コンテンツにスキップ

ジェレミー・ビーズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェレミー・ビーズリー
Jeremy Beasley
阪神タイガース #99
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ライオンズ英語版
生年月日 (1995-11-20) 1995年11月20日(28歳)
身長
体重
191 cm
109 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 MLBドラフト30巡目(全体895位)
初出場 MLB / 2020年8月11日
NPB / 2023年4月7日
年俸 1億1760万円(2024年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェレミー・ロニー・ビーズリーJeremy Lonnie Beasley, 1995年11月20日[1] - )は、アメリカ合衆国ジョージア州ライオンズ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。阪神タイガース所属。

経歴[編集]

プロ入りとエンゼルス傘下時代[編集]

2017年MLBドラフト30巡目(全体895位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名され、プロ入り。プロ入り後は、ルーキー級のアリゾナ・コンプレックスリーグ・エンゼルス英語版オレム・オウルズ英語版でプレーし、17試合で防御率3.13を記録した。

2018年はAA級などの傘下3チームでプレーし、25試合(先発18試合)の登板で防御率2.66を記録した。

2019年は開幕をAA級で迎えた。シーズン終盤にAAA級のソルトレイク・ビーズに昇格した。26試合(先発25試合)で7勝7敗、防御率4.49を記録した[2]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2020年1月14日にマット・アンドリースとのトレードでアリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍した[3]。8月10日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし[4]、翌日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビューを果たした。同月16日に故障者リスト入りし、シーズンを終了した[5]

2021年4月17日にニック・ヒースの獲得に伴い、DFAになった[6]

ブルージェイズ時代[編集]

2021年4月22日に金銭トレードでトロント・ブルージェイズに移籍した[7]。移籍後は、AAA級のバッファロー・バイソンズに配属された。後にメジャーに昇格するも、8登板で防御率7.71と振るわず、 6月30日にDFAになった[8]。7月5日にFAになった[9]

パイレーツ傘下時代[編集]

2022年8月2日に金銭トレードでピッツバーグ・パイレーツに移籍した[10]。オフの11月15日にFAになった。

阪神時代[編集]

2022年12月13日、NPB阪神タイガースと契約したことが発表された[11]。推定年俸は80万ドル(約1億1200万円)[12]。背番号は99[11]

2023年は中継ぎとしてシーズンを迎えた。4月7日の対東京ヤクルトスワローズ戦(阪神甲子園球場)で2点ビハインドの9回表に3番手として来日初登板。先頭のドミンゴ・サンタナに四球を、代打の川端慎吾に安打を許すも、2奪三振を奪い1回無失点の投球を披露した[13]。その後も一軍で11試合登板したものの、チームの状況もあって先発に転向することとなり、5月末に出場選手登録を抹消された[14]。その後は二軍で順調な調整を続け[15]、6月16日に一軍昇格。同日の対福岡ソフトバンクホークス戦(甲子園)で初先発登板を果たし、4回1失点(勝敗つかず)[16]。リーグ戦再開後は6月23日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)に「後半戦開幕投手」として先発するも、3回2失点を喫し二軍に降格した[17][18]。8月3日、発熱の症状を訴えた大竹耕太郎の代役として再昇格[19]。同日の対中日ドラゴンズ戦(バンテリンドームナゴヤ)で3度目の先発登板を果たすと、5回2/3を1失点に抑えて来日初勝利を挙げた[20]。その後大竹が復帰を果たし入れ替わる形で抹消されたが[21]、以降も一軍と二軍を行き来しながらシーズンを送った。シーズン最終盤からポストシーズン突入までは先発と中継ぎを両にらみしながら調整を続け[22][23]オリックス・バファローズとの日本シリーズ出場資格者名簿40人枠に名を連ねた[24]。第2戦(京セラドーム大阪)でポストシーズン初登板を果たし、1回1/3を投げて無失点に抑えた[25]。シリーズ終了後に現状維持で契約を結ぶことが発表された[26]

2024年は一軍キャンプで始動するも、中盤で右肩の不調を訴え二軍キャンプに合流[27]。そのまま二軍で開幕を迎えた。4月2日の二軍戦で復帰登板を果たすと[28]、その後は二軍戦29イニング連続無失点を記録するなど猛アピール[29]。5月11日の対DeNA戦(横浜)で不調を露呈した伊藤将司の代役として、5月18日に一軍選手登録された[30][31]。同日の対ヤクルト戦(甲子園)でシーズン初登板を果たすと、5回無失点の好投でシーズン初勝利を挙げた[32]。6月8日の対埼玉西武ライオンズ戦(甲子園)では来日最長となる9回119球を投げ、1失点完投勝利を果たした[33]

人物[編集]

2023年8月1日に長男が誕生[34]。その2日後の登板で来日初勝利を挙げ、ウイニングボールを愛息に捧げた[35]

気さくな人柄の持ち主であり、二軍で先発調整している際には若手投手陣に軽口を叩きながらも真摯にアドバイスを送った[36]

好物は豚骨ラーメン。来日当初は味噌ラーメンを好んでいたが[37]、二軍遠征で福岡を訪れた際に食した豚骨ラーメンに感動し「鞍替え」したという[38]。登板前日にラーメンを食べ、当日にうどんを食べるのがルーチンである[39]

