コンテンツにスキップ

桐敷拓馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桐敷 拓馬
阪神タイガース #47
2022年3月20日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県北埼玉郡川里町(現:鴻巣市
生年月日 (1999-06-20) 1999年6月20日(25歳)
身長
体重
178 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2021年 ドラフト3位
初出場 2022年3月27日
年俸 3300万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2023

桐敷 拓馬(きりしき たくま、1999年6月20日[2] - )は、埼玉県北埼玉郡川里町(現:鴻巣市)出身のプロ野球選手投手)。左投左打。阪神タイガース所属。

経歴

[編集]

プロ入り前

[編集]

鴻巣市立屈巣小学校1年生から屈巣ニュースターズで野球を始める。鴻巣市立川里中学校時代は行田リトルシニアに所属[3]

本庄東高校では1年夏からベンチ入りし、同年秋からエースとなる[3][4]。3年夏の埼玉県大会では2回戦の埼玉栄高校戦で1失点完投勝利を挙げた[5]。4回戦の市立川口高校戦では、1点リードの11回裏二死二塁で相手打者の投ゴロを捕球するが、ボールがグラブの編み目に挟まって抜き出せなくなった為に咄嗟にグラブごと一塁へ送球するも内野安打となり、その間に二塁走者が生還して同点とされる一幕があった(試合は本庄東が延長12回に勝ち越し、桐敷がその裏を無失点に抑えて勝利)[6][7]。同大会は5回戦で聖望学園高校に敗れた[8]。甲子園出場はなし。

新潟医療福祉大学では1年秋から関甲新学生野球連盟リーグ戦に登板[4]。2年秋の平成国際大学戦では延長10回参考ながらリーグタイ記録の18三振を奪い、自身リーグ戦初の完封勝利を挙げた[9][10]。4年春は8試合に登板して5勝1敗、防御率1.57の成績を残し、ドラフト上位候補として注目を集めた[9]。4年秋には開幕戦の山梨学院大学戦で2安打完封勝利[11]。さらに、ドラフト指名後に行われた平成国際大学戦ではリーグ新記録の19奪三振を記録してリーグ史上初の完全試合を達成した[12][13]。3学年上に漆原大晟、同学年に佐藤琢磨がいる。

2021年のドラフト会議阪神タイガースから3位指名を受けた[3]。11月19日、契約金6000万円、年俸1000万円で入団に合意した(金額は推定)[14]。背番号は47[15]。このドラフトでは同学年の佐藤琢磨も福岡ソフトバンクホークスから育成13位指名を受けた[16]

阪神時代

[編集]

2022年、新人として同期入団の鈴木勇斗と共に沖縄県宜野座村での一軍春季キャンプに参加[17]。以降キャンプからオープン戦まで好投を続け、開幕3戦目に登板予定であったジョー・ガンケルの腰の張りによる登板回避により、代役として3月27日の東京ヤクルトスワローズ戦(開幕3戦目、京セラドーム大阪)でプロ初登板・初先発。5回まで無失点の好投を見せたが、6回に捕まり、5回を8安打3失点(自責点3)となり打線が無得点で敗戦投手となった[18]。その後は中継ぎで4試合に登板し、4月14日に登板予定であった藤浪晋太郎が新型コロナウイルス感染により登録を抹消されたことにより、再び代役として中日ドラゴンズ戦(バンテリンドームナゴヤ)に登板するも、2回2失点で降板。翌15日に二軍降格が決定した[19]。7月6日に再び一軍昇格し、7月7日の広島東洋カープ戦(阪神甲子園球場)に3度目の先発登板をし、5回を4安打1失点、6奪三振と好投したものの打線が無得点で3敗目を喫した[20]。その後は一軍登板はなく、7登板、0勝3敗、防御率5.02でシーズンを終えたものの、ウエスタン・リーグでは13試合で6勝1敗、防御率0.72と安定した成績を残した[21]

