小川一平 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小川 一平
阪神タイガース #66
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県逗子市
生年月日 (1997-06-03) 1997年6月3日(22歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 ドラフト6位
年俸 700万円(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小川 一平(おがわ いっぺい、1997年6月3日 - )は、神奈川県逗子市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。阪神タイガース所属。

経歴[編集]

逗子市立逗子小学校2年時に「逗子オリーブス」に入団し野球を始め、4年生から投手を務める[1][2]逗子市立逗子中学時代は同校の軟式野球部に所属[1][3]

県立横須賀工業高校に進学、新チームとなった2年秋からエースとなり、冬には最速141km/hを計測[4]。怪我なども経験し[5]、3年夏は県大会2回戦で敗退した[4]

東海大学九州キャンパスでは、入学直後に発生した熊本地震の影響でチームがリーグ戦出場を辞退、自身も避難生活や一時帰省を強いられるなどしたため実戦での登板はなかった[2][4]。その間のトレーニングにより球速は最速148km/hにまで成長し、2年春からは主に抑え投手を務めチーム11年ぶりの大学選手権出場に貢献[2][3]。選手権では初戦敗退も、冬には大学日本代表候補合宿にも参加した[3]。しかし、3年時は先発に転向するも腰痛を発症[6]、4年春は他部員の不祥事によりリーグ戦辞退と、4年間を通じてわずかな出場機会にとどまった[2][4]

2019年のNPBドラフト会議にて、阪神タイガースから6巡目指名を受けた[7]。契約金3000万円、年俸700万円で仮契約(金額は推定)[8]。背番号は66[9]

選手としての特徴・人物[編集]

長身から投げ下ろす最速152km/hのストレート[10]、自ら「パワーチェンジ」と称する力強いチェンジアップを武器とし[7]、その他にスライダーカットボールなどを持ち球とする[11]

大学1年時に熊本地震で被災した際、帰省中に渋谷での募金活動を行っていた[12]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 66 (2020年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b 阪神ドラフト6位指名でプロ野球入り 小川一平選手、 逗子市長に決意表明 逗子葉山経済新聞 2019年11月8日
  2. ^ a b c d 熊本で根を張るドラフト候補投手。2度続く苦難にも「運命は変えられる」。 - ドラフト会議 Number Web 2019年6月29日
  3. ^ a b c 熊本地震、けが乗り越えた「不屈の右腕」 東海大九州・小川 プロで恩返し 西日本スポーツ 2019年10月4日
  4. ^ a b c d 県2回戦投手からの成り上がりはまだまだ続く大型右腕 小川一平(東海大九州キャンパス)【時は来た!ドラフト指名を待つ男たち 大学生編】 BASEBALL GATE 2019年10月16日
  5. ^ 横須賀工・小川「目立ちたい」1失点完投/神奈川 - 高校野球 日刊スポーツ 2015年7月12日
  6. ^ 阪神6位は小川一平 指名唯一の大学生 球児の「投球術」継ぎ“火の国ストッパー”に Sponichi Annex 2019年10月18日
  7. ^ a b 阪神6位小川「2球種で抑えられる」理想は山崎康晃 日刊スポーツ 2019年10月28日
  8. ^ 阪神6位小川一平、一平ちゃんの「CMこないかな」 日刊スポーツ 2019年11月14日
  9. ^ 阪神入団会見 ドラ1西は背番号15 過去には御園生、湯舟も… デイリースポーツonline 2019年12月2日
  10. ^ 阪神6位小川「もっと上を」最速152キロ1回0封 日刊スポーツ 2020年5月31日
  11. ^ ドラフトは佐々木、奥川だけじゃない! 知られざる隠れ指名候補4選手に刮目せよ! REAL SPORTS 2019年10月14日
  12. ^ 隠し玉キラリ NTT東・保坂、東海大九州・小川 - 野球の国から - 野球コラム 日刊スポーツ 2019年10月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]