大山悠輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大山 悠輔
阪神タイガース #3
Ohyama(tigers).jpg
2018年5月12日、マツダスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県下妻市
生年月日 (1994-12-19) 1994年12月19日(26歳)
身長
体重
181 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手外野手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年6月23日
年俸 1億円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大山 悠輔(おおやま ゆうすけ、1994年12月19日 - )は、茨城県下妻市出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投右打。阪神タイガース所属。2021年シーズンより阪神のチームキャプテンを務める[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

下妻市立宗道小学校1年時に軟式野球チーム「宗道ニューモンキーズ」に入団、投手内野手として野球を始め、下妻市立千代川中学校では軟式野球部に所属[3]。高校進学に際しては県内の強豪校からの誘いがあったが、憧れの存在であった2学年上の塚原頌平がいたことや[4]、野球部監督の沢辺卓己の誘いもあり[5]つくば秀英高等学校へ進学。進学後は、1年時から投手兼遊撃手をつとめ、通算27本塁打を打った[3]。2学年上に塚原、同学年に中塚駿太がいたが、在学中には春夏とも甲子園球場での全国大会に出場できなかった。

高校卒業後は、中塚と共に白鷗大学へ進学。関甲新学生野球のリーグ戦には、大学1年時の春から三塁手として出場すると、1年時の春季と2年時の秋季にベストナインへ選ばれた。4年時の春季リーグ戦では、打率.417、リーグ新記録の8本塁打、タイ記録の20打点を達成。本塁打王と打点王を獲得するとともに、三塁手として3度目のベストナイン選出を経験した[6]。リーグ戦では通算98試合に出場。119安打、16本塁打、93打点[7]を記録した。大学4年時の夏には第40回日米大学野球選手権大会日本代表に選出。全5試合に「4番・三塁手」としてスタメンで出場したものの、結果は15打数2安打1打点にとどまった。3学年下に大下誠一郎がいる。

2016年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから1巡目で単独指名。年俸1,500万円、契約金1億円に出来高分5,000万円(金額は推定)を加えた最高条件で入団した[8]。背番号は3で、担当スカウトは平塚克洋[9]。このドラフト会議では、中塚も埼玉西武ライオンズからの2巡目指名を経て入団している[10]

なお、ドラフト会議での指名直後には白鷗大学の4番打者として関東地区大学野球選手権へ出場。1回戦では、初回に逆転2点本塁打を打った[11]。2回戦では、延長10回のタイブレークから一死満塁で迎えた打席で三振に倒れ、チームは明治神宮野球大会への出場を逃した[12]

阪神時代[編集]

2017年オープン戦の途中まで一軍に帯同。9試合の出場で打率.333という成績を残した。しかし、一軍監督(当時)の金本知憲の意向や、チームの育成方針などとの兼ね合いから公式戦を二軍で迎えた[13]。6月23日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)5回表に代打で一軍公式戦にデビュー[14]。「5番・一塁手」でスタメン出場した7月1日の対東京ヤクルトスワローズ戦(阪神甲子園球場)では、原樹理からの決勝本塁打で公式戦初安打・初打点を記録。阪神の新人選手が一軍公式戦初安打を本塁打で記録した事例は、1987年八木裕以来30年ぶり7人目だった[15]。7月下旬以降の試合では、クリーンアップに起用される[16]一方で、左翼の守備も随時経験[17]。9月1日の対中日ドラゴンズ戦(甲子園)では、一軍公式戦で球団史上101人目の4番打者に抜擢された[18][19]、さらに、9月2日の同カードでも4番打者に起用されると、シーズン6号本塁打を打った。阪神の新人選手が一軍公式戦で4番打者としてスタメン起用されたのは1964年富恵一以来53年ぶり[20]で、本塁打を打った事例は、球団創設2年目の1937年以降では初めてあった[18]。以降の試合でも、4番打者としてスタメンに定着。レギュラーシーズンの最終戦だった10月10日の対中日戦(甲子園)では、プロ入り後初めて二塁手として出場すると、シーズン7号ソロ本塁打を打つなどの活躍で4打点を挙げた[21]。チームのシーズン2位で迎えた3位DeNAとのクライマックスシリーズファーストステージでは、「5番・一塁手」として全3試合にスタメンで出場。10月15日の第2戦では、本塁打を含む4打席連続安打を記録した。CSに出場した新人選手としては初めての記録で、阪神の新人選手によるCSでの本塁打も初めてだったが、三塁打を放てなかったためCS史上初のサイクルヒット達成までには至らなかった[22]。なお、チームはファーストステージで敗退したものの、大山は全試合で安打を記録。ステージ通算で13打数7安打4打点という好成績を残した[23]。同年は一軍公式戦の出場が75試合にとどまったにもかかわらず、セントラル・リーグ新人王選考の記者投票で京田陽太の208票に次ぐ49票を獲得。新人特別賞を受賞した濵口遥大の27票を上回った[24]。シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸2,500万円(前年から1,000万円増)という条件で契約を更改した[25]。また、秋季キャンプでは来シーズン以降の起用法の幅を広げるため、二塁手や遊撃手の練習にも取り組んだ[26]

