2022年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2022年 > 2022年のスポーツ > 2022年の野球

2022年の野球(2022ねんのやきゅう)では、2022年野球界における動向をまとめる。

2021年の野球 - 2022年の野球 - 2023年の野球

出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 1日
    • 【大学野球・関甲新学生野球連盟】 白鷗大学曽谷龍平が対松本大学戦でノーヒットノーランを達成[35]
    • 【独立・北海道フロンティアリーグ】 リーグの開幕戦となる石狩レッドフェニックス対美唄ブラックダイヤモンズの試合が、青葉公園野球場でおこなわれ、石狩が7対3で勝利した[36]
  • 10日
    • 【独立・ルートインBCリーグ】 茨城アストロプラネッツの選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことに伴い、茨城が5月9日から13日までチームの活動を休止(この間の公式戦2試合を中止)することを発表[37]。また福島レッドホープスも同日、チーム関係者7名が陽性判定となったことと5月15日までのチームの活動を停止(この間の公式戦4試合を中止)することを発表した[38]
  • 23日

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 4日
  • 9日
  • 15日
    • 【独立・九州アジアリーグ】火の国サラマンダーズはこの日実施された対北九州戦(県営筑豊緑地野球場)に勝利し[58]、リーグ優勝を達成[59]。火の国サラマンダーズのリーグ優勝は2年連続[60]
    • 【独立・九州アジアリーグ】福岡北九州フェニックスは、2023年度シーズンから球団名を「北九州下関フェニックス」に変更することを発表した[61]
  • 17日
  • 21日
    • 【独立・北海道ベースボールリーグ】新球団「旭川ビースターズ」(旭川 Beː Stars)がリーグに加盟し、2023年からリーグ戦に参加することを発表した[63]
  • 23日
    • 【独立・ルートインBCリーグ】信濃グランセローズは、茨城アストロプラネッツと対戦したリーグチャンピオンシップ第3戦(中野市営野球場)に5対2で勝利し[64]、対戦成績を3勝0敗として5年ぶりのリーグ年間優勝を達成した[65]
  • 24日
    • 【独立・四国アイランドリーグplus】高知ファイティングドッグスは、徳島インディゴソックスと対戦したリーグチャンピオンシップ第2戦(むつみスタジアム)に1対0で勝利し[66]、13年ぶり3回目のリーグ総合優勝を達成[67]
  • 26日
    • 【独立・北海道フロンティアリーグ】士別サムライブレイズは、石狩レッドフェニックスと対戦したリーグチャンピオンシップ第4戦(美唄市営野球場)に4対3で勝利し、対戦成績を3勝2敗(1敗はリーグ戦1位チームのアドバンテージによる)として初優勝を達成[68]
  • 27日
    • 【高校野球】日本高校野球連盟は、来春の第95回選抜高等学校野球大会を記念大会とし、例年より4枠多い36校で開催することを決定。ベスト4進出の多い関東・東海・四国、県数に対し出場枠の少ない東北を各1枠増[69]
  • 30日
    • 【独立・日本海オセアンリーグ】滋賀GOブラックスはこの日の試合の結果勝ち点を68とし、2位の富山GRNサンダーバーズが残試合を全勝して勝ち点が同数となっても勝利数で上回るため、リーグとしての初優勝を達成[70]

10月[編集]

  • 1日
    • 【独立・関西独立リーグ】06BULLSは、2023年シーズンよりチーム名を「大阪ゼロロクブルズ」に変更することを発表した[71]
    • 【独立・日本独立リーグ野球機構】火の国サラマンダーズは、リプワーク藤崎台球場で開催されていたグランドチャンピオンシップの決勝で信濃グランセローズに勝利し、初優勝を達成[72]
  • 2日
  • 4日
    • 【独立・関西独立リーグ】06BULLSは、桜井広大監督の退任を発表[75]
  • 17日
    • 【独立・関西独立リーグ】06BULLSは、藤井秀悟が来シーズンの監督に就任すること、新コーチとして浅井良のヘッドコーチ就任、小山桂司のバッテリーコーチ就任を発表した[76]
  • 24日
    • 【独立・関西独立リーグ】2023年より淡路島を本拠とする新球団(名称未定)が加入し、5球団でリーグ戦を実施することを発表[77]。新球団の監督には、元中日ドラゴンズコーチの赤堀元之が就任することも併せて明らかにした[77]
  • 31日
    • 【独立・日本海オセアンリーグ】 福井ネクサスエレファンツの今年限りでの活動休止、ならびに2023年シーズンからのリーグ戦参加を前提とした千葉県での新球団設立を発表[78]

11月[編集]

12月[編集]

競技結果[編集]

国際大会[編集]

独立リーグ[編集]

四国アイランドリーグplus[編集]

四国アイランドリーグplusの結果

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 高知ファイティングドッグス 17 13 4 .567 - 徳島インディゴソックス 18 11 5 .621 -
2位 香川オリーブガイナーズ 16 14 4 .533 1.0 愛媛マンダリンパイレーツ 16 14 4 .533 2.5
3位 徳島インディゴソックス 15 16 3 .484 1.5 香川オリーブガイナーズ 14 17 3 .452 2.5
4位 愛媛マンダリンパイレーツ 9 17 8 .346 3.5 高知ファイティングドッグス 13 18 3 .419 1.0
リーグチャンピオンシップ[編集]
第1戦 高知 5 - 1 徳島
第2戦 高知 1 - 0 徳島
(高知は13年ぶり3回目の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

