濵口遥大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この人物の表記には、主に以下のような表記揺れがあります。
  • 濱口遥大
  • 浜口遥大
濵口 遥大
横浜DeNAベイスターズ #26
20170402 haruhiro hamaguchi pitcher of the Yokohama DeNA BayStars,at Meiji Jingu Stadium.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県三養基郡基山町[1]
生年月日 (1995-03-16) 1995年3月16日(27歳)
身長
体重
173 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年4月2日
年俸 5830万円(2022年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

濵口 遥大(はまぐち はるひろ、1995年3月16日 - )は、佐賀県三養基郡基山町出身[1]プロ野球選手投手)。左投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。

DeNA入団後の愛称は、苗字と本拠地名(横浜スタジアム)にちなんだ「ハマのハマちゃん」[3]。なお、苗字の「濵」は環境依存文字であるため、「濱口」や「浜口」と表記されることもある。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

若基小学校1年生の時に軟式野球を始めると、5年生の時に投手へ転向。

基山中学校では軟式野球部に所属していた[1]が、この時は体が小さかったことから、投手は通用せず断念、ポジションはライトで打順も6、7番だった[4]。このようなことから、高校進学後は野球をやめるつもりでいたという[5]

しかし、佐賀県立三養基高等学校への進学後は中学時代の先輩に勧められて投手として硬式野球部へ入部[4]。1年秋の大会から控え投手で公式戦に出場すると、3年春の県大会では、エースとしてチームの準々決勝進出に貢献した。3年夏の選手権佐賀大会では、1回戦からの2試合で完封するとともに通算27イニングで31奪三振6失点を記録している。しかし3回戦で敗れ、在学中は春夏ともに甲子園球場での全国大会へ出場できなかった[1][5]

高校卒業後に神奈川大学へ進学すると、1年春からリーグ戦に登板。2年春の関東学院大学戦では先発で9回を2失点に抑えると、延長10回のタイブレーク中にストレートで自己最速の150km/hを計測した。在学中は、リーグ戦で通算51試合に登板。通算で359回1/3を投げて20勝(15完投7完封)16敗、防御率2.10を記録した。2年春・3年春のリーグ優勝を経て臨んだ全日本大学野球選手権では、2年時にチームの準優勝、3年時に準決勝進出に貢献している[1]。さらに、野球日本代表の一員として、2年夏にハーレムベースボールウィーク、3年夏にユニバーシアードの野球競技、4年夏に日米大学野球へ出場した。

2016年のNPBドラフト会議で、神奈川大学の地元球団でもある横浜DeNAベイスターズから1巡目で指名された。柳裕也明治大学)・佐々木千隼桜美林大学)の重複指名による抽選で交渉権を逃した末の指名であったが[6][注 1]、契約金9000万円、年俸1500万円(金額は推定)という条件で入団した[7][8]。背番号は26。入団会見では阪神タイガースのファンであったことを明かした。

DeNA時代[編集]

