田中秀太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秀太 (田中 秀太)
HT-Syuta-Tanaka-3.jpg
現役時代(2008年9月27日、阪神鳴尾浜球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1977-02-23) 1977年2月23日(39歳)
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1994年 ドラフト3位
初出場 1995年9月21日
最終出場 2008年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 秀太(たなか しゅうた、1977年2月23日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手内野手)。1995年から2009年まで阪神タイガース一筋で選手活動していた。2003年から現役引退までの登録名秀太

父は第55回都市対抗野球大会優勝・日産自動車硬式野球部元監督、第28回IBAFワールドカップ日本代表監督の田中久幸(1947年6月24日[1]-2006年9月29日[2])。

現在は、阪神タイガース九州担当スカウト。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校卒業までは横浜に住んでいたが、父が日産自動車九州監督に就任したのに伴い中学校入学と同時に福岡県北九州市に移住。その後、父の母校でもある熊本工業高校に進学。このため選手名鑑のプロフィールなどで熊本県出身としているものがある。後に中日ドラゴンズに入団する荒木雅博は高校の1年後輩で二遊間を組んでいた。

3年時の1994年第66回選抜高等学校野球大会へ出場。1回戦の姫路工戦に3番・遊撃手として先発出場し、6回表、選抜高等学校野球大会通算10000得点目のホームを踏んだ[3][4]。ただし、試合は2-6で敗れた。また、日本代表メンバーとして日本・キューバ選手権にも出場した。

プロ入り後[編集]

同年秋のドラフト3位で阪神タイガースに入団。背番号は当時6をつけていた和田豊にあこがれ60を選んだ。1996年にはアメリカ合衆国のルーキーリーグに留学し、スイッチヒッターの練習を積んだ。

4年目の1998年まで一軍出場4試合、2打数安打にとどまっていたが、1999年の対広島戦でセンターオーバーのサヨナラ安打を放ったのを機に2番打者に定着し、チームトップの15盗塁を記録[5]

遊撃守備に就く田中秀太

2000年は8番遊撃手で開幕スタメンを勝ち取ったが、遊撃手としては失策が多く、大阪近鉄バファローズから移籍した吉田剛がいたため、レギュラー定着には至らなかった。

2001年に監督の野村克也が俊足選手7人を「F1セブン」を提唱したが、野村曰く「入れ忘れた」ということで後日秀太を含め「F1エイト」に訂正されたことがあった。同年は藤本敦士沖原佳典ら新人が起用されることが多く、成績を落とした。

2002年に背番号を00に変更。前年と同じく藤本、沖原、関本健太郎らと遊撃手のレギュラー争いに終始するが、内外野複数のポジションに就き、飛躍的な守備の向上を見せるなど成績はやや復調した。

2003年日本ハムファイターズから移籍した田中聡との混同を避けるため、登録名を「秀太」に変更。藤本が遊撃手レギュラーとなりスタメン出場の機会は減少したが、失策数は0となり、全試合でベンチ入りをした。同年阪神は18年ぶりのリーグ優勝を果たし、TV特番に同い年の藤本と同学年の赤星憲広らと同席して出演した際には「入団してすぐに優勝! いかがですか?」と聞かれ「僕、長いこといるんですけどねえ」と苦笑した。

2004年以降は一軍出場機会が激減。2004年シーズンは主に代走守備固めとして起用され、8月21日の対ヤクルト戦では延長12回に決勝本塁打を打ったが、同年の安打はこの1本に終わった。オフに契約更改の席で起用の不公平さを訴えてトレード志願し、福岡ダイエーホークスが獲得に動いたが最終的には残留。

2007年は関本の台頭で控えに回った藤本が守備固め代走で出場することが多く、出場機会が更に減少してシーズンのほとんどを二軍で過ごす。9月下旬に一軍昇格し、鳥谷敬が故障した影響で9月29日の対広島戦では約2年半ぶりとなる遊撃守備についた。10月1日の対横浜戦(横浜スタジアム)では4年ぶりのスタメン出場を果たしたが、5回裏の遊撃守備でミスを連発。一軍公式戦では5年振りの失策を記録したことをきっかけに失点を招いたため、先発投手下柳剛が地面にグラブを叩き付けて怒りを露わにする事態に至った(詳細後述)。