2023年、一軍春季キャンプスタートとなるも、キャンプや対外試合で打ち込まれ二軍降格となり[22]、オープン戦でも結果を残せず開幕二軍スタートとなる。しかし、開幕から不調であったエース青柳晃洋に代わり5月19日に一軍昇格すると、同26日の対読売ジャイアンツ戦(甲子園)に同年初登板初先発し、7回5安打1失点10奪三振と好投しプロ初勝利を挙げた[23]フレッシュオールスターに出場した際は9回に登板し三者凡退の好投を見せたことで監督の岡田彰布からリリーフ適性を見出され、後半戦からはリリーフに転向[24][25]。後半戦は全試合でリリーフ登板し、ワンポイントから回跨ぎまでこなす難しい起用にもかかわらず25試合で14H、防御率0.94という圧倒的な成績を残して優勝に貢献した[26]。広島とのクライマックスシリーズ(甲子園)では、シリーズ初登板となる第1戦で3点リードの7回表に登板し、1回を3者連続三振、第3戦では同点の6回表から2回を投げて3奪三振といずれも好投を見せた(第3戦では6回裏に味方が勝ち越したため勝ち投手となった)[27][28]オリックス・バファローズとの日本シリーズでは第3戦・第4戦・第7戦に登板。第4戦では7回に味方のエラーをきっかけとして同点に追いつかれる適時打を打たれるもチームはサヨナラ勝ち[29][30]。サヨナラ適時打を放った大山悠輔に頭を撫でられ、安堵の涙を流した[31]。日本一のかかる第7戦では大量リードの9回に登板。先頭打者に安打を許すも、続く森友哉を併殺に打ち取り勝利を確実なものとして守護神の岩崎優にマウンドを託した[32]。オフにはカーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023日本代表に選出された。背番号は47[33]。主にセットアッパーとして起用され、優勝に貢献した[34]。12月3日に前年から3倍増となる3300万円で契約を更改した[35]

選手としての特徴

[編集]

左腕から最速150km/hのストレートとツーシーム、スライダーチェンジアップフォークを投げる[36]。奪三振力が高く、ゲームメイク能力に優れる[37][38]

人物

[編集]

名字の「桐敷」は、日本全国で約120人しかいない珍しい名字とされる[3][36]。本人曰く「キリシマ」と間違えられることも多かったという[36]

郷土愛があり、自身の出身地である埼玉県鴻巣市の知名度を上げることも考えている[39]

愛称は「スペードのエース」。命名は監督の岡田彰布であり、「どのような場面で、どのように起用しても結果を残すオールマイティさ」に由来するという[40]。ネット上では「ルーキー桐敷」という愛称も定着しており、こちらはルーキーイヤーの春キャンプで「ルーキー桐敷、意味分かるか?」と西勇輝に声を掛けられた桐敷が無言で何とも言えない表情をする、という一連の流れがネットミーム化したことに由来する[41]

詳細情報

[編集]

年度別投手成績

[編集]




















































W
H
I
P
2022 阪神 7 3 0 0 0 0 3 0 0 .000 65 14.1 20 2 4 2 0 16 0 0 8 8 5.02 1.67
2023 27 2 0 0 0 2 0 0 14 1.000 158 40.1 28 1 12 1 0 40 0 0 10 8 1.79 0.99
通算:2年 34 5 0 0 0 2 3 0 14 .400 223 54.2 48 3 16 3 0 56 0 0 18 16 2.63 1.17
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績

[編集]


投手












2022 阪神 7 0 1 0 0 1.000
2023 27 4 6 0 0 1.000
通算 34 4 7 0 0 1.000
  • 2023年度シーズン終了時

記録

[編集]
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2022年3月27日、対東京ヤクルトスワローズ3回戦(京セラドーム大阪)、3回裏に高梨裕稔から空振り三振
  • 初安打:2023年6月5日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(阪神甲子園球場)、3回裏に小島和哉から三塁内野安打[44]

背番号

[編集]
  • 47[45](2022年 - )

登場曲

[編集]