2017年は、オープン戦から先発で好投を続けた結果、セントラル・リーグの球団にドラフト1巡目で入団した新人選手でただ1人開幕一軍入りを果たした[9]。4月2日には、東京ヤクルトスワローズとの開幕カード第3戦(神宮球場)に、先発投手として公式戦にデビュー[10]。次に先発した4月9日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、左ふくらはぎの痙攣によって6回裏一死で降板したものの、1失点に抑えて公式戦初勝利を挙げた。一軍公式戦の開幕2カード目までに初勝利を挙げたDeNAの新人左腕投手は、前身球団を含めても59年ぶり3人目であった[3]。その後の公式戦では、主に髙城俊人とのバッテリーで、一軍の先発ローテーションの一角に定着。セ・パ交流戦では、先発した3試合全てで勝ち星を挙げ[11]規定投球回へ到達した日本人投手では全12球団トップ(外国人投手を含めれば2位)の防御率0.93を記録した[12]オールスターゲームにも監督推薦でセ・リーグの新人選手からただ1人選ばれていた[13]。しかし、オールスター前最後のリーグ戦であった7月12日の対広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)に先発したところ、左肩に違和感を覚え、プロ入り後最短の3回で降板[14]。翌7月13日には、出場選手登録を抹消されるとともに、同ゲームの出場を辞退した[15][注 2]。8月13日の対阪神戦に先発投手として一軍に復帰する[16]と、9月3日の対読売ジャイアンツ戦(横浜)でシーズン9勝目を挙げ、DeNAの大卒新人投手による一軍公式戦のシーズン勝利数記録を更新[17]。さらに、レギュラーシーズンの最終戦となった10月4日の対中日ドラゴンズ戦(横浜)では、7回1失点という内容で10勝目を挙げた。球団の新人投手が一軍公式戦で2桁勝利を挙げた事例は、川村丈夫1997年)の10勝以来20年ぶり。左投手としては、大洋ホエールズ時代の権藤正利1953年)・鈴木隆1958年)以来3人目だった[18]。チームのレギュラーシーズン3位で迎えたポストシーズン(PS)では、広島とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦(マツダスタジアム・10月19日)に先発投手としてPS初登板。1試合における投球数のCS最多記録(128球)や、CSで登板した同一投手による暴投数の1試合最多タイ記録(2暴投)を残しながら[19]も、7回2失点の好投でCSおよびPSでの初勝利を挙げた。新人投手によるCS初登板試合での先発勝利は史上4人目だが、DeNAの新人投手によるPSでの勝利はチーム史上初めて[20]であった。10月24日の第5戦には、レギュラーシーズンを含めてもプロ入り初の救援登板ながら、2回無失点の好投でホールドを記録[21]。チームは、セントラル・リーグ優勝の1998年以来19年ぶりに日本シリーズへの出場を決めた。福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、チームの3連敗で迎えた第4戦(11月1日・横浜)に先発として初登板を果たすと、四死球や振り逃げで4人の走者を出しながらも、8回表一死まで無安打無得点と好投。鶴岡慎也の安打(二塁打)で「1人の投手によるノーヒットノーラン[注 3]という日本シリーズ史上初の快挙を逃したものの、7回2/3を2安打無失点に抑える好投で、チームの19年ぶりのシリーズ勝利とチームの新人投手によるシリーズ初勝利につなげた[22]。さらに、3日後(11月4日)の第6戦(福岡 ヤフオク!ドーム)にも、CSに続いて救援要員としてベンチで待機[23]。自身の登板はなく、チームは延長11回サヨナラ負けでシリーズ制覇を逃したが、同シリーズの優秀選手賞を受賞した[24]新人王選考の記者投票では得票数は3位だったが、日本シリーズの終了後には新人特別賞を受賞。契約交渉では、同年の新人選手としては最高の年俸(推定4750万円)を球団から提示され、契約を更改した[25]

2018年は、オープン戦期間中の3月に日本代表オーストラリア代表の強化試合のメンバーに選出され、初の代表トップチーム選出となった[26]。しかし、春季キャンプから左肩の違和感が癒えないまま、強化試合への出場を辞退した[27]。その後も調整が遅れ、一軍公式戦へのシーズン初登板は5月12日の対ヤクルト戦(横浜)にまで持ち越された[28]。7月1日の対広島戦(横浜)には、3回表に先頭打者の田中広輔死球を与え、二死二・三塁から6番打者サビエル・バティスタへの申告敬遠制度による故意四球[注 4]で満塁策を講じた後に、7番打者・會澤翼から1番打者の田中まで4者連続で押し出し四球を献上。1人の投手による1イニング6与四球(セ・リーグ公式戦タイ記録)、1イニング5者連続与四球(NPB史上11人目の一軍公式戦タイ記録)、1イニング4者連続押し出し四球(NPB公式戦史上71年ぶり2人目、2リーグ分立後の1950年以降では初めての記録)を同時に記録し、1イニング7与四死球(田中への死球以外は全て与四球)を記録した[29]。一軍公式戦全体では19試合の登板で4勝5敗、防御率3.90という成績にとどまったが、シーズン終了後の11月には日本代表のトップチームへ改めて招集[30]日米野球および、日米野球に先駆けて開かれたチャイニーズタイペイ代表との壮行試合に登板した。

