浜地真澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 濵地真澄
  • 濱地真澄
浜地 真澄
阪神タイガース #36
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市西区
生年月日 (1998-05-25) 1998年5月25日(23歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト4位
初出場 2019年4月4日
年俸 700万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

浜地 真澄(はまち ますみ、1998年5月25日 - )は、福岡県福岡市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。阪神タイガース所属。

プロ入り前はメディアから俗字を使った「地」[2]や、正字で「地」と記されるなどしていたが[3]、プロ入り以降は新字体を用いた「地」で登録および統一されている[4]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福岡市立元岡小学校1年時に野球を始め、6年時には福岡ソフトバンクホークスジュニアに選出[5]福岡市立元岡中学校時代は同校の軟式野球部へ所属し、3年時に県大会で準決勝進出を果たした。

福岡大大濠高校に進学後、1年時秋からベンチ入り。2年秋からエースとなり、3年春には九州大会優勝を果たすなど[6]山本由伸都城)、梅野雄吾九産大九産)、太田龍れいめい)と並んで「九州四天王」と呼ばれる活躍を見せた[7]。3年夏の福岡大会では「優勝候補」と目されていたものの、初戦の福岡第一高校で自責点2ながら6失点を喫して敗退[8]

2016年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから4巡目指名を受けた。契約金4,000万円、年俸500万円(金額は推定)で入団[9]。背番号は36

プロ入り後[編集]

2017年には、ウエスタン・リーグ公式戦で7月中旬まで6試合に登板。7月15日には同期入団の才木浩人と共に一軍練習へ参加したが[10]、その直後に腰を痛めてからは、治療とリハビリに専念した[11]

2018年には、前年に負った腰痛のリハビリを経て[11]、6月の練習試合から実戦に復帰[12]。復帰後は、ウエスタン・リーグ公式戦9試合の登板(投球イニング27回0/3)で、3勝1敗1セーブ、防御率1.00を記録した。10月6日には、チームの8年ぶりリーグ優勝で臨んだ読売ジャイアンツ(巨人)とのファーム日本選手権KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)で先発。自身に勝敗は付かなかったものの、チーム12年ぶりの選手権制覇に貢献した[13]。秋季安芸キャンプでは、才木・望月惇志とともに「キャンプMVP」へ選出[14]アジアウインターリーグにもNPBウエスタン選抜の一員として参加すると、試合中に顔面に打球が直撃するアクシデントに見舞われながらも、先発で3試合に登板、1勝0敗、防御率3.97という成績を残した[15]

2019年には、入団後初めて、一軍の春季沖縄キャンプへ参加[16]。キャンプ中の実戦登板や、オープン戦を通して好投を続けたことから[17][18]、一軍の開幕ローテーション入りを果たした。4月4日の対巨人戦(東京ドーム)に、先発投手して一軍公式戦にデビュー、自身と同じく一軍公式戦初登板の髙橋優貴と投げ合ったが、4回6失点という内容で黒星を喫した[19][20]。以降は、一軍と二軍の往復を繰り返しながら[21]、5月6日に再昇格して以降は[22]中継ぎで20試合に登板。7月30日の対中日ドラゴンズ戦(阪神甲子園球場)では、1点ビハインドで迎えた9回表の救援登板を無失点で凌いだ直後に、チームが逆転サヨナラ勝ちを収めたことから一軍公式戦での初勝利を挙げた[8]。レギュラーシーズンでは、21試合の登板で2勝1敗、防御率6.11を記録。シーズン終了後には、推定年俸850万円(前年から350万円増)という条件で契約を更改した[23]

2020年新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたことが9月25日に発表された[24]

選手としての特徴[編集]

最速150km/hのストレートスライダーカーブチェンジアップを投げる[6]。肘を柔らかく使った力みのないフォームが特徴[25]。コントロールと球のノビ、キレに対する評価が高い一方で[26]、決め手となる変化球の体得を課題としている[11]

人物[編集]

実家は明治3年1870年)から続く老舗醸造所「浜地酒造」[5][27]。実父は6代目に当たる。一家揃って阪神ファンだったという[28]

母親によると、極度の恥ずかしがり屋であり、幼い頃は人前に立つたびに泣いていたが、野球に関してはその限りではなかったという[26]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 阪神 21 1 0 0 0 2 1 0 0 .667 128 28.0 35 4 8 2 0 27 0 0 21 19 6.11 1.54
2020 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:2年 22 1 0 0 0 2 1 0 0 .667 132 29.0 36 4 8 2 0 27 0 0 21 19 5.90 1.52
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2019 阪神 21 2 3 1 0 .833
2020 1 1 0 0 0 1.000
通算 22 3 3 1 0 .857
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席・初安打:2019年4月4日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、3回表に髙橋優貴から投内野安打

背番号[編集]

  • 36(2017年 - )

登場曲[編集]

