周東佑京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
周東 佑京
福岡ソフトバンクホークス #23
Shuto(121).jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県太田市
生年月日 (1996-02-10) 1996年2月10日(26歳)
身長
体重
180 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手外野手
プロ入り 2017年 育成選手ドラフト2位
初出場 2019年4月7日
年俸 4000万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2023年
プレミア12 2019年
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
WBSCプレミア12
2019

周東 佑京(しゅうとう うきょう、1996年2月10日 - )は、群馬県太田市出身[2]プロ野球選手内野手外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

NPBにおける育成選手出身者初の盗塁王であり、連続試合盗塁記録の世界記録保持者(13試合連続)[3]である。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

太田市(入学当時は薮塚本町)立藪塚本町小学校2年時に「藪塚リトルファイターズ」で軟式野球を始める[4]太田市立薮塚本町中学校時代は硬式の太田ボーイズに所属[5]

2011年東京農業大学第二高等学校に入学。3年時には主将として夏の群馬大会で2番遊撃手で17打数7安打で打率.412・盗塁5、チームは決勝で髙橋光成がエースの前橋育英高校に敗れる[6]。甲子園出場経験はなし。

2014年東京農業大学生物産業学部に入学。北海道学生野球連盟所属の硬式野球部に入部。1年時からレギュラーとして試合に出場する[4]。1年時は指名打者外野手、2年時は外野手、3年時は三塁手、4年時は三塁手・遊撃手と様々なポジションを守りながら試合に出場。また3年秋季から4年春季まで主将を務めた。北海道六大学リーグでは3年春にベストナイン(三塁手)、3年秋に優秀選手賞、4年春に最高殊勲選手・ベストナイン(遊撃手)を受賞[2]全日本大学野球選手権大会に3度、明治神宮野球大会に1度出場、全国大会通算で7試合に出場し打率.364という成績を残した[4]。大学4年間で通算40盗塁を記録している[6]

2017年10月26日に行われたドラフト会議にて、ソフトバンクから育成2巡目で指名を受け[6]、11月7日、支度金300万円・年俸400万円で入団する[4][7]背番号121

ソフトバンク時代[編集]

2018年ウエスタン・リーグ公式戦の開幕戦から出場し、前半戦で14盗塁、7月12日に行われたフレッシュオールスターゲームに選出され、2安打を打ち優秀選手賞を受賞する[8]。二軍公式戦では通算で90試合に出場し、打率.233、リーグトップの27盗塁、14打点[9]。シーズンオフは10月19日から開催された第2回WBSC U-23ワールドカップ日本代表に選出された。初戦の対南アフリカ戦で公式戦初本塁打を記録した[10]プエルトリコのウインターリーグにも派遣され、26試合に出場して打率.304[11]

2019年は宮崎春季キャンプはA組に抜擢される[12]。オープン戦も一軍帯同で14試合に出場する。13打席で1安打、打率.091で[13]、3月26日に支配下選手登録され、背番号は23[14]。支配下選手登録に伴い、年俸600万円(金額は推定)となる[15]。開幕から野手に故障者が相次いだことで、4月上旬に一軍に初めて昇格する。4月7日に初出場、4月9日に初盗塁、4月21日に初スタメンを果たすと、その試合でプロ初安打・初本塁打となる3点本塁打を含む4打点と活躍した。以後はスタメンとしての出場も増え、ゴールデンウィーク終了までに9盗塁を決めるなど足でもチームに貢献した。一方で、ゴールデンウィークが明けると打撃の調子が下降したことに加えて釜元豪の台頭や今宮健太福田秀平ら一部の故障者の復帰もあり、次第に先発出場の機会がなくなり、主に代走からの出場や守備固めとして起用され、最終的にはチームトップの25盗塁を記録した。盗塁成功率は83.3%(企図数30)であり、同年のパ・リーグで盗塁企図数20以上を記録した選手中、最も成功率が高かった[16]。内訳として、先発した23試合では9盗塁、途中守備から出場した試合でも1盗塁で、15盗塁は代走として記録したもの失敗5回のうち、1回は走者一・三塁の場面の三塁走者としてダブルスチールを試みた際で、二塁への盗塁失敗は4回だった[17]

オフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12に足の速さを評価され、日本代表に選出された。なお、球団から育成ドラフト出身選手の日本代表選出は、千賀滉大甲斐拓也に次いで3人目であった。本大会でも主に代走として起用され、大会最多となる4盗塁を記録した[18]。12月3日、1400万円増となる推定年俸2000万円で契約を更改した[19]