2019年は、公式戦を2年ぶりに一軍でスタート。4月10日の阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)では、7個の四球を出しながらも、安打は1回裏一死から糸原健斗に許しただけで、シーズン初勝利を一軍公式戦初完投・初完封で記録した。与四球7での1安打完封勝利はセ・リーグ公式戦初めての事例であった[31]。一軍公式戦全体では17試合の登板でチーム3位の6勝を記録。防御率3.17と前年よりも良化させて2完封も記録したが、2回未満で降板する試合が4試合もあった。

2020年は、3月20日に大学時代から約4年間交際し続けた一般女性との結婚を発表[32]。また、ルーキーイヤーにバッテリーを組んでいた高城俊人がDeNAに復帰し、再びバッテリーを組むこととなった。開幕からローテーションを守っていたが、10月に2試合連続で2回途中降板し、同11日に抹消。そのままシーズンを終えた[33]。 16試合登板、6勝5敗、防御率4.60と苦しいシーズンに終わった。12月16日に年俸5500万円(前年から現状維持)で契約更改した[34]

2021年は、3月26日の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で自身初の開幕投手を務めたが、3回6失点で降板し敗戦[35]。さらに開幕3連敗を喫し、初勝利は6試合目の4月29日だった。 その後は先発陣が苦しむ中孤軍奮闘し、6月11日の北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)では自己最多の138球を投じて2年ぶりの完封勝利を挙げた[36]。しかし6月25日の阪神戦(甲子園)での登板中に左脇腹の炎症を起こし、翌日に登録抹消[37]。後半戦は一軍に復帰するも3連敗を喫し、9月1日に出場選手登録を抹消[38]され、そのままシーズンを終えた。最終的に17試合登板、5勝7敗、防御率3.94の成績を記録した。11月23日には330万円増の推定年俸5830万円で契約更改した[39]

2022年は、ローテーションの一角として3月31日の中日戦(バンテリンドーム)で初登板し、8回無失点の好投で1勝目を挙げたが[40]、チーム内で新型コロナウィルスの感染が広がり、濱口も4月7日に陽性が確認され登録抹消となった[41]。先発復帰登板となった5月26日のソフトバンク戦(横浜スタジアム)で5回3安打1失点で勝ち投手となり、交流戦通算では藤川球児以来15年ぶり史上4人目の負け無しの7連勝を記録した[42]

選手としての特徴[編集]

身長173cmと投手としては小柄ながら、オーバースロー[43]から繰り出す最速151km/h(プロ入り後の最速は150km/h[44])のストレート[9]とブレーキの効いた120km/h前半のチェンジアップ[45]が持ち味。変化球では、チェンジアップを勝負球に使う一方で、カウントやゴロを奪う際には130km/h後半のスラッター(本人曰く「速スラ」)を投げ[46]、その他にもフォーク[5]ナックルカーブ[47]などの球種も織り交ぜている。その一方で、腕を強く振ることにこだわるあまり、制球が乱れ、「暴れ馬」と称されるほど与四死球が多い[48]