代表歴

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球」『日刊スポーツ』。2023年12月3日閲覧
  2. ^ 『阪神タイガース リーグ優勝!プロ野球2023シーズン総括BOOK』コスミック出版、2023年11月12日、35頁。ISBN 978-4-7747-4319-6
  3. ^ a b c d 阪神ドラフト3位指名・桐敷は全国120人の珍名「きりしき」、名前を上げて「キリシマ」と呼ばせない!?」『スポニチアネックス』2021年10月15日。2021年10月16日閲覧
  4. ^ a b 阪神ドラ3桐敷拓馬 色紙に「開幕一軍」と意気込み「活躍したい」」『日刊スポーツ』2021年10月14日。2021年10月16日閲覧
  5. ^ 本庄東vs埼玉栄」高校野球ドットコム、2017年7月11日。2021年10月16日閲覧
  6. ^ ボール挟まった! グラブごと一塁送球、判定は… 埼玉」『朝日新聞』2017年7月17日。2021年10月16日閲覧
  7. ^ 無名左腕が成り上がりでドラフト候補に。スカウトたちは最速149キロ左腕の成長を絶賛」『web Sportiva』2021年5月7日。2021年10月16日閲覧
  8. ^ 高校野球 聖望、本庄東下し準々決勝へ 23日に浦学と対戦」『文化新聞』2017年7月21日。2021年10月16日閲覧
  9. ^ a b 新潟医療福祉大・桐敷拓馬 憧れソフトバンク工藤監督の力感ないフォーム意識」『スポニチアネックス』2021年10月7日。2021年10月16日閲覧
  10. ^ 新潟医療福祉大・桐敷がリーグ記録に並ぶ18K完封」『日刊スポーツ』2019年9月22日。2021年10月16日閲覧
  11. ^ 新潟医療福祉大・桐敷拓馬が完封 プロ10球団集結「2位までに消える」」『スポニチアネックス』2021年10月2日。2021年10月16日閲覧
  12. ^ 阪神ドラ3の新潟医療福祉大・桐敷拓馬がリーグ初の完全試合 リーグ新19奪三振も」『デイリースポーツ』2021年10月16日。2021年10月16日閲覧
  13. ^ 阪神ドラ3の新潟医療福祉大・桐敷が平成国際大に完全試合 指名後初登板で19奪三振」『スポニチアネックス』2021年10月16日。2021年10月16日閲覧
  14. ^ 阪神ドラ3桐敷拓馬が仮契約 1年目目標は「開幕1軍」 即戦力として抱負」『スポニチ Sponichi Annex』2021年11月19日。2021年11月19日閲覧
  15. ^ 阪神ドラ1森木大智は背番号「20」/新入団選手の背番号一覧」『日刊スポーツ』2021年12月13日。2021年12月13日閲覧
  16. ^ 【ドラフト】新潟医療福祉大・佐藤琢磨 ソフトバンク育成13位「ホッと」」『日刊スポーツ』2021年10月11日。2021年10月16日閲覧
  17. ^ 【阪神】春季キャンプ1軍メンバー発表 ドラ2鈴木とドラ3桐敷ら抜てき ドラ1森木と盗塁王・中野は2軍スタート」『スポーツ報知』2022年1月21日。2022年1月21日閲覧
  18. ^ 【阪神】ドラフト3位左腕・桐敷拓馬、プロ初登板は6回途中3失点降板」『スポーツ報知』2022年3月27日。2022年3月27日閲覧
  19. ^ 【阪神】先発の桐敷拓馬は2軍へ 打線組み替えも…「機能しないからきっかけがほしい」 矢野監督の一問一答」『スポーツ報知』2022年4月14日。2022年4月14日閲覧
  20. ^ 【阪神】桐敷拓馬、マクブルーム先制ソロだけやんか…5回1失点プロ初勝利またお預け ドラフト3位左腕」『スポーツ報知』2022年7月7日。2022年7月7日閲覧
  21. ^ 【阪神】栄枝裕貴が抹消、代わって桐敷拓馬が1軍に昇格 2軍で13試合防御率0.72」『日刊スポーツ』2022年10月14日。2022年10月14日閲覧
  22. ^ 【阪神】岡田監督「1軍はちょっときついよな」6連打浴び7失点の桐敷拓馬バッサリ」『日刊スポーツ』2022年10月14日。2023年2月24日閲覧
  23. ^ 【阪神】今季初先発の桐敷拓馬は7回1失点の好投 プロ初勝利の権利が舞い込む」『スポーツ報知』2023年5月26日。2023年5月26日閲覧
  24. ^ 阪神・岡田彰布監督【優勝独占手記】「これからの阪神は当分、強いで」「一番楽しく野球ができた1年ちゃうかな」」『デイリースポーツ online』2023年12月9日。2023年12月9日閲覧