ベースボール・チャレンジ・リーグの結果

北地区
順位 球団 勝率
優勝 信濃グランセローズ 37 21 5 .638 -
2位 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ 30 28 6 .517 7.0
3位 群馬ダイヤモンドペガサス 29 30 6 .492 1.5
4位 福島レッドホープス 19 41 0 .317 10.5
南地区
順位 球団 勝率
優勝 茨城アストロプラネッツ 40 24 2 .625 -
2位 栃木ゴールデンブレーブス 29 28 7 .509 7.5
3位 埼玉武蔵ヒートベアーズ 24 29 5 .453 3.0
4位 神奈川フューチャードリームス 22 35 5 .386 4.0
プレーオフシリーズ[編集]
  • 地区チャンピオンシップ
    第1戦 信濃5 - 4群馬
    • 南地区 第1戦9月10日、第2戦9月11日(大宮運動公園市民球場)
    第1戦 栃木10 - 1茨城
    第2戦 茨城2 - 1栃木
  • リーグチャンピオンシップ 日立市民球場(9月17日9月18日)、中野市営野球場(9月23日)
    第1戦 信濃5 - 3茨城
    第2戦 信濃4 - 0茨城
    第3戦 信濃5 - 2茨城

(信濃は5年ぶり2回目の優勝)

九州アジアリーグ[編集]

九州アジアリーグの結果

年間
順位 球団 勝率
優勝 火の国サラマンダーズ 46 31 1 .597 -
2位 福岡北九州フェニックス 39 35 0 .527 5.5
3位 大分B-リングス 28 44 2 .389 10.0

(火の国は2年連続2回目の優勝)

北海道フロンティアリーグ[編集]

北海道フロンティアリーグの結果

リーグ戦
年間
順位 球団 勝率
1位 石狩レッドフェニックス 27 18 1 .600 -
2位 士別サムライブレイズ 20 23 3 .465 6.0
3位 美唄ブラックダイヤモンズ 19 25 2 .432 1.5
チャンピオンシップ[編集]
  • 美唄市営野球場(9月22日、24日 - 26日)
第1戦 石狩 15 - 4 士別
第2戦 士別 8 - 6 石狩
第3戦 士別 9 - 7 石狩
第4戦 士別 4 - 3 石狩

(士別は初優勝)

グランドチャンピオンシップ[編集]

グランドチャンピオンシップの結果

準決勝第1戦 信濃 6 - 1 高知
準決勝第2戦 火の国 23 - 0 士別
3位決定戦 高知 16 - 1士別
決勝 火の国 6 - 0 信濃

(火の国は初優勝)

関西独立リーグ[編集]

関西独立リーグの結果

年間
順位 球団 勝率
優勝 堺シュライクス 37 9 2 .804 -
2位 和歌山ファイティングバーズ 21 25 2 .457 16.0
3位 06BULLS 18 27 3 .400 2.5
4位 兵庫ブレイバーズ 15 30 3 .333 3.0

(堺は3年連続3回目の優勝)

北海道ベースボールリーグ[編集]

北海道ベースボールリーグの結果

年間
順位 球団 勝率
優勝 すながわリバーズ 27 8 4 .771 -
2位 富良野ブルーリッジ 17 17 4 .500 9.5
3位 奈井江・空知ストレーツ 9 28 2 .243 19.0

(すながわは初優勝)

日本海オセアンリーグ[編集]

日本海オセアンリーグの結果

年間
順位 球団 勝点 勝率
優勝 滋賀GOブラックス 31 22 6 68 .585
2位 富山GRNサンダーバーズ 29 20 10 68 .592
3位 福井ネクサスエレファンツ 28 25 6 62 .528
4位 石川ミリオンスターズ 14 35 10 38 .285

(滋賀は初優勝)

社会人野球[編集]

決勝 ENEOS横浜市) 5 - 4 東京ガス東京都
ENEOSは9年ぶり12回目の優勝
決勝 トヨタ自動車東海第1) 8 - 1 NTT東日本関東第2)
トヨタ自動車は5年ぶり6回目の優勝
決勝 フタバ産業(愛知東)3 - 1 AKIRA (千葉)
フタバ産業は初優勝

大学野球[編集]

決勝 亜細亜大東都7 - 1 上武大関甲新学生
(亜細亜大学は20年ぶり5回目の優勝)
決勝 明治大東京六大学1 - 0 国学院大(東都)
(明治大学は6年ぶり7回目の優勝)

高校野球[編集]

男子[編集]

決勝:大阪桐蔭近畿大阪18 - 1近江(近畿・滋賀
大阪桐蔭は4年ぶり4度目の優勝
決勝:仙台育英宮城8 - 1下関国際山口
仙台育英は初優勝
決勝:中京東海岐阜4x - 3 あべの翔学(近畿・大阪)
中京は3年ぶり11回目の優勝
作新学院は7年ぶり9回目、鹿児島実業は初優勝
決勝:大阪桐蔭(近畿・大阪)6 - 5 広陵中国広島
大阪桐蔭は2年連続2回目の優勝