2020年、シーズン前半は代走や守備固めでの出場が多く、初盗塁は開幕から1か月以上経った7月24日まで持ち越された[20]が、8月10盗塁、9月14盗塁、10月23盗塁と一気に盗塁を積み重ねる。9月中旬からは打撃の調子も上がり、リードオフマンに定着。9月18日(対楽天・福岡PayPayドーム)には1番二塁手でスタメン出場し、4安打を打ちプロ入り初の猛打賞を記録。また、この試合2盗塁を決め、両リーグを通じてシーズン20盗塁1番乗りを果たした[21]。10月13日(対オリックス・京セラドーム大阪)、3回一死一塁の場面で、ここまで31イニング連続無失点を続けていた山本由伸から決勝点となる適時三塁打を打った[22]。10月18日(対楽天・福岡PayPayドーム)、自身初の1試合3盗塁を記録した[23]。10月22日(対日本ハム・札幌ドーム)、5回に二盗を決め、シーズン盗塁数が育成出身者としては史上最多の42個となった[注 1][24]。25日の西武戦(福岡PayPayドーム)で9試合連続・月間19盗塁の球団記録に並ぶ[25]。28日のロッテ戦(福岡PayPayドーム)で福本豊の持つ日本記録「11試合連続盗塁」に並び[26]、翌日のロッテ戦(福岡PayPayドーム)で「12試合連続盗塁」のプロ野球新記録を樹立した[27]。30日の西武戦でも成功し記録を13に伸ばすが、31日の西武戦では盗塁の機会が訪れずストップした[28]。11月9日、レギュラーシーズン最終戦対西武24回戦(福岡PayPayドーム)3回裏に盗塁を成功させ、規定打席不足の選手としては、1951年に52盗塁を成功させた土屋五郎(国鉄)以来日本プロ野球史上2人目、パ・リーグでは史上初となるシーズン50盗塁到達者となった。平成生まれでシーズン50盗塁は金子侑司以来二人目の快挙となった。最終的に50盗塁で盗塁王を獲得、育成ドラフトで入団した選手としては初めて打撃部門タイトルを手にした。規定打席未達の選手が盗塁王となるのは、2011年の藤村大介(巨人)以来日本プロ野球史上11人目、パ・リーグでは1966年の山本公士(阪急)、1967年の西田孝之(東京オリオンズ)に続き史上3人目である[29]。打撃面でも、足の速さを活かしてリーグ2位となる7本の三塁打を記録したほか、9月と10月には2か月連続で月間打率3割超えを記録し、レギュラーシーズンの日曜日に限ると48打数22安打の打率.458、9月27日からは5週連続日曜日の試合で猛打賞を記録して「サンデー佑京」と呼ばれるなど、攻撃面での飛躍を見せた[30]。一方でリーグ最多の12失策(二塁手8・遊撃手4)を記録するなど守備面では課題が残った。ロッテとのクライマックスシリーズでは、第2戦で8回に相手を突き放す適時三塁打を打ち、チームの日本シリーズ出場に貢献した。巨人との日本シリーズでは、全試合フルイニング出場したが、打撃では1安打1盗塁に終わった。ただし、課題とされた守備でチームに貢献し[31]、リーグ優勝試合に引き続き、日本一決定の試合でも最後のアウトを取った[注 2]。オフに、2000万円増となる推定年俸4000万円で契約を更改した[32]

2021年は1番二塁で開幕スタメン入りを果たし、その後も多くの試合で1番打者として起用されたが打撃不振が続き交流戦からは代走での出場が中心となった。しかし8度の代走機会で牽制死2つ、盗塁死1つ、走塁死1つと精彩を欠いた[33]。さらに6月10日、親子出場となった二軍戦で右手を負傷。診断の結果は右手人差し指の末節骨骨折であり翌11日に登録を抹消された[34]。8月13日、後半戦の開幕と共に一軍復帰を果たし8度の代走機会で5盗塁と役割を果たしていたが、右肩を痛めて8月29日に再び登録抹消となった[35]。肩の状態は深刻で3ヶ所の病院を回ったがいずれの病院でも手術が必要な状態であると診断され、手術を決断[36]。9月10日に右肩関節鏡視下関節唇形成術を受け、復帰に約6か月を要する見込みであることが球団から発表された[37]。残りのシーズンはリハビリに費やし、この年は70試合の出場で打率.201・3本塁打・5打点・21盗塁という成績に終わり、オフに400万円減となる推定年俸3600万円で契約を更改した[38]

