筒井壮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
筒井 壮
阪神タイガース 外野守備走塁兼分析担当コーチ #96
Tusuisou 20160320.JPG
2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府茨木市
生年月日 (1974-11-01) 1974年11月1日(47歳)
身長
体重
180 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1996年 ドラフト7位
初出場 1997年4月15日
最終出場 2004年8月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2007 - )

筒井 壮(つつい そう、1974年11月1日 - )は、大阪府茨木市出身の元プロ野球選手内野手外野手)。現役引退後の2007年から阪神のコーチを務めている。

プロ野球選手・監督であった星野仙一(実姉の息子)[1][2]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

上宮高等学校から、星野と同じく明治大学へ進学。高校時代の同期に、黒田博樹西浦克拓がいた。

明治大学では、2年時の1994年東京六大学リーグ春季リーグ戦で首位打者のタイトルを獲得。在学中には、リーグ通算74試合の出場で、打率.305(223打数68安打)、6本塁打、36打点を記録したほか、ベストナインにも2回選ばれた。同期に橿渕聡、1学年先輩に野村克則中村豊(高校でも1年先輩)、1学年後輩に川上憲伸がいた。

1996年のNPBドラフト会議で、星野が選手・コーチ・監督として在籍していた中日ドラゴンズから7巡目で指名。内野手として入団した。入団発表の時点では背番号4を着用することが決まっていたが、球団が発表後にレオ・ゴメスを獲得したことに伴って、背番号を37に変更した。

プロ入り後[編集]

1997年
4月15日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)7回表に代打へ起用されたことを皮切りに、一軍公式戦37試合の出場で打率.214を記録した。
1998年
ウエスタン・リーグ首位打者を獲得。
2000年
ファーム日本選手権制覇に貢献し最優秀選手に選ばれる。
2003年
59試合に出場し打率.291、2本塁打を記録。とりわけ監督の山田久志がシーズン途中で休養し、佐々木恭介が監督代行となった以降の9月12日から14日の阪神戦(ナゴヤドーム)で中日に3連勝をもたらし、同年の阪神最終戦(甲子園)で決勝3ランを放ち阪神の完全優勝を阻止した。
2004年
4年ぶりのファーム日本選手権制覇に貢献したものの、シーズン終了後の11月23日に戦力外通告を受ける。この年の第2回合同トライアウト実施前日の戦力外通告であり(第1回は既に終了していた)、遅すぎる戦力外通告であると中日はマスコミや評論家から批判された。なお監督の落合博満はこの件に関して、「トライアウトの日時を間違えてしまった」と筒井に対して謝罪している。
2005年
阪神へ移籍。当時は叔父の星野が同球団のSA(オーナー付シニアディレクター)を務めていて、一軍はこの年に星野の監督時代(2003年)以来2年ぶりのセントラル・リーグ優勝を果たしたものの、筒井自身は出番に恵まれなかった。
2006年
阪神で一軍公式戦への出場機会がないまま、10月6日に現役引退を表明。星野も、この年限りでSA職を退任した。

現役引退後[編集]

2006年以降も、コーチとして阪神に在籍。2012年までは育成コーチ、2013年から2015年までは二軍内野守備走塁コーチ、2016年には二軍打撃コーチを歴任した。

現役時代のメインポジションが内野手でありながら、2017年からは外野守備走塁コーチとして、主に外野手を指導している。2018年までは二軍で指導していたが、同年に二軍監督としてウエスタン・リーグ優勝を達成した矢野燿大が一軍監督へ就任したことに伴って、2019年から一軍外野守備走塁コーチを務める。2020年までは、チームの攻撃イニング中に一塁のベースコーチへ就いていた。一軍全体の走塁力の向上を図る矢野の方針で、2021年から分析担当を兼務。代走要員の選手への指示を兼務前より細かくするなどの工夫を通じて、盗塁成功率や得点力の向上に貢献している[3]。また、アマチュア時代は盗塁とは縁がなく、春季キャンプ中の紅白戦や練習試合で盗塁失敗が続いていた中野拓夢に対し、帰塁の速さに着目しリード幅を広げるように指導し、プロ初盗塁からの12連続成功や盗塁王獲得に導いた[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 中日 37 45 42 2 9 1 0 0 10 3 0 0 1 1 0 0 1 9 1 .214 .227 .238 .465
1998 35 100 89 7 22 3 1 0 27 4 0 0 2 0 9 0 0 19 3 .247 .316 .303 .620
1999 9 16 13 0 1 1 0 0 2 0 0 0 1 0 2 0 0 4 0 .077 .200 .154 .354
2000 23 43 36 1 6 0 0 0 6 1 0 0 1 0 5 0 1 7 1 .167 .286 .167 .452
2001 13 15 13 1 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 0 4 0 .077 .077 .077 .154
2002 5 6 6 1 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
2003 59 60 55 10 16 4 1 2 28 8 1 0 0 0 5 1 0 14 1 .291 .350 .509 .859
2004 10 10 9 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 1 2 1 .333 .400 .333 .733
通算:8年 191 295 263 22 61 9 2 2 80 18 1 0 7 1 21 1 3 59 7 .232 .295 .304 .599

表彰[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 4(1997年の入団発表時のみ)
  • 37(1997年 - 2004年)
  • 46(2005年)
  • 99(2006年)
  • 79(2007年 - 2009年)
  • 96(2010年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『ドラゴンズファンブック '97』 中日新聞社、1997年
  2. ^ 中日新聞1996年11月19日朝刊19頁「明治神宮野球 第3日 愛工大、エース崩れ涙のむ 決勝は明大 - 東北福祉大」、11月21日朝刊27頁「中日、2位に森野(東海大相模高)浮上。きょうドラフト 1、2位無抽選か」、11月22日朝刊32頁「プロ野球ドラフト会議 五輪チームから指名9人 竜に新風“高校生トリオ”」「プロ野球ドラフト会議 ガッツおじ譲り。7位筒井『頑張るだけ』」、11月29日朝刊33頁「脱衣室」、12月18日朝刊22頁「若竜8人、舞台はドームだ 4球団がルーキー入団を発表 『2年後、球速160キロ』 小山意欲」
  3. ^ 私たち失敗しないので 首位・矢野阪神の神髄、代走軍団(『朝日新聞』2021年5月16日付記事)
  4. ^ 【球界ここだけの話】 阪神・中野を盗塁王へと導いた筒井コーチの〝眼力〟(『サンケイスポーツ』2021年11月27日付記事)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]