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年11月28日閲覧。
  2. ^ 阪神タイガース|2016年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD”. 日本野球機構. 2017年5月8日閲覧。
  3. ^ “4位指名で福岡大大濠の濱地真澄投手”. デイリースポーツ. (2016年10月20日). https://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/20/0009597172.shtml 2017年5月8日閲覧。 
  4. ^ 個人年度別成績 【浜地真澄 (阪神タイガース)】”. 日本野球機構. 2017年5月8日閲覧。
  5. ^ a b 阪神ドラ4浜地 甘酒パワーで出世魚「ブリになるんですよね!?」”. スポーツニッポン (2016年11月2日). 2016年12月5日閲覧。
  6. ^ a b 阪神4位浜地、憧れの甲子園へ「思いかみしめてる」”. 日刊スポーツ (2016年10月21日). 2021年7月12日閲覧。
  7. ^ 巨人ドラフト2位の太田龍 原監督のサインに驚きと喜び「これは本当に…」”. Full-Count (2019年10月23日). 2021年7月12日閲覧。
  8. ^ a b 記念星の阪神浜地に矢野監督「一生忘れない1勝」”. 日刊スポーツ (2019年7月30日). 2021年7月12日閲覧。
  9. ^ ドラフト4位・浜地が仮契約「実感が少し沸いてきました」”. デイリースポーツ (2016年11月15日). 2016年12月5日閲覧。
  10. ^ 阪神D3・才木&D4・浜地、ブルペン披露!金本監督「楽しみよね」”. SANSPO.COM (2017年7月16日). 2021年7月12日閲覧。
  11. ^ a b c 阪神浜地、ストレートは一級品 変化球磨けば1軍も - 鳴尾浜通信”. 日刊スポーツ (2018年9月24日). 2021年7月12日閲覧。
  12. ^ 歳内が復活の148キロ!竹安は3か月ぶり、浜地は10か月ぶりの実戦登板”. Yahoo!ニュース (2018年6月6日). 2021年7月12日閲覧。
  13. ^ 阪神・浜口 台湾ウインタリーグ派遣へ 期待の右腕年末まで実戦漬け”. Sponichi Annex (2018年10月18日). 2021年7月12日閲覧。
  14. ^ 阪神・矢野監督 実りの秋「90点」 投手MVPに望月!浜地!才木!”. スポニチアネックス (2018年11月19日). 2021年7月12日閲覧。
  15. ^ 台湾ウインターリーグ閉幕 持ち帰ったのは来季につながる何か《阪神ファーム》”. Yahoo!ニュース (2018年12月18日). 2021年7月12日閲覧。
  16. ^ 阪神浜地が一軍春季キャンプに参加「体感したい」”. 日刊スポーツ (2019年1月23日). 2021年7月12日閲覧。
  17. ^ 浜地 開幕一軍へ好投でアピール”. デイリースポーツ (2019年3月2日). 2021年7月12日閲覧。
  18. ^ 阪神・浜地、開幕ローテ「第6の男」へ28日最終テスト!”. サンケイスポーツ (2019年3月26日). 2021年7月12日閲覧。
  19. ^ プロ初登板同士の先発はプロ野球30年ぶり”. 日刊スポーツ (2019年4月5日). 2021年7月12日閲覧。
  20. ^ 阪神浜地6失点も立派のひと言、大きく育つ/権藤博 - 評論家コラム”. 日刊スポーツ (2019年4月4日). 2021年7月12日閲覧。
  21. ^ 阪神、浜地と望月が二軍落ち 守屋と尾仲が昇格”. サンケイスポーツ (2019年4月5日). 2021年7月12日閲覧。
  22. ^ 阪神浜地が救援要員で一軍昇格「前回は悔しい思い」”. 日刊スポーツ (2019年5月6日). 2021年7月12日閲覧。
  23. ^ 阪神浜地、350万増更改も「悔しい思いがある」”. 日刊スポーツ (2019年11月13日). 2021年7月12日閲覧。
  24. ^ 阪神浜地真澄がコロナ陽性、今月20日まで1軍同行”. 日刊スポーツ (2020年9月25日). 2021年7月12日閲覧。
  25. ^ 2016年プロ野球ドラフト”. スポニチアネックス. 2016年12月5日閲覧。
  26. ^ a b 才木浩人投手と浜地真澄投手へ。お母さんからの言葉《阪神ファーム》”. Yahoo!Japanニュース (2017年5月16日). 2021年7月12日閲覧。
  27. ^ 阪神ドラ4、福岡大大濠・浜地は老舗の息子 最高の親孝行なるか”. スポニチアネックス (2016年11月10日). 2016年12月5日閲覧。
  28. ^ ドラ4・浜地、甘酒パワーで1軍狙う 「ハマチ」から出世だ!”. デイリースポーツ (2016年11月2日). 2016年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]