  25. ^ 阪神・岡田監督も全幅の信頼を置く「スペードのエース」 桐敷拓馬が猛虎をさらなる高みへと導く」『BASEBALL KING』2023年10月20日。2023年12月9日閲覧
  26. ^ 阪神・岡田監督×藤川球児 対談 18年ぶりのリーグ優勝に導いた“岡田パズル”とは」『NHK』2023年10月30日。2023年11月9日閲覧
  27. ^ 波部俊之介「【阪神】桐敷拓馬がCSデビュー戦圧巻3K「緊張したけどやるだけだった」好投支える一瞬の「間」」『日刊スポーツ』2023年10月18日。2023年12月9日閲覧
  28. ^ 三宅ひとみ「【阪神】「スペードのエース」桐敷拓馬がCS初白星「チームのために腕を振っていきたい」」『日刊スポーツ』2023年10月20日。2023年12月9日閲覧
  29. ^ 三宅ひとみ「【阪神】佐藤輝が痛恨…失策起点に桐敷拓馬がオリックス宗から同点2点適時打を浴びる」『日刊スポーツ』2023年11月1日。2023年12月9日閲覧
  30. ^ 阪神・岩崎が勝利投手「こういう時こそ普通に」 試合後は涙の桐敷を“祝福”」『スポニチ Sponichi Annex』2023年11月1日。2023年12月9日閲覧
  31. ^ 三宅ひとみ「【阪神】救援失敗した桐敷拓馬が大山悠輔に頭なでられ涙「カバーしきれなくて、申し訳なかった」」『日刊スポーツ』2023年11月1日。2023年12月9日閲覧
  32. ^ 「『栄光の架橋』からの桐敷で号泣してズッコケた」9回守護神・岩崎優と思いきや2年目の桐敷拓馬がマウンドに阪神ファンらしいリアクション」『中日スポーツ・東京中日スポーツ』2023年11月5日。2023年12月9日閲覧
  33. ^ 中野椋「【侍ジャパン】阪神4人選出 佐藤輝明は主軸期待、桐敷拓馬は守護神候補、森下翔太、及川雅貴も」『日刊スポーツ』2023年10月24日。2023年12月9日閲覧
  34. ^ スペードのエース・桐敷が振り返る侍ジャパン「充実した大会だった」「優勝の瞬間はうれしかった」」『デイリースポーツ online』2023年12月9日。2023年12月9日閲覧
  35. ^ 三木建次「阪神・桐敷拓馬は岡田監督の「救援転向指令」に感謝 年俸3倍の3300万円に笑顔満開」『サンスポ』2023年12月4日。2023年12月9日閲覧
  36. ^ a b c 阪神ドラフト3位・桐敷(キリシキ)です!珍名ジンクスぶった斬る活躍誓った」『サンケイスポーツ』2021年10月14日。2021年10月16日閲覧
  37. ^ 【ドラフト】阪神3位の新潟医療福祉大・桐敷拓馬「ゴールではなく通過点」」『日刊スポーツ』2021年10月11日。2021年10月16日閲覧
  38. ^ プロ野球ドラフト会議2021速報」『阪神タイガース』。2021年10月16日閲覧
  39. ^ 阪神・ドラ3桐敷 活躍して故郷の名を広める 故郷・鴻巣に「恩返し」だ」『デイリースポーツ online』2022年1月12日。2022年1月12日閲覧
  40. ^ 阪神・桐敷は「スペードのエースやろ、あれ」岡田監督が絶賛 突然の出番にも堂々3人斬り」『デイリースポーツ online』2023年12月9日。2023年12月9日閲覧
  41. ^ SNSで「ルーキー桐敷」がトレンド入りの謎 八回を締めた阪神左腕は2年目だけど」『デイリースポーツ online』2023年12月9日。2023年12月9日閲覧
  42. ^ 阪神のD3位・桐敷がプロ初登板初先発 次回は中継ぎに配置転換の可能性も」『サンケイスポーツ』2022年3月28日。2023年6月5日閲覧
  43. ^ 【阪神】プロ初勝利の桐敷拓馬、新潟医療福祉大時代に言い訳をなくしてつかんだプロへの道」『スポーツ報知』2023年5月26日。2023年6月5日閲覧
  44. ^ 【阪神】桐敷拓馬がプロ初安打 通算5打席目 本業は3回まで無安打無失点」『スポーツ報知』2023年6月5日。2023年6月5日閲覧
  45. ^ 阪神ドラ3桐敷 被災地にエールを 中学の修学旅行が神戸で震災学習「自分も頑張らないと」」『デイリースポーツ online』2022年1月18日。2022年1月18日閲覧

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]