終わりなき旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.Children > 終わりなき旅
終わりなき旅
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『DISCOVERY
B面 Prism
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史 & Mr.Children
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年度年間19位(オリコン)
  • Mr.Children シングル 年表
    ニシエヒガシエ
    1998年
    終わりなき旅
    (1998年)
    光の射す方へ
    1999年
    DISCOVERY 収録曲
    ラララ
    (9)
    終わりなき旅
    (10)
    Image
    (11)
    光の射す方へ
    (2)
    Prism
    (3)
    アンダーシャツ
    (4)
    テンプレートを表示

    終わりなき旅」(おわりなきたび)は、Mr.Childrenの15枚目のシングル1998年10月21日トイズファクトリーより発売。

    概要[編集]

    前作から8ヶ月ぶりのシングル。13thシングル「Everything (It's you)」発売後に突然の活動休止宣言をしたが、本作で本格的な活動を再開した(ただし、活動休止期間中に14thシングル「ニシエヒガシエ」を発売している)。

    3rdシングル「Replay」以来となる横向きのデザインのジャケットである。また、カップリング曲と表題曲が同じアルバムに収録された初のシングルでもある。

    オリコンチャートでは、「Everything (It's you)」以来、2作ぶり通算10作目のシングルミリオンセラーを達成となった。初週で51.6万枚、累計売上107.0万枚を記録。2018年5月現在、Mr.Children最後のシングルミリオンセラー作品。

    収録曲[編集]

    1. 終わりなき旅
      フジテレビ系列ドラマ殴る女』主題歌。
      演奏時間は7分8秒で、Mr.Childrenのシングル曲では29thシングル「しるし」に次いで2番目に長い。
      曲の転調がMr.Childrenの楽曲では最多の9回(下記参照)ある。
      本作の次に発売された16thシングル「光の射す方へ」とは歌詞につながる部分があり、ライブでは続けて歌われることが多い。
      PVの監督は高橋栄樹
      後に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では5位に選ばれた[1]
    2. Prism
      • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
      タイトルは曲の印象から名づけられ、当初はシングル曲にするつもりで作られていた。
      「自分に嘘をつくのがだんだんうまくなっていく」という歌詞は、小林との言い争いにより生まれたものである。
      仮タイトルは「さわお」。

    脚注[編集]

    1. ^ 映画「Mr.Children REFLECTION」 劇場公開パンフレット

    関連項目[編集]

    収録アルバム[編集]

    「終わりなき旅」の調
    前奏 Aメロ1
    Bメロ1
    サビ1 Aメロ2
    Bメロ2
    サビ2
    F-sharp-major d-sharp-minor.svg嬰ヘ長調
    (F)
    E-major c-sharp-minor.svgホ長調
    (E)
    C-major a-minor.svgハ長調
    (C)
    E-major c-sharp-minor.svgホ長調
    (E)
    C-major a-minor.svgハ長調
    (C)

    Cメロ 間奏 Aメロ3 サビ3 サビ4
    後奏
    E-flat-major c-minor.svgハ短調
    (Cm)
    F-major d-minor.svgヘ長調
    (F)
    E-major c-sharp-minor.svgホ長調
    (E)
    D-major h-minor.svgニ長調
    (D)
    E-major c-sharp-minor.svgホ長調
    (E)