500 224 55.2 51 6 10 0 2 29 1 0 29 25 4.02 1.10
1966 47 14 1 1 0 5 6 -- -- .455 494 128.0 102 7 28 2 3 88 2 0 38 29 2.04 1.02
1967 51 8 0 0 0 4 5 -- -- .444 443 108.1 89 7 33 3 8 78 0 0 41 34 2.83 1.13
1968 近鉄 49 16 1 0 0 6 8 -- -- .429 601 141.0 134 12 53 5 6 73 1 0 65 58 3.70 1.33
1969 47 23 11 2 1 18 7 -- -- .720 861 214.1 183 17 56 10 5 151 2 0 60 53 2.23 1.12
1970 46 25 12 1 0 14 16 -- -- .467 916 227.0 187 22 63 3 8 138 0 0 97 83 3.29 1.10
1971 47 28 11 4 0 15 14 -- -- .517 934 236.0 188 21 65 6 4 148 2 0 88 78 2.97 1.07
1972 45 26 10 5 2 19 14 -- -- .576 941 236.1 191 21 67 12 4 158 0 1 72 62 2.36 1.09
1973 45 22 6 1 0 5 17 -- -- .227 756 174.0 188 23 59 7 6 89 1 1 107 91 4.71 1.42
1974 29 12 4 2 0 5 6 2 -- .455 467 111.1 111 9 40 3 0 41 4 0 54 46 3.73 1.36
1975 7 1 0 0 0 3 0 0 -- 1.000 78 18.2 20 2 8 0 1 5 0 0 8 8 3.79 1.50
1976 阪神 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 27 6.2 7 1 0 0 0 2 0 0 4 4 5.14 1.05
通算:13年 475 189 59 17 4 100 106 2 -- .485 7247 1776.2 1569 162 518 51 50 1064 14 2 723 619 3.14 1.17
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1964年6月9日、対南海ホークス12回戦(大阪球場)、5回裏に4番手で救援登板、2回無失点
  • 初奪三振:同上、5回裏に穴吹義雄から
  • 初先発・初勝利・初完投勝利・初完封勝利:1964年6月12日、対東映フライヤーズ6回戦(明治神宮野球場
  • 初セーブ:1974年4月7日、対南海ホークス前期2回戦(大阪球場)、9回裏に3番手で救援登板・完了、1回無失点
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 37(1964年 - 1967年)
  • 14(1968年 - 1975年)
  • 12(1976年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール、2011年6月27日号、P.95

関連項目[編集]