佐藤蓮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 蓮
阪神タイガース #130
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県三島市
生年月日 (1998-04-11) 1998年4月11日(24歳)
身長
体重
188 cm
102 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 ドラフト3位
年俸 600万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 蓮(さとう れん、1998年4月11日 - )は、静岡県三島市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。阪神タイガース所属。

経歴[編集]

小学4年生から「長伏ヴィーナス」で野球を始める[2]。当時のポジションは捕手[3]。中学時代は「三島シニア」に所属[4]。2年時に投手に転向すると、最速136km/hの速球を武器に3年時には静岡県選抜、U-15日本代表に選出された[3]

飛龍高校では2年時に投手として最速140km/hを計測[2]。3年春から背番号1を背負うも、制球難に苦しんだ他[2]、検査で医師から「まだ靭帯が子供」と告げられるなど身体が発達途上であったことから同年夏は野手としてプレーした[5]。同年の静岡大会2回戦の加藤学園高校戦で本塁打を放つなどの活躍を見せたが[2]、チームは3回戦で敗退[6]。高校通算20本塁打[4]。甲子園出場はなし。2学年上に大盛穂、1学年下に比屋根彰人がいる。

上武大学では投手に再転向。1年夏に150km/hを計測するが[4]、その後右肘を痛めて同年冬に遊離軟骨の除去手術を受けた[7]。4年時まで公式戦の登板は無かったが[4]、同年8月の千葉ロッテマリーンズ二軍戦で最速155km/hを計測して2回無安打無失点に抑え、一気にプロの注目を集めた[7][8]。同年秋にリーグ戦初登板を果たし[8]、7試合15回で防御率1.80を記録[9]。最終戦の平成国際大学戦では7回から2番手で登板し、3イニングを投げて2失点ながら8奪三振を記録し、リーグ優勝に貢献した[10]。3学年上に島田海吏石井将希、同学年に古川裕大がいる。

2020年のドラフト会議阪神タイガースから3巡目指名を受けた[7]。契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約(金額は推定)[11]。背番号は30[12]。このドラフトでは同級生の古川も北海道日本ハムファイターズから3巡目指名を受けた[13]。同じ年にドラフト1位で佐藤輝明が入団したため、報道およびスコアボード上の表記は、フルネームである「佐藤蓮」と表記される。なお背ネームや公式サイトでの英語表記は、佐藤蓮は「SATOH」、佐藤輝明は「SATO」と異なる。[14]

選手としての特徴[編集]

188cm、102kgの恵まれた体格から繰り出す最速155km/hのストレートを持ち味とする速球派右腕[15]。変化球はスライダーカットボールカーブフォークを投げる[16]。制球に課題があったが[17]、テイクバックを小さくするフォームに変更したことで制球力向上を見せている[8]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 30(2021年 - 2022年)
  • 130(2023年 - )

登場曲[編集]

  • 「Starting Over」Mr.Children(2021年)
  • 「エソラ」Mr.Children(2022年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 上武大の155キロ右腕・佐藤蓮「指名していただけたらうれしいです」…26日ドラフト会議”. スポーツ報知 (2020年10月20日). 2021年12月30日閲覧。
  3. ^ a b 【阪神新人紹介】ドラフト3位・佐藤蓮【1】”. デイリースポーツonline (2020年11月18日). 2021年12月30日閲覧。
  4. ^ a b c d 第1263回 4年秋まで公式戦登板0の最速155キロ剛腕・佐藤蓮(飛龍ー上武大)。覚醒のきっかけは自粛期間のフォームチェンジ”. 高校野球ドットコム (2020年10月22日). 2021年12月30日閲覧。
  5. ^ 【阪神新人紹介】ドラフト3位・佐藤蓮【2】”. デイリースポーツonline (2020年11月19日). 2021年12月30日閲覧。
  6. ^ 静岡)昨夏準Vの飛龍が敗退 16強決まる 高校野球”. 朝日新聞デジタル (2016年7月22日). 2020年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月30日閲覧。
  7. ^ a b c 阪神ドラ3は今夏急浮上のMAX155キロ右腕 上武大・佐藤蓮「実績ないので知ってもらうところから」”. Sponichi Annex (2020年10月27日). 2021年12月30日閲覧。
  8. ^ a b c 上武大155キロ右腕・佐藤蓮がリーグ戦デビュー”. 日刊スポーツ (2020年9月6日). 2021年12月30日閲覧。
  9. ^ 阪神3位の上武大・佐藤蓮「160キロ目指す」リーグ戦登板は4年秋からの素材型”. デイリースポーツ. 2020年10月31日閲覧。
  10. ^ 上武大V佐藤蓮「やりきれました」スカウト前に8K”. 日刊スポーツ (2020年10月19日). 2021年12月30日閲覧。
  11. ^ 阪神3位佐藤蓮仮契約、岡本とビッグベイビー対決を”. 日刊スポーツ (2020年11月19日). 2021年12月30日閲覧。
  12. ^ 阪神ドラ2伊藤将司は「27」/新人背番号一覧”. 日刊スポーツ (2020年12月7日). 2021年12月30日閲覧。
  13. ^ 日本ハム、上武大・古川裕大捕手を3位指名 強肩&強打の万能捕手”. Sponichi Annex (2020年10月26日). 2021年12月30日閲覧。
  14. ^ 阪神ドラ1佐藤輝「SATO」でセ界席巻や!「H」の表記修正依頼 父・博信さん証言” (日本語). デイリースポーツ online (2021年2月26日). 2021年10月15日閲覧。
  15. ^ プロ野球ドラフト会議2020速報”. 阪神タイガース (2020年10月26日). 2020年10月31日閲覧。
  16. ^ 上武大・佐藤蓮3連続K、9球団スカウト前に手応え”. 日刊スポーツ (2020年9月10日). 2021年12月30日閲覧。
  17. ^ プロ注目の上武大・佐藤蓮、最速150キロ3連続K”. サンケイスポーツ (2020年9月11日). 2021年12月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]