女子[編集]

決勝:福井工業大学福井福井2 - 1(延長10回タイブレーク)神戸弘陵学園兵庫
福井工業大学福井は初優勝
決勝:横浜隼人神奈川4 - 3(延長10回タイブレーク)開志学園新潟
横浜隼人は初優勝
決勝:神戸弘陵兵庫5 - 0花巻東岩手
神戸弘陵は2年連続5回目の優勝

死去[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 開幕日雨天のため1日順延

出典[編集]

  1. ^ GENEVIEVE BEACOM SIGNS WITH THE MELBOURNE ACES AS A DEVELOPMENT PLAYER” (英語). melbourneaces.com.au (2022年1月2日). 2022年1月5日閲覧。
  2. ^ ヘッドコーチ兼投手コーチ就任のお知らせ - 日本海オセアンリーグ(2022年1月5日)2022年1月5日閲覧。
  3. ^ 滋賀GOブラックス投手コーチ就任のお知らせ - 日本海オセアンリーグ(2022年1月7日)2022年1月8日閲覧。
  4. ^ 後藤光尊氏 新監督就任及び監督就任記者会見のお知らせ - 石川ミリオンスターズ(2022年1月12日)2022年1月12日閲覧。
  5. ^ “家族も絶句のドジャース入り、ベールに包まれた無名右腕 BC茨城松田康甫”. 日刊スポーツ. (2022年1月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201160001151.html 2022年1月17日閲覧。 
  6. ^ 滝川プレインウィンズ [@PlainWinds] (2022年1月19日). "【本拠地および球団名変更のお知らせ】" (ツイート). Twitterより2022年1月19日閲覧
  7. ^ 徳島IS 岡本哲司監督決定のお知らせ - 四国アイランドリグplusニュースリリース(2022年1月20日)2022年1月20日閲覧。
  8. ^ 第94回選抜高等学校野球大会 - 公益財団法人日本高等学校野球連盟(2022年1月21日)2022年1月21日閲覧。
  9. ^ 滝川プレインウィンズ [@plainwinds] (2022年1月31日). "当球団(旧・滝川プレインウィンズ)の新たな球団名が決まりましたのでお知らせいたします。" (ツイート). Twitterより2022年1月31日閲覧
  10. ^ “河上敬也監督が北海道の「美唄ブラックダイヤモンズ」初代監督に就任・・・北照高で春夏計8度甲子園出場の名将”. スポーツ報知. (2022年1月31日). https://hochi.news/articles/20220131-OHT1T51091.html?page=1 2022年1月31日閲覧。 
  11. ^ 新入団選手のお知らせ (PDF) - 福井ネクサスエレファンツ(2022年1月31日)2022年1月31日閲覧。
  12. ^ “元巨人高木勇人がメキシカンリーグ・ベラクルス入り 昨季BCリーグで0勝3敗、防御率6・95”. 日刊スポーツ. (2022年2月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202030000398.html 2022年2月3日閲覧。 
  13. ^ 巽真悟投手兼ピッチングコーチ入団のお知らせ - 茨城アストロプラネッツ(2022年2月3日)2022年2月3日閲覧。
  14. ^ “女子高校野球選抜大会の決勝戦は初の東京ドーム 4・3巨人-阪神戦後にナイターで開催予定”. 日刊スポーツ. (2022年2月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202040000523.html 2022年2月4日閲覧。 
  15. ^ “侍ジャパン強化試合の3月台湾戦が中止「大変残念な気持ちです」栗山英樹監督”. 日刊スポーツ. (2022年2月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202160000410.html 2022年2月18日閲覧。 
  16. ^ “坪井智哉氏が独立リーグ石狩レッドフェニックス初代監督就任 新庄ビッグボスと共闘も!?”. 日刊スポーツ. (2022年2月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202170001003.html 2022年2月17日閲覧。 
  17. ^ “甲子園から「幻のホームラン」消える…今春センバツから「継続試合」採用で降雨コールドなど消滅”. 日刊スポーツ. (2022年2月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202202180000949.html 2022年2月19日閲覧。 
  18. ^ 北海道フロンティアリーグおよび加盟3球団、九州アジアプロ野球リーグ新規加盟1球団のIPBL加盟承認のお知らせ”. 日本独立リーグ野球機構 (2022年2月28日). 2022年2月28日閲覧。
  19. ^ 琉球ブルーオーシャンズのIPBL賛助会員除名のお知らせ”. 日本独立リーグ野球機構 (2022年2月28日). 2022年2月28日閲覧。
  20. ^ 吉田一将選手入団のお知らせ - 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(2022年3月4日)2022年3月4日閲覧。
  21. ^ “元近鉄ブライアント氏が北海道独立リーグ士別サムライブレイズ監督就任「共に考え、育成、試合」”. 日刊スポーツ. (2022年3月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203180000004.html 2022年3月18日閲覧。 
  22. ^ “【センバツ】大阪桐蔭V 38年ぶり大会新11本塁打「夏にもっと強いチームで戻ってきたい」 ”. 日刊スポーツ. (2022年3月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202203310000477.html 2022年3月31日閲覧。 
  23. ^ 堺シュライクス [@sakai_cityclub/st] (2022年4月1日). "お待たせ致しました!! 投手コーチのご紹介です" (ツイート). Twitterより2022年4月1日閲覧
  24. ^ “日本海オセアンリーグ開幕 北陸中心4県で60試合”. サンケイスポーツ. (2022年4月2日). https://www.sanspo.com/article/20220402-7P3W4FVSTBPQJBSDXBSRASLTTI/ 2022年4月4日閲覧。 
  25. ^ “4球団 門出祝う”. 読売新聞. (2022年4月3日). https://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20220403-OYTNT50063/ 2022年4月4日閲覧。 
