木田優夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木田 優夫
Fighters kida.jpg
日本ハム時代(2012年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都国分寺市
生年月日 1968年9月12日(47歳)
身長
体重
188 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1989年4月17日
MLB / 1999年4月6日
最終出場 MLB / 2005年8月3日
NPB / 2012年4月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

木田 優夫(きだ まさお、1968年9月12日 - )は、東京都国分寺市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

選手時代[編集]

プロ入り前[編集]

東京都国分寺市出身。高校球児だった父親の影響で野球を始め、地元の少年野球チーム「スネークス」に入る。その後、父親の転勤に伴い小学生時代の後半の一時期を北海道札幌市で過ごしているが、転校の条件として「札幌でも少年野球チームに入れること」を掲げ、「北大パンサーズ」というチームに入っている。

国分寺市立第五中学校在学時の1983年に、関東代表として台湾に遠征した経験を持つ。中学卒業後、山梨県日本大学明誠高校に進学(同高の同級生には元バスケットボール選手の小野壮二郎がいた)。高校時代は甲子園大会に出場経験がなく、無名の高校生だったが、1986年のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツ(巨人)に1位で指名された[1]

巨人時代[編集]

入団当時はカーブ等変化球習得に時間がかかったが、1988年にはメジャー球団の傘下保有権がなかった1Aのマイアミ・マーリンズ(現・フォートマイヤーズ・ミラクル)に留学を経験した後、1989年4月29日にプロ初先発初勝利を記録。1990年には自身唯一となる二桁勝利を記録し、この年セ・リーグ最多のシーズン182奪三振を記録し、オールスターゲームにも監督推薦で出場した。その後は伸び悩んだが、先発・中継ぎ・抑えと何でもこなす役割を果たした。

1996年、オリックスとの日本シリーズで2試合で22人連続無走者に抑え、連続無走者のシリーズ記録を樹立したと一度は発表されたが、翌日になって1976年に小林繁が23人連続で抑えていたことが明らかになり、撤回された。

1997年、この年はリリーフに専念する。前半チームが低迷する中抑え投手を担当し安定していたものの、この年はリリーフ投手の起用がチーム全体で迷走してしまい、木田も調子は維持していたのに中盤以降起用法が不安定になってしまった。オフに右ヒジ遊離軟骨除去の手術を受ける。

オリックス時代[編集]

1998年1月に野村貴仁との交換トレードオリックス・ブルーウェーブへ移籍。1996年以来の先発で勝利し、後半戦では抑え投手として起用されると16セーブを記録する。

タイガース時代[編集]

1998年オフにフリーエージェント権を行使し、11月23日にデトロイト・タイガースと2年300万ドルで契約[2]。日本人8人目のメジャーリーガーとなった。タイガースの入団会見では羽織姿で登場し、「ロボコップに会えなくて残念(映画の舞台がデトロイトであることから)」とジョークを飛ばして報道陣の笑いを誘った。

1999年、開幕はAAA級トレドで迎えるが、4月5日のテキサス・レンジャーズ戦の8回に登板しメジャーデビュー。4月は8試合の登板で防御率7.24、WHIP1.61を喫するが、4月後半から好投を見せる。5月16日のクリーブランド・インディアンス戦では7回から登板し3イニングを投げメジャー初セーブを記録し、5月は15試合の登板で防御率3.71、WHIP1.47を記録。6月14日のシアトル・マリナーズ戦でメジャー初勝利を挙げる。しかし、6月29日に左わき腹を痛め、7月1日に日本人初の故障者リスト入りする。28日に復帰するが、その後は好投と乱調を繰り返し、復帰後は15試合の登板で防御率8.30、WHIP1.40を喫しシーズンを終える。シーズン終盤には先発での登板を打診されたが、「やめた方がいいです」と自ら断ったことを帰国後の会見で語った。

2000年、AAA級トレドで開幕を迎え、5月8日にメジャー昇格。10日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では野茂英雄と継投したが、17日のインディアンス戦で3点本塁打を喫し、19日にトレドに降格。

オリックス復帰[編集]

6月9日にタイガースとの契約を解除し、オリックス・ブルーウェーブに復帰。マイナーリーグ時代は「野球だけじゃなく生活面でも苦労し、その苦労により白髪も増えた」と言い、「日本よりメジャーにいる時の方が3倍の早さで年を取る」とも語っていた。