2018年、春季キャンプでは二塁手の練習を行っていたが、不慣れなポジションでの守備が打力に悪影響を及ぼす可能性を首脳陣が憂慮し[27]、首脳陣が上記のコンバート案を再検討。鳥谷敬のポジションを二塁へ変更するとともに、大山を本職の三塁手として起用する方針へ変更した[28]。また、野球日本代表トップチームの監督を務める稲葉篤紀から高い評価を受け、石崎剛と共に日本代表のトップチームへ選ばれた。阪神の野手が日本代表のトップチームへ選出された事例は2013年第3回WBC代表チームに鳥谷が選出されて以来、5年ぶりだった[29][30]オープン戦期間中に開催されるオーストラリア代表との強化試合では、全2試合に出場した。シーズンでは、前年後半からの活躍やチーム事情の変化などを背景に、学生時代からの本職である三塁手へコンバート。3月30日には、読売ジャイアンツとのレギュラーシーズン開幕戦(東京ドーム)に「6番・三塁手」としてスタメンへ起用されると、3回表の第2打席で菅野智之からシーズン初本塁打を打った[31]。以降の試合でも三塁でのスタメン起用が続いたが、打撃不振に陥った影響で出場機会が徐々に減少[32]。4月29日の対広島戦(マツダ)でシーズン初めてスタメンを外れる[33]と、6月22日に出場選手登録を抹消された[34]。しかし、抹消後にウエスタン・リーグ公式戦8試合で打率.400、3本塁打、8打点を記録すると、7月3日に再登録を果たした[35]。8月が終了した時点で一軍公式戦の本塁打数は2本にとどまっていた[36]が、9月には1か月間で9本を打った。9月11日からの対中日3連戦(甲子園)では、同日に1試合2本塁打、12日に2試合連続本塁打を記録[37][38]。9月16日からの対DeNA2連戦(横浜スタジアム)では、同日に球団史上5人目の1イニング2本塁打[注 1]を含む全打席安打(6打数6安打3本塁打7打点)を[39][注 2][注 3]、17日に2試合連続本塁打[注 4]で自身初のシーズン2桁本塁打を達成した[40]。9月27日の対DeNA戦(甲子園)でプロ入り後初めて2番打者に起用されると、自身初のランニング本塁打を記録した。甲子園球場での一軍公式戦における阪神の選手のランニング本塁打は、1988年掛布雅之が記録して以来30年ぶりだった[注 5]。シーズン全体では、一軍公式戦117試合の出場で、打率.274、11本塁打、48打点を記録。シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸3,000万円(前年から500万円増)という条件で契約を更改した[42]