  26. ^ 【女子センバツ】福井工大福井がタイブレーク制し初V「いろんなことを犠牲にしてきた」東主将 - 日刊スポーツ、2022年4月3日配信
  27. ^ BC神奈川にDeNAから4選手を派遣 加藤大、スターリン、マルセリーノ、勝又温史 - 日刊スポーツ、2022年4月11日配信
  28. ^ 公式戦延期のお知らせ - 九州アジアプロ野球機構(2022年4月13日)2022年5月11日閲覧。
  29. ^ 公式戦延期のお知らせ - 九州アジアプロ野球機構(2022年4月18日)2022年5月11日閲覧。
  30. ^ 福井ネクサスエレファンツ [@nexuselephants] (2022年4月24日). "【監督 南渕時高の休養と監督代行について】" (ツイート). Twitterより2022年4月24日閲覧
  31. ^ 監督契約解除について - 日本海オセアンリーグ(2022年5月31日)2022年6月11日閲覧。
  32. ^ 新入団選手のお知らせ - 埼玉武蔵ヒートベアーズ(2022年4月25日)2022年4月25日閲覧。
  33. ^ “G・G・佐藤が現役復帰「4回戦力外になって、4回再契約した男になりました」独立Lの埼玉武蔵に入団”. 中日スポーツ. (2022年4月25日). https://www.chunichi.co.jp/article/459473 2022年4月25日閲覧。 
  34. ^ “現役復帰”G.G.佐藤、わずか2時間後に引退 松坂氏のセレモニー真似て場内爆笑”. Full-Count (2022年4月29日). 2022年6月11日閲覧。
  35. ^ “【関甲新大学野球】今秋ドラフト候補の白鴎大・曽谷龍平がノーヒットノーラン達成、13Kの快投”. 日刊スポーツ. (2022年5月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205010000512.html 2022年5月1日閲覧。 
  36. ^ “坪井監督率いる石狩開幕白星発進「ちょっとバタバタ」/北海道フロンティアリーグ”. 日刊スポーツ. (2022年5月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205020000282.html 2022年5月2日閲覧。 
  37. ^ 選手1名の新型コロナウイルス感染症 陽性判定のお知らせ - 茨城アストロプラネッツ(2022年5月10日)2022年5月10日閲覧。
  38. ^ 「新型コロナウィルス感染症の陽性判定及び今後の活動について」のお知らせ - 福島レッドホープス(2022年5月10日)2022年5月11日閲覧。
  39. ^ “元阪神・浜中治氏 関西独立リーグ・和歌山GMに就任「故郷の田辺市に恩返しを」”. スポーツニッポン. (2022年5月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/23/kiji/20220523s00001000470000c.html 2022年5月23日閲覧。 
  40. ^ “高知ファイティングドッグス前期優勝 2期連続”. 高知新聞. (2022年6月7日). https://www.kochinews.co.jp/article/detail/569595 2022年6月7日閲覧。 
  41. ^ 亜大5度目の優勝「感動しています」生田監督 13年決勝で敗れた上武大に雪辱/大学選手権 - 日刊スポーツ、2022年6月12日配信・閲覧
  42. ^ 「吉田篤史 監督代行の休養」及び「今後の監督代行のお知らせ」 - 福井ネクサスエレファンツ(2022年6月29日)2022年7月8日閲覧。
  43. ^ “ティモンディ高岸宏行がBCリーグ栃木に入団! “芸能人最速”142km、背番号「16」”. Full-Count. (2022年7月19日). https://full-count.jp/2022/07/19/post1252540/ 2022年7月19日閲覧。 
  44. ^ “ENEOS決勝で「不敗神話」 名将の意識改革3年で実る 都市対抗”. 毎日新聞. (2022年7月29日). https://mainichi.jp/articles/20220729/k00/00m/050/395000c 2022年7月29日閲覧。 
  45. ^ “横浜隼人が初優勝、開志学園を延長タイブレークで破る 女子高校野球”. 朝日新聞デジタル. (2022年8月2日). https://www.asahi.com/articles/ASQ825PXVQ70PTQP00G.html 2022年8月2日閲覧。 
  46. ^ “【甲子園】仙台育英が東北勢悲願の初V 第1回大会から108年目 大優勝旗ついに白河越え”. 日刊スポーツ. (2022年8月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202208220000227.html 2022年8月22日閲覧。 
  47. ^ 堺シュライクス [@sakai_cityclub/status] (2022年8月23日). "現在M1!! 優勝条件は以下となります" (ツイート). Twitterより2022年8月23日閲覧
  48. ^ 試合日程/結果 - 関西独立リーグ(2022年8月23日閲覧)
  49. ^ さわかみ関西独立リーグ [@kandokuleague] (2022年8月23日). "【優勝チーム決定】" (ツイート). Twitterより2022年8月23日閲覧
  50. ^ 堺シュライクス [@sakai_cityclub/status] (2022年8月23日). "V3" (ツイート). Twitterより2022年8月23日閲覧
  51. ^ a b 日本独立リーググランドチャンピオンシップ2022開催のお知らせ - 日本独立リーグ野球機構(2022年8月26日)2022年8月30日閲覧。
  52. ^ 日本独立リーグ野球機構選抜 みやざきフェニックス・リーグ参戦のお知らせ - 日本独立リーグ野球機構(2022年8月29日)2022年8月30日閲覧。
  53. ^ “BCリーグ 茨城アストロプラネッツ地区初V 直接対決制す”. 茨城新聞. (2022年8月30日). http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16617837368777 2022年8月30日閲覧。 
  54. ^ “BC信濃、北地区V 柳沢監督「日本一へ、まだ道半ば」”. 信濃毎日新聞. (2022年8月30日). https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2022082900810 2022年8月30日閲覧。 