2022年、6月7日の対阪神戦で100盗塁を記録[39]。18日の対楽天戦では「人生初」というサヨナラ本塁打を松井裕樹から放ち、チームの首位浮上に貢献した[40]。8月4日の対日本ハム戦(札幌ドーム)では1回表に杉浦稔大から自身初の初回先頭打者本塁打[41]、8月13日の対オリックス戦(福岡PayPayドーム)では4-4の同点の9回一死無走者の打席で宇田川優希からシーズン2本目のサヨナラ本塁打を放った[42]。80試合で打率は.267、自己最多を更新する5本塁打を放つなど、打撃面で存在感を示した[43]。12月12日には400万円アップの推定年俸4000万円で契約を更改した[44]

選手としての特徴[編集]

  • 一塁到達タイムは3秒69の瞬足を持ち、守備では内外野どこでも守れるユーティリティープレイヤー[4]
  • 周東は盗塁においてスタートを切る際、足が動いてからスタートしていては遅く、投手だけでなく投手のバックになっているスタンドの観客なども一緒にぼやっと見ることにより、投手が足を動かす前に必ずどこかが少しでも動くのが分かってくるため、それをベンチにいる時から見て把握しておくとのこと。スタートして左足、右足と踏み込んで3歩目の左足を踏み込む時にトップスピードになるようにしており、二盗の場合は一塁ベースと二塁ベースの外側を結んだ線上を一直線に二塁ベースの右端目掛けて走り、走行中は投手や投球を見ずに遊撃手の動きで判断、ヘッドスライディングはスピードが落ちるため行わず、左右どちらか合う方の足を突き刺すイメージで足からスライディングしている[17]
  • 父親の従兄弟として、陸上競技110メートルハードルの元日本記録保持者で1992年バルセロナオリンピック日本代表の岩崎利彦がいる[45]
  • 2020年6月20日に結婚した[46][47]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 ソフトバンク 102 114 102 39 20 3 2 1 30 6 25 5 10 0 2 0 0 27 1 .196 .212 .294 .506
2020 103 346 307 48 83 8 7 1 108 27 50 6 11 2 24 0 2 79 2 .270 .325 .352 .677
2021 70 188 169 24 34 1 0 3 44 5 21 5 6 0 12 0 1 49 1 .201 .258 .260 .519
2022 80 318 288 48 77 5 4 5 105 15 22 4 3 2 22 0 3 56 4 .267 .324 .365 .688
通算:4年 355 966 866 159 214 17 13 10 287 53 118 20 30 4 60 0 6 211 8 .247 .299 .331 .631
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBSCプレミア12での打撃成績[編集]

















































2019 日本 7 0 0 3 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .--- .---
  • 太字は大会最高

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃 外野
















































2019 ソフトバンク 5 13 10 0 3 1.000 3 0 4 0 1 1.000 - 82 62 0 2 0 .969
2020 66 106 170 8 42 .972 5 2 2 0 1 1.000 22 24 57 4 11 .953 33 14 0 0 0 1.000
2021 54 86 95 5 16 .973 - 3 5 10 0 3 1.000 8 1 0 0 0 1.000
2022 1 1 0 0 0 1.000 54 36 62 5 6 .951 - 50 69 1 0 0 1.000
通算 126 206 275 13 61 .974 62 38 68 5 8 .955 25 29 67 4 14 .960 173 146 1 2 0 .987
  • 2022年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

NPB
国際大会

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 13試合連続盗塁:2020年10月30日、対埼玉西武ライオンズ21回戦(メットライフドーム)、7回表に二盗(捕手:森友哉 投手:小川龍也[27] ※世界記録
  • 規定打席未到達の選手によるシーズン最多盗塁:50 ※パ・リーグ記録

背番号[編集]

  • 121(2018年 - 2019年3月25日)
  • 23(2019年3月26日 - )

登場曲[編集]

[49]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 従来の記録は2011年のロッテ・岡田幸文の41個
  2. ^ リーグ優勝試合(10月27日・対ロッテ・福岡PayPayドーム)では福田秀平を二塁ゴロ(自ら二塁ベースを踏みアウト)。日本一決定の試合(11月25日・対巨人・福岡PayPayドーム)では亀井善行を二塁フライ。