2019年、前年に続いて、オープン戦の期間中は日本代表としても活動。3月10日には、メキシコ代表との親善試合第2戦で「6番・三塁手」としてスタメン出場を果たした。この年から一軍監督へ就任した矢野燿大の方針でオープン戦から4番打者に固定され、3月29日のヤクルトとのレギュラーシーズン開幕戦(京セラドーム大阪)でも「4番・三塁手」としてスタメンに起用された。5月3日の対DeNA戦(甲子園)で、三嶋一輝からプロ入り初のサヨナラ安打を打った[43]。6月20日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(甲子園)では、2年連続のシーズン2桁本塁打を達成した。一軍のレギュラーシーズンで、阪神の生え抜き選手が開幕戦から4番打者として起用されながら2桁本塁打を記録した事例は、2003年濱中治以来16年ぶりである[44]。その後不調に陥り、8月10日の対広島戦(京セラ)で開幕戦から105試合連続で務めていた4番打者の座を新外国人のジェフリー・マルテに明け渡すことになった(「6番・三塁手」)[45]。しかし、この試合でヘロニモ・フランスアからプロ入り初のサヨナラ本塁打を放った[46]。8月下旬からシーズンが終了するまで8試合でスタメンを外れたほか、チームが最終戦で2年ぶりのCS進出を決めた9月も、月間打率.241・月間2本塁打にとどまった。レギュラーシーズンでは全143試合へ出場し自身初の規定打席到達を達成するとともに[47]、チームトップの14本塁打・76打点を記録したが、三塁手としてセ・リーグ最多の20失策を記録した[48]。CSでも打撃が振るわず、DeNAとのファーストステージ(横浜)と巨人とのファイナルステージ(東京ドーム)で1試合ずつ欠場したものの、10月11日のファイナルステージ第3戦で「7番・三塁手」としてスタメンに起用。7回表の第4打席にファイナルステージ初安打を内野安打で記録すると、同点で迎えた9回表の第5打席にソロ本塁打を打ったことによって、チームに同ステージ唯一の白星をもたらした[49]。シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸4,700万円(前年から1,700万円増)という条件で契約を更改した[50]

2020年、一塁手である新外国人のボーアが加入したことにより、昨年一塁を守ったマルテが三塁にコンバートし、大山と開幕スタメンの座を争うこととなった[51]。オープン戦では打率.378で首位打者に輝くアピールを見せるが[52]、開幕戦はマルテが三塁のレギュラーとなり、大山は開幕後の数試合はベンチスタートとなる。しかし、7月4日の対広島戦(マツダ)でマルテが試合中に負傷退場すると、代わりに入った大山が本塁打を放った。そこからシーズン終了までスタメンを明け渡すことなく、主に前年と同じく4番を務めた(サンズが好調の時期は5番に入っていた)。今シーズンは好調を維持し、9月5日の対巨人戦(甲子園)で自己最多となる15号本塁打を打つと[53]、9月8日の対DeNA戦(横浜)で自身初となる満塁弾を含む2打席連発の活躍を見せる[54]。9月18日の対中日戦(ナゴヤドーム)で本塁打を打ち、チームでは2017年の中谷将大以来となる20号に到達した[55]。シーズン終盤にかけて巨人・岡本和真らと本塁打王争いを繰り広げ[56]、一時は本塁打レースのトップに立っていたが[57]、その後18試合にわたって本塁打が出なかったことや[58]、シーズン終盤に岡本が本塁打を連発する活躍を見せたことで、最終的に3本差で本塁打王を逃した[59]。最終的に一軍公式戦116試合の出場で、打率.288(リーグ11位)・28本塁打(同2位タイ[60])・85打点(同3位)・長打率.560(同2位)・OPS.918(同6位)といずれも自己最高の成績でシーズンを終えた[61][62]。11月29日、翌シーズンより糸原健斗に代わりチームキャプテンに就任することが決まった[63][64]。シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸1億円(前年から5,300万円増)という条件で契約を更改した[65]。阪神の生え抜き選手が入団5年目までに年俸1億円に到達するのは赤星憲広藤浪晋太郎(共に4年目で到達)に次いで3人目で[65]、内野手に限ると鳥谷(6年目で到達)を上回る球団史上最速となった[65]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

