北川博敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北川 博敏
東京ヤクルトスワローズ 二軍打撃コーチ #85
Kitagawa hirotoshi.jpg
オリックス・コーチ時代(2016年5月17日 こまちスタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 (1972-05-27) 1972年5月27日(44歳)
身長
体重
180 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手捕手
プロ入り 1994年 ドラフト2位
初出場 1995年8月16日
最終出場 2012年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

北川 博敏(きたがわ ひろとし、1972年5月27日 - )は、兵庫県伊丹市出身の元プロ野球選手内野手捕手)、コーチ

現役時代は、阪神タイガース大阪近鉄バファローズオリックスバファローズでプレー。大阪近鉄時代の2001年に、代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打を放ったことで知られる。2012年に現役を引退してからは、オリックスで一軍[1]・二軍打撃コーチや事業本部企画事業部プロジェクトマネジャー(PM)を務めた。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

出生から小学6年生の時まで伊丹市内で過ごした後に、中学1年生から埼玉県志木市へ転居。埼玉県立大宮東高等学校では3年時に主将を務め、夏の埼玉大会決勝戦では本塁打を放つなど、同校初となる夏の甲子園出場に貢献。

卒業後、東都大学野球連盟所属の日本大学に進学し、一学年下の高根澤力と正捕手のポジションを争う。捕手としてレギュラーに定着した3年の春季リーグ戦で首位打者を獲得、ベストナインにも選ばれ、同年の日米大学野球選手権大会日本代表に選出された。4年時には主将を務め、日米大学野球日本代表に再選。リーグ通算75試合出場、244打数66安打、打率.270、4本塁打、33打点。

1994年ドラフト会議阪神タイガースから2位指名を受け入団、背番号は9となった。

阪神時代[編集]

1年目のジュニアオールスターでMVPを受賞するなど、打力のある捕手として期待されたが、チームには関川浩一矢野輝弘などが活躍しており、セールスポイントの打撃も一軍では結果を出せなかった。2000年には監督野村克也の息子・カツノリが加入したこともあり、出場機会に恵まれず7打数無安打に終わる。オフに湯舟敏郎山崎一玄と共に、酒井弘樹面出哲志平下晃司との3対3のトレードで大阪近鉄バファローズへ移籍、背番号は46となった。

野村は、著書の一冊である「ああ、阪神タイガース」に定詰雅彦と北川は捕手としては論外であったと書いており、両者とも野村の時代は出場試合が少なく途中でチームを去っており、野村からの評価はかなり低かった。

近鉄時代[編集]

2001年、この年は1月4日に藤井寺球場で自主トレを開始、「こんなにバットを振ったことはない」とコメントするほど練習した。梨田昌孝に認められて一軍に定着し、4月28日にプロ初本塁打を記録。5月27日は29歳の誕生日だったが、生まれて初めてサヨナラ安打を放ち、お立ち台で涙を流した。その後2週間後にもサヨナラ打を放ち、9月24日の対西武戦では代打として出場し、松坂大輔から本塁打を放ち勝利に貢献している[2]。これでチームは優勝へのマジックナンバーを1とした。そして、9月26日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、チーム12年ぶりのリーグ優勝を決めた(#代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打も参照)。続くヤクルトスワローズとの日本シリーズでは1勝4敗と敗れたが、全試合に出場して14打数7安打、打率.500の好成績を残した。

2002年オープン戦で負傷し、43試合・打率.266・1本塁打・8打点と精彩を欠いた。

2003年5月25日に不振の中村紀洋に代わって自身初の4番に座り、いきなり4安打3打点の大活躍をするなど、打率.309、13本塁打、50打点の成績を残した。

2004年、打撃を活かすため内野手へ転向する。開幕前に吉岡雄二が負傷したこともあって開幕スターティングメンバーに名を連ね、この年もアテネ五輪に出場した中村の代わりに4番に座っている[3]。この年、在籍する近鉄とオリックスとの球団合併問題が浮上。9月のストライキのあった2試合を除く133試合にフル出場、打率.303・20本塁打・88打点の自己最高成績を収めた[注 1]。シーズン最終戦だった9月27日の対オリックス戦では、4回表に具臺晟からソロ本塁打を放ち、これが大阪近鉄バファローズ最後の本塁打・打点となった。シーズン終了後、大阪近鉄の合併消滅に伴い発足した新球団・東北楽天ゴールデンイーグルスとの選手分配ドラフトでオリックスに所属することとなり、背番号も23となった。

オリックス時代[編集]

現役時代(2008年6月8日、阪神甲子園球場)