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ (2022年12月12日). 2022年12月12日閲覧。
  2. ^ a b 東農大北海道・周東指名待つ 走力抜群イチロー超え”. 日刊スポーツ (2017年10月25日). 2017年11月10日閲覧。
  3. ^ ソフトバンク周東ついに「世界一」13試合連続盗塁” (日本語). 日刊スポーツ (2020年10月30日). 2020年10月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e 【ソフトバンク】育成ドラ2周東、日本シリーズ刺激「目標は盗塁王。あの舞台で活躍したい」”. スポーツ報知 (2017年11月8日). 2017年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月9日閲覧。
  5. ^ 侍ジャパンの韋駄天「周東佑京」は「快ウン男」 | Smart FLASH[光文社週刊誌]” (日本語). Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ (2019年11月22日). 2019年12月4日閲覧。
  6. ^ a b c 【ソフトバンク】育成2位・周東、高校で2敗の西武・光成に雪辱「まずは支配下登録を目指す」”. スポーツ報知 (2017年10月27日). 2017年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月9日閲覧。
  7. ^ 2017/12/07(木) 選手 新入団会見レポ。1位吉住投手「夢は最多勝」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年12月7日). 2017年12月7日閲覧。
  8. ^ ソフトB育成の好素材がフレッシュ球宴で脚光 周東2安打+美技で清宮と優秀選手に”. 西日本スポーツ (2018年7月13日). 2019年3月10日閲覧。
  9. ^ 2018年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2019年3月10日閲覧。
  10. ^ 侍が計4発で圧勝、岸里&周東&島田は今季公式戦初本塁打「うわ、入った…」”. Full-Count (2018年10月20日). 2019年3月10日閲覧。
  11. ^ ソフトバンク周東 新打法で支配下「奪Sh!」だ”. 日刊スポーツ (2018年12月30日). 2019年3月10日閲覧。
  12. ^ ソフトバンク育成の周東がA組抜てき「早く支配下」”. 日刊スポーツ (2019年1月29日). 2019年3月10日閲覧。
  13. ^ SBの158キロ左腕が4年ぶり支配下に 23歳「いだてん」も育成卒業”. 西日本スポーツ (2019年3月26日). 2019年3月26日閲覧。
  14. ^ 川原弘之投手、周東佑京選手との支配下選手契約について”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2019年3月26日). 2019年3月26日閲覧。
  15. ^ ソフトバンク育成の周東佑京、川原弘之と支配下登録”. 日刊スポーツ (2019年3月26日). 2019年3月26日閲覧。
  16. ^ “「最強打者」の森友哉が得点圏打率もトップ。全国に名を知らしめた周東佑京は盗塁成功率1位に【表彰されざるパ・リーグ打撃・走塁の記録】(2/2)”. THE DIGEST (日本スポーツ企画出版社). (2019年12月18日). https://thedigestweb.com/baseball/detail_2/id=7079 2019年12月18日閲覧。 
  17. ^ a b “ソフトバンク周東、盗塁で必要不可欠な5つの極意”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912180000696.html 2019年12月19日閲覧。 
  18. ^ 【プレミア12】MVPの鈴木は打率&打点&得点の“3冠”、周東が盗塁王 個人タイトル発表”. Full-Count (2019年11月17日). 2019年11月23日閲覧。
  19. ^ 足で稼いだ!ソフトバンク・周東、600万円から2000万円へ233%UP”. サンケイスポーツ (2019年12月4日). 2021年8月3日閲覧。
  20. ^ ソフトバンク周東お待たせ今季初盗塁!開幕31試合目” (日本語). 西日本スポーツ (2020年7月24日). 2020年11月17日閲覧。
  21. ^ “初猛打賞&2盗塁のソフトバンク周東が泣いた日 失意から救った「師匠」の気遣い”. 西日本スポーツ. (2020年9月19日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/646409/ 2021年6月24日閲覧。 
  22. ^ “ソフトバンク周東がオリックス山本由伸の連続無失点記録をストップ”. 西日本スポーツ. (2020年10月13日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/653973/ 2021年6月24日閲覧。 
  23. ^ “誰も止められないソフトバンク周東が初3盗塁、内野安打から1人で1点”. 西日本スポーツ. (2020年10月18日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/655567/ 2021年6月24日閲覧。 
  24. ^ “ソフトバンク・周東 育成出身最多42盗塁 「最後まで駆け抜けます」”. スポーツニッポン. (2020年10月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/23/kiji/20201023s00001173152000c.html 2021年6月24日閲覧。 
  25. ^ "【ソフトバンク】周東佑京が9試合連続、月間19盗塁で球団タイ記録 福本豊の11試合連続盗塁の日本記録も視野". スポーツ報知. 報知新聞社. 25 October 2020. 2020年10月25日閲覧