バッティングフォーム(2018年9月16日、横浜スタジアムにて)

右打ちの長距離打者で、直球に強く、打席での対応力への評価が高い[66][67][68]

阪神への入団当初は、スイングが波打ったりフォロースルーで伸び上がったりするなどの悪癖が見られた。当時二軍監督だった掛布雅之の指導によって改善[69]してからは、打撃フォームに高い評価が寄せられていた[70][71][72]。しかし、以降は新たな悪癖として軸足である右足を引きながらのスイング[73]や、本来なら思い切り引っ張れるはずのボールに対する強引な右打ち[74]による弊害等が指摘されている。

2018年シーズン序盤の打撃低迷をきっかけに、中村紀洋YouTube公式チャンネルの野球理論動画「N's method」を視聴している[75]

2021年ではツイスト打法に取り組んでいる[76]

守備[編集]

遠投で110mを記録する強肩の持ち主で、スローイングの質も高い[77][78]

本職は三塁手であるが、ユーティリティープレイヤーとしての一面を持ち、学生時代の対外試合では、捕手以外の全てのポジションを経験した[79]。プロ入り後も打力を生かそうとするチーム方針の下に、三塁手のほか一塁手・二塁手・左翼手として出場。ウエスタン・リーグ公式戦では遊撃手としても出場した[80]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 阪神 75 221 198 25 47 10 2 7 82 38 2 2 1 1 18 0 3 41 4 .237 .309 .414 .723
2018 117 378 347 48 95 19 4 11 155 48 5 3 1 2 26 0 2 54 14 .274 .326 .447 .773
2019 143 587 538 52 139 33 1 14 216 76 3 0 1 4 39 3 5 98 12 .258 .312 .401 .714
2020 116 471 423 66 122 21 5 28 237 85 1 3 1 1 41 6 5 96 15 .288 .357 .560 .918
2021 129 512 466 55 121 23 2 21 211 71 2 1 0 7 37 1 2 89 15 .260 .313 .453 .765
通算:5年 580 2169 1972 246 524 106 14 81 901 318 13 9 4 15 161 10 17 378 60 .266 .324 .457 .781
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]

























O
P
S
2017 22 セ・リーグ - - - - - - - - - -
2018 23 - - - - - - - - - -
2019 24 - - 4位 - - - - - - -
2020 25 - 8位 - 2位 2位 3位 - - 2位 6位
2021 26 - - - - 10位 8位 - -  -
  • 太字年規定打席到達年
  • -は10位未満(打率、出塁率、長打率、OPSは規定打席未到達の場合も-と表記)

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 外野
















































2017 阪神 47 301 22 0 33 1.000 1 0 1 0 1 1.000 10 4 14 4 1 .818 16 17 0 0 0 1.000
2018 6 8 1 0 2 1.000 - 104 59 155 6 18 .973 2 4 0 0 0 1.000
2019 39 118 13 0 12 1.000 - 130 78 263 20 27 .945 -
2020 27 47 3 0 4 1.000 - 108 68 179 6 13 .976 4 1 0 0 0 1.000
2021 45 72 1 0 5 1.000 - 123 64 201 10 15 .964 -
通算 164 546 40 0 56 1.000 1 0 1 0 1 1.000 475 273 812 46 74 .959 22 22 0 0 0 1.000
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 1イニング2本塁打:2018年9月16日、対横浜DeNAベイスターズ20回戦(横浜スタジアム)、3回表に今永昇太から左越ソロ、田中健二朗から左越2ラン ※史上20人目(22度目)
  • 1試合6安打:同上、今永昇太から2安打、田中健二朗、石田健大三嶋一輝砂田毅樹から1安打ずつ ※セ・パ両リーグタイ記録[注 6]
  • 1試合3本塁打:同上、今永昇太から左越ソロ、田中健二朗から左越2ラン、砂田毅樹から左越3ラン ※球団では2009年のクレイグ・ブラゼル以来

