wonederful world on DEC 21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > wonederful world on DEC 21
wonederful world on DEC 21
Mr.Childrenライブ・ビデオ
リリース
録音 2002年12月21日
横浜アリーナ
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2003年度年間7位(オリコン)
Mr.Children 年表
Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001
2002年
wonederful world on DEC 21
2003年
Mr.Children Tour 2004 シフクノオト
2004年
テンプレートを表示

wonederful world on DEC 21』(ワンダフル ワールド オン ディセンバー トウェンティー ファースト)は、Mr.Childrenのライブビデオ。2003年3月26日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

2002年7月に桜井和寿小脳梗塞で入院したため、デビュー10周年の2002年に予定されていた2つのツアー『TOUR 2002 DEAR WONDERFUL WORLD』『TOUR 2002 IT'S A WONDERFUL WORLD』が中止となった。約半年の療養を経て、音楽活動を再開しても問題が無くなったため、2つのツアーを総括して12月21日横浜アリーナで1夜限りのライブ『TOUR 2002 DEAR WONDERFUL WORLD IT'S A WONDERFUL WORLD ON DEC 21』が開催され、本作はそのコンサートの模様を収録している。本作からDVDのみの販売となった。

Mr.ChildrenのライブビデオはMCや曲間をカットされることが多いが、本作ではアンコール待ちを除いてノーカットとなっている。当日はフジテレビ721で生中継されており(このライブのみはノンスクランブル放送で、スカパー!加入者なら無料で視聴出来た)、その映像と本作はほぼ同じ内容となっている。

wonederful」とは「wonderful」と一夜限りの「one」を掛け合わせた造語で、ライブ当日は使用されず、本作のパッケージ化にあたって使われるようになった。

本ライブの6日後に当日の生中継を担当したフジテレビ系列にて放送されたドキュメントでは、リハーサル風景や終演後の模様も流れ、桜井は「すごい楽しかったですね。自分のせいでツアーを飛ばしてしまったので、なるべくお客さんと触れあうように接したいという気持ちと、構成上突き放す部分もあったが、兼ね合いが上手くいかず反省点もある」、「本当に申し訳ないという気持ちだが、これで胸を張って遊べるな」と語っている[1]

※サポートメンバー

Sunny:Keyboards, Chorus
浦清英:Keyboards
河口修二:Guitar, Chorus

収録曲[編集]

Disc 1[編集]

  1. Opening
  2. Dear wonderful world
  3. CENTER OF UNIVERSE
    大きく展開し、桜井はステージを動き回って健在ぶりをアピールしている。
  4. NOT FOUND
    ライブでは初となる原曲キーでの演奏で、その後に行われたライブツアーで本曲を披露する際、全てキーを半音下げて演奏するため、原曲キーでの演奏は本作が唯一となる。
  5. 名もなき詩
    1番のサビのほとんどを観客に歌わせている。
  6. 渇いたkiss
  7. Drawing
  8. つよがり
  9. MC
  10. 君が好き
  11. youthful days
    前奏が追加されている。以降のツアーでも前奏付きで演奏される。
  12. ファスナー
    PVをバックに演奏。
  13. Bird Cage
  14. ニシエヒガシエ
    MR.CHILDREN CONCERT TOUR POPSAURUS 2001』とほぼ同様のアレンジ。
  15. LOVE はじめました
    中盤でアレンジが大きく変わり、加速するように音が重なっていく。また、CD音源とは桜井の歌い方が大きく異なっている。
  16. ALIVE
    Mr.Children TOUR REGRESS OR PROGRESS '96~'97』以来約5年ぶりに演奏された。田原健一のギターが大幅にアレンジされている。
  17. 終わりなき旅
  18. 光の射す方へ
    スクリーン映像がなされた。光をモチーフにした点や線、物体を除けば、後にも先にも本曲でスクリーン映像が仕様されたことはない。
  19. 虹の彼方へ
    ここからアンコール。1番のみの弾き語りバージョン。
  20. Any
  21. いつでも微笑みを
  22. overture
  23. 蘇生
  24. It's a wonderful world
    歌い出しの合図が入らないというトラブルが発生。そのため、歌の入りがやや曖昧になっている。
  25. HERO

Disc 2[編集]

  1. HERO(PV
  2. Dear wonderful world(ライブスクリーン用映像)
  3. ファスナー(ライブスクリーン用映像)
  4. いつでも微笑みを(ライブスクリーン用映像)
  5. It's a wonderful world(ライブスクリーン用映像)
  6. talks & interview
    当日のライブ映像を観ながら、メンバーと小林武史が雑談形式にコメントしている。また、合間にメンバーのインタビューが挿入される。

脚注[編集]

  1. ^ Mr.Children 2002 ドキュメント -HERO-」(フジテレビ系列、2002年12月27日放送分)