野田昇吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野田 昇吾
Noda(lions).jpg
2018年2月9日 宮崎・南郷キャンプにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県糸島市
生年月日 (1993-06-27) 1993年6月27日(27歳)
身長
体重
166 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト3位
初出場 2016年6月28日
最終出場 2020年8月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017 野球

野田 昇吾(のだ しょうご、1993年6月27日 - )は、福岡県糸島市出身[1][2]の元プロ野球選手投手)。左投左打。妻は声優佳村はるか[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

5歳の時に雷山スポーツ少年団野球部を始め、糸島市立前原中学校時代は硬式の伊都ベースボールクラブに所属していた[1]。なお、3歳の時に野球をやるなら左利きの方が有利との理由で、父親の指導のもと右利きだったのを左利きに矯正した[4]

鹿児島実業高等学校では、2年生の第92回全国高等学校野球選手権大会・全国大会で救援で2試合に登板、計7回を投げ被安打9、奪三振5、与四死球4、自責点3、防御率3.86の成績だった[5]。11月に開催された第41回明治神宮野球大会では、3試合に先発し、25回1/3を投げ被安打22、奪三振16、与四死球15、自責点6、防御率2.13の成績だった[6]。3年生の第83回選抜高等学校野球大会では、3試合に先発し、計27回を投げ被安打27、奪三振23、与四死球12、自責点6、防御率2.00の成績だった[7]第93回全国高等学校野球選手権大会は、鹿児島大会の準決勝で敗退した[8]。その後、第9回AAAアジア野球選手権大会の日本代表に選出され[9]、対台湾戦では2番手で5回を投げ無失点だった[10]。この大会ではオールスターメンバーに選ばれた[11]

高校卒業後は西濃運輸に入社。1年目の第38回社会人野球日本選手権大会では1回戦に3番手で登板し、1/3回を投げ与四死球3、自責点1の成績だった[12]。4年目、第86回都市対抗野球大会の2回戦に3番手で登板し、0/3回を投げ被安打2、与四死球1、自責点1の成績だった[13]。2015年のドラフト後に行われた第41回社会人野球日本選手権大会では2回戦で先発し、5回1/3を投げ被安打6、与四死球1、奪三振3、自責点1の成績だった[14]

2015年10月12日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズから3巡目で指名を受け[15]、契約金6,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[16]。背番号は「23」に決まった[17]。なお、入団時の身長167cmは、谷元圭介石川雅規と並んで現役プロ野球の投手の中では最低身長[16]

西武時代[編集]

2016年6月27日に出場選手登録され[18]、翌28日の対北海道日本ハムファイターズ戦において3点ビハインドの8回裏に3番手でプロ初登板し、1回を投げ被安打1、奪三振3、無失点だった[19][20]。7月3日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では同点の5回無死の場面で登板し、2/3回を投げ無失点で初ホールドを記録した[21]。この年は22試合に登板し、4ホールド、防御率3.93の成績だった。オフに本田圭佑駒月仁人と共に、オーストラリアン・ベースボールリーグメルボルン・エイシズに加わり、オーストラリアウィンターリーグに参加した[22][23]

2017年は開幕を一軍で迎えた[24]。5月2日の対福岡ソフトバンクホークス戦では4回裏に2番手で登板、5回裏に中村晃に対する肩付近への死球が危険球と見なされ、退場した[25]。9月5日の対千葉ロッテマリーンズ戦では1点リードの7回表二死二塁の場面に2番手で登板、1/3回を投げ同点打を許したが、裏の攻撃でチームが勝ち越したため、プロ初勝利を挙げた[26][27]。オフ10月28日に怪我で辞退した山岡泰輔の代替選手として第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出された[28]

2018年は左打者キラーとして自己最多の58試合に登板し、1勝1敗1セーブ19ホールドを記録し、リーグ優勝に貢献。契約更改の場では推定年俸75%以上アップとなる3000万円を提示されるほどの好評価を得たが、野田自身は「個人としては苦しい時の方が多かったかなというシーズンでした」「50試合投げましたが、『投げさせてもらった』という感覚」と自己評価を厳しく持ち、来季以降のさらなる活躍を誓った[29]