背番号[編集]

  • 3(2017年 - )
    • 8(2018年 侍ジャパン強化試合)

登場曲[編集]

代表歴[編集]

  • 2016年 - 第40回日米大学野球選手権大会日本代表
  • 2018年 - ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本人選手では、左打者の掛布雅之が1982年に記録して以来2人目で、右打者では初めて。
  2. ^ セ・パ両リーグ分立後(1950年)のNPB一軍公式戦で1試合6安打を達成した選手は、大沢伸夫(1951年、大洋ホエールズ)、渡辺博之(1954年、大阪タイガース)、仰木彬(1955年、西鉄ライオンズ)、高田繁(1974年、巨人)、城島健司(2003年、福岡ダイエーホークス)の5人で、大山が6人目。ただし、6本の安打中3本が本塁打だった選手は、大山が初めてである。
  3. ^ 2回表(7号ソロ本塁打と8号2点本塁打)と8回表(中前安打と9号3点本塁打)の2度にわたって、1イニング2安打を記録。以上の本塁打に加えて、1回表の第1打席で適時打を放ったことから、1人で7打点を挙げた。NPBの一軍公式戦で1イニング2本塁打を含む1試合3本塁打を達成した選手は、飯島滋弥(1951年、大映スターズ)、大島康徳(1977年、中日)、城島(2001年、ダイエー)の3人で、大山が4人目に当たる。
  4. ^ 1回表の第1打席に記録。前日(9月16日)の対DeNA戦最終打席(8回表の第6打席)で砂田毅樹から9号本塁打を放っていたため、2試合をまたいでの2打席連続本塁打になった。
  5. ^ 1988年4月26日に掛布が打ったランニング本塁打も、DeNAの前身である対大洋ホエールズ戦だった[41]
  6. ^ NPB最多記録は1リーグ制時代の1949年大下弘東急)が記録した1試合7安打。2リーグ分裂後では最多タイであるがNPB史上では2位タイ記録にあたる。

