藤田平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤田 平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1947-10-19) 1947年10月19日(69歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1965年 ドラフト2位
初出場 1966年4月10日
最終出場 1984年9月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

藤田 平(ふじた たいら、1947年10月19日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督解説者評論家

阪神タイガースの生え抜き打者で初めて名球会入りした選手。

経歴[編集]

現役時代[編集]

市和歌山商では3年次の1965年春の選抜へ出場し、決勝で平松政次を擁する岡山東商に延長13回でサヨナラ負けして準優勝[1]。高校卒業後は明治大学に進学する予定だったが、同年の第1回ドラフト2位で阪神タイガースへ入団。この一件から阪神と明大は十数年後に和解するまでずっと不仲であり、阪神ファンであった星野仙一の指名も出来なかった程である。

1年目の1966年から一軍に出場し、2年目の1967年には吉田義男を二塁に追いやって遊撃手のレギュラーに定着し、リーグトップの154安打を放った。主に1番・3番として打線を引っ張った中距離打者だが、田淵幸一等の長距離打者を軒並み欠いた1971年には28本塁打を放っている。流れるような美しいフォームでしばしば巧打を放ったが、チャンスに初球をポップフライすることが多かったり、第1打席でヒットが出れば猛打賞というジンクスを持つなど、職人肌特有の著しい調子の波もあり、規定打席に達しての三割は四度しか経験していない。1970年代には江夏豊池田純一谷村智啓と共に『若虎四天王』と呼ばれた。1978年には208打席連続無三振の日本記録を樹立するが[2]、同年の後半から守備の負担を減らすために一塁手での起用が多くなった。1979年4月17日ヤクルト戦(神宮)での一塁守備時に左足太ももの肉離れを起こした。経過が思わしくなく当時のドン・ブレイザー監督は「日本の医者は何をしているんだ? アメリカなら簡単に治る!」と激怒。同年7月に渡米し、ロサンゼルスの外科手術専門治療所で筋肉強化のリハビリを受けシーズンを棒に振った。

以後は足に不安を抱えながらも1980年に復帰し、コーチ兼任となった1981年に打率.358で見事首位打者に輝いてカムバック賞を受賞。1982年8月31日大洋戦(横浜)で三塁線上にサードフライを放つが、これを石橋貢が落球。若手審判の鷲谷亘・三塁塁審がファウルと判定したことから鷲谷審判が島野育夫コーチと柴田猛コーチに暴行されるきっかけとなった[3]。その試合では9回に決勝アーチを放ちチームに勝利をもたらしている。

1983年5月3日巨人戦(後楽園)では通算2000安打を達成し、阪神の生え抜き打者としては初の2000安打と名球会入りとなった[4]。チーム新記録となる2010試合出場を置き土産に1984年に現役を引退。

現役時代は無口でおとなしく、遠井吾郎藤井栄治とともに「阪神三奇人」と呼ばれた。在籍当時頻発した球団やスタッフと選手の内紛にも、遠井と共にほとんど関与していなかった。阪神が優勝した翌々年に入団し、19年間阪神の主力として活躍したが現役選手としては優勝を経験せずに引退した。日本国内での2000安打達成者の中でリーグ優勝・日本一経験無しは藤田と土井正博の2人だけである。

引退後[編集]

