高橋直樹 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 直樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県佐伯市
生年月日 (1945-02-15) 1945年2月15日(72歳)
身長
体重
183 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト3位
初出場 1969年4月13日
最終出場 1986年5月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

高橋 直樹(たかはし なおき、1945年2月15日 - )は、大分県佐伯市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

経歴[編集]

中学時代は大分県全県の模試で26番になり、津久見高校普通科の入学試験ではトップの成績で合格。入学当初はオーバースローであったが、アンダースローに転向する[1]1963年夏の甲子園に出場。1回戦で中京商三輪田勝利と投げ合い3-4で逆転負け。1年下のチームメートに控え投手の池田重喜三塁手中村国昭がいた。翌年の一般入試で早稲田大学へ進学、三輪田と大学同期となる。東京六大学リーグでは八木沢荘六、三輪田の控えに回り、12試合に登板して2勝2敗。1966年春季リーグでは田淵幸一に第6号の本塁打を喫した。1967年のドラフト3位で東映フライヤーズに指名される。ドラフトの交渉権を保留したまま日本鋼管に入社し、1968年都市対抗野球大会にエースとして出場、1回戦で三菱重工水島松岡弘に1-0で投げ勝つなど活躍した。

その後、ドラフト最終期限(1968年10月10日)前に東映フライヤーズへ入団。土橋正幸より背番号21を受け継ぐ。ゆったりした動きから手首を返し、握りを見せるフォームから繰り出すサイド気味のアンダースロー投手として2年目の1969年より先発ローテーションに定着。5月までに5勝、その後勝ち星から遠ざかるが、7月後半から8勝し、13勝を挙げ、チームのエースとなる。1973年6月16日の対近鉄戦で打者27人でのノーヒットノーランを達成する[2][3]。また、1974年8月18日には対近鉄戦で「先発してリードしたまま5回を投げた後で一度三塁手の守備をして、セーブが付く条件でリリーフ登板して9回まで投げてチームが勝利した」ことで、史上唯一の「一人で1試合の勝利投手とセーブ投手の両方を記録」を達成した(ルール改正により翌年から達成不可能となる[4])。1975年には17勝を挙げるなど、東映時代末期から長く不動のエースとして活躍。1979年の鳴門キャンプ時からはやさしい表情をカバーするため、口ひげを蓄えるようになり、それ以前から常用していたメガネとともにトレードマークとなっていた。これについては、「プロ入り10年で100勝の目標を達成したので『変わったことをやってみただけ』だ」[5]とも言う。同年4月のパ・リーグ初MVPを獲得、結局シーズン最多無四球試合11のパ・リーグ記録と20勝をマークする。監督の大沢啓二の抑え投手補強のチーム改革に沿う形で1981年江夏豊とのトレードで広島東洋カープへ電撃移籍[6]。20勝エースとリリーフエースとのトレードで大型トレードとして話題になる。当時大沢は高橋に投手陣の中心になることを期待しており、広島オーナーの松田耕平および監督の古葉竹識に江夏の獲得を申し入れた際、交換条件として高橋の名を挙げられると「高橋だけは出せません」と答えた[6]。しかし広島側は条件を譲らず、迷った末に決めたと後に記している。広島では2年間で2勝。1982年6月、古沢憲司大原徹也との交換トレードで西武ライオンズに移籍。大学の先輩である広岡達朗が監督のもと、再び慣れ親しんだパ・リーグで7勝を挙げ、ライオンズの所沢移転後初優勝・日本一に貢献。さらに翌年1983年には、13勝3敗で最優秀勝率のタイトルを獲得。1985年12月、トレードで読売ジャイアンツに移籍が決まり翌年加入。同年オフに他球団からのオファーはあったものの、自ら引退を決意。高橋の引退によって、日本プロ野球に所属する現役選手は、全員戦後生まれとなった。41歳まで現役を続けた。勝利数169のうち167をパ・リーグで挙げている。

引退後、1987年から1992年まで日本テレビラジオ日本解説者、1993年から1994年まで、大学の先輩で西武時代コーチであった近藤昭仁が監督に就任した横浜ベイスターズ一軍投手コーチを務めた。1995年から1996年までNHK・メジャーリーグ中継の解説を務め、1997年カンザスシティ・ロイヤルズにて日本人初の投手コーチに就任する。

いち早くメジャーリーグに目を向け、1998年からNHK・メジャーリーグ中継の解説がメインとなる。

2010年より2015年まで、流通経済大学硬式野球部のコーチを務めた。

人物[編集]

投手としての特徴[編集]

  • 通算でも6イニングに1個の割合でしか四死球を出さなかったように、抜群の制球力を武器に打者を料理した。
    • 水島新司の漫画『あぶさん』では、オールスターゲームのセ・パ対抗ホームラン競争で、主人公の景浦安武がピッチャーに高橋を指名し、高橋は見事なコントロールで景浦が得意とするインコースに投げ続けたため景浦はホームランを連発し、パリーグが勝利するという回がある。