  26. ^ ソフトバンク・周東が11試合連続盗塁のプロ野球タイ記録、「世界の盗塁王」福本豊に並んだ” (日本語). スポニチアネックス (2020年10月28日). 2020年10月28日閲覧。
  27. ^ a b "ソフトバンク・周東 12試合連続盗塁のプロ野球新記録!「世界の盗塁王」福本豊超えた". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 29 October 2020. 2020年10月29日閲覧
  28. ^ 【ソフトバンク】周東佑京の連続試合盗塁が13でストップ「正直、少しだけホッとした」” (日本語). スポーツ報知 (2020年10月31日). 2020年10月31日閲覧。
  29. ^ “周東が盗塁王/規定打席不足の盗塁王一覧”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年11月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011100000060.html 2020年11月10日閲覧。 
  30. ^ “周東佑京の盗塁ラッシュを支える「名セコンド」の存在”. ニッポン放送. (2020年10月30日). https://news.1242.com/article/252424 2020年11月17日閲覧。 
  31. ^ “ソフトバンク周東やっと出た13打席目の初安打 再三の美技も披露”. 西日本スポーツ. (2020年11月24日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/667251/ 2021年6月24日閲覧。 
  32. ^ 鷹・周東は倍増4000万円「球団に届いたと思う」2度目交渉でサイン”. BASEBALL KING (2020年12月22日). 2021年8月3日閲覧。
  33. ^ ソフトバンク周東の足が生かせない また代走でけん制死...硬い表情でベンチ裏へ”. テレビ西日本 (2021年6月9日). 2021年9月4日閲覧。
  34. ^ ソフトバンク 周東が骨折で登録抹消 工藤監督「昨日は大丈夫と言っていたけど」”. デイリースポーツ (2021年6月11日). 2021年9月4日閲覧。
  35. ^ ソフトバンク・周東 “送球に支障”右肩負傷で登録抹消 工藤監督「今の感じだと守備は難しいというので」”. Sponichi Annex (2021年8月30日). 2021年9月4日閲覧。
  36. ^ 周東が右肩手術へ 今季復帰は絶望的、全治半年の可能性も 送球困難で苦渋の決断”. 西日本スポーツ (2021年9月7日). 2021年9月11日閲覧。
  37. ^ ソフトバンク周東、右肩手術が終了 復帰まで約6カ月で今季絶望に”. 西日本スポーツ (2021年9月11日). 2021年9月11日閲覧。
  38. ^ ソフトバンク周東、大幅ダウン覚悟もなぜ400万減? 三笠GMが語った評価の中身”. Full-Count (2021年12月2日). 2021年12月9日閲覧。
  39. ^ ソフトバンク・周東がプロ通算100盗塁 梅ちゃんバズーカかいくぐり大台に到達”. デイリースポーツ online (2022年6月7日). 2022年6月12日閲覧。
  40. ^ ソフトバンク首位返り咲き 周東が人生初サヨナラ弾 世代の星・松井裕に“下克上””. デイリースポーツ online (2022年6月19日). 2022年7月2日閲覧。
  41. ^ “【ソフトバンク】周東佑京、自身初の初回先頭打者本塁打「真っすぐを完璧に」初球とらえて4号”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年8月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202208040000801.html 2022年10月4日閲覧。 
  42. ^ “ソフトB・周東 またサヨナラ弾!!走攻守の主役に藤本監督最敬礼「周東デーですわ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年8月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/14/kiji/20220814s00001173078000c.html 2022年10月4日閲覧。 
  43. ^ “【ソフトバンク】周東佑京、400万円増でサイン「打率、出塁率。全体的に上げたい」意気込む”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年12月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202212120000394.html 2022年12月16日閲覧。 
  44. ^ 【ソフトバンク】周東佑京、400万円増の4000万円 来年3月のWBC“代走の切り札”としても期待”. スポーツ報知 (2022年12月12日). 2022年12月12日閲覧。
  45. ^ “稲葉ジャパンの秘密兵器・周東「プロは無理」から育成最短で代表選出…才能信じた恩師の存在”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年11月9日). https://hochi.news/articles/20191109-OHT1T50215.html 2019年11月10日閲覧。 
  46. ^ "【ソフトバンク】周東佑京が結婚を発表「幸せな家庭を築けるよう頑張りたい」". スポーツ報知. 報知新聞社. 28 July 2020. 2020年7月28日閲覧
  47. ^ ソフトバンク周東が結婚 育成時代から支え、年上一般女性と遠距離恋愛実った”. 西日本スポーツ (2020年7月28日). 2021年6月11日閲覧。
  48. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2018 表彰選手”. 日本野球機構. 2019年3月10日閲覧。
  49. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]