  55. ^ “神戸弘陵が連覇で5度目V、花巻東は優勝旗“白河の関越え”ならず 女子高校ユース決勝”. Full-Count. (2022年8月30日). https://full-count.jp/2022/08/30/post1273771/ 2022年8月30日閲覧。 
  56. ^ 北海道ベースボールリーグ [@hbbleague] (2022年9月4日). "#HBL 9/4(土)結果速報" (ツイート). Twitterより2022年9月5日閲覧
  57. ^ “県内初の野球独立リーグチーム「宮崎サンシャインズ」誕生へ プロ目指す選手後押し”. 宮崎日日新聞 date=2022-09-09. https://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_65766.html 2022年9月9日閲覧。 
  58. ^ 試合情報9月 - 九州アジアプロ野球機構(2022年9月15日閲覧)
  59. ^ 2022チャンピオン決定について - 九州アジアプロ野球機構(2022年9月15日)2022年9月15日閲覧。
  60. ^ プロ野球独立リーグ サラマンダーズ リーグ連覇 - Youtube(熊本朝日放送NEWSチャンネル、2022年9月15日)2022年9月15日閲覧。
  61. ^ 球団名変更のお知らせ - 福岡北九州フェニックス(2022年9月15日)2022年9月15日閲覧。
  62. ^ “インディゴ、後期優勝果たす 愛媛に2-1”. 徳島新聞. (2022年9月17日). https://www.topics.or.jp/articles/-/769749 2022年9月18日閲覧。 
  63. ^ 「旭川ビースターズ」2023年よりHBL参戦 - 北海道ベースボールリーグ(2022年9月21日)2022年9月21日閲覧。
  64. ^ 日程&結果 プレーオフ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2022年9月23日閲覧)
  65. ^ 信濃グランセローズ ルートインBCリーグ優勝決定のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2022年9月23日)2022年9月23日閲覧。
  66. ^ 試合日程・結果 2022年トリドール杯チャンピオンシップ - 四国アイランドリーグplus(2022年9月24日閲覧)
  67. ^ 高知ファイティングドッグス 13年ぶり3度目の総合優勝! - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2022年9月24日)2022年9月24日閲覧。
  68. ^ “元近鉄ブライアント監督率いる士別サムライブレイズが初代王者に輝く 北海道フロンティアリーグ”. 日刊スポーツ. (2022年9月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202209260000630.html 2022年9月26日閲覧。 
  69. ^ “来春センバツは例年より4校多い36校で開催…うち3枠で“強豪地区枠”が導入”. スポーツ報知. (2022年9月28日). https://hochi.news/articles/20220927-OHT1T51150.html?page=1 2022年9月27日閲覧。 
  70. ^ 日本海オセアンリーグ 初代チャンピオン決定! - 日本海オセアンリーグ(2022年9月30日)2022年9月30日閲覧。
  71. ^ 球団名変更のお知らせ - 06BULLS(2022年10月1日)2022年10月1日閲覧。
  72. ^ “熊本・火の国、初の独立リーグ日本一 グランドチャンピオンシップで優勝”. 西日本スポーツ. (2022年10月1日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/995480/ 2022年10月1日閲覧。 
  73. ^ 首脳陣交代のお知らせ - 兵庫ブレイバーズ(2022年10月2日)2022年10月3日閲覧。
  74. ^ “立て直しへ 山川監督就任”. 読売新聞. (2022年10月3日). https://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20221002-OYTNT50165/ 2022年10月3日閲覧。 
  75. ^ 桜井広大監督退任のお知らせ - 06BULLS(2022年10月4日)2022年10月17日閲覧。
  76. ^ 藤井秀悟氏 監督就任及び新コーチ陣就任のお知らせ - 06BULLS(2022年10月17日)2022年10月17日閲覧。
  77. ^ a b お知らせ - 関西独立リーグ(2022年10月24日、「新球団加盟についてのお知らせ」の箇所を参照)2022年10月24日閲覧。
  78. ^ 千葉県を本拠地とする新球団設立の決定および 福井ネクサスエレファンツの活動終了について - 日本海オセアンリーグ(2022年10月31日)2022年10月31日閲覧。
  79. ^ “「ワクワクするゲームを」大分B-リングス新体制発表 監督に山下和彦氏 GMに岡崎郁氏”. TBSテレビ大分放送配信). (2022年11月2日). https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/193631?display=1 2022年11月2日閲覧。 
  80. ^ “トヨタ自動車4大会ぶり6度目V エース吉野欠く中、中堅右腕が奮闘 社会人野球日本選手権”. 日刊スポーツ. (2022年11月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211090001167.html 2022年11月9日閲覧。 
  81. ^ 活動一時休止のお知らせ - 琉球ブルーオーシャンズ(2022年11月11日)2022年11月11日閲覧。
  82. ^ 球団名決定のお知らせ - 関西独立リーグ(2022年11月16日)2022年11月16日閲覧。
  83. ^ 新監督決定のお知らせ - 群馬ダイヤモンドペガサス(2022年11月22日)2022年11月22日閲覧。
  84. ^ “大阪桐蔭が史上初の神宮大会連覇 5点差大逆転 来春センバツ明治神宮枠は近畿へ、6→7”. 日刊スポーツ. (2022年11月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202211240000292.html 2022年11月24日閲覧。 
  85. ^ “明大6年ぶり7度目V 蓑尾海斗が先制打、村田賢一が国学院打線を散発5安打で完封”. 日刊スポーツ. (2022年11月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211240000914.html 2022年11月24日閲覧。 
