抱いてHOLD ON ME!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
抱いてHOLD ON ME!
モーニング娘。シングル
初出アルバム『セカンドモーニング
B面 例えば
リリース
規格 シングル
ジャンル ポップ
時間
レーベル zetima
作詞・作曲 つんく
プロデュース つんく
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • モーニング娘。 シングル 年表
    サマーナイトタウン
    (1998年)
    抱いてHOLD ON ME!
    (1998年)
    Memory 青春の光
    (1999年)
    テンプレートを表示

    抱いてHOLD ON ME!」(だいてホールド オン ミー!)は、モーニング娘。の3枚目のシングル1998年9月9日zetimaより発売された。

    概要[編集]

    前作「サマーナイトタウン」より4か月ぶりのリリース。モーニング娘。として初のオリコンシングルチャート1位の曲である[2]。『ASAYAN』出身アーティストとしても初のオリコンシングルチャート1位となった[3]。オリコンカラオケチャートでは8週連続1位を記録した。本作で『第49回NHK紅白歌合戦』に出場し、紅白歌合戦初出場を果たした[4]。作詞・作曲を担当したつんく♂はこの曲について「完璧に作れた」と話している。

    1998年8月26日に全国6か所のマルチビジョンを使って行われた[5]初披露イベントは、全国計で約13500人を動員した[6]

    メインは安倍なつみ飯田圭織福田明日香[注釈 1]が担当しており、そして初めて2期生にソロパートが当てられた曲でもある(市井紗耶香除く)。

    本作のプロモーションを兼ねたイベント映画モーニング刑事。抱いてHOLD ON ME!』が8月18日より公開され[7]、同作のエンディングテーマ[注釈 2]に使用された。サウンドトラック盤には『モーニング刑事。抱いてHOLD ON ME! 』に「抱いて HOLD ON ME! (Sexy Long Version)」という別アレンジで収録された。

    大サビには飯田圭織による「ねえ、笑って」というセリフが入っている。この部分について後に「つんく♂さんの強いこだわりで、海に向かって何時間も練習させられた。」と語っている[8]。また、プロモーションで出演した、TBSの音楽番組『うたばん』において、PVでのこのセリフの部分で全然笑っていなかったことで、MCの石橋貴明とんねるず)にいじられた[9]

    別バージョンの音源を加えた12cm盤が2004年12月15日に発売された『モーニング娘。EARLY SINGLE BOX』に収録され、2005年3月2日には同じものがシングルとして発売された。

    日本テレビの『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』内コーナー「ランキングキャラクターライブ」では当時の男性レギュラー全員によるコント「モーニング息子。」のネタとして歌われた。また、「ランキングキャラクターライブ」の後々作「ウリナリライブ 2001(2002)」によるコント「新モーニング息子。」でも歌われていたが、後に11枚目のシングルである「恋愛レボリューション21」を歌う事になった。なお、この時は堀部圭亮よゐこの2人はレギュラーを卒業しており、変わりに大竹一樹さまぁ〜ず)・ゴルゴ松本TIM)・坂本ちゃんの3人が新メンバーとして登場した。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲:つんく

    8cm盤
    1. 抱いてHOLD ON ME!
      編曲:前嶋康明
    2. 例えば
      編曲:須藤豪&LH Project
    3. 抱いてHOLD ON ME! (Instrumental)
    12cm盤
    1. 抱いてHOLD ON ME!
    2. 例えば
    3. 抱いてHOLD ON ME! (Instrumental)
    4. 抱いてHOLD ON ME!(「モーニング刑事」Version)

    参加メンバー[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 福田卒業後は、保田圭が担当した。
    2. ^ 実際に使用されたのは「抱いてHOLD ON ME!(「モーニング刑事」Version)」という別アレンジのもの。

    出典[編集]

    1. ^ 日本レコード協会 認定作品 1998年9月度認定作品を閲覧。 2019年1月3日閲覧。
    2. ^ “新規参入はもはや困難、終焉も近い? 平成「アイドルグループブーム」の今後”. エキサイトニュース (エキサイト株式会社). (2019年5月5日). https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_45826/ 2019年6月23日閲覧。 
    3. ^ 9/9いよいよ3rdシングル発売、ASAYAN.COM、1998年9月20日放送。
    4. ^ NHK紅白歌合戦ヒストリー . 2019年6月23日閲覧
    5. ^ 9/9いよいよ3rdシングル発売、ASAYAN.COM、1998年8月23日放送。
    6. ^ 9/9いよいよ3rdシングル発売、ASAYAN.COM、1998年8月30日放送。
    7. ^ “アイドル映画やドラマ出演から「演劇女子部」ミュージカルまで、モーニング娘。の演技の歴史は意外と長い!”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2017年10月8日). http://music-book.jp/music/news/news/161473 2019年6月23日閲覧。 
    8. ^ “モーニング娘。:「1周回って知らない話」にOG集結 全盛期の恐怖体験語る「1回家の中に人がいました」”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年6月20日). https://mantan-web.jp/article/20180620dog00m200024000c.html 2019年6月23日閲覧。 
    9. ^ “アイドル映画やドラマ出演から「演劇女子部」ミュージカルまで、モーニング娘。の演技の歴史は意外と長い!”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2017年1月19日). https://www.excite.co.jp/news/article/E1484188222761/ 2019年6月23日閲覧。 

    外部リンク[編集]