2005年、5番・一塁手として開幕スタメンに名を連ね、第2戦の対西武戦では7回表にオリックス・バファローズ第1号本塁打となる3ラン本塁打を長田秀一郎から放った。チームの主軸・ムードメーカーとしての期待に応え、成績は前年に比べて打率こそ落ち込んだものの、チームトップの打点をマークするなど、主軸としての活躍を見せた。

2006年も開幕から中軸打者として活躍したが、シーズン中盤の試合中にダイビングキャッチを試みた際に、右肩を損傷。右肩関節唇損傷で選手生命を左右するほどの重傷と判明するが、8月13日の対福岡ソフトバンクホークス戦まで強行出場した。その後、一軍登録抹消されて同月17日に手術を受け、残りの試合は欠場した。

2007年、選手会長に就任し、故障も癒えて引き続き主軸として5番を任された。チームは3年ぶりの最下位と低迷したものの、9本塁打を放ち、右肩の故障からの復活を果たした。

2008年、春季キャンプ中に肉離れをおこし、開幕2軍スタートとなった。4月29日の対楽天戦より1軍に合流。ラロッカの離脱に伴い、三塁手で起用されることとなった[注 2]。合流直後はそこそこの活躍を見せ、5月16日の対ロッテ戦では、渡辺俊介から2打席連続本塁打を放ち、自己最多の1試合6打点を記録した。しかし、夏場以降は調子を落とし、復帰直後は5番だった打順も終盤は6・7番あたりに下げられるケースが多くなる。得点圏打率も.244と伸び悩み、規定打席にも2年ぶりに到達しないなど、自身にとって不本意なシーズンとなった。一方で、2005年以来の2桁本塁打を放ち、2年連続で犠牲フライ数がリーグトップを記録した。

2009年ホセ・フェルナンデスの加入、グレグ・ラロッカの復調により前年より更にスタメン出場が困難になった。主に右の代打を務めつつも、外国人4人が次々に戦線離脱したため、シーズン最後までスタメンに名を連ねた。しかし、打率以外のほとんどの面で前年の成績を下回り、本塁打は2本に終わった。

2010年、開幕戦を4番DHのスタメン出場で迎えた。本職である一塁手はアレックス・カブレラT-岡田に奪われ、DHでの出場が多かったが、打撃ではハイアベレージを記録。6月2日の対中日ドラゴンズ戦では、7点ビハインドの8回裏に3点返したあとの無死満塁の打席で、高橋聡文から同点満塁本塁打を放ち、チームの逆転サヨナラ勝ちに貢献した。その後も主力打者として活躍し続けたが、8月13日から登録抹消はされなかったものの10試合を欠場した。これは、7月14日のロッテ戦で左脛に自打球を当てた影響で、蜂窩(ほうか)織炎による発熱を発症したためであった。復帰後は、9月に100本塁打、1000本安打と節目の記録を次々と達成した。最終的には119試合に出場して打率.306、12本塁打61打点の成績を収めた。

2011年、キャンプ中に左腓骨骨折と肉離れを併発する。その後震災の影響で開幕が遅れたこともあり、開幕戦の復帰には間に合ったものの、完治していない状態で強行出場することとなる。主に5番指名打者・代打で出場し、6月12日の巨人戦では8回裏に澤村拓一から決勝2ランを放つ活躍も見せた。しかし、6月26日のロッテ戦で、7回表の先頭打者で、左翼線に二塁打性の打球を放ったが、二塁への走塁中に左足を負傷。左翼手の南竜介からの返球が逸れた事で、辛うじて一塁へ帰塁できたものの、そのまま歩けなくなりスタッフに肩を借りて退場[4]。診断の結果、全治6ヶ月のアキレス腱断裂の大怪我であったため、翌日手術をした。この結果、残りシーズンを棒に振った。

2012年も開幕一軍入りし、6月5日の対ヤクルト戦(京セラドーム)で8回裏に押本健彦からアキレス腱断裂後初の本塁打を放つ。試合後のヒーローインタビューは「2対0からだったから」と辞退し、報道陣が集まった事に対しては「まるで引退する時みたい。まだやめませんよ」とコメントしたが[5][6]、結果としてこれが現役最後の本塁打となった。7月16日に登録抹消され、この時「もう潮時かな」という気持ちになった事を引退試合後の会見時に述べている[7]10月3日、現役引退を発表し[8]、10月7日の本拠地最終戦の対西武戦(京セラドーム)を引退試合として5番・一塁として先発出場、5回裏の第3打席で2死2塁の場面で菊池雄星からレフトオーバータイムリーを放っている[9]

現役引退後[編集]