2019年は同じく左投手の小川龍也が台頭し、自身の不調も重なったことで登板数は23試合に減少[30]。防御率3.66で2ホールドにとどまった。

2020年1月1日、声優の佳村はるかと結婚したことを発表し、「家族ができ、より一層責任感を持ち、今年は一軍で活躍する姿を見せ、僕が支えていきたいと思います」とコメントした[3]。しかし、そのコメントとは裏腹にこの年の一軍登板は自己最少の3試合のみに終わり[31]、二軍でも30試合の登板で1勝1敗1セーブ、防御率5.00という低調な成績に終わった[32]。シーズン後は第17回みやざきフェニックス・リーグに参加していたものの[33]、開催3日目に離脱することになり[34]、11月13日、球団より戦力外通告を受けた[31][35]。一軍公式戦登板数が少なかったことで、この年より参加したドナルド・マクドナルド・ハウスへの寄付額(詳細後述)が僅かになってしまったため、来季の登板数を増やして寄付額を増やすことを目標に掲げたばかりであった[36]。現役続行を目指し、12月7日12球団合同トライアウトに参加[31][37]。シートバッティング形式の対戦で3人の打者に対して被安打1、最高球速は138km/hといった内容で「緊張感ある中で、自分の投球はできたと思います。あとは連絡を待つだけです」と話したが[38]、手を挙げる球団はなく、14日に現役引退を表明した[39]

選手としての特徴[編集]

直球の最速は148km/h[40]。変化球はスライダーシュートなどを投げる[40]

サウスポーであるが、本来は右利き。これはプロ野球選手を目指させるうえで、父親が変えさせたものである[41]

人物[編集]

生後7ヶ月のときに川崎病を発症するも、適切に早期治療が行われたため後遺症はなかった[36]。この経験から、西武時代のチームメイトの増田達至中村剛也が2019年より行っている埼玉県立小児医療センター内の家族宿泊施設「さいたまハウス」への寄付に、野田も2020年から参加した。一軍公式戦1登板ごとに5千円を寄付することになっていた。[42]

5年間所属した埼玉西武ライオンズには大きな愛着を示しており、2020年に戦力外を受けた際、自身のTwitterを更新し、「ずっと西武ライオンズで野球がしたいと思っていましたが、その夢は叶わず」「やっぱり西武ライオンズが好きなんだよなー!素晴らしい監督、コーチ、裏方さんに大好きな先輩後輩。そして大好きなファン。もう一緒に野球できないのが辛いんだよなー。これが人生か…」と綴った[37]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 西武 22 0 0 0 0 0 0 0 4 .000 80 18.1 21 1 5 0 1 15 0 0 8 8 3.93 1.42
2017 38 0 0 0 0 1 0 0 1 1.000 143 36.1 21 1 15 0 1 26 2 2 8 8 1.98 0.99
2018 58 0 0 0 0 1 1 1 19 .500 181 41.0 36 7 24 0 4 40 2 0 17 16 3.51 1.46
2019 23 0 0 0 0 2 0 0 2 1.000 84 19.2 14 1 9 0 3 10 0 0 8 8 3.66 1.17
2020 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 2 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 3.00
通算:5年 144 0 0 0 0 4 1 1 26 .800 494 116.1 94 10 54 0 9 92 4 2 41 40 3.09 1.27
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2016 西武 22 0 2 0 1 1.000
2017 38 3 10 0 2 1.000
2018 58 2 6 1 1 .889
2019 23 1 5 0 0 1.000
2020 3 0 0 0 0 ---
通算 144 6 23 1 4 .967
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 23 (2016年 - 2020年)

