中川敬輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中川敬輔
Misunakake.png
基本情報
生誕 (1969-08-26) 1969年8月26日(47歳)
日本の旗 日本 長崎県長崎市
出身地 日本の旗 日本 東京都町田市
ジャンル J-POP
ロック
職業 ベーシスト
担当楽器 ベース
活動期間 1987年 -
レーベル TOY'S FACTORY
事務所 烏龍舎
共同作業者 Mr.Children
小林武史
公式サイト Mr.Children official site

中川敬輔(なかがわ けいすけ、1969年8月26日 - )は、日本のバンド・Mr.Childrenベーシストである。愛称はナカケー。「スナイパー」という個人事務所を経営している[要出典]

人物[編集]

  • 長崎県で生まれ、後に東京都町田市へ転住。
  • ベースは、フェンダー・ジャズベースを使うことが多く、リッケンバッカー #4003などもたびたび使用する。ただアンプについてはツアー毎に変っていく事が多く、またそのアンプの情報もあまり公にされない。
  • 趣味は競馬、パチンコ、野球観戦。プロ野球では、少年時代から阪神タイガースファンだと公言しており、桧山進次郎矢野燿大ら多くの選手・OBとも親交がある。またアーティスト仲間や事務所スタッフらと結成した草野球のチームに所属しており、お笑い芸人の陣内智則が「草野球の試合