2012年11月4日に、オリックスの二軍打撃コーチへ就任することが球団から発表[10]2014年のシーズン終了まで務めた。

2014年11月1日付で、オリックスの事業本部企画事業部プロジェクトマネジャー(PM)に転身。自身初のフロント業務で、少年野球の指導や、新規ファンの開拓に向けたPR、京セラドーム大阪内の有料見学ツアー(ドームツアー)のガイドなどに携わっていた。球団では、北川のPM就任を機に、PMとしての北川の公式ブログ「PEI's TIME」を公式サイト内に開設。2015年のプロ野球シーズン中には、J SPORTSの球団主管試合中継や、東日本放送制作のオリックス戦中継で随時解説を担当した。同年4月からTwellVで放送を開始した球団情報番組「オリックス日和」では、元BsGirlsリーダーでキッズチアインストラクターのKYOKOと共に、MCを務めていた。

2015年10月14日に、オリックスの一軍打撃コーチへ就任することが球団から発表[1]。自身2年振りの現場復帰を果たしたが、翌2016年3月までは、『オリックス日和』のMCも続けていた。しかし、同年のチーム打率・得点がいずれもリーグ最下位に終わったことから、10月2日付でコーチ職の退任と退団が発表された[11]

2017年シーズンからは、ヤクルト2軍打撃コーチに就任することが発表された。[12]

プレースタイル[編集]

三振が少なく粘り強い打撃が持ち味。勝負強い中距離打者だが、2003年、2004年をピークに長打は減少傾向で、併殺打もやや多めである。あまり機会はないがバントは高校時代に猛練習をしたこともあり自信を持っており、試合でも決めている[13]

守備範囲は多少狭いがグラブ捌きは上手く、2007年は福浦和也の.995を上回るリーグトップの守備率.998を記録している(ゴールデングラブ賞は福浦が受賞)。

元々のポジションである捕手は内野手転向以降、長年務めなかった。ただし、2004年には捕手を使い果たした試合で、梨田昌孝が「延長戦となったら北川を捕手で使うつもりだった。久々に北川の捕手が見られると思ったのに(同点に追い付けず敗れて)残念。」と語っている[14]

人物[編集]

常に笑顔を絶やさず阪神タイガース時代からスマイリーの愛称を持ち、顔が似ていることからアンパンマンとも言われている。また自身のヒッティングマーチにもあるように近鉄時代の優勝を決めた代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打のインパクトの強さから「奇跡を呼び込む男」ともいわれている(具体的にはヒッティングマーチの歌詞がこの一打により、翌2002年から上記のフレーズが入ったものに変更になった。結果的に一振りで歌詞が変わってしまうという極めて稀な事が起こったのである)。

兵庫県伊丹市出身のスポーツ選手で結成されているNPO法人「伊丹アスリートクラブ」に所属し、シーズン中は「北川ホームラン基金」、シーズンオフにはイベントを行っている[15]

ひょうきんな性格で知られ、現在のテーマ曲は逆転イッパツマンタイムボカンシリーズ)のテーマである(2009年よりチャンス時のみ)。2002年は「KC&ザ・サンシャイン・バンド」の「That's the way (I Like It) 」だった。

趣味は釣り・ザリガニ飼育で、オフには自身のブログにその様子を掲載している。

球団では「きたがわびっクリあんぱん」と「キタガワビッくりームパン」を発売している[16]

好きなアーティストはスピッツで、2009年から自身のテーマ曲にもスピッツの楽曲を使用している。またライブにも度々訪れている。メンバーの草野マサムネとは交流も深く、ブログにも登場している。

代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打[編集]

2001年9月26日、チーム135試合目、本拠地大阪ドームでの同年度最終戦となる対オリックス・ブルーウェーブ戦。近鉄は1回に先制したが、先発ショーン・バーグマンが5回までに吉岡雄二の2失策もあり4失点する。7回に川口憲史の本塁打で反撃するも、9回表には岡本晃相川良太に本塁打を打たれ、9回表終了時点でのスコアは5対2と、3点リードされていた。

オリックスは8回途中から守護神大久保勝信を送る。9回裏、近鉄は先頭の6番吉岡雄二が出塁、続く7番川口が二塁打、8番ショーン・ギルバートのところで代打益田大介が四球を選んで無死満塁とした。ここで最初から監督の梨田昌孝は「アイツしかいない。今年のアイツは何かをやる」として[17]、この試合3打席凡退の9番古久保健二の代打として北川を打席に送る。北川は後にこの時の状況を「益田さんが四球を選んで満塁となって困ったなぁと思いました」とコメント。理由として「塁が詰まると引っかけてゲッツーが多いから」とした。 コーチの真弓明信からは「思いきりいけばいい」と言われ、北川は「これで気持ちは楽になった」としている。