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改” (日本語). 日刊スポーツ. 2020年12月11日閲覧。
  2. ^ “阪神・大山が来季チームキャプテン「覚悟と責任感」投手キャプテンは岩貞”. デイリースポーツ. (2020年11月29日). https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/29/0013900838.shtml 2020年12月11日閲覧。 
  3. ^ a b 阪神ドラ1大山が宣戦布告 内野戦争「割って入る」 日刊スポーツ 2016年11月8日
  4. ^ 【タテジマへの道】大山悠輔編<上>虎の4番候補の少年時代 スポニチアネックス 2020年5月5日
  5. ^ 阪神大山、不遇な高校時代が「自覚と責任」培った 日刊スポーツ 2020年1月28日
  6. ^ 阪神ドラ1大山 三塁奪う!キャンベルに宣戦布告 体力測定で大器片りん スポニチアネックス 2016年12月5日
  7. ^ 阪神びっくり1位 白鷗大・大山、鉄人魂の持ち主だ 日刊スポーツ 2016年10月21日
  8. ^ 阪神ドラ1大山が宣戦布告 内野戦争「割って入る」 日刊スポーツ 2016年11月8日
  9. ^ 阪神・平塚スカウト、1位指名の大山「将来的に中軸担う打者に」/ドラフトサンケイスポーツ 2016年10月21日
  10. ^ 白鷗大・中塚「こんなに早いとは」西武から2位指名 日刊スポーツ 2016年10月20日
  11. ^ 阪神ドラ1の白鷗大・大山が逆転2ラン!ドラフト後初アーチ デイリースポーツ 2016年10月31日
  12. ^ 阪神ドラ1の白鷗大・大山、神宮大会出場ならず 2回戦タイブレークで敗れる デイリースポーツ 2016年11月1日
  13. ^ 阪神ドラフト1位大山が一軍初昇格スポーツニッポン、2017年6月18日
  14. ^ “阪神ドラフト1位大山、プロ初打席は空振り三振”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年6月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1844814.html 2018年9月30日閲覧。 
  15. ^ 阪神ドラフト1位大山 連敗脱出弾!新人プロ初安打弾は“神様”八木以来30年ぶり スポーツニッポン 2017年7月2日
  16. ^ “阪神ドラフト1位大山、初3番スタメン 今永撃ちで存在感”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年7月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1861691.html 2018年9月30日閲覧。 
  17. ^ “阪神大山あるぞ左翼先発起用 金本監督「使いたい」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年7月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1861415.html 2018年9月30日閲覧。 
  18. ^ a b “阪神新4番大山の打撃に金本監督絶賛「大したもん」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年9月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1882011-2.html 2018年9月30日閲覧。 
  19. ^ “大山、4番抜てき ドラフト制度後の新人では初”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年9月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1881261.html 2018年9月30日閲覧。 
  20. ^ 阪神 大山が先制タイムリー、新人のスタメン4番は53年ぶりデイリースポーツ 2017年9月1日
  21. ^ 阪神・大山、二塁で初先発&4打点大活躍「チームのためにやるだけサンケイスポーツ 2017年10月11日
  22. ^ 【阪神】大山、CSで新人初の4安打”. スポーツ報知 (2017年10月16日). 2017年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月17日閲覧。
  23. ^ “阪神大山またマルチ、強烈のCS打率5割3分8厘”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年10月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710180000334.html 2018年9月30日閲覧。 
  24. ^ 2017年度 表彰選手 投票結果(最優秀新人)NPB日本野球機構 2017年11月21日閲覧
  25. ^ 大山は1000万増の2500万円でサイン「1年間、一軍で出られるように」デイリースポーツ 2017年11月28日
  26. ^ 阪神・大山 今度は遊撃挑戦「やるからにはモノにしたい」スポーツニッポン 2017年11月14日
  27. ^ “鳥谷 二塁守った 大山が慣れない二塁で悩んだら…三塁と入れ替え布陣”. スポーツニッポン. (2018年2月7日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/02/07/kiji/20180207s00001173047000c.html 2018年3月7日閲覧。 
  28. ^ “【阪神】鳥谷・二塁&大山・三塁で決定 金本監督が新布陣明言”. スポーツ報知. (2018年2月11日). https://hochi.news/articles/20180210-OHT1T50314.html 2018年3月7日閲覧。 
  29. ^ 阪神大山が侍J選出 稲葉監督も高評価「初球からドンドン振っていける」 Full-Count 2018年2月21日