大学時代にも神奈川大学野球リーグ戦で登板していたDeNAの本拠地・横浜スタジアム[49]や、甲子園球場との相性が良い。横浜スタジアムでは、DeNA1年目の2017年に、レギュラーシーズン8試合の登板で5連勝(無敗)と防御率2.19を記録。日本シリーズの第4戦で、ポストシーズンにおける初登板・初先発・初勝利を同時に記録した。甲子園球場での対阪神戦では、DeNA3年目の2019年にプロ初完封勝利を達成するまで、5試合の先発登板で3勝を挙げている[31]。しかし、横浜では2年目以降なかなか勝ち星を挙げることができず、3年目の2019年7月17日・広島戦で勝利投手になるまで7連敗・651日間勝ち星から遠ざかっていた[50]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 DeNA 22 22 0 0 0 10 6 0 0 .625 546 123.2 116 9 69 0 2 136 9 1 54 49 3.57 1.50
2018 19 18 0 0 0 4 5 0 1 .444 416 94.2 92 9 48 2 3 97 6 0 42 41 3.90 1.48
2019 17 16 2 2 0 6 5 0 1 .545 341 82.1 59 8 38 1 3 85 1 0 33 29 3.17 1.18
2020 16 16 0 0 0 6 5 0 0 .545 363 78.1 84 8 47 1 3 67 4 0 43 40 4.60 1.67
2021 17 17 1 1 0 5 7 0 0 .417 387 91.1 73 8 52 1 3 84 5 0 42 40 3.94 1.37
2022 19 19 0 0 0 8 7 0 0 .533 464 112.1 104 8 33 1 2 88 3 1 42 42 3.36 1.22
通算:6年 110 108 3 3 0 39 35 0 2 .527 2517 582.2 528 50 287 6 16 557 28 2 256 241 3.72 1.40
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2017 DeNA 22 7 18 0 1 1.000
2018 19 4 19 1 1 .958
2019 17 0 15 1 2 .938
2020 16 4 11 1 1 .938
2021 17 8 8 0 1 1.000
2022 19 6 19 0 3 1.000
通算 110 29 90 3 9 .975
  • 2022年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 26(2017年 - )

登場曲[編集]

