戸柱恭孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸柱 恭孝
横浜DeNAベイスターズ #10
20160723 Yasutaka Tobashira catcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.jpg
2016年7月23日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県肝属郡肝付町
生年月日 (1990-04-11) 1990年4月11日(32歳)
身長
体重
179 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2015年 ドラフト4位
初出場 2016年3月25日
年俸 3740万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸柱 恭孝(とばしら やすたか、1990年4月11日 - )は、鹿児島県肝属郡内之浦町(現在の肝付町)出身のプロ野球選手捕手)。横浜DeNAベイスターズ所属。

愛称は「ハマの金剛力士像[2]、「ハマのスッパマン[3]、「トバ[4]、「最後の大洋戦士」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

鹿屋中央高等学校から駒澤大学へ進学。高校時代までは内野手で、主に三塁を守っていた。大学1年時から捕手へ転向したが、学生時代には全国大会と無縁であった。プロでもチームメイトとなる白崎浩之は大学の同期生、今永昇太は3学年後輩に当たる。リーグ通算45試合に出場、154打数35安打、打率.227、0本塁打、11打点を記録。

大学卒業後にNTT西日本へ入社。入社当初は正捕手・北﨑寛明の控えに甘んじていた。入社2年目の第85回都市対抗野球大会では、チームは予選で敗退したが、大阪ガスの補強選手として出場。大会中に正捕手として起用されると、大阪ガスの準々決勝進出に貢献した。同年秋に北﨑に代わって正捕手となり、第40回社会人野球日本選手権大会に出場。チームを準々決勝に導き、同年の社会人ベストナインを受賞した。3年目には、第86回都市対抗野球全国大会第41回社会人野球日本選手権大会で、NTT西日本の準々決勝進出に貢献した。

2015年のNPBドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから4巡目で指名(横浜の大卒社会人捕手の指名は1988年の宮里太以来である)。契約金5,000万円、年俸950万円(金額は推定)という条件で入団した[5]。背番号は10

DeNA時代[編集]

2016年には、春季キャンプから一軍に帯同する[6]と、オープン戦でチームの全15試合中8試合に捕手としてスタメンに起用。公式戦の開幕も一軍で迎えた[7]。3月25日に、広島東洋カープとの開幕戦(マツダスタジアム)で、「8番・捕手」としてスタメンに起用。26日の第2戦で黒田博樹から公式戦初安打、27日の第3戦で福井優也から公式戦初本塁打を打った[8]。この本塁打は、チームの一軍公式戦におけるシーズン初本塁打であった。以降の試合では、「山口俊が先発する試合に限って髙城俊人とバッテリーを組ませる」という首脳陣の方針に沿って、週に2日のペースで休みながらスタメン出場を継続した。しかし捕飛球の処理において、3月29日の対巨人戦でルイス・クルーズのバックネット前の邪飛を落球し、直後にソロ本塁打を被弾(投手は今永)。さらには4月9日の対ヤクルト戦でウラディミール・バレンティンの三塁線飛球を取り損ねた後に雄平から3点本塁打を被弾される(投手は井納翔一[9]などの課題も見せた。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦124試合に出場し、スタメンマスクは、チーム捕手陣最多の110試合だった(入団一年目から100試合捕手として出場したのは前進前々進の球団を含めても球団初の快挙)。セントラル・リーグ(セ・リーグ)の規定打席にはわずかに届かなかったものの、通算393打席で、打率.226、本塁打2、捕逸8、失策10を記録し、チーム史上初のクライマックスシリーズ(CS)進出に貢献した。また、戸柱を事実上の正捕手に据えた結果、前年に68を記録したチームの暴投数(一軍公式戦のシーズン最多タイ記録)が、39にまで減少した[10]。シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸2000万円(前年から1050万円増)で契約を更改。契約更改の直後には、「野球人生で一番濃い1年だった」とコメントした[11]。チームのCS敗退を経て臨んだ秋季キャンプ中には、8kgもの減量に成功したという。