  30. ^ ENEOS侍ジャパンシリーズ2018「日本対オーストラリア」日本代表出場選手野球日本代表公式サイト 2018年2月20日閲覧
  31. ^ “阪神大山、菅野から今季1号「つなごうという意識」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年3月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803300000756.html 2018年9月30日閲覧。 
  32. ^ 阪神・大山、抹消へ…北條が昇格サンケイスポーツ 2018年6月22日
  33. ^ 阪神大山が初のスタメン落ち 打率1割7分1厘低迷 日刊スポーツ 2018年4月29日
  34. ^ 阪神の大山が2軍降格 打撃不調、代わりに北條が昇格 産経ニュース 2018年6月22日
  35. ^ “阪神大山きょう再昇格 二軍戦で復調、左翼も合格点”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年7月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807030000416.html 2018年9月30日閲覧。 
  36. ^ 阪神・大山 長かった〜5カ月ぶり3号 11点快勝口火 スポーツニッポン 2018年9月6日
  37. ^ 大山 プロ初1試合2発 絶妙セーフティー含め猛打賞 見せ場作った デイリースポーツ 2018年9月12日
  38. ^ 福留の代役任せて!阪神・大山、6号3ランの“千金竜倒”弾 SANSPO.COM 2018年9月13日
  39. ^ “阪神大山、歴史に名を刻んだ6打数6安打3本塁打”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年9月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809160001213.html 2018年9月30日閲覧。 
  40. ^ “大山「自然と反応」2戦連発10号 前日から7の7”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年9月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809170000481.html 2018年9月30日閲覧。 
  41. ^ “阪神大山プロ初2番、掛布以来の甲子園ランニング弾”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年9月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809280000294.html 2018年9月30日閲覧。 
  42. ^ 虎の中心で!阪神・大山誓った、糸原主将の「力になる」 サンケイスポーツ 2018年12月5日
  43. ^ “阪神大山がプロ初サヨナラ打、不動の4番へ自覚十分”. 日刊スポーツ. (2019年5月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201905030000999.html 2020年11月22日閲覧。 
  44. ^ “阪神・大山、先制10号!浜中以来の生え抜き開幕4番2桁アーチ”. スポーツニッポン. (2019年6月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/06/20/kiji/20190620s00001173053000c.html 2019年10月27日閲覧。 
  45. ^ “阪神大山4番外れて6番 糸井抹消の右翼には福留”. 日刊スポーツ. (2019年8月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201908100000592.html 2019年10月27日閲覧。 
  46. ^ “阪神・大山、涙の人生初サヨナラ弾 106試合目初めて「4番」外され燃えた「やるべきことをしっかり」”. Sponichi Annex. (2019年8月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/11/kiji/20190811s00001173116000c.html 2020年11月21日閲覧。 
  47. ^ “阪神大山1700万増、初の全試合出場も「悔しい」”. 日刊スポーツ. (2019年12月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912050000399.html 2020年10月31日閲覧。 
  48. ^ 2019年度 セントラル・リーグ リーダーズ(守備部門)NPB日本野球機構
  49. ^ “劇的弾の阪神大山、苦しんだCS男が奇跡へ光灯した”. 日刊スポーツ. (2019年10月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910110001219.html 2019年10月27日閲覧。 
  50. ^ “阪神・大山、1700万円増の4700万円で更改”. SANSPO.COM. (2019年12月5日). https://www.sanspo.com/article/20191205-KAERONGRBZJ7XD6Z35LTHKC674/ 2020年11月29日閲覧。 
  51. ^ “阪神・大山、マルテと三塁争い 「勝つ」ボーア加入でし烈バトルゴング”. サンケイスポーツ. (2019年11月30日). https://www.sanspo.com/article/20191130-R5UNP2UGAJIKRCHVNRQBFWEQLU/ 2020年11月17日閲覧。 
  52. ^ ““虎の主砲へ”…オープン戦首位打者・大山悠輔、勝負の一年”. BASEBALL KING. (2020年3月18日). https://baseballking.jp/ns/222293 2020年11月17日閲覧。 
