大山悠輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大山 悠輔
阪神タイガース #3
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県下妻市
生年月日 (1994-12-19) 1994年12月19日(22歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手外野手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年6月23日
年俸 1,500万円(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大山 悠輔(おおやま ゆうすけ、1994年12月19日 - )は、阪神タイガースに所属する茨城県下妻市出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年生から軟式野球投手内野手として野球を始め、中学校でも軟式野球部に所属していた[1]つくば秀英高等学校への進学後は、1年時から投手兼遊撃手をつとめ、通算27本塁打を放った[2]。2学年上に塚原頌平、同学年に中塚駿太がいたが、在学中には春夏とも甲子園球場での全国大会に出場できなかった。

高校からの卒業後は、中塚と共に白鴎大学へ進学。大学では、1年時の春から三塁手として公式戦に出場した。4年春の関甲新学生野球リーグ戦では、打率.417、リーグ新記録の8本塁打、同タイ記録の20打点を達成。本塁打王と打点王を獲得した[3]。後述のドラフト指名時点で、リーグ戦で通算98試合に出場。119安打、16本塁打、93打点[4]を記録している。

2016年のプロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースから1巡目で単独指名。年俸1,500万円、契約金1億円に出来高分5,000万円(金額は推定)を加えた最高条件で入団した[2]。背番号は、関本賢太郎の現役引退(2015年)から空き番号になっていた3。このドラフト会議では、同級生の中塚も、埼玉西武ライオンズからの2巡目指名を経て入団している[5]

なお、ドラフト会議での指名直後には、白鴎大学の4番打者として関東地区大学野球選手権へ出場。1回戦では、初回に逆転2ランを放った[6]。2回戦では、延長10回のタイブレークから1死満塁で迎えた打席で三振に倒れたため、チームは明治神宮野球大会への出場を逃した[7]

プロ入り後[編集]

2017年には、春季キャンプを一軍で迎えた[8]。キャンプ中の紅白戦では初安打が出るまでに17打席を要した[9]ものの、球団が正三塁手候補として獲得したエリック・キャンベルの調整遅れや故障などを背景に、オープン戦の途中まで一軍に帯同。オープン戦では、9試合に出場すると、打率.333、1打点を記録した[10]。3月4日に京セラドーム大阪で催されたワールド・ベースボール・クラシック日本代表強化試合では、阪神の「7番・三塁手」としてスタメンに起用されると、2回裏の第1打席で武田翔太から二塁打を放っている[11]。一軍監督の金本知憲が大山を「将来の4番打者」として育てるための長期計画を打ち出したことから、3月中旬以降は二軍で調整。当初は体力の強化に専念していた[12]が、ウエスタン・リーグ公式戦49試合の出場で打率.232、14打点、1本塁打を記録すると、6月23日の対広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)5回表に代打で一軍公式戦にデビュー[13]。「5番・一塁手」でスタメン出場した7月1日の対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園球場)では、原樹理からの決勝本塁打で公式戦初安打・初打点を記録。阪神の新人選手が一軍公式戦初安打を本塁打で記録したのは、1987年八木裕以来30年振り7人目であった[14]。7月中旬以降は、左翼手としてもスタメンに起用[15]7月25日の対横浜DeNAベイスターズ戦では、一軍公式戦で自身初の3番打者[16]を務めた。9月1日からの対中日ドラゴンズ3連戦(甲子園)では、初戦で球団史上101人目の4番打者に抜擢される[17]と、先制打を放つなどの活躍で勝利に貢献した[18]。阪神の新人選手が一軍公式戦で4番打者としてスタメンに起用された事例は、1964年富恵一以来53年振り[19]。さらに、翌2日の同カードでも4番打者に起用されると、シーズン6号本塁打を放った。阪神の新人選手が二軍以外の公式戦で4番打者として本塁打を放った事例は、球団創設2年目の1937年以降では初めて[17]。以降の試合でも、4番打者候補として7月から加入したジェイソン・ロジャース一塁手の不振などを背景に、一塁手や三塁手としてスタメンで4番打者を任されている。