2017年には、高城・嶺井博希と併用され、高城が新人投手・濵口遥大の先発登板試合でスタメンマスクを任されたのに対して、戸柱は、今永などが登板する試合でバッテリーを組んでいた。打撃面では、レギュラーシーズンの前半戦から勝負強さを随所で発揮し、5月上旬からは、6番打者でのスタメン出場も増えた[12]。今永が先発した同月29日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)では、シーズン2号本塁打で3打点を挙げ、前年を上回るシーズン通算24打点を記録[13]。6月17日の対オリックス・バファローズ戦(横浜)では、プロ入り後初めての満塁本塁打を打ち、アレックス・ラミレスの監督通算100勝達成に貢献した[14]オールスターゲームにも、セ・リーグの監督推薦選手として出場[15]。レギュラーシーズンの一軍公式戦では112試合に出場(2年連続100試合以上捕手として出場したのは球団として相川亮二以来)し、打率.214で、通算打席数(363)は規定打席に届かなかったが、9本塁打、52打点、得点圏打率.316を記録した。チームのレギュラーシーズン3位で臨んだCSでは、阪神とのファーストステージ(全3試合)・広島とのファイナルステージ(全5試合)で、捕手として2試合ずつ出場し、両ステージを突破して進出した福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも3試合でマスクを被った。10月30日の日本シリーズ第2戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、DeNAの1点リードで迎えた7回裏二死満塁から、中村晃が適時打を打った場面で走者の今宮健太と本塁でクロスプレイを演じた。一度はアウトの判定となったが、リプレー検証の結果「今宮の左手が戸柱のタッチをかいくぐり、早く本塁へ届いていた」とみなされ、判定が「セーフ」へ変更されたという一幕があり、物議を醸した。この変更により認められた今宮の得点が決勝点になり、チームは逆転負けを喫した。その後は通算成績2勝4敗でチームはシリーズ制覇を逸した[16]。シリーズ終了後の契約交渉では、推定年俸3800万円(前年から1800万円増)という条件で契約を更改した[17]

2018年には、3年連続で開幕戦のスタメンマスクを任されたが、開幕から打率が1割前後に低迷するほど打撃が振るわず、嶺井や髙城の後塵を拝した。さらに、交換トレードでオリックスから伊藤光が移籍してきた7月中旬以降は、一軍公式戦への出場機会も失った。結局、一軍公式戦にはわずか25試合の出場で、打撃成績も前年を軒並み下回った(打率.179、1本塁打、6打点)[18]。シーズン終了後の秋季キャンプでラミレスから野手のMVPに選ばれたものの、キャンプ終了後の契約交渉では、プロ入り後初めての減俸提示となる500万円減の推定年俸3300万円で契約を更改した[19]

2019年も開幕一軍入りを果たしたが、伊藤光と嶺井に次ぐ3番手捕手という扱いで、頻繁に一軍と二軍を行き来した。しかし、伊藤光が怪我で離脱した8月以降は出場機会が増加し、45試合に出場して打撃成績も前年より良化した。しかし、盗塁阻止率に関しては自己最低の.120に終わった。11月28日、100万円減の推定年俸3200万円で契約更改した[20]

2020年は、チームの捕手最多となる96試合に出場し、打率.212、5本塁打、23打点を記録[21]。守備面では、リーグ2位の盗塁阻止率.352を記録した[21]。オフに、960万円増となる推定年俸4160万円で契約を更改した[21]

2021年の開幕スタメンは嶺井に譲りながらも、4月は多くにスタメン出場[22]。5月2日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ入り初の2打席連続本塁打を放つ[23]も、打率は2割台を切る不調で、同月17日に登録を抹消された[22]。6月に登録と抹消を繰り返したのち、9月に再昇格すると、左肩の手術から復帰した今永昇太とのバッテリーで一軍に定着した[22][24]。この年、DeNAは捕手を固定できず、前年より出場機会を減らして56試合の出場だったが、この年もチームの捕手最多の出場試合数であった[22]。オフに、420万減の推定年俸3740万円で契約を更改した[22][24]

2022年は開幕マスクを被りチームを引っ張る。しかし、甲子園遠征中だった4月7日、チーム内で新型コロナウイルスの感染が広まり、戸柱も陽性判定を受け登録抹消[25]。隔離期間を経て4月20日に一軍登録された[26]

選手としての特徴[編集]

キャッチング技術、リード技術、フレーミング技術[27]に優れ、「投手が構えたところに投げてくれているから(自分も輝ける)」を信条としており、ミットを動かさないキャッチングに自信を持っている[28]。「ベテランの風格」と評されるほどである一方で、盗塁阻止率の低さが課題として指摘されている[29]