2008年は代走や守備固めでの起用がほとんどで、4年ぶりの打点を記録したものの4年連続無安打に終わった。同年のCSでは全3試合にベンチ入りしたものの、出場機会は無かった。契約更改で「来年ダメなら自分からやめる」と翌年は背水の陣で挑む決意を明らかにした。

しかし2009年は一軍に昇格することができず、9月18日の記者会見で「一軍の戦力になれず、家族や片岡篤史にも相談して8月中旬に引退を決意した」と語り、現役引退を表明。9月23日、引退試合となったウエスタン・リーグ公式戦最終戦の対ソフトバンク戦では、二軍戦としては異例の7,000人を超える観客が集まった中で2安打を放ち活躍。試合終了後、引退セレモニーとチームメイトによる胴上げの後、二塁から全力疾走でホームへヘッドスライディングで駆け込むパフォーマンスを見せた。

現役引退後[編集]

現役引退後は、阪神タイガースの球団職員へ転じるとともに、二軍コーチとして現場に復帰した永尾泰憲の後任扱いで九州地区担当のスカウトに就任。就任1年目の2010年には、第92回全国高等学校野球選手権大会の1回戦を新人スカウトの目で評価したコラム走れ!秀太!」を「デイリースポーツ」に連載していた。

その後は、九州地区担当スカウトとして福岡県に駐在。自身と同じ九州出身の中谷将大松田遼馬横田慎太郎梅野隆太郎や、他地方の出身で九州のチームに所属していた竹安大知の入団に尽力している。

人物[編集]

父の田中久幸(2006年9月29日没)は社会人野球日産自動車、日産自動車九州及び熊本工業高校各野球部の監督。妹の田中美弥子はゴルファーで、2009年度全米女子プロゴルフ協会プロテストに合格した。

チーム随一のムードメーカーであり、他選手への気配りも上手かった。特に、阪神に途中入団した同世代の新井貴浩金村曉にはチームに早く溶け込むためにほぼ付きっきりで世話を焼いていた。この2人に加え、赤星、福原忍といった1976年生まれの選手たちが「松坂世代」といった言葉に対し、「僕らは秀太世代」と言うほど、面倒見のいい人気者だった。

同期入団で後に大阪近鉄バファローズに移籍した北川博敏からは「秀太さん近鉄で待ってます」とテレビ番組で言われたことがある[注 1]。同じく同期入団で近鉄へ移籍した山村宏樹とは入団当初から仲がよく、互いに親友と呼び合う仲。アメリカ留学に同行した安達智次郎とは安達の引退後も親交があり、安達が経営する店「RocketBall」にたびたび選手をつれて顔を出していた。

現役時代の2007年に遊撃守備のミスで下柳を激怒させたシーンは、「伝説の珍プレー」「秀太事件」として、現在でもメディアやインターネットでたびたび取り上げられている[6]。下柳が現役引退を経て臨時投手コーチとして参加していた2016年阪神一軍春季キャンプの紅白戦(2月11日)では、投手陣と野手陣の練習免除を賭けたファンサービスとして、下柳と金本知憲一軍監督による「3打席対決」が実現。既にスカウトとして活動していた秀太は、現役時代の後期と同じ背番号00のユニフォーム姿で対決前のノックに現れると、下柳と共に上記のシーンを再現した[7]

選手としての特徴[編集]

俊足に加え果敢なヘッドスライディングが持ち味の代走、バントスクイズといった小技が評価されての代打、また内野3ポジションに加え外野手も務めるユーティリティープレイヤーであることを生かしたスーパーサブとして活躍した。試合中、積極的に声を出すムードメーカーでもあった。