2001年オフにオリックスを自由契約となり、数球団の入団テストを受けるも不合格。翌2002年は腰痛治療のため、どの球団にも所属しなかった。

メジャー再挑戦[編集]

2003年ロサンゼルス・ドジャースと契約し再び渡米するが、3月に交通事故により全治6週間の重傷を負う(8月にメジャーに昇格)。

2004年9月にシアトル・マリナーズに移籍。

2005年、投法をサイドスローに改造したが、メジャーでは1試合しか登板できず自由契約となった。

ヤクルト時代[編集]

2005年オフに新監督に就任した古田敦也の誘いを受け東京ヤクルトスワローズに入団。

2006年は中継ぎで56試合に登板し、リーグ4位となる23ホールドを記録。また、監督推薦で16年ぶり2回目のオールスターゲーム出場(15年間のブランクは歴代最長記録)。2007年にも50試合に登板するが、監督が高田繁に代わった2008年は開幕時に一軍入りできなかった。二軍では先発としての起用が主だったこともあり、交流戦明けの7月に先発として一軍昇格の話もあったが、結局一軍合流は8月下旬までずれ込んだ[3][4]2009年はオープン戦の先発で好投をし、プロ入り後初めて開幕先発ローテーションに入り、4月8日中日ドラゴンズ戦で5イニングを投げ、3失点したが自身11年ぶりの先発試合を白星で飾った。5月以降はリリーフに回るも、防御率5.55と打ち込まれ、2度の二軍落ち。10月2日にヤクルトから戦力外通告を受け、11月27日北海道日本ハムファイターズへ移籍[5]

日本ハム時代[編集]

2010年3月22日の対福岡ソフトバンクホークス戦にて、先発のボビー・ケッペルが故障のため降板したのを受けて緊急登板し、5イニングを無失点に抑えて移籍後初勝利。5月4日には通算500試合登板を達成した。

2011年2012年はシーズン通して二軍生活が大半を占め、2年間で計4試合の登板に留まった。2012年11月4日、球団から退団することが発表された[6]。その後、トライアウト及び石川ミリオンスターズの入団テストを受け、同年12月21日に同球団から獲得が発表された。

BCリーグ時代[編集]

2013年は石川ミリオンスターズで主にクローザーとして活躍。公式戦72試合中、実に52試合に登板し3勝1敗15セーブ、防御率1.76でチームの前期優勝に貢献。その後地区チャンピオンシップ、BCリーグチャンピオンシップ、日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2013でも登板し独立リーグ日本一の胴上げ投手となった。シーズン終了後に静岡県草薙総合運動場硬式野球場で行われた12球団合同トライアウトに参加。打者4人に対し2奪三振の好結果を残した。12月9日には石川のゼネラルマネージャーに就任。

2014年、NPB復帰を目指し、石川で投手兼ゼネラルマネージャーとしてプレー。前年と同じく抑えを任されたが、8月24日に金沢市内のホテルで会見を開き、今季限りでの現役引退を発表した。9月14日の群馬ダイヤモンドペガサス戦(石川県立野球場)で引退試合を行なった、試合には友人である明石家さんまが臨時コーチを務めた。9月13日の試合(福井ミラクルエレファンツ戦)が引退試合となり、背番号12番は石川の永久欠番となった。

引退後[編集]

2015年から、日本ハムファイターズのゼネラルマネージャー補佐に就任[7]

同年3月4日、札幌ドームでの巨人とのオープン戦試合前にNPB引退セレモニーが行われ、原辰徳との一球勝負で空振りを奪った[8]

人物[編集]

群馬県前橋市出身の父・秀夫は群馬県立前橋工業高等学校時代、強肩の捕手として活躍。卒業時には大毎オリオンズからもスカウトされていた(プロ入りはせず)。後に読売ジャイアンツで木田を指導することになる宮田征典とは群馬県立前橋高等学校時代に何度も対戦しており、たまたま旧知の間柄であった。

明治神宮野球場ロサンゼルスで子供達への野球教室を開き、また私財を投じてスワローズクラブハウス前にファン用テントを設置したり、自腹で約100万円をかけ、都営バス1台を2008年の開幕戦の広告で外装して運行を手配するなど、様々なファンサービスに取り組んでいる[9][10]