その他[編集]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 東映
日拓
日本ハム
41 33 10 2 4 13 13 -- -- .500 884 223.0 196 17 31 0 6 122 2 1 81 60 2.42 1.02
1970 27 25 4 0 2 7 10 -- -- .412 626 153.0 138 25 25 3 3 66 0 0 75 68 4.00 1.07
1971 33 30 5 1 1 7 15 -- -- .318 728 176.1 182 24 35 2 3 68 0 1 97 83 4.24 1.23
1972 23 16 1 0 0 4 7 -- -- .364 399 95.2 92 18 24 4 2 54 1 2 55 47 4.42 1.21
1973 35 25 5 4 0 12 9 -- -- .571 692 171.1 157 17 31 3 8 67 0 2 67 63 3.31 1.10
1974 35 22 6 0 1 9 11 3 -- .450 750 187.2 165 18 34 6 7 119 1 1 76 67 3.21 1.06
1975 35 30 17 2 0 17 13 0 -- .567 1041 256.0 229 21 65 7 8 120 1 1 94 84 2.95 1.15
1976 32 32 19 2 2 13 14 0 -- .481 922 230.0 214 20 44 6 10 127 0 1 91 83 3.25 1.12
1977 36 36 19 2 4 17 17 0 -- .500 1101 278.2 235 29 39 5 11 160 3 1 106 92 2.97 0.98
1978 34 31 11 4 3 9 10 2 -- .474 946 234.0 230 16 28 4 8 107 1 0 90 75 2.88 1.10
1979 37 28 21 2 11 20 11 4 -- .645 1017 254.2 257 21 23 2 4 118 1 0 89 78 2.76 1.10
1980 30 23 9 2 1 10 9 1 -- .526 643 152.2 164 21 24 5 5 86 1 0 75 69 4.07 1.23
1981 広島 16 8 1 0 1 2 5 2 -- .286 272 66.0 70 9 10 1 1 42 0 0 34 29 3.95 1.21
1982 3 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 3.0 7 1 0 0 0 3 0 0 3 2 6.00 2.33
西武 17 13 3 2 0 7 2 1 -- .778 369 94.2 81 3 18 4 3 36 0 0 25 24 2.28 1.05
'82計 20 14 3 2 0 7 2 1 -- .778 384 97.2 88 4 18 4 3 39 0 0 28 26 2.40 1.09
1983 25 24 4 0 3 13 3 0 -- .813 583 142.2 137 15 23 4 4 37 0 1 54 48 3.03 1.12
1984 10 10 1 0 0 2 3 0 -- .400 186 43.2 52 13 7 0 1 21 0 1 35 34 7.01 1.35
1985 20 16 5 0 3 7 6 0 -- .538 401 101.1 104 10 10 1 3 35 0 0 52 49 4.35 1.13
1986 巨人 4 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 38 8.1 12 3 2 1 0 3 0 0 5 5 5.40 1.68
通算:18年 493 404 141 23 36 169 158 13 -- .517 11613 2872.2 2722 301 473 58 87 1391 11 12 1204 1060 3.32 1.11
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100勝:1978年4月9日、対阪急ブレーブス前期3回戦(後楽園球場)、9回3失点(自責点1)完投勝利 ※史上72人目
  • 1000奪三振:1978年8月26日、対ロッテオリオンズ後期11回戦(後楽園球場)、3回表にレロン・リーから ※史上56人目
  • 150勝:1983年6月15日、対近鉄バファローズ10回戦(西武ライオンズ球場)、9回1失点完投勝利 ※史上36人目
その他の記録
  • シーズン11無四球試合:1979年、※パ・リーグ記録
  • ノーヒットノーラン:1973年6月16日、対近鉄バファローズ前期9回戦(後楽園球場) ※史上47人目
  • オールスターゲーム選出:6回 (1975年、1977年 - 1980年、1983年)

背番号[編集]

  • 14 (1968年)
  • 21 (1969年 - 1980年)
  • 16 (1981年 - 1982年途中)
  • 17 (1982年途中 - 1985年)
  • 19 (1986年)
  • 77 (1993年 - 1995年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2014年12月1日号72、74p、ベースボール・マガジン社
  2. ^ このほか日本ハム時代に対阪急戦で1安打完投を2回達成。
  3. ^ この試合は日拓2安打、近鉄0安打で1試合両チーム合計安打数の最少タイ記録の試合でもある。
  4. ^ 当時のルールでは勝利・セーブの両方を認めない理由がないため高橋に両方が記録されたが、ルール改正によりセーブを記録する投手の条件として「勝ち投手の記録を得なかった投手」が入った(現行ルールでは高橋のようなケースではセーブが付かずに勝利のみが記録される)。
  5. ^ プロ野球を創った名選手・異色選手400人133P、新宮正春、米田厚彦、講談社、1999年、ISBN 978-4062645218、本人の談話による
  6. ^ a b 【11月10日】1980年(昭55) “優勝請負人”江夏、東京へ エースと守護神のトレード”. スポーツニッポン (2007年11月10日). 2012年9月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]