代表歴[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 西武ライオンズにドラフト3位指名された野田昇吾投手がプロ入りを報告してくださいました 福岡県糸島市ホームページ WEB市長室 2015年12月28日掲載
  2. ^ 2016プロ野球12球団全選手カラー百科名鑑 廣済堂出版発行(ISBN 978-4-331-80325-7) 78頁
  3. ^ a b 西武野田が声優の佳村はるかと結婚「一層責任感を」”. 日刊スポーツ (2020年1月1日). 2020年1月1日閲覧。
  4. ^ 鹿実167cmエース野田が13K/センバツ 日刊スポーツ 2011年3月31日紙面から
  5. ^ 第91回高校野球選手権 8月13日第2試合結果8月16日第4試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  6. ^ 明治神宮鎮座90年記念 第41回明治神宮野球大会 2回戦 鹿児島実業 - 明徳義塾準決勝 鹿児島実業 - 大垣日大決勝 鹿児島実業 - 日大三 公益財団法人 日本学生野球協会
  7. ^ 第83回選抜高校野球 3月27日第2試合結果3月30日第2試合結果4月1日第2試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  8. ^ 第93回全国高等学校野球選手権大会地区大会 鹿児島県大会の結果 スポニチ Sponichi Annex
  9. ^ 高校日本代表に釜田、歳内、北方ら18人を選出 スポニチ Sponichi Annex 2011年8月21日掲載
  10. ^ 鹿実・野田が度胸満点の好救援/高校野球 日刊スポーツ 2011年8月30日掲載
  11. ^ 高橋がアジアのMVPに輝く/高校野球 日刊スポーツ 2011年9月1日掲載
  12. ^ 第38回 日本選手権 本大会 11月6日 京セラドーム大阪 第1試合 1回戦 公益財団法人 日本野球連盟
  13. ^ 第86回 都市対抗 本大会 7月24日 東京ドーム 第1試合 2回戦 公益財団法人 日本野球連盟
  14. ^ 第41回 日本選手権 本大会 11月4日 京セラドーム大阪 第2試合 2回戦 公益財団法人 日本野球連盟
  15. ^ 2015年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年10月22日配信
  16. ^ a b 現役最小兵167センチ、西武ドラ3野田は杉内が手本 日刊スポーツ 2015年11月20日紙面から
  17. ^ 本日12/11「2015ドラフト新入団選手発表会」を実施! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年12月11日配信
  18. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2016年6月 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  19. ^ 西武ドラ3左腕、野田がデビュー 1回1安打無失点に「緊張した」 スポニチ Sponichi Annex 2016年6月28日掲載
  20. ^ 2016年6月28日 北海道日本ハム 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  21. ^ 2016年7月3日 楽天イーグルス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  22. ^ ABL(オーストラリア ベースボールリーグ)参加選手について 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年11月7日掲載
  23. ^ オールスターゲームで日本人選手バッテリーが実現! 第6回オーストラリアレポートは今季最終回!! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年12月27日掲載
  24. ^ 2017年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2017年3月29日掲載
  25. ^ 西武投手陣14失点「受難の日」野田は危険球で退場 日刊スポーツ 2017年5月2日掲載
  26. ^ 喜べなかったプロ初勝利…西武野田、鍛錬の日々 日刊スポーツ 2017年9月13日掲載
  27. ^ 2017年9月5日(火)埼玉西武 vs 千葉ロッテ 成績詳細(出場選手成績) 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  28. ^ 「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」日本代表の出場選手変更について 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月27日) 2017年11月5日閲覧
  29. ^ “西武野田は1300万円増も、永江&呉&水口はダウン「優勝しましたが…」”. Full-Count. (2018年12月4日). https://full-count.jp/2018/12/04/post260661/ 2020年11月3日閲覧。 
  30. ^ “リーグV2も最悪防御率…来季はドラ1松本航、野田ら若手台頭に期待…西武19年投手陣”. Full-Count: p. 4. (2019年12月28日). https://full-count.jp/2019/12/28/post647118/4/ 2020年11月3日閲覧。 
  31. ^ a b c “西武野田、国場、永江、森越、水口が戦力外通告”. 日刊スポーツ. (2020年11月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011130000223.html 2020年11月13日閲覧。 
  32. ^ 2020年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年11月3日閲覧。
  33. ^ “西武内海、岸、榎田ら フェニックスリーグ参加選手”. 日刊スポーツ. (2020年11月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011060000620.html 2020年11月13日閲覧。 
  34. ^ “西武がフェニックスリーグのメンバーを入れ替え”. BASEBALL KING. (2020年11月10日). https://baseballking.jp/ns/254814 2020年11月13日閲覧。 
  35. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について”. 埼玉西武ライオンズ (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  36. ^ a b 野田昇吾 [@n_shogo23] (12 November 2020). "中村さん、増田さんの活動に心を打たれて今年から始めさせて頂きました。" (ツイート). Twitterより2002年11月13日閲覧
  37. ^ a b “戦力外通告の西武・野田 ライオンズ愛も「悔しくてたまりません」「これが人生か…」”. デイリースポーツ online. (2020年11月13日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/11/13/0013862789.shtml 2020年11月16日閲覧。 
  38. ^ “新庄氏ら56人参加/2020合同トライアウト詳細 - プロ野球ライブ速報”. 日刊スポーツ. (2020年12月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012050000082.html 2020年12月15日閲覧。 
  39. ^ “西武野田が引退を決断「次のステージに向かいたい」”. 日刊スポーツ. (2020年12月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012140000637.html 2020年12月15日閲覧。 
  40. ^ a b 強心臓が武器の小さな左腕。「ピンチが大好き」西武・野田 昇吾が挑む世界の舞台。”. 高校野球ドットコム. WoodStock (2017年11月19日). 2020年2月1日閲覧。
  41. ^ 野田昇吾 [@n_shogo23] (20 January 2021). "あの滅多に泣かない親父が??と思いましたが、息子にプロ野球選手という夢を託し、右利きサウスポーに変えた親父。その息子がもう野球をやっていない事が信じられないのかな…" (ツイート). Twitterより2021年2月17日閲覧
  42. ^ “西武・増田、中村ら 埼玉県立小児医療センター内施設に計129万寄付”. SANSPO.COM. (2020年11月12日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20201112/lio20111214110002-n1.html 2020年11月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]