カウント1ボール2ストライクとなった4球目。大久保は「真っ直ぐ狙いのような気がした。スライダーで打ち取ろうと思った」として投じたスライダーが真ん中に入り[17]、北川は「(大久保の手から)球が離れた瞬間、これはと感じて素直に振りぬいた」「打った瞬間、野手の間は抜けると思ったが、本塁打にはなるとは思ってなかった」とした打球はバックスクリーン左横に飛びこむ、プロ野球史上初となる「釣銭無しの代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打」を放っている。優勝決定に限定せず、「釣銭無しの代打逆転サヨナラ満塁本塁打」としても45年ぶり2人目。「代打逆転サヨナラ満塁本塁打」としては6人目、近鉄では1984年柳原隆弘以来2人目[18]。最終的なスコアは6対5、チームのパ・リーグ優勝が決定した[19]

打った側と打たれた側のそれぞれの監督である梨田と仰木彬はその年のオフ、両チームの監督を務めた経験もある西本幸雄を交えて対談しており、この時の状況について、仰木は「オリックスの勝ちペースで今日は梨田の胴上げを見ずに済む」と考えていたが、「8回から雲行きがおかしくなった」として、「9回に満塁になった時はもう完全に予測できるくらい(笑)」とコメントしている。また試合前には「おめでとう、胴上げされても泣くなよ」と梨田に言っており、梨田も「今日は勝たせてくれるのかな」と思ったとしているが、仰木は「心情的にはあったかもしれないけど、最後は本気になって勝ちにいった」とコメントしている。一方の梨田は「『北川にホームランが出たら代打逆転サヨナラ満塁本塁打で優勝だな』という気持ちがほんのちょっとあった」としつつ、「大部分は『頼むからダブルプレーだけは勘弁してくれ』という気持ちだった」としている。西本はこの試合をスタンドで仕事として観戦しており「あんな絵に描いたような奇跡は起こるわけがないと思ってた」とコメント、北川の起用については「何度かサヨナラ打を打っているラッキーボーイ的存在で、いい人選だった」としている[20]

2010年に日本野球機構が、「最高の試合」「名場面・名勝負」を選んだときにいずれでも、この時の試合が「総合」2位などに選ばれた。ここで、北川の一打は「“特盛”の一打」と形容されている。打った北川のみならず、打たれた大久保や、北川を代打に出された古久保もこの場面に投票している[21]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 阪神 13 21 16 1 2 0 0 0 2 0 0 0 2 0 3 0 0 4 1 .125 .263 .125 .388
1996 28 32 29 4 6 1 0 0 7 1 0 0 0 0 3 0 0 5 0 .207 .281 .241 .523
1997 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1998 8 19 18 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .056 .105 .111 .216
1999 39 74 66 4 10 3 0 0 13 1 0 0 5 0 2 0 1 10 2 .152 .188 .197 .385
2000 10 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .125 .000 .125
2001 近鉄 81 229 200 27 54 14 1 6 88 35 2 0 1 1 25 0 2 29 13 .270 .355 .440 .795
2002 43 99 94 7 25 7 1 1 37 8 0 0 0 0 4 0 1 16 2 .266 .303 .394 .697
2003 99 359 317 57 98 23 1 13 162 50 5 0 1 3 37 0 1 38 7 .309 .380 .511 .891
2004 133 580 508 75 154 27 0 20 241 88 7 2 4 2 62 3 4 70 15 .303 .382 .474 .856
2005 オリックス 127 487 444 57 115 28 1 16 193 67 3 3 1 2 36 2 4 64 11 .259 .319 .435 .754
2006 100 403 373 39 108 29 2 8 165 55 2 2 0 3 23 2 4 47 8 .290 .335 .442 .777
2007 144 602 557 60 156 23 1 9 208 61 4 2 0 7 31 1 7 79 23 .280 .322 .373 .696
2008 105 399 343 41 91 24 0 13 154 49 4 2 2 10 37 3 7 51 8 .265 .340 .449 .789
2009 103 302 267 29 73 18 0 2 97 31 0 0 4 6 19 1 6 37 9 .273 .329 .363 .692
2010 119 403 362 42 111 25 0 12 172 61 2 1 0 6 28 0 7 65 6 .307 .362 .475 .837
2011 51 172 159 11 41 11 0 1 55 17 0 0 1 2 8 0 2 23 4 .258 .298 .346 .644
2012 59 159 140 9 31 6 0 1 40 11 0 0 0 2 17 0 0 23 3 .221 .302 .286 .588
通算:18年 1264 4350 3902 464 1076 240 7 102 1636 536 29 12 21 44 337 12 46 563 112 .276 .337 .419 .756
  • 2012年シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]