捕手のポジションに就くようになったのは大学1年からという遅い時期であり当初は抵抗もあったというが、「全ての経験があっていまがあると思っています。遠回りだとは思っていません」と述べている[28]。また、社会人時代にあるスカウトから「投手への返球は横着して座ったままではなく、一球ごとに立ち上がって投げなさい。二塁へのスローイングがシュート回転しても、プロの二遊間ならタッチでカバーしてくれる」というアドバイスを受けて、その教えを大切にしている[30]

人物[編集]

上述の愛称はいずれも独特のいかつい顔だちからきており、戸柱も2016年オフの契約更改の際に「僕、人相は悪いけど、優しいので…」という趣旨のコメントをしている[11]

「向上心」「素直さ」が人一倍強く、プロ入り後に課題の一つとして指摘されていた捕飛球の処理も「毎日のように居残りでフライ捕球の練習に取り組む」ことで改善されるようになったという[30]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 DeNA 124 393 367 25 83 8 0 2 97 23 0 0 4 1 20 4 1 63 10 .226 .267 .264 .532
2017 112 363 336 25 72 13 0 9 112 52 0 0 6 2 19 0 0 59 9 .214 .255 .333 .588
2018 25 59 56 5 10 2 0 1 15 6 0 0 1 0 2 0 0 9 3 .179 .207 .268 .475
2019 45 111 100 6 20 4 2 1 31 6 0 0 2 1 7 0 1 22 2 .200 .257 .310 .567
2020 96 276 259 21 55 8 1 5 80 23 0 2 5 1 11 0 0 53 8 .212 .244 .309 .552
2021 56 135 127 10 28 5 1 3 44 14 0 0 2 0 4 0 1 18 3 .220 .250 .346 .596
通算:6年 458 1337 1245 92 268 40 4 21 379 124 0 2 20 5 63 4 3 224 35 .215 .254 .304 .558
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手






















2016 DeNA 124 826 74 10 6 .989 8 60 48 12 .200
2017 110 721 63 2 13 .997 5 51 33 18 .353
2018 24 140 11 1 3 .993 0 17 12 5 .294
2019 42 239 27 1 4 .996 2 25 22 3 .120
2020 95 590 53 4 7 .994 7 71 46 25 .352
2021 54 301 23 0 3 1.000 4 29 23 6 .207
通算 449 2817 251 18 36 .994 26 253 184 69 .273
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
  • 初出場・初先発出場 : 2016年3月25日、対広島東洋カープ1回戦(マツダスタジアム)、8番・捕手で先発出場
  • 初打席:同上、2回表にクリス・ジョンソンから三塁ゴロ併殺打
  • 初安打:2016年3月26日、対広島東洋カープ2回戦(マツダスタジアム)、5回表に黒田博樹から右前安打
  • 初本塁打・初打点:2016年3月27日、対広島東洋カープ3回戦(マツダスタジアム)、5回表に福井優也から右越ソロ
その他の記録

背番号[編集]