  • 「On Our Way」The Royal Concept(2017年 マウンド時)
  • 「踊LOCCA~around the world 新たなる冒険~」C&K(2017年 - 打席時)
  • 「The Greatest Show」from The Greatest Showman Soundtrack(2018年 - マウンド時)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 柳は抽選で交渉権を得た中日ドラゴンズに、佐々木は千葉ロッテマリーンズに入団している。
  2. ^ 濱口の代わりにチームメイトの井納翔一が補充選手として選出された。
  3. ^ 日本シリーズでは中日が2007年の第5戦(ナゴヤドーム)で山井大介→岩瀬仁紀の継投による完全試合(参考記録)を達成している。ちなみに、山井はこの試合で、日本シリーズに先発した投手の連続無安打イニング記録(8回)も達成。濱口が記録した7回1/3連続無安打は、1962年第2戦の村山実(阪神)、1991年第4戦の佐々岡真司(広島)に並ぶ歴代2位の記録である。なお、打った鶴岡は2007年の試合でもスタメンマスクを被っている(2打席で途中交代)。
  4. ^ NPBでは、2018年の公式戦から申告敬遠制度を導入。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e ドラフト注目株 濱口遥大投手(神奈川大、基山町出身)”. 佐賀新聞 (2016年10月18日). 2017年1月7日閲覧。
  2. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月23日閲覧。
  3. ^ a b ““外れの外れ1位”ハマの浜ちゃん 釣ったプロ1勝 左足つる直前まで熱投”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年4月9日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/10/kiji/20170410s00001173046000c.html 2017年6月14日閲覧。 
  4. ^ a b DeNA浜口「夢先生」として授業 熱い口調で中学生に訴える”. デイリースポーツ (2017年12月12日). 2017年12月13日閲覧。
  5. ^ a b c 神奈川大・浜口「止まる」チェンジアップで1位候補”. 日刊スポーツ (2016年10月7日). 2017年1月7日閲覧。
  6. ^ DeNA外れ外れ1位で神奈川大・浜口を指名”. 日刊スポーツ (2016年10月20日). 2017年1月7日閲覧。
  7. ^ DeNAドラ1・浜口が仮契約 「責任をもって頑張りたい」”. デイリースポーツ (2016年11月8日). 2017年1月7日閲覧。
  8. ^ DeNAドラフト1位、濵口遥大投手「2桁勝って新人王を」”. 佐賀新聞 (2016年12月29日). 2017年1月7日閲覧。
  9. ^ a b “DeNA浜口「結果こだわる」セ1位で唯一開幕1軍”. 日刊スポーツ. (2017年3月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1798732.html 2017年6月21日閲覧。 
  10. ^ “DeNAのドラフト1位・浜口、今季の新人白星一番乗りはお預け 球団史上初の快挙も逃す”. サンケイスポーツ. (2017年4月2日). https://www.sanspo.com/article/20170402-3T3W4JIPLRLHXAU4NQZIIATRAM/ 2017年6月16日閲覧。 
  11. ^ “DeNA浜口5勝 ルーキー支える“専属捕手”高城”. 日刊スポーツ. (2017年6月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1840274.html 2017年6月21日閲覧。 
  12. ^ “2017年交流戦 個人投手成績(規定投球回以上)”. 日本野球機構. (2017年6月19日). https://npb.jp/bis/2017/stats/pit_inter.html 2017年6月21日閲覧。 
  13. ^ マイナビオールスターゲーム2017 出場者”. 日本野球機構 (2017年7月3日). 2017年7月4日閲覧。
  14. ^ DeNA浜口、最短降板…左肩違和感で抹消、球宴も辞退”. デイリースポーツ (2017年7月13日). 2017年7月13日閲覧。
  15. ^ DeNA浜口が左肩違和感で球宴辞退、代替に井納”. 日刊スポーツ (2017年7月13日). 2017年7月13日閲覧。
  16. ^ 阪神、DeNA浜口に見えない攻略糸口今季3戦全敗”. 日刊スポーツ (2017年8月14日). 2017年8月14日閲覧。
  17. ^ DeNA浜口、大卒新人球団新の9勝目「もっともっと頑張ります」”. スポーツニッポン (2017年9月3日). 2017年9月4日閲覧。
  18. ^ DeNA・濱口が20年ぶりの球団新人10勝に到達!高卒ルーキー細川は2戦連続決勝弾”. ベースボールチャンネル (2017年10月4日). 2017年10月4日閲覧。
  19. ^ 2017年10月19日(木) 広島 vs DeNA ~マツダスタジアム~試合詳細”. TBSラジオ エキサイトベースボール (2017年10月19日). 2017年10月21日閲覧。
  20. ^ 浜口がDeNA初新人CS白星!下克上男が反撃演出”. 日刊スポーツ (2017年10月20日). 2017年10月21日閲覧。
  21. ^ ラミレス監督、3番手ルーキー浜口を初の中継ぎ起用”. 日刊スポーツ (2017年10月24日). 2017年10月25日閲覧。