その後は1985年から1994年まで朝日放送サンテレビ解説者デイリースポーツ評論家を務めた。就任初年、バックスクリーン3連発の時にはテレビの解説者として、21年ぶりの優勝の場面はラジオの解説者としてそれぞれ立ち会った。監督の中村勝広の要請で1995年、阪神の二軍監督に就任。中村監督の途中休養に伴い、同年のオールスター後は代理監督を務めた。1996年に監督に昇格し、参謀役には柴田猛、一塁ベースコーチには小林正之を招聘。ぬるま湯体質に浸かった阪神の再建に取り組んだが、長谷川平蔵をもじった「鬼平監督」と呼ばれるほどの熱血指導が主力選手(1995年オフには藤田との確執を極めた新庄剛志が引退発言をしている。のちに撤回。)やフロントの反感を買った。正式監督となった1996年シーズンも成績不振に陥り、巨人との開幕戦では斎藤雅樹の前に手も足も出ずに1安打の完封負け。田村勤の復活や郭李建夫のストッパー転向成功など投手陣は奮闘したが、例年と同じで野手陣の貧打が解消されなかった。平尾博嗣は台頭した。外国人も5月にはグレン・デービススコット・クールボーを解雇。後釜として入団したケビン・マースクレイグ・ワーシントンは全く使い物にならなかった。同年9月12日の午後球団の取締役会で藤田の監督解任が承認され[5]。藤田は夕方急遽球団事務所に呼び出され、三好一彦球団社長から監督解任を通告された。しかし藤田はこれを不服として久万俊二郎オーナーとの面会を求めるものの応じられず、話し合いは夕方5時から延々続き翌13日の深夜2時半になって一度水入り。同日午後2時から話し合いを再開し球団が藤田に金銭保証を来ないことで解任を受諾した[5]。フロントは藤田がすぐに解任を承諾するものとして夕方から「辞任に関する記者会見」を行うと報道陣に通知していたが、話し合いが延びたために「本日(12日)中の会見ができなくなった」と異例の発表が行われた。報道陣は球団事務所前で深夜まで待ちぼうけを喰らい、近所の喫茶店は彼らの為に軽食の出前販売を行なったという。後日、この時のやりとりについて藤田は「三好社長はこちらの言い分を電話で久万オーナーに伝えて、いちいち確認するだけ。あれじゃ自分の意思がない伝書鳩以下だ」と酷評している[5]。藤田によると求心力の欠如を理由に解任されたという[6]

事実を歪曲して伝えられる事も多く、練習に遅刻した新庄を正座させたとした報道[7]も実は当時平気で遅刻する選手があまりにも多いため「選手同士で何か規定を作りなさい」と提案したところ、選手の方から「遅刻した時間だけ正座する」と言ってきて、新庄はそれを実行しただけであった。一方、新庄は著書[8]でこの一件について、規定の存在には触れておらず「当時の故障状態の悪さから判断して練習開始時間に合わせグラウンドへではなくトレーナー室へ行った行動について、藤田から遅刻であると咎められた際に正座の罰を受けた件をきっかけに、藤田とは野球観が合わないと考えるようになっていった」[9]と綴っている(前述のトレード志願発言についても含め「新庄剛志#阪神時代」を参照)。

在任中は、「病人食」と揶揄されていた寮の食事を改善し、ジュース・果物や簡単な食事をベンチ裏に配置。桧山進次郎を初めて4番に抜擢したほか、「先発失格」の烙印を押された葛西稔をリリーフに転向させるなど後のチームの基礎を作った。

当時阪神の常務だった野崎勝義は著書の中で「この数字が(48勝69敗)解任を決める大きい要素になったが実は采配以外で藤田監督の評判が良くなかった。営業部からも選手からも周辺からの反発が彼には致命的だった負け越し21である。ファンの指弾は無論、マスコミの監督降ろしは痛烈だった。首位打者を取ったほどの藤田平氏だけに野球の技術や理論は卓越している。采配も悪い批判はない。が、何せ背広組からの評判が良くなかった。監督は全能であるそういう考えを彼は強く持っていたのかもしれない。営業に編成に球場に口出しが過ぎるという声が多くあったのは確かだ。悪い後味を残して藤田平氏はユニフォームを脱いだ。酷い土産も残していった。負け越し21、勝率5割も1度もないまま。そして最下位。さらに観客動員200万人も割った。挙句の果てに28年ぶりに赤字となった。誰にとっても苦々しいシーズンになった」と記している[5]

監督解任後はサンテレビ解説者・デイリースポーツ評論家の傍ら、2005年村田兆治が設立した「対馬まさかりドリームス」に参加。村田と一緒に日本全国の野球少年への指導のため全国を飛び回りながら、1年間だけ佐川急便野球部で監督も務めた。

2008年、妻の勧めと「野球界に恩返ししたい」という想いからBCリーグ福井ミラクルエレファンツ初代監督に就任。野手コーチに野田征稔、投手コーチ(選手兼任)に天野浩一を招聘。選手寮と目と鼻の先のアパートに住み込み、毎晩のように選手の素振りを見るなどの熱血指導ぶりだったが、前後期ともに北陸地区(3チーム)の最下位に終わり、シーズン終了後の9月30日に退任。在任中の給与の一部が支払われていないとして、支払いを求め2010年8月19日付で神戸地方裁判所尼崎支部に提訴している[10]