  86. ^ “和歌山ファイティングバーズが「和歌山ウェイブス」へ”. NHK和歌山放送局. (2022年12月1日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/20221201/2040013269.html 2022年12月2日閲覧。 
  87. ^ “「FB」から「ウェイブス」へ球団名変更 関西独立リーグ”. 紀伊民報. (2022年12月2日). https://www.agara.co.jp/sp/article/241926 2022年12月2日閲覧。 
  88. ^ 大分B-リングス [@bringsbc1223] (2022年12月3日). "【内川聖一選手 大分Bリングス入団決定】" (ツイート). Twitterより2022年12月3日閲覧
  89. ^ 大阪桐蔭、4度目V 高校野球硬式-栃木国体! - 時事ドットコム、2022年10月5日配信
  90. ^ 作新が7年ぶりV 鹿児島実との両校優勝 国体高校野球軟式 - 下野新聞、2022年10月5日配信
  91. ^ “興南高、京大で監督の比屋根吉信氏が死去、70歳 教え子にデニー友利ら”. 日刊スポーツ. (2022年1月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201050000178.html 2022年1月5日閲覧。 
  92. ^ “「ドカベン」「あぶさん」「野球狂の詩」漫画家の水島新司さん死去 82歳”. スポーツニッポン. (2022年1月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/01/17/kiji/20220117s00041000176000c.html 2022年1月17日閲覧。 
  93. ^ “マリナーズのデルナス元コーチが46歳の若さで死去 菊池雄星も同時期に在籍”. Full-Count. (2022年1月19日). https://full-count.jp/2022/01/19/post1177164/ 2022年1月20日閲覧。 
  94. ^ “高橋二三男さん胆管がんで73歳死去 西鉄、ロッテで491試合255安打”. 日刊スポーツ. (2022年1月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201220000963.html 2022年1月22日閲覧。 
  95. ^ “ジーン・クラインズ氏死去、75歳 パイレーツ1971年WS優勝メンバー”. 日刊スポーツ. (2022年1月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202201280000236.html 2022年1月28日閲覧。 
  96. ^ “元近鉄助っ人が61歳で死去 ニカラグア出身初の野手、1982年ワールドシリーズ出場”. Full-Count. (2022年2月2日). https://full-count.jp/2022/02/02/post1181217/ 2022年2月2日閲覧。 
  97. ^ “元メッツ投手ジェフ・イニスさん死去、59歳 91年に史上初の珍記録残す”. 日刊スポーツ. (2022年1月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202201310000186.html 2022年1月31日閲覧。 
  98. ^ “ウィリアムズ氏死去55歳、がん闘病 ヤンキースなどで活躍、ジーター氏も悼む「安らかに眠れ」”. 日刊スポーツ. (2022年2月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202202090000146.html 2022年2月9日閲覧。 
  99. ^ Manny Randhawa (2022年2月9日). “Jeremy Giambi, former OF and DH, dies at 47” (英語). MLB.com. 2022年2月10日閲覧。
  100. ^ “日本ハム今成泰章スカウト死去、66歳 ダルビッシュ有、大谷翔平、上沢直之ら担当”. 日刊スポーツ. (2022年3月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203030000593.html 2022年3月3日閲覧。 
  101. ^ “元阪神今成亮太氏が明かしたスカウトの父泰章さん「打つ打たないじゃなく形を見ている」/復刻”. 日刊スポーツ. (2022年3月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203030000728.html 2022年3月3日閲覧。 
  102. ^ “元中日投手の三沢淳さん死去69歳、元衆院議員”. デイリースポーツ. (2022年3月6日). https://www.daily.co.jp/baseball/2022/03/06/0015113629.shtml 2022年3月6日閲覧。 
  103. ^ “元球宴左腕オダリス・ペレス氏が急死 44歳 ドジャースで野茂とローテ形成 米報道”. デイリースポーツ. (2022年3月11日). https://www.daily.co.jp/mlb/2022/03/11/0015126465.shtml 2022年3月11日閲覧。 
  104. ^ Margolick, David (2022年3月17日). “Ralph Terry, Yankee Hurler Redeemed by One Pitch, Dies at 86” (英語). ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/2022/03/17/sports/baseball/ralph-terry-dead.html 2022年3月19日閲覧。 
  105. ^ ““左腕殺しのマサオ”偲んで 28会が追悼集会 南海、巨人で活躍した山本雅夫さん”. デイリースポーツ. (2022年5月17日). https://www.daily.co.jp/opinion-d/2022/05/17/0015307639.shtml 2022年5月17日閲覧。 
  106. ^ “元阪急の阪本敏三氏が死去、78歳 黄金時代を知る職人肌の男、静かに旅立つ”. 日刊スポーツ. (2022年4月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204250000550.html 2022年4月25日閲覧。 
  107. ^ “高橋千年美氏死去、89歳 元広島投手”. サンケイスポーツ. (2022年4月6日). https://www.sanspo.com/article/20220406-BRXQLQ355ZKDTPA6CR67XRGV2A/ 2022年4月7日閲覧。 