投球スタイル[編集]

約190センチの長身から、最速97.6mph(約157.1km/h)を計測する直球とスプリット、大きく曲がるスライダーが武器[40][41]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 ARI 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ----- 3 0.1 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 6.00
2021 TOR 8 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 47 9.1 7 3 9 2 2 13 2 0 9 8 7.71 1.71
2022 9 0 0 0 0 0 0 1 0 ----- 64 15.0 14 4 5 0 2 19 0 0 9 8 4.80 1.27
2023 阪神 18 6 0 0 0 1 2 0 0 .333 170 41.0 35 1 13 0 1 43 2 0 12 10 2.20 1.17
MLB:3年 18 0 0 0 0 0 1 1 0 .000 114 24.2 23 7 14 2 4 33 2 0 18 16 5.84 1.50
NPB:1年 18 6 0 0 0 1 2 0 0 .333 170 41.0 35 1 13 0 1 43 2 0 12 10 2.20 1.17
  • 2023年シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2020 ARI 1 0 0 0 0 ----
2021 TOR 8 2 1 0 0 1.000
2022 9 2 1 0 0 1.000
2023 阪神 18 1 5 0 0 1.000
MLB 18 4 2 0 0 1.000
NPB 18 1 5 0 0 1.000
  • 2023年シーズン終了時

記録[編集]

NPB[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2023年6月16日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(阪神甲子園球場)、3回裏に和田毅から空振り三振

背番号[編集]

  • 59(2020年 - 2021年)
  • 38(2022年)
  • 99(2023年 - )

登場曲[編集]

