浜地真澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜地 真澄
阪神タイガース #36
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市西区
生年月日 (1998-05-25) 1998年5月25日(21歳)
身長
体重
185 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト4位
初出場 2019年4月4日
年俸 500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

浜地 真澄(はまち ますみ、1998年5月25日 - )は、阪神タイガースに所属する福岡県福岡市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福岡市立元岡小学校1年生で野球を始める。6年時には福岡ソフトバンクホークスジュニアに選出された[2]福岡市立元岡中学校時代は同校の軟式野球部に所属。3年時には県ベスト4に入った。

福岡大大濠高校では1年秋からベンチ入り。2年秋からはエースとなり、3年春には九州大会で優勝を果たした[3]。3年夏の県大会では優勝候補と目されたが、初戦で6失点(自責2)を喫し敗退[4]。甲子園出場はなし。

2016年のドラフト会議阪神タイガースから4巡目で指名を受け入団[5]。背番号は36

プロ入り後[編集]

2017年、1年目は体づくりに専念[6]。また、腰の怪我の影響もありファームでも6試合、12回の登板にとどまった。一軍登板はなかったが、故障前の7月15日には同期入団の才木浩人とともに甲子園での一軍練習に参加。金本知憲監督の前でブルペンに入るなどした[7]

2018年、前年に負った腰痛のリハビリのため春は登板なしに終わる[8]。しかし6月の練習試合で実戦復帰すると[9]、それ以降のウエスタン・リーグ公式戦では9試合に登板、計27回0/3を投げて3勝1敗1セーブ、防御率1.00の好成績を残し、ファーム日本選手権でも先発を任されると、3回と1/3を1失点に抑えファーム日本一に貢献した[10]。一軍登板はなし。オフには、現状維持の推定500万円で契約を更改した他[11]高知県安芸市での秋季キャンプでは才木、望月惇志とともにキャンプMVPに選出された[12]。また、アジアウインターリーグに出場するNPBウエスタン選抜に参加し、先発として3試合に登板し1勝0敗、防御率3.97の成績を残した[13]。同大会では、打球に顔面が直撃して負傷退場し、病院に運ばれて打撲になった。

2019年は、プロ入り後初めて沖縄県宜野座村での一軍春季キャンプに参加[14]。キャンプを通じて一軍に帯同、オープン戦でも度々好投を見せたことを背景に[15][16]、開幕ローテーション入りを果たした。4月4日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)でプロ入り後初登板初先発、しかし4回を9安打6失点と打ち込まれ敗戦投手となった上[17]、翌5日に登録を抹消された[18]

選手としての特徴[編集]

最速150km/hのストレートスライダーカーブチェンジアップを投げる[3]。肘を柔らかく使った力みのないフォームが特徴[19]。コントロールと球のノビ、キレに対する評価が高い一方で[20]、決め手となる変化球の体得を課題としている[8]

人物[編集]

実家は明治31870)年から続く老舗醸造所「浜地酒造」[2][21]。実父は6代目に当たる。一家揃って阪神ファンだったという[22]

母親によると、極度の恥ずかしがり屋であり、幼い頃は人前に立つたびに泣いていたが、野球に関してはその限りではなかったという[20]

ドラフト指名時には、旧字体(俗字)を使った地と表記され[23]、一部報道では別の旧字体(正字)を用いた地と報道されることもあったが[24]、NPBでの登録名は新字体を用いた地となっている[25]

詳細情報[編集]

記録[編集]

投手記録
打者記録

背番号[編集]

  • 36 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • 「Green boys」 - GReeeeN (2017年)
  • 「ヒカリノアトエ」 - Mr.Children (2018年 - )

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2019年1月27日閲覧。
  2. ^ a b 阪神ドラ4浜地 甘酒パワーで出世魚「ブリになるんですよね!?」 スポニチアネックス 2016年12月5日閲覧
  3. ^ a b 阪神4位浜地、憧れの甲子園へ「思いかみしめてる」 日刊スポーツ 2016年12月5日閲覧
  4. ^ 【福岡】福岡大大濠・浜地、最速145キロも初戦敗退「申し訳ない気持ちでいっぱい」 スポーツ報知 2016年12月5日閲覧
  5. ^ ドラ4・浜地が仮契約「実感が少し沸いてきました」 デイリースポーツ 2016年12月5日閲覧
  6. ^ 「鳴尾浜いいネ若虎」サンケイスポーツ終面より 2017年6月1日
  7. ^ 阪神D3・才木&D4・浜地、ブルペン披露!金本監督「楽しみよね」SANSPO.COM 2017年7月16日
  8. ^ a b 阪神浜地、ストレートは一級品 変化球磨けば1軍も - 鳴尾浜通信 日刊スポーツ 2018年9月24日
  9. ^ 歳内が復活の148キロ!竹安は3か月ぶり、浜地は10か月ぶりの実戦登板 Yahoo!ニュース 2018年6月6日
  10. ^ 阪神・浜口 台湾ウインタリーグ派遣へ 期待の右腕年末まで実戦漬け Sponichi Annex 2018年10月18日
  11. ^ 浜地 現状維持で契約更改 今季は1軍登板なしで「来年はという気持ち」 デイリースポーツ online 2018年11月14日
  12. ^ 阪神・矢野監督 実りの秋「90点」 投手MVPに望月!浜地!才木! スポニチアネックス 2018年11月19日
  13. ^ 台湾ウインターリーグ閉幕 持ち帰ったのは来季につながる何か《阪神ファーム》 Yahoo!ニュース 2018年12月18日
  14. ^ 阪神浜地が一軍春季キャンプに参加「体感したい」 日刊スポーツ 2019年1月23日
  15. ^ 浜地 開幕1軍へ好投でアピール デイリースポーツ online 2019年3月2日
  16. ^ 阪神・浜地、開幕ローテ「第6の男」へ28日最終テスト! SANSPO.COM 2019年3月26日
  17. ^ 阪神浜地6失点も立派のひと言、大きく育つ/権藤博 - 評論家コラム 日刊スポーツ 2019年4月4日
  18. ^ 阪神、浜地と望月が2軍落ち 守屋と尾仲が昇格 SANSPO.COM 2019年4月5日
  19. ^ 2016年プロ野球ドラフト スポニチアネックス 2016年12月5日閲覧
  20. ^ a b 才木浩人投手と浜地真澄投手へ。お母さんからの言葉《阪神ファーム》 Yahoo!Japanニュース 2017年5月16日
  21. ^ 阪神ドラ4、福岡大大濠・浜地は老舗の息子 最高の親孝行なるか スポニチアネックス 2016年12月5日閲覧
  22. ^ ドラ4・浜地、甘酒パワーで1軍狙う 「ハマチ」から出世だ! デイリースポーツ 2016年12月5日閲覧
  23. ^ 阪神タイガース|2016年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD”. 日本野球機構. 2017年5月8日閲覧。
  24. ^ “4位指名で福岡大大濠の濱地真澄投手”. デイリースポーツ. (2016年10月20日). https://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/20/0009597172.shtml 2017年5月8日閲覧。 
  25. ^ 個人年度別成績 【浜地真澄 (阪神タイガース)】”. 日本野球機構. 2017年5月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]