  108. ^ “坪田信義氏死去 元ミズノグラブ職人”. 熊本日日新聞. (2022年4月4日). https://kumanichi.com/articles/613744 2022年4月4日閲覧。 
  109. ^ Tommy Davis, 2-time batting champ with Dodgers, passes away” (英語). MLB.com. 2022年4月5日閲覧。
  110. ^ “Funeral for legendary Howard County athlete Carl Boles May 28” (英語). Southwest Arkansas News. (2022年5月26日). https://www.swarkansasnews.com/2022/05/funeral-for-legendary-howard-county-athlete-carl-boles-may-28/ 2022年6月11日閲覧。 
  111. ^ “【中日】パウエル、モッカら発掘 球団在籍61年の名物職員・足木敏郎氏が87歳で死去”. スポーツ報知. (2022年4月19日). https://hochi.news/articles/20220419-OHT1T51156.html?page=1 2022年4月19日閲覧。 
  112. ^ “沖縄からセンバツ初出場、坂元信一さん死去 那覇高で県勢初得点”. 琉球新報. (2022年4月21日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1505349.html 2022年4月21日閲覧。 
  113. ^ “元野球日本代表監督・松永怜一さん死去 90歳 ロサンゼルス五輪で金”. 毎日新聞. (2022年5月12日). https://mainichi.jp/articles/20220512/k00/00m/040/236000c 2022年5月12日閲覧。 
  114. ^ “熊崎勝彦弁護士が死去 元特捜部長、コミッショナー”. 時事通信. (2022年5月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052700717&g=soc 2022年5月27日閲覧。 
  115. ^ Writer, JOHN RUSSO Staff. “David West, who pitched for the 1993 Phillies, dies” (英語). Press of Atlantic City. 2022年5月14日閲覧。
  116. ^ “日本テレビ・河村亮アナ脳出血のため死去、54歳…巨人戦、箱根駅伝の実況で活躍”. スポーツ報知. (2022年5月16日). https://hochi.news/articles/20220516-OHT1T51122.html?page=1 2022年5月16日閲覧。 
  117. ^ “日テレ・河村亮アナ、脳出血で死去 54歳 巨人戦や箱根駅伝で実況、バラエティー番組でも活躍”. ORICON NEWS. (2022年5月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2234961/full/ 2022年5月16日閲覧。 
  118. ^ SAM GAZDZIAK (2022年5月27日). “Obituary: Gordon Windhorn (1933-2022)”. RIP Baseball. 2022年6月1日閲覧。
  119. ^ Joe Pignatano passed away this morning” (英語). MLB.com. 2022年5月23日閲覧。
  120. ^ “出村義和さん71歳で死去…スポーツ報知で03年からMLBコラム担当”. スポーツ報知. (2022年6月4日). https://hochi.news/articles/20220603-OHT1T51259.html?page=1 2022年6月5日閲覧。 
  121. ^ “興津達雄さん死去 86歳、カープ4番で活躍”. 中国新聞. (2022年6月10日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/174865 2022年6月11日閲覧。 
  122. ^ Martínez, Marino (2022年6月23日). “Fallece en Miami pelotero cubano que jugó en Grandes Ligas” (スペイン語). El Nuevo Herald. 2022年6月30日閲覧。
  123. ^ Welt, Bill. “Former World Series champion Dick Schofield of Springfield dies at age 87” (英語). The State Journal-Register. 2022年7月13日閲覧。
  124. ^ “元西鉄、阪急の久保山誠氏が膀胱がんのため死去 88歳”. スポーツ報知. (2022年7月25日). https://hochi.news/articles/20220725-OHT1T51043.html?page=1 2022年7月25日閲覧。 
  125. ^ “最後の近鉄球団代表、足高圭亮氏が死去 69歳 合併消滅の04年、諸問題の解決に奔走”. 日刊スポーツ. (2022年7月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202207220000001.html 2022年7月22日閲覧。 
  126. ^ Staff, TSN ca (2022年7月22日). “World Series-winning OF Smith dead at 58 - TSN.ca” (英語). TSN. 2022年7月22日閲覧。
  127. ^ “ショウアップナイター名実況アナ、枇杷阪明さんが死去、89歳 王貞治の通算756号を実況”. サンケイスポーツ. (2022年7月24日). https://www.sanspo.com/article/20220724-6MF3D7WP6ZMMJN64YCSB6FJUH4/ 2022年7月24日閲覧。 
  128. ^ Tyler J. Davis (2022年8月21日). “Longtime Detroit Tigers catcher, utilityman John Wockenfuss dies at 73”. USA TODAY. https://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2022/08/21/detroit-tigers-john-wockenfuss-dies-willie-hernandez/7862400001/ 2022年8月23日閲覧。 