2009年、郷里・和歌山に本拠地を置く関西独立リーグ紀州レンジャーズ初代監督に就任。前期は3位と健闘したが、後期は最下位に転落。同年限りで退任。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1966 阪神 68 166 153 9 36 7 2 1 50 13 1 3 4 0 9 0 0 28 0 .235 .278 .327 .605
1967 131 561 530 67 154 30 10 16 252 44 7 6 1 2 24 1 4 65 7 .291 .325 .475 .800
1968 129 560 516 66 124 30 4 11 195 32 7 7 6 3 28 1 7 61 8 .240 .287 .378 .665
1969 130 556 526 62 154 25 3 19 242 54 12 7 0 2 27 2 1 57 0 .293 .327 .460 .787
1970 121 486 443 48 122 26 3 9 181 51 5 5 2 7 33 0 1 53 6 .275 .322 .409 .731
1971 122 509 460 64 125 11 4 28 228 61 12 4 0 3 43 7 3 71 3 .272 .336 .496 .832
1972 130 580 522 64 144 27 4 18 233 64 4 11 1 0 54 7 3 67 11 .276 .347 .446 .794
1973 130 569 519 73 146 27 2 17 228 59 8 2 10 2 36 5 2 53 6 .281 .329 .439 .768
1974 100 417 374 51 113 21 2 16 186 47 6 2 1 4 30 3 8 20 5 .302 .363 .497 .860
1975 102 429 386 42 112 18 3 9 163 56 1 2 3 9 29 0 2 23 6 .290 .336 .422 .758
1976 103 433 395 56 110 18 4 12 172 39 5 4 1 5 30 2 2 23 5 .278 .329 .435 .764
1977 119 514 473 62 142 23 3 11 204 43 6 6 4 0 35 2 2 35 5 .300 .351 .431 .782
1978 130 575 522 77 157 26 4 13 230 58 4 3 9 2 37 2 5 18 7 .301 .352 .441 .792
1979 18 43 40 1 11 0 0 0 11 3 3 0 0 1 2 0 0 5 0 .275 .302 .275 .577
1980 103 313 280 22 85 11 0 6 114 38 0 3 0 5 24 3 4 22 3 .304 .361 .407 .768
1981 107 403 369 41 132 24 0 11 189 70 2 2 0 2 32 5 0 21 6 .358 .407 .512 .919
1982 116 439 403 30 117 18 2 7 160 40 1 0 1 2 32 6 1 29 10 .290 .342 .397 .739
1983 90 283 265 15 73 12 0 2 91 24 1 1 0 1 17 2 0 24 5 .275 .318 .343 .661
1984 61 46 41 4 7 1 0 1 11 6 0 0 1 0 4 1 0 4 1 .171 .244 .268 .513
通算:19年 2010 7882 7217 854 2064 355 50 207 3140 802 85 68 44 50 526 49 45 679 94 .286 .336 .435 .771
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]

年度 年齢 所属リーグ 打率 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 出塁率 四球 OPS
1966 18 セ・リーグ - - - - - - - - -
1967 19 9位 1位 1位 1位 - - - - -
1968 20 - - 1位 8位 - - - - -
1969 21 6位 2位 2位 4位 - - - - 9位
1970 22 6位 9位 2位 7位 - 10位 - - -
1971 23 10位 7位 - 2位 4位 8位 7位 10位 6位
1972 24 - 2位 1位 2位 - 10位 - 8位 -
1973 25 7位 2位 2位 6位 9位 7位 - - -
1974 26 7位 - - - - - 8位 - 7位
1975 27 9位 - - 7位 - - - - -
1976 28 - - - 5位 - - - - -
1977 29 - 10位 9位 10位 - - - - -
1978 30 - 3位 10位 8位 - - - - -
1979 31 - - - - - - - - -
1980 32 - - - - - - - - -
1981 33 1位 - 4位 - - - 3位 - 7位
1982 34 10位 - - - - - - - -
1983 35 - - - - - - - - -
1984 36 - - - - - - - - -
  • -は10位未満(打率、出塁率、OPSは規定打席未到達の場合も-と表記)

