Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour
本来の表記は「Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour
Mr.Childrenライブ・ビデオ
リリース
録音 2013年5月12日
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン・DVD音楽部門)
  • 週間1位(オリコン・BD総合)
ゴールドディスク
Mr.Children 年表
Mr.Children
TOUR
POPSAURUS
2012
(2012年)
Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour
(2013年)
Mr.Children
REFLECTION
{Live&Film}

(2015年)
テンプレートを表示

Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour』(ミスターチルドレン アン イミテーション ブラッド オレンジ ツアー)は、日本バンドMr.Childrenの映像作品である。2013年12月18日トイズファクトリーよりDVDBlu-ray Discで発売。

作品概要[編集]

17thアルバム『[(an imitation) blood orange]』発売後の2012年12月から2013年6月まで開催された、ライブツアー『Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour』を映像化した作品。本作は5月12日に開催された盛岡市アイスアリーナ岩手県盛岡市)での公演の模様が収録されている。なお、Mr.Childrenのライブビデオで東北地方での収録は本作が初となった。また、リリース前後に「NOT FOUND」「抱きしめたい」「Happy Song」「Marshmallow day」の4曲が、YouTubeのMr.Children公式チャンネルで順次公開された。

今回のツアーでは沖縄公演を除き、左右中央の四角のスクリーン以外に六角形のスクリーンも多数使用されており、桜井和寿はこのスクリーンをMCにて「イミテーションの窓」と呼んでいた。なお、ツアー前半のドーム公演のみで披露された「靴ひも」「マーマレード・キッス」「かぞえうた」「Tomorrow never knows」「空風の帰り道」は収録されていない。

オリコン週間DVDランキングでは、東方神起の『東方神起 LIVE TOUR 2013 〜TIME〜 FINAL in NISSAN STADIUM』に阻まれ、初登場2位となった。

※サポートメンバー

小林武史:Keyboards, Chorus

収録曲[編集]

本編[編集]

  1. OPENING
    オープニング映像は大幅にカットされている。
  2. 過去と未来と交信する男
    ステージ中央にある水晶玉を中心に、ローブを纏った3人の男が登場する。そのうちの1人が桜井であり(残る2人はマネキン)、ステージが回転しながら歌われる。曲が終わるとローブが崩れるトリック演出がある。
  3. LOVE はじめました
    従来にはないピアノアレンジが加えられている。また、「中田」を「香川」に変えて歌っている。
  4. Worlds end
    前曲から間髪入れずに曲が始まる。
  5. NOT FOUND
    キーを半音下げたアレンジとなっている。従来のライブ同様前奏が無く、いきなり始まる形となっている。
  6. (MC)
  7. 花言葉
  8. やわらかい風
    ライブツアーでは初披露。
  9. 抱きしめたい
  10. (MC)
  11. Surrender
    田原健一がコーラスを担当している。
  12. Pink 〜奇妙な夢
    ライブツアーでは『Mr.Children Tour 2004 シフクノオト』以来、約9年ぶりに演奏された。
  13. 常套句
  14. CENTER OF UNIVERSE
    この曲から「fanfare」までノンストップの演奏となっている。
  15. 擬態
  16. fanfare
    これまでのツアー同様、キーを半音下げたアレンジ。DVDではここまでがDisc.1となっている。
  17. (MC)
  18. イミテーションの木
  19. pieces
  20. Happy Song
  21. hypnosis
  22. End of the day
    イントロの前に、サビ部分を弾き語りで歌う追加がなされている。
  23. innocent world
    サビの大半を観客に歌わせている。
  24. エソラ
  25. Marshmallow day
  26. (ENCORE)
  27. 天頂バス
    「Pink 〜奇妙な夢」と同じく約9年ぶりに演奏された。この曲でも田原はコーラスを担当している。
  28. HERO
  29. 祈り 〜涙の軌道
  30. ENDROLL

特典映像[編集]

  • 2013.6.9 OKINAWA Tour Final / Okinawa Convention Center
桜井による弾き語りで「終わりなき旅」を披露した(1番のみ)。

脚注[編集]