タレント明石家さんまと親交があり、さんまが司会を務めるテレビ番組に木田自身も出演することがある。明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショーには巨人時代の1996年からトナカイ着ぐるみを着て毎年出演するとともに、自身の関連景品を提供している。2000年にオリックス・ブルーウェーブに復帰した際には、『明石家マンション物語』内の『ダメダメボーイズ』コーナーの決め台詞と合わせた「DAKYXX(ダーキー・ダメダメ)」グッズが発売された。なお、最初のオリックス移籍当時(1998年)、オリックス戦のテレビ放送が少ないこともあってか「オリックスの木田」としての知名度は高くなく、さんまの番組に頻繁に出ていたことから「飲み屋で若い子に吉本の芸人に間違われることがあった」[11]という。なおこの縁でさんまは2014年に石川ミリオンスターズ後援会に加入している[12]。 しかし木田はトークなどでの笑いに関して、さんまとはいわゆる「師弟関係」にはなく、その面での師匠は村上ショージであると、公の場で度々発言している。

巨人時代に数回経験した引越しをかなり面倒に感じた事で、巨人退団後の10年以上に渡る現役生活はずっとホテル住まいだった。「家だと帰っても誰もいないが、ホテルはフロントでお帰りなさいませと言ってもらえるのが癒される」とも発言している。

イラストレーションが得意で「木田画伯」と呼ばれる程の腕前を持つ。テレビ出演時には度々披露するほか、各プロ野球選手のイラストを描いた選手名鑑『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』を刊行している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1989 巨人 8 4 1 0 0 2 1 0 -- .667 164 37.0 41 6 14 1 1 26 2 0 19 19 4.62 1.49
1990 32 17 13 1 2 12 8 7 -- .600 711 182.2 130 21 51 2 4 182 5 0 56 55 2.71 0.99
1991 19 5 2 0 0 4 7 1 -- .364 235 50.1 51 8 31 0 2 44 5 0 41 36 6.44 1.63
1992 29 11 2 1 0 3 6 0 -- .333 409 93.1 103 16 35 1 1 87 2 0 48 47 4.53 1.48
1993 35 17 1 1 1 7 7 2 -- .500 538 131.2 129 11 40 1 1 97 6 0 50 49 3.35 1.28
1994 28 13 1 0 0 6 8 1 -- .429 376 87.2 86 11 37 0 2 61 3 0 52 48 4.93 1.40
1995 40 12 2 0 0 7 9 0 -- .438 506 121.2 117 16 31 5 8 97 2 0 49 46 3.40 1.22
1996 33 16 3 2 1 7 9 2 -- .438 517 123.2 121 15 34 2 5 99 4 0 53 52 3.78 1.25
1997 39 0 0 0 0 2 2 7 -- .500 216 49.2 47 3 22 4 2 53 5 0 13 11 1.99 1.39
1998 オリックス 36 13 1 0 0 4 7 16 -- .364 420 97.1 97 9 36 1 4 74 6 1 54 50 4.62 1.37
1999 DET 49 0 0 0 0 1 0 1 4 1.000 292 64.2 73 6 30 3 4 50 7 0 48 45 6.26 1.59
2000 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 13 2.2 5 1 0 0 0 0 0 0 3 3 10.13 1.88
オリックス 24 0 0 0 0 3 3 3 -- .500 196 41.1 55 7 18 1 1 31 1 0 29 26 5.66 1.77
2001 13 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 80 19.1 15 4 9 0 0 18 4 0 9 8 3.72 1.24
2003 LAD 3 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 53 12.0 15 0 3 0 0 8 3 0 5 4 3.00 1.50
2004 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 4.2 4 0 1 0 1 5 0 0 0 0 0.00 1.07
SEA 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 47 9.2 15 1 5 0 1 5 0 0 9 9 8.38 2.07
'04計 10 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 66 14.1 19 1 6 0 2 10 0 0 9 9 5.65 1.74
2005 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 2 1 0 0 0 0 0 0 1 1 4.50 1.00
2006 ヤクルト 56 0 0 0 0 3 5 8 23 .375 253 58.1 66 5 18 2 3 47 4 1 22 20 3.09 1.44
2007 50 0 0 0 0 1 3 2 16 .250 221 48.2 51 4 19 2 6 44 1 2 21 17 3.14 1.44
2008 19 0 0 0 0 2 0 0 3 1.000 81 20.2 13 4 8 0 3 12 2 0 7 7 3.05 1.02
2009 30 4 0 0 0 3 4 0 5 .429 223 48.2 58 6 17 1 5 31 0 0 32 30 5.55 1.54
2010 日本ハム 21 7 0 0 0 5 2 0 3 .714 235 52.2 63 7 23 0 3 30 2 0 28 28 4.78 1.63
2011 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 4.0 4 0 2 0 0 3 0 0 2 2 4.50 1.50
2012 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 3.00
NPB:19年 516 119 26 5 4 73 82 50 50 .471 5404 1269.2 1249 153 446 23 51 1036 54 4 585 551 3.91 1.33
MLB:5年 65 2 0 0 0 1 1 1 4 .500 432 95.2 114 9 39 3 6 68 10 0 66 62 5.83 1.60
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 最多奪三振(当時連盟表彰なし):1回 (1990年) ※セントラル・リーグでは、1991年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録等

