横山弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横山 弘樹
広島東洋カープ #24
Yokoyama-hiroki24.jpg
2018年8月28日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市
生年月日 (1992-03-12) 1992年3月12日(27歳)
身長
体重
187 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 育成ドラフト2位
初出場 2016年3月30日
年俸 80万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横山 弘樹(よこやま ひろき、1992年3月12日 - )は、宮崎県宮崎市出身のプロ野球選手投手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から軟式野球を始め、宮崎市立赤江東中学校では宮崎リトルシニアに所属。

宮崎日本大学高等学校では九州大会ベスト8が最高で、甲子園出場はなし。

桐蔭横浜大学では3年春からリーグ戦に出場し、4年時に全国日本大学野球選手権と神宮野球大会に出場。秋にはMVPも獲得した。リーグ戦通算6勝1敗。

NTT東日本に就職し野球を続け、1年目から公式戦に出場する。第85回都市対抗野球大会の若獅子賞を受賞した[2]

投球フォーム(2017年6月21日、タマホームスタジアム筑後にて)

2015年10月22日に行われたドラフト会議広島東洋カープから2位指名を受け、11月16日に契約金7500万円、年俸1350万円で合意した[3]

プロ入り後[編集]

2016年は開幕ローテーション入りを果たし、3月30日の対中日ドラゴンズ戦でプロ初登板・初先発を果たし、7回2/3を3失点で初勝利を挙げた。この年の新人で先発投手での勝利投手は一番乗りだった[4]仲尾次オスカルが中継ぎ投手として先に初勝利を挙げている。)。しかしその後は結果を残せず、5月6日の対横浜DeNAベイスターズ戦で3回4失点でプロ2敗目を喫して以降1軍での登板はなく、2019年10月2日に球団から戦力外通告を受けた[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 広島 6 5 0 0 0 2 2 0 0 .500 123 26.1 30 3 12 0 5 17 2 0 19 16 5.47 1.59
NPB:1年 6 5 0 0 0 2 2 0 0 .500 123 26.1 30 3 12 0 5 17 2 0 19 16 5.47 1.59
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2016 広島 6 3 3 0 1 1.000
通算 6 3 3 0 1 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 24 (2016年 - 2019年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年2月30日閲覧。
  2. ^ 西濃運輸 佐伯が初の橋戸賞 久慈賞の小野は若獅子賞もスポニチアネックス 2015年7月29日配信
  3. ^ 横山弘樹選手、契約交渉成立広島東洋カープ公式サイト 2015年11月16日
  4. ^ 広島の新星・横山弘樹の初登板を振り返る” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2019年11月1日閲覧。
  5. ^ 広島戦力外の横山「充実感もあった」現役続行へ意欲 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年11月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]