  53. ^ “阪神大山、自己最多15号65試合目 昨季の2倍超”. 日刊スポーツ. (2020年9月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202009050001229.html 2020年11月17日閲覧。 
  54. ^ “大山悠輔、プロ初満塁弾”. スポーツ報知. (2020年9月8日). https://hochi.news/articles/20200908-OHT1T50118.html 2020年11月17日閲覧。 
  55. ^ “阪神・大山が逆転満塁弾で20号に到達!2打席連発の6打点で二冠も視野に”. BASEBALL KING. (2020年9月18日). https://baseballking.jp/ns/247618 2020年11月17日閲覧。 
  56. ^ “巨人岡本を阪神大山らが猛追 対戦カード別成績から読むセ本塁打王争いの行方”. Full-Count. (2020年11月5日). https://full-count.jp/2020/11/05/post958374/ 2020年11月17日閲覧。 
  57. ^ “阪神大山が単独トップ26号「勢いづけたかった」”. 日刊スポーツ. (2020年10月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010130000961.html 2020年11月17日閲覧。 
  58. ^ “阪神・大山がサヨナラ弾!自身19試合ぶり27号で岡本に2本差”. SANSPO.COM. (2020年11月5日). https://www.sanspo.com/article/20201105-LCV6IJ7XQFIIHK2FBRMHUGH5WI/ 2020年11月18日閲覧。 
  59. ^ “阪神大山、バース以来の快挙お預け、指揮官来季へ期待”. 日刊スポーツ. (2020年11月11日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202011110001142.html 2020年11月17日閲覧。 
  60. ^ 阪神・大山 全試合フルイニング出場宣言!8時間猛烈トレ 真の主砲目指す!”. デイリーオンライン (2020年11月18日). 2020年11月26日閲覧。
  61. ^ “2020成績一覧”. 日本野球機構. https://npb.jp/bis/2020/stats/bat_c.html 2020年11月17日閲覧。 
  62. ^ “【阪神】担当記者が選ぶチームMVPは大山悠輔…来季はドラ1佐藤輝明と左右大砲競演に期待”. スポーツ報知. (2020年11月18日). https://hochi.news/articles/20201118-OHT1T50081.html 2020年11月21日閲覧。 
  63. ^ 阪神 新キャプテンに主砲の大山悠輔「覚悟と責任感を持つ」2年務めていた糸原が名誉キャプテンでサポート:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2021年9月26日閲覧。
  64. ^ “阪神糸原、来季キャプテンの大山を「サポート」”. 日刊スポーツ. (2020年12月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012050000722.html 2020年12月11日閲覧。 
  65. ^ a b c “大山、5年目で1億到達は鳥谷超えて阪神内野手最速”. 日刊スポーツ. (2020年12月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012100000626.html 2020年12月11日閲覧。 
  66. ^ 阪神ドラ1大山の打撃に高評価 掛布2軍監督が絶賛するポイントは Full-Count 2017年1月13日
  67. ^ 大山、長打力アピール=プロ野球・阪神 時事ドットコム 2018年2月3日
  68. ^ 阪神大山3の3で10割発進「対応力高い」金本監督 日刊スポーツ 2018年2月8日
  69. ^ 【野球】阪神期待の和製大砲・大山、新打撃フォーム完成間近 デイリースポーツ 2017年5月19日
  70. ^ 阪神・大山、フリー打撃で7発!打たれた秋山は白旗「打ちすぎや」 SANSPO.COM 2018年2月5日
  71. ^ 阪神・大山を立浪和義氏が分析 若き4番に語る「リセット」の重要性 (週刊ベースボールONLINE) SportsNavi 2017年11月10日
  72. ^ 阪神新4番大山の打撃に金本監督絶賛「大したもん」 日刊スポーツ 2017年9月3日
  73. ^ 大山ら阪神右打者の右足引き打ち修正を/真弓明信 日刊スポーツ 2019年6月21日
  74. ^ 阪神・大山は強引な右打ちやめ4番らしいスイングを サンケイスポーツ 2019年8月1日
  75. ^ “阪神梅野、大山は「潜在能力が非常に高い」”. 【中村紀洋の目】稀代の強打者が語る打撃理論「指導されるものでなく、見て学ぶのがベスト」. Full-Count (Creative2). (2018年9月11日). https://full-count.jp/2018/09/11/post201654/ 2018年9月17日閲覧。 
  76. ^ 阪神・大山 準備OK猛打ショー!エキシビ絶好調、4戦連続マルチ”. デイリースポーツ (2021年8月9日). 2021年8月9日閲覧。
  77. ^ 阪神ドラフト1位大山 阪神大山強肩に絶賛 金本監督「捕ったら心配ない」日刊スポーツ 2017年2月3日閲覧
  78. ^ 阪神ドラフト1位大山 “大山田”化計画 二遊間から打って守れる4番へスポニチアネックス 2017年3月19日閲覧
  79. ^ 2016年プロ野球ドラフト”. スポニチアネックス. 2017年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月19日閲覧。
  80. ^ 阪神大山、初の外野守備は無難も打撃には課題 日刊スポーツ 2017年6月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]