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1995年 阪神 6位 130 46 84 0 .354 36.0 88 .244 3.83 48歳
1996年 阪神 6位 130 54 76 0 .415 23.0 89 .245 4.12 49歳
通算 170 65 105 0 .382
※1 1995、96年は130試合制
※2 1995年、中村勝広監督休養後の7月29日より閉幕まで指揮(53試合17勝36敗 勝率.321)
※3 1996年、成績不振により9月13日から休養(117試合48勝69敗 勝率.410)。監督代行は柴田猛
※4 通算成績は、実際に指揮した試合

タイトル[編集]

  • 首位打者:1回 (1981年)
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1967年) ※1994年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1972年10月3日、対中日ドラゴンズ25回戦(阪神甲子園球場)、4回裏に土屋紘から右越先制ソロ ※史上72人目
  • 1000安打:1973年10月10日、対読売ジャイアンツ24回戦(後楽園球場)、8回表に倉田誠から中前安打 ※史上84人目
  • 1000試合出場:1974年5月30日、対読売ジャイアンツ11回戦(阪神甲子園球場)、1番・遊撃手で先発出場 ※史上171人目
  • 150本塁打:1976年5月23日、対ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、8回表に渡辺孝博から右越ソロ ※史上42人目
  • 1500安打:1978年4月25日、対広島東洋カープ3回戦(広島市民球場)、9回表に江夏豊から左翼線二塁打 ※史上34人目
  • 1500試合出場:1978年9月9日、対ヤクルトスワローズ23回戦(阪神甲子園球場)、3番・一塁手で先発出場 ※史上59人目
  • 300二塁打:1980年9月24日、対横浜大洋ホエールズ23回戦(横浜スタジアム)、2回表に宮本四郎から右翼線2点適時二塁打 ※史上17人目
  • 200本塁打:1982年6月8日、対ヤクルトスワローズ9回戦(明治神宮野球場)、3回表に松岡弘から右越逆転決勝3ラン ※史上36人目
  • 3000塁打:1982年8月28日、対広島東洋カープ19回戦(阪神甲子園球場)、7回裏に小川邦和から右前安打 ※史上22人目
  • 2000安打:1983年5月3日、対読売ジャイアンツ4回戦(後楽園球場)、9回表に角三男から左中間安打 ※史上15人目
  • 350二塁打:1983年7月29日、対中日ドラゴンズ14回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に小松辰雄から右翼線二塁打 ※史上12人目
  • 2000試合出場:1984年9月25日、対横浜大洋ホエールズ22回戦(阪神甲子園球場)、9回表に一塁手で出場 ※史上25人目
その他の記録
  • オールスターゲーム選出:8回 (1967年、1969年、1971年、1973年 - 1976年、1981年)
  • 208打席連続無三振 (1978年4月30日 - 7月5日)

背番号[編集]

  • 6 (1966年 - 1984年)
  • 80 (1995年 - 1996年)
  • 66 (2008年 - 2009年)

関連情報[編集]

解説者としての出演番組[編集]

参考文献[編集]

  • 中田潤・橋本清・池田浩明・高橋安幸著『元・阪神』 第一章 竹書房 (2004年)

出典[編集]

  1. ^ 『週刊ベースボール』 ベースボール・マガジン社2003年2月17日、153頁。
  2. ^ 1997年オリックスイチローが216打席で更新
  3. ^ 横浜スタジアム審判集団暴行事件
  4. ^ 安打数では球団最多記録保持者
  5. ^ a b c d 野崎勝義著ダメ虎を変えた! ぬるま湯組織に挑んだ、反骨の11年、2011年、朝日新聞社、P34-39
  6. ^ 敗軍の将,兵を語る藤田平氏(阪神タイガース前監督)突然解任,球団は曖昧…納得できない
  7. ^ 練習遅刻の新庄に正座の厳罰 - ニッカンスポーツ、1995年7月24日、2015年8月8日閲覧。
  8. ^ 『ドリーミングベイビー』新庄剛志 (光文社 2001年4月 ISBN 978-4334972974
  9. ^ わがままの果ての迷走 「新庄引退」のカラ騒ぎ
  10. ^ “元阪神の藤田平さん、監督報酬求め提訴”. 読売新聞. (2010年8月20日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20100820-OYT1T00501.htm 2010年8月20日閲覧。 [リンク切れ]

関連項目[編集]