  • 10(2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月23日閲覧。
  2. ^ DeNAの課題を解消するのは「ハマの金剛力士像」!? 存在感増すドラ4捕手” (日本語). Full-Count (2016年2月25日). 2021年5月19日閲覧。
  3. ^ ハマのスッパマンDeNA戸柱、新人1号 - 野球 : 日刊スポーツ” (日本語). 日刊スポーツ (2016年3月28日). 2021年5月19日閲覧。
  4. ^ 隆, 石塚 (2021年5月19日). “「トバに謝ってください!」伊藤光、戸柱、嶺井…ベイスターズ捕手陣のプライド”. 文春オンライン. 2021年5月19日閲覧。
  5. ^ “DeNA、ドラフト4位のNTT西日本・戸柱と合意”. サンスポ SANSPO.COM (サンスポ). (2015年11月13日). オリジナルの2015年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151208080753/https://www.sanspo.com/baseball/news/20151113/den15111320340004-n1.html 2015年11月13日閲覧。 
  6. ^ “DeNA、春季キャンプメンバー発表 今永、熊原ら新人5選手が1軍スタート”. Full-Count (Full-Count). (2016年1月22日). https://full-count.jp/2016/01/22/post24895/ 2016年3月25日閲覧。 
  7. ^ “【セ公示速報】(23日)DeNA・井納、山崎康、飛雄馬、筒香ら選手登録”. スポーツ報知 (スポーツ報知). (2016年3月23日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160323-OHT1T50111.html 2016年3月25日閲覧。 
  8. ^ “ハマのスッパマンDeNA戸柱、新人1号”. 日刊スポーツ. (2016年3月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1622953.html 2016年3月28日閲覧。 
  9. ^ DeNA・戸柱、痛恨エラー…ラミレス監督「負けにつながった」”. サンケイスポーツ (2016年4月9日). 2021年7月23日閲覧。
  10. ^ DeNAの「もっと評価されるべき」捕手。新人・戸柱恭孝の密かなる貢献度。”. Number Web (2016年10月5日). 2016年11月26日閲覧。
  11. ^ a b 【DeNA】戸柱、新人ながら正捕手でCS導き1050万円大幅アップ”. スポーツ報知 (2016年11月25日). 2016年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月26日閲覧。
  12. ^ “DeNA戸柱V3ラン!宮崎“敬遠”で無心直球打ち”. 日刊スポーツ. (2017年6月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1841471.html 2018年12月23日閲覧。 
  13. ^ “DeNA戸柱3ラン「必死」自己更新24打点”. 日刊スポーツ. (2016年3月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1831374.html 2018年12月23日閲覧。 
  14. ^ “DeNA戸柱恩返し満弾、監督へ100勝プレゼント”. 日刊スポーツ. (2016年6月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1842164.html 2018年12月23日閲覧。 
  15. ^ マイナビオールスターゲーム2017出場者”. 日本野球機構. 2021年7月23日閲覧。
  16. ^ 今宮神の手!リプレー検証判定セーフ/写真リプレー”. 日刊スポーツ (2017年10月29日). 2018年12月23日閲覧。
  17. ^ DeNA戸柱 1800万増の3800万円 日本S進出に貢献”. スポニチ Sponichi Annex (2017年12月1日). 2021年7月23日閲覧。
  18. ^ 戸柱 恭孝(横浜DeNAベイスターズ) | 個人年度別成績”. 日本野球機構. 2021年7月23日閲覧。
  19. ^ “DeNA戸柱は500万減「責任を感じる」”. 日刊スポーツ. (2016年11月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811260000453.html 2018年12月23日閲覧。 
  20. ^ DeNA戸柱100万減「足速くなりたい」走方改革だ”. 日刊スポーツ (2019年11月28日). 2021年7月23日閲覧。
  21. ^ a b c DeNA戸柱は960万円増、盗塁阻止率には納得”. 日刊スポーツ (2020年12月8日). 2021年7月23日閲覧。
  22. ^ a b c d e “【DeNA】戸柱恭孝が420万円減の3740万円でサイン「1番悔しいシーズン」捕手最多56試合出場”. スポーツ報知. (2021年11月23日). https://hochi.news/articles/20211123-OHT1T51112.html?page=1 2021年12月18日閲覧。 
  23. ^ “DeNA6年目戸柱がプロ初の2打席連続弾!2号ソロ、3号3ラン”. Sponichi Annex. (2021年5月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/02/kiji/20210502s00001173409000c.html 2021年11月23日閲覧。 
  24. ^ a b “DeNA・戸柱が420万円減の3740万円で更改 正捕手奪取へ「ガツガツやっていく」”. サンスポ. (2021年11月23日). https://www.sanspo.com/article/20211123-5J5OOC6DFNLQFCDM5CXHWEXOJM/ 2021年12月18日閲覧。 
  25. ^ “牧が、浜口が…DeNA主力直撃、集団感染 7日阪神戦急きょ中止、8日中日戦は開催可否協議へ”. Sponichi Annex. (2022年4月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/08/kiji/20220408s00001173101000c.html 2022年4月8日閲覧。 
  26. ^ “DeNA牧、戸柱、倉本、山下が1軍合流 コロナから復帰”. Sponichi Annex. (2022年4月20日). https://www.kanaloco.jp/sports/baseball/baystars/article-905320.html 2022年5月10日閲覧。 
  27. ^ NPB捕手のフレーミング能力に迫る”. BASEBALL GATE (2017年8月18日). 2017年8月19日閲覧。
  28. ^ a b #10 戸柱恭孝「自分がやるべきことをやれば勝利につながる」26歳、遅咲きルーキーの手応え”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト. 2016年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月13日閲覧。
  29. ^ “ベテランの風格”漂うDeNA・戸柱 チームの顔となれるか?”. BASEBALL KING (2016年8月22日). 2016年11月26日閲覧。
  30. ^ a b DeNA戸柱、1年目から正捕手に定着できた理由――幸運だったラミレス新監督の方針”. ベースボールチャンネル (2016年7月16日). 2016年11月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]