  22. ^ “ハマの浜ちゃん”日本シリーズ初登板初勝利 8回1死まで無安打「高城さんのおかげ」”. スポーツニッポン (2017年11月6日). 2017年11月1日閲覧。
  23. ^ マシンガン継投再び!DeNA浜口が中継ぎ待機へ”. 日刊スポーツ (2017年11月6日). 2017年11月4日閲覧。
  24. ^ 表彰選手 | SMBC日本シリーズ2017 |日本野球機構” (2017年11月5日). 2017年11月5日閲覧。
  25. ^ DeNA浜口4750万!新人王越え評価に「緊張」”. 日刊スポーツ (2017年12月7日). 2017年12月7日閲覧。
  26. ^ 侍ジャパン強化試合「日本 vs オーストラリア」メンバーに今永選手・濵口選手が選出”. 横浜DeNAベイスターズ (2018年7月2日). 2018年2月22日閲覧。
  27. ^ 【侍ジャパン】DeNA浜口、左肩違和感で離脱 追加招集はなし”. スポーツ報知 (2018年3月3日). 2019年1月5日閲覧。
  28. ^ 【DeNA】浜口、今季初登板は5回5失点「次回登板まで修正したい」”. スポーツ報知 (2018年7月2日). 2018年5月12日閲覧。
  29. ^ DeNA浜口「力不足」71年ぶり4連続押し出し”. 日刊スポーツ (2018年7月2日). 2018年2月2日閲覧。
  30. ^ 出場選手 | 2018日米野球 | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. 2019年1月5日閲覧。
  31. ^ a b DeNA浜口セ初珍事の初完封 阪神ファンうなった”. 日刊スポーツ (2018年4月10日). 2019年4月11日閲覧。
  32. ^ DeNA浜口が仲里依紗似の女性と結婚、交際約4年”. 日刊スポーツ (2020年3月20日). 2022年2月20日閲覧。
  33. ^ DeNA浜口、現状維持5500万円で妻に“謝罪”「ケツ叩いて励ましてくれた、申し訳ない」”. Full-Count (2020年12月16日). 2022年2月20日閲覧。
  34. ^ DeNA浜口、現状維持5500万円で妻に"謝罪"「ケツ叩いて励ましてくれた、申し訳ない」”. Full-Count (2020年12月16日). 2021年7月21日閲覧。
  35. ^ DeNA浜口3回6失点KO 5四球…大城に被弾”. 日刊スポーツ (2021年3月26日). 2022年2月20日閲覧。
  36. ^ DeNA・浜口が2年ぶりの完封勝利 チームは交流戦勝ち越し”. デイリースポーツ (2021年6月11日). 2022年2月20日閲覧。
  37. ^ 【DeNA】浜口遥大が左脇腹の炎症で登録抹消、全治は不明 三浦大輔監督「大事を取って」”. スポーツ報知 (2021年6月26日). 2022年2月20日閲覧。
  38. ^ DeNA 開幕投手の浜口を出場選手登録抹消”. スポニチ Sponichi Annex (2021年9月1日). 2022年2月20日閲覧。
  39. ^ 【DeNA】浜口遥大330万円増の5830万円サイン 開幕リベンジ宣言「目指したい」初開幕も3回KO”. スポーツ報知 (2021年11月23日). 2022年2月20日閲覧。
  40. ^ 【DeNA】浜口遥大8回0封で今季初勝利「小谷の教え」身に付け変化 昨年5勝から反撃の年へ”. 日刊スポーツ (2022年4月1日). 2022年5月16日閲覧。
  41. ^ 【DeNA】浜口遥大がコロナ陽性からチーム合流”. スポーツ報知 (2022年4月15日). 2022年5月16日閲覧。
  42. ^ 【DeNA】浜口遥大、交流戦通算で無傷の7勝目 阪神藤川球児以来15年ぶり4人目”. 日刊スポーツ (2022年5月26日). 2022年5月27日閲覧。
  43. ^ DeNA・浜口、崖っぷちのチーム救う 7イニング2/3無失点の快投”. 中日スポーツ (2017年11月2日). 2019年4月11日閲覧。
  44. ^ DeNAドラフト1浜口プロ初勝利 2度目挑戦で決めた!ラミレス監督も大絶賛”. デイリースポーツ (2017年4月10日). 2021年7月21日閲覧。
  45. ^ 【DeNA】ドラフト1位浜口、細かい制球に苦しみ6回4失点で降板 勝敗は付かず”. スポーツ報知 (2017年4月2日). 2017年6月19日閲覧。
  46. ^ DeNA濱口遥大の変化と大事な幹。今永昇太と並ぶ先発ローテの軸に。”. Number Web (2020年6月8日). 2020年6月27日閲覧。
  47. ^ DeNA浜口3勝 高城の教えナックルカーブ封印”. 日刊スポーツ (2017年5月31日). 2017年6月19日閲覧。
  48. ^ DeNA・濱口遥大 モデルチェンジした暴れ馬”. 週刊ベースボール (2019年2月25日). 2019年4月11日閲覧。
  49. ^ DeNA浜口で虎退治「阪神戦×ハマスタ」で不敗”. 日刊スポーツ (2017年9月27日). 2017年11月2日閲覧。
  50. ^ DeNA・浜ちゃん 新人時代以来651日ぶりハマスタ勝利「またこうしてここに立ててすごくうれしい」”. スポーツニッポン (2019年7月17日). 2019年7月17日閲覧。
  51. ^ 浜口 遥大 選手に基山町町民栄誉賞を授与いたします”. 基山町 総務企画課 (2017年11月28日). 2017年12月3日閲覧。
  52. ^ “DeNA・ラミレス監督「誇れる記録ではまったく、ない」 4連続押し出し四球の浜口に”. サンケイスポーツ. (2018年7月1日). https://www.sanspo.com/article/20180701-TMNOHXFKHRIW7BXCZSPUXCPNZA/ 2018年7月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]