このように高い水準での器用さを備えていたものの、一方でここ一番の大事な場面でミスを犯すことが多々あった。自身の引退試合においても、2安打を放って好守も見せたが、最終回に適時失策を犯して決勝点を許すなど、波乱の幕締めとなった。

初打席から引退までに1000回以上一軍公式戦の打席に立っているが、一度も死球を受けたことがない。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 阪神 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1997 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1999 116 263 220 29 53 6 2 0 63 17 15 4 22 0 21 0 0 45 2 .241 .307 .286 .593
2000 113 355 307 32 77 4 2 1 88 17 5 6 13 1 34 6 0 51 9 .251 .325 .287 .611
2001 86 105 89 13 19 2 0 0 21 6 1 3 4 1 11 1 0 15 2 .213 .297 .236 .533
2002 81 184 155 26 38 6 0 0 44 5 8 0 17 0 12 1 0 32 1 .245 .299 .284 .583
2003 102 75 69 24 12 0 1 1 17 5 8 2 3 0 3 0 0 15 1 .174 .208 .246 .455
2004 27 12 8 5 1 0 0 1 4 1 1 1 1 0 3 0 0 4 0 .125 .364 .500 .864
2005 46 6 5 3 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2006 21 6 4 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 4 0 .000 .200 .000 .200
2007 16 13 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 0 7 0 .000 .091 .000 .091
2008 12 2 2 4 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:12年 624 1023 871 138 200 18 5 3 237 52 38 18 64 2 86 8 0 176 15 .233 .298 .272 .570

年度別守備成績[編集]

年度 二塁 三塁 遊撃 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1999 79 85 161 5 27 .980 - 30 58 84 3 22 .979 -
2000 9 9 11 0 5 1.000 - 108 148 304 14 50 .970 -
2001 42 42 41 1 10 .988 - 21 29 38 4 11 .944 -
2002 4 4 4 0 1 1.000 19 5 7 1 1 .923 64 70 130 3 21 .985 4 3 0 0 0 1.000
2003 50 25 52 0 3 1.000 37 6 13 0 1 1.000 11 10 14 0 2 1.000 3 1 0 0 0 1.000
2004 11 3 5 0 0 1.000 9 2 4 0 1 1.000 2 1 2 0 0 1.000 -
2005 5 2 2 0 0 1.000 32 3 9 0 1 1.000 1 0 0 0 0 - -
2006 8 3 7 0 1 1.000 11 0 1 0 0 1.000 - -
2007 3 0 1 0 0 1.000 7 1 1 0 0 1.000 3 3 5 2 1 .800 -
2008 - 3 0 1 0 0 1.000 - -
通算:10年 211 174 284 6 47 .987 118 17 36 1 4 .981 240 319 577 26 107 .972 7 4 0 0 0 1.000

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 60 (1995年 - 2001年)
  • 00 (2002年 - 2009年)

登録名[編集]

  • 田中 秀太 (たなか しゅうた、1995年 - 2002年)
  • 秀太 (しゅうた、2003年 - 2009年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1994年度のドラフトで同期入団の山村宏樹、北川博敏、川尻哲郎が近鉄に移籍し、当時活躍していたため。

出典[編集]

  1. ^ 報知高校野球1996年9月号56P
  2. ^ 朝日新聞東京本社版2006年10月1日付朝刊19面
  3. ^ 内野手00秀太、アマ戦績
  4. ^ 報知高校野球1994年5月号61P
  5. ^ 阪神 年度別打撃各部門最高記録 | 80周年史 | 阪神タイガース球団創設80周年記念 特設サイト阪神タイガース公式サイト、2015年12月10日閲覧。
  6. ^ 動画再生なんと63万回!今だから話す「秀太事件」その真相は… (『Sponichi Annex』上での下柳の連載コラム「下柳剛のシモネタ発見」2014年12月15日掲載分)
  7. ^ 秀太スカウトポロリ…金本VS下柳ガチ対決で“伝説の珍場面”再現(『スポーツニッポン2016年2月11日付記事)
  8. ^ 月刊タイガース2000年5月号45P

関連項目[編集]

外部リンク[編集]