独立リーグでの成績[編集]











































W
H
I
P
2013 石川 52 3 1 15 0 .750 51.0 196 37 1 32 2 4 12 10 0 0 1 1.76 0.76
2014 56 3 3 6 0 .500 54.1 226 57 2 28 9 3 16 13 1 0 1 2.15 1.22
通算:2年 108 6 4 21 0 .600 105.1 422 94 3 60 11 7 28 23 1 0 2 1.97 1.00
  • 各年度の赤太字はリーグ歴代最高

背番号[編集]

  • 47 (1987年 - 1992年)
  • 19 (1993年 - 1997年)
  • 20 (1998年)
  • 41 (1999年 - 2000年途中、2006年)
  • 11 (2000年途中 - 2001年)
  • 60 (2003年 - 2004年途中)
  • 35 (2004年途中 - 2005年)
  • 42 (2007年 - 2012年)
  • 12 (2013年 - 2014年)

関連情報[編集]

テレビ[編集]

著書[編集]

  • 『DAKY ~僕のサムライ野球~』(東京学参
  • 『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』(新紀元社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 最初に1位で指名した阿波野秀幸亜細亜大学)を抽選で外したため、その代替として
  2. ^ 「2000ベースボール・レコードブック」34頁 1998年度の主な記録と出来事より
  3. ^ 衝撃! 燕・木田、国内10年ぶり先発復帰へ - ウェイバックマシン(2008年6月17日アーカイブ分) - サンケイスポーツ(2008年6月17日)
  4. ^ 木田投手、宮出選手、一軍登録! - ウェイバックマシン(2009年3月26日アーカイブ分) - 東京ヤクルトスワローズ公式サイト(2008年8月20日)
  5. ^ “前東京ヤクルトスワローズの木田選手を獲得”. 北海道日本ハムファイターズ. (2009年11月27日). http://www.fighters.co.jp/news/detail/1032.html 2011年4月29日閲覧。 
  6. ^ 日本ハム 44歳・木田の退団発表 今季1軍登板わずか1試合 - スポーツニッポン(2012年11月4日)
  7. ^ “木田優夫GM補佐が就任会見”. 北海道日本ハムファイターズ. (2014年12月19日). http://www.fighters.co.jp/news/detail/5072.html 2014年12月20日閲覧。 
  8. ^ “ハム木田“現役最後”の投球で原監督斬り”. nikkansports.com. (2015年3月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1442222.html 
  9. ^ “地道な努力を続ける“苦労人””. Number Web. (2008年2月13日). http://number.bunshun.jp/articles/-/14247 2013年3月7日閲覧。 
  10. ^ “木田 自腹で開幕戦宣伝ラッピングバス”. スポーツニッポン. (2008年2月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/2008npb/swallows/KFullNormal20080227055.html 2008年12月7日閲覧。 
  11. ^ 『元・巨人』、廣済堂ペーパーバックス、2009年、168頁。
  12. ^ ■明石家さんまさん石川ミリオンスターズの後援会会員に! - 石川ミリオンスターズ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]