選手としての特徴[編集]

プロ入り前は捕手以外の全てのポジションの経験があり[1]、強肩と送球の質の高さが評価されている[20][21][22]。阪神入団後は初年度から公式戦で一塁・遊撃・左翼などの複数の守備位置をこなす[23]ユーティリティプレーヤーである。

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 3 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • AK-69「Lookin' In My Eyez」 (2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2016年プロ野球ドラフト スポニチアネックス 2017年3月19日閲覧
  2. ^ a b 阪神ドラ1大山が宣戦布告 内野戦争「割って入る」 日刊スポーツ 2017年3月19日閲覧
  3. ^ 阪神ドラ1大山 三塁奪う!キャンベルに宣戦布告 体力測定で大器片りん スポニチアネックス 2017年3月19日閲覧
  4. ^ 阪神びっくり1位 白鴎大・大山、鉄人魂の持ち主だ 日刊スポーツ 2017年3月19日閲覧
  5. ^ 白鴎大・中塚「こんなに早いとは」西武から2位指名 日刊スポーツ 2016年12月5日閲覧
  6. ^ 阪神ドラ1の白鴎大・大山が逆転2ラン!ドラフト後初アーチ デイリースポーツ 2016年12月5日閲覧
  7. ^ 阪神ドラ1の白鴎大・大山、神宮大会出場ならず 2回戦タイブレークで敗れる デイリースポーツ 2016年12月5日閲覧
  8. ^ 2017年春季一軍キャンプメンバーについて阪神タイガース 2017年3月19日閲覧
  9. ^ 大山17打席目お待たせ"プロ初安打" 球児&ドリス撃ちで初マルチデイリースポーツ 2017年3月16日閲覧
  10. ^ 阪神大山が二軍練習に参加 掛布二軍監督が見守る日刊スポーツ 2017年3月16日閲覧
  11. ^ 阪神大山、4戦連続安打となる二塁打で追加点演出日刊スポーツ 2017年3月16日閲覧
  12. ^ 阪神1位大山は二軍で異例の英才教育「体力づくり」日刊スポーツ 2017年3月19日閲覧
  13. ^ 阪神ドラフト1位大山、プロ初打席は空振り三振日刊スポーツ 2017年6月23日閲覧
  14. ^ 阪神ドラフト1位大山 連敗脱出弾!新人プロ初安打弾は“神様”八木以来30年ぶり スポーツニッポン 2017年7月1日閲覧
  15. ^ 阪神、4番・中谷、先発・秋山で前半戦連勝締め狙う 大山は一軍初のレフトデイリースポーツ 2017年7月27日閲覧
  16. ^ 阪神ドラフト1位大山、初3番スタメン 今永撃ちで存在感日刊スポーツ 2017年7月27日閲覧
  17. ^ a b 阪神新4番大山の打撃に金本監督絶賛「大したもん」日刊スポーツ 2017年9月11日閲覧
  18. ^ 大山、4番抜てき ドラフト制度後の新人では初日刊スポーツ 2017年9月1日閲覧
  19. ^ 阪神 大山が先制タイムリー、新人のスタメン4番は53年ぶりデイリースポーツ 2017年9月1日閲覧
  20. ^ 阪神ドラフト1位大山 阪神大山強肩に絶賛 金本監督「捕ったら心配ない」日刊スポーツ 2017年2月3日閲覧
  21. ^ 阪神ドラフト1位大山 “大山田”化計画 二遊間から打って守れる4番へスポニチアネックス 2017年3月19日閲覧
  22. ^ 大山ショート構想浮上 肩強く、送球も安定 足の動き身につけばいけるデイリースポーツ 2017年4月11日閲覧
  23. ^ 阪神大山、初の外野守備は無難も打撃には課題 日刊スポーツ 2017年6月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]