  129. ^ Joe Coughlin (2022年9月1日). “In Tribute: Local legend Pete Burnside was professional ballplayer, beloved New Trier educator and ‘invested, kind’ family man” (英語). The Record Community News Group. https://www.therecordnorthshore.org/2022/09/01/in-tribute-local-legend-pete-burnside-was-professional-ballplayer-beloved-new-trier-educator-and-invested-kind-family-man/ 2022年9月3日閲覧。 
  130. ^ “Lee Thomas passes away” (英語). MLB. (2022年8月31日). https://www.mlb.com/press-release/press-release-lee-thomas-passes-away 2022年9月1日閲覧。 
  131. ^ “元ロイヤルズ マーク・リッテル氏死去、69歳 76年に8勝4敗16セーブで地区優勝に貢献”. 日刊スポーツ. (2022年9月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202209070000486.html 2022年9月7日閲覧。 
  132. ^ “前東洋大監督の高橋昭雄さん死去、74歳 08年「大学4冠」など日本一6度、教え子979人”. 日刊スポーツ. (2022年9月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202209070001843.html 2022年9月7日閲覧。 
  133. ^ “元早大監督の応武篤良氏が死去 64歳 斎藤佑樹らを擁して黄金期に導いた「勝負師」”. スポーツ報知. (2022年9月7日). https://hochi.news/articles/20220907-OHT1T51115.html?page=1 2022年9月7日閲覧。 
  134. ^ “Former Braves pitcher dies in auto accident on way to NYC 9/11 event” (英語). Atlanta Jounal Constitution. (2022年9月12日). https://www.ajc.com/sports/atlanta-braves/former-braves-pitcher-dies-in-auto-accident/YUCDAB6C6NFIDJPQ2PI5SVSBSU/ 2022年9月12日閲覧。 
  135. ^ “モーリー・ウィルス氏が死去 元ドジャースの盗塁王 息子は元阪急のバンプ氏”. スポーツニッポン. (2022年9月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/09/21/kiji/20220921s00001007158000c.html 2022年9月21日閲覧。 
  136. ^ “【速報】西鉄ライオンズの伝説のエース池永正明さん死去 高卒新人で20勝、プロ5年で103勝”. 西日本スポーツ. (2022年9月26日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/sp/item/n/992904/ 2022年9月26日閲覧。 
  137. ^ “元阪急投手鈴木幸雄氏、脳梗塞で死去90歳 51年入団通算20勝 引退後は智弁和歌山コーチ”. 日刊スポーツ. (2022年9月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202209260000747.html 2022年9月26日閲覧。 
  138. ^ “Muere Héctor López, primer panameño en jugar con los Yankees de Nueva York” (スペイン語). La prensa. (2022年9月29日). https://www.prensa.com/deportes/muere-hector-lopez-primer-panameno-en-jugar-con-los-yankees-de-nueva-york/ 2022年10月4日閲覧。 
  139. ^ “元日本ハムの柴田保光さん死去 65歳 90年近鉄戦で平成初のノーヒットノーラン 通算84勝”. 日刊スポーツ. (2022年10月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210100001102.html 2022年10月10日閲覧。 
  140. ^ “酒井清人氏が死去 元ヤクルト球団社長、元ヤクルト本社専務”. 日本経済新聞. (2022年10月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE189JR0Y2A011C2000000/ 2022年10月18日閲覧。 
  141. ^ “ブルース・スーターさん死去、69歳 カージナルスなどで通算300S、06年米国野球殿堂入り”. 日刊スポーツ. (2022年10月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202210150000014.html 2022年10月15日閲覧。 
  142. ^ “元プロ野球投手の村田兆治さん、自宅火災で死亡”. 読売新聞. (2022年11月11日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20221111-OYT1T50085/ 2022年11月11日閲覧。 
  143. ^ “Former Brewers outfielder Chuck Carr dies at age 55” (英語). Journal Sentinel. (2022年11月14日). https://www.jsonline.com/story/sports/mlb/brewers/2022/11/14/former-milwaukee-brewers-outfielder-chuck-carr-dead-at-age-55/69645262007/ 2022年11月15日閲覧。 
  144. ^ “Baseball Hall of Fame pitcher Gaylord Perry dies at Upstate home” (英語). WSPA. (2022年12月1日). https://www.wspa.com/news/baseball-hall-of-fame-pitcher-gaylord-perry-dies-at-upstate-home/ 2022年12月2日閲覧。