  • 「For Whom The Bell Tolls (Remastered)」Metallica(2023年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 『阪神タイガース リーグ優勝!プロ野球2023シーズン総括BOOK』コスミック出版、2023年11月12日発行、37頁。ISBN 978-4-7747-4319-6 
  2. ^ Jeremy Beasley College & Minor Leagues Statistics & History”. 2022年11月23日閲覧。
  3. ^ Diamondbacks Trade Matt Andriese to Angels”. MLB Trade Rumors. 2020年1月14日閲覧。
  4. ^ D-backs put Bumgarner on IL with strained back”. ESPN.com (2020年8月10日). 2020年8月10日閲覧。
  5. ^ Major League Baseball Transactions”. 2022年11月23日閲覧。
  6. ^ Diamondbacks Acquire Nick Heath”. MLB Trade Rumors. 2021年4月17日閲覧。
  7. ^ @BlueJays (2021年4月22日). "OFFICIAL: We've acquired RHP Jeremy Beasley from the @Dbacks for cash considerations and optioned him to the Altern…". X(旧Twitter)より2022年11月23日閲覧
  8. ^ Blue Jays Reinstate Steven Matz from COVID-IL, Designate Jeremy Beasley”. 2021年6月30日閲覧。
  9. ^ Outrighted: Beasley, Bergen, Wade”. 2021年7月5日閲覧。
  10. ^ Blue Jays trade RHP Jeremy Beasley to Pirates for cash considerations”. Sportsnet.ca. 2022年8月2日閲覧。
  11. ^ a b ジェレミー・ビーズリー選手との契約締結について”. 阪神タイガース 公式ウェブサイト. 2022年12月13日閲覧。
  12. ^ 【阪神】191センチ中継ぎ候補右腕獲得、前パイレーツ27歳ビーズリー 背番号は99に決定”. nikkansports.com. 2022年12月14日閲覧。
  13. ^ 【阪神】新外国人ビーズリーが初登板 一、三塁のピンチ招くも無失点「すばらしい経験だった」 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年1月3日閲覧。
  14. ^ 【阪神】ビーズリー16日ソフトバンク戦で1軍初先発へ 中継ぎから先発転向し2軍戦で好投続く(日刊スポーツ)”. Yahoo!ニュース. 2023年6月12日閲覧。
  15. ^ 阪神2軍 先発転向・ビーズリーが5回ノーノーで和田2軍監督「言うことないわ」 井上6号、遠藤がオリ・宇田川撃ち/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2024年1月3日). 2024年1月3日閲覧。
  16. ^ 中野椋. “【阪神】ビーズリー立て直した岡田監督の配球助言「スライダーが使える。そのへんを言うたんよ」 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年1月3日閲覧。
  17. ^ 阪神・ビーズリー 首位攻防戦の初戦抜てきも3回2失点KO 来日2度目の先発は悔しい結果に - スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年1月3日閲覧。
  18. ^ 阪神・ビーズリーの登録を抹消 24日DeNA戦で来日2度目の先発も3回2失点降板 - スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年1月3日閲覧。
  19. ^ 三宅ひとみ. “【阪神】ビーズリーが8・3の中日戦先発へ 7月ウエスタン成績は3試合で防御率0・86 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年1月3日閲覧。
  20. ^ メッセンジャーの再来!? 阪神・ビーズリーに岡田監督も納得「次もいかんと」先発転向3戦目の来日初星 - スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年1月3日閲覧。
  21. ^ 阪神・大竹、16日広島戦で復帰へ 「特例2023」で昇格した代役・ビーズリーは「第7の男」として準備 - スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年1月3日閲覧。
  22. ^ 中野椋. “【阪神】ビーズリーがCSロングリリーフ枠へアピール成功 2軍戦で2回無失点「自分の役割を」 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年1月3日閲覧。
  23. ^ 村松万里子. “【阪神】ビーズリー、先発、中継ぎの両にらみでスタンバイ「どっちかいうたら待機組」岡田監督 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年1月3日閲覧。
  24. ^ 阪神は梅野、湯浅がメンバー入り オリは杉本や頓宮…日本S出場資格名簿が発表”. Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2023年10月26日). 2024年1月3日閲覧。
  25. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2023年10月29日). “阪神・ビーズリーが好救援 来日初のポストシーズンで四回途中から六回まで無失点ピッチ”. サンスポ. 2024年1月3日閲覧。
  26. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2023年12月1日). “阪神、ノイジー&ミエセス&ビーズリーと来季契約合意”. サンスポ. 2024年1月3日閲覧。
  27. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2024年2月14日). “阪神・ビーズリーが右肩を痛めて離脱へ 岡田彰布監督は「何したんやろな。アカン」と突き放す”. サンスポ. 2024年6月10日閲覧。
  28. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2024年4月2日). “阪神のジェレミー・ビーズリーが2軍戦で復帰登板「呼ばれたところでどこでもいけるように」1回無失点と好投”. サンスポ. 2024年6月10日閲覧。
  29. ^ 中島麗. “【阪神】2軍5連勝でビーズリーが計29回無失点「気持ちが入ったプレーができている」和田監督 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年6月10日閲覧。
  30. ^ 中野椋. “【阪神】伊藤将司が2軍降格、1軍代役先発はビーズリーの見込み 中継ぎ強化で及川雅貴が昇格 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年6月10日閲覧。
  31. ^ 柏原誠. “【阪神】ビーズリー&ミエセス助っ人コンビが今季初登録 青柳晃洋、島本浩也が抹消/18日公示 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年6月10日閲覧。
  32. ^ 中野椋. “【阪神】2年目ビーズリーの進化感じた2軍の相棒・栄枝裕貴「僕も上がれるように」決意も - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年6月10日閲覧。
  33. ^ 阪神・ビーズリー 初完投で無傷3勝目 進化の2年目好調の要因は“ほどほど”の練習 - スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年6月10日閲覧。
  34. ^ “阪神スタメン発表 1日にパパになったばかりのビーズリーが先発 梅野とのバッテリーで記念星目指す”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2023年8月3日). https://www.daily.co.jp/tigers/2023/08/03/0016658684.shtml 2023年8月3日閲覧。 
  35. ^ 波部俊之介. “【阪神】「家族が僕の全て」来日初勝利のビーズリー、背中押された妻の言葉 次戦は9日巨人戦有力 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年1月3日閲覧。
  36. ^ 中野椋. “【こんな人】来日初勝利!阪神ビーズリーの代名詞は「えぐい」スイーパーと愛すべきキャラクター - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年1月3日閲覧。
  37. ^ 阪神B・ケラー&ビーズリー 作るぞ甲子園「コラボ選手メニュー」道の駅で沖縄グルメ堪能/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2024年6月10日). 2024年6月10日閲覧。
  38. ^ 【阪神】ビーズリー熱投で今季初勝利 お気に入りは豚骨ラーメン「本物に巡り会ったんだ」”. 東スポWEB (2024年5月18日). 2024年6月10日閲覧。
  39. ^ 【阪神】ビーズリーが4安打1失点で来日初完投 無傷3勝目でひそかな夢が実現間近「本当に楽しみだよ」”. スポーツ報知 (2024年6月9日). 2024年6月10日閲覧。
  40. ^ 【阪神】ジェレミー・ビーズリーの交渉が大詰め「ボール自体は一番良かった」岡田監督も評価”. nikkansports.com. 2022年11月22日閲覧。
  41. ^ “阪神新助っ投のビーズリーが来日初登板で1回無失点デビュー 最速153キロ”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2023年4月7日). https://www.daily.co.jp/tigers/2023/04/07/0016222761.shtml 2023年4月7日閲覧。 
  42. ^ “阪神・ビーズリーが来日初登板 苦しみながらも1回無失点 最速は153キロ”. サンケイスポーツ. (2023年4月7日). https://www.sanspo.com/article/20230407-RFQAIAPBUZBGFL6HRJAYXSOYKY/ 2023年4月8日閲覧。 
  43. ^ “阪神 来日初先発のビーズリーは4回1失点、ミエセスの同点犠飛で負け消える”. デイリースポーツ. (2023年6月16日). https://www.daily.co.jp/tigers/2023/06/16/0016482305.shtml 2023年6月16日閲覧。 
  44. ^ “【阪神】パパになったビーズリー、家族に届ける来日初勝利 5月以来の3カード連続勝ち越し”. スポーツ報知. (2023年8月3日). https://hochi.news/articles/20230803-OHT1T51256.html 2023年8月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]