年度 一塁 三塁
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1996 - 6 1 1 0 1 1.000
1999 4 25 5 0 3 1.000 -
2000 3 2 0 0 0 1.000 -
2001 16 144 4 0 10 1.000 -
2002 1 1 0 0 0 1.000 -
2003 58 453 35 1 45 .998 -
2004 133 1347 85 6 121 .996 -
2005 121 1070 71 8 104 .993 -
2006 76 706 62 0 60 1.000 -
2007 140 1307 84 3 104 .998 -
2008 24 117 10 0 8 1.000 87 37 129 10 10 .943
2009 42 289 24 1 31 .997 35 26 46 5 7 .935
2010 38 290 27 4 24 .988 -
2011 6 41 0 0 5 1.000 -
通算 662 5792 407 23 515 .996 128 64 176 15 18 .941
年度 捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1995 13 43 5 1 0 0 .980 13 11 2 .154
1998 7 20 3 1 0 0 .958 2 1 1 .500
1999 23 89 11 0 4 3 1.000 12 6 6 .500
2000 1 1 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2001 55 211 8 2 3 2 .991 30 25 5 .167
2002 18 35 2 4 0 0 .902 12 12 0 .000
2003 15 40 4 0 1 0 1.000 9 6 3 .333
通算 132 439 33 8 8 5 .983 78 61 17 .218

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
  • 全球団から本塁打:2008年6月23日、対東京ヤクルトスワローズ4回戦(明治神宮野球場)、9回表に林昌勇から左越ソロ ※史上14人目

背番号[編集]

  • 9 (1995年 - 2000年)
  • 46 (2001年 - 2004年)
  • 23 (2005年 - 2012年)
  • 85 (2013年 - 2014年、2016年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 同年のパ・リーグで全試合出場を果たしたのは、北川・中島裕之川崎宗則の3人だけだった。
  2. ^ 本人のブログによると、三塁を守るのは約12年ぶりのことだった。

出典[編集]

  1. ^ a b オリックス 新コーチングスタッフ発表 西村ヘッド、高橋打撃コーチら(『スポーツニッポン2015年10月15日付記事)
  2. ^ 『サヨナラ近鉄バファローズ』P50
  3. ^ 『さらば大阪近鉄バファローズ』P33
  4. ^ YouTube - ‪『故障発生です!』 北川が負傷も根性の走塁 6月26日 ロッテ-オリックス‬‏
  5. ^ オリ北川、アキレス腱断裂から復活弾デイリースポーツ 2012年10月10日閲覧
  6. ^ 北川 アキレス腱断裂から復帰後初本塁打「記憶に残る」スポーツニッポン 2012年10月10日閲覧
  7. ^ 北川博敏選手、引退会見オリックス球団公式サイト
  8. ^ 北川博敏選手現役引退のお知らせオリックス球団公式HP 2012年10月3日配信
  9. ^ 【オリックス】北川引退試合で適時打!ニッカンスポーツ 2012年10月7日
  10. ^ 2013年度コーチングスタッフ発表のお知らせオリックス球団公式サイト
  11. ^ コーチの退団について 2016年10月2日、球団公式サイト
  12. ^ 野口氏、20年ぶり燕復帰!2軍バッテリーC就任で若手育成へ
  13. ^ 岡田マジックよ「5番にバント」デイリースポーツ 2011年4月24日
  14. ^ 2004年9月13日サンケイスポーツ 5面記事 他。
  15. ^ [1]伊丹アスリートクラブ公式サイト
  16. ^ [2]伊丹市ポータル「いたみん」[伊丹市トップ]
  17. ^ a b 【9月26日】2001年(平13) 近鉄最後のV 決まり手は代打逆転サヨナラ満塁弾スポーツニッポン 2012年10月11日閲覧
  18. ^ 週刊ベースボール 2011年11月7日号P96
  19. ^ この節のここまでの出典は特記ない場合、日刊スポーツ出版社発行『サヨナラ近鉄バファローズ』P50-53、及び、ベースボール・マガジン社発行『さらば大阪近鉄バファローズ』『週刊ベースボール別冊』2004年冬季号)P32-33とする
  20. ^ この段落における出典は『さらば大阪近鉄バファローズ』P100
  21. ^ 日本野球機構『ここに、世界一がある。2001年9月26日 大阪近鉄-オリックス 26回戦 (大阪ドーム)』2012年6月21日閲覧
  22. ^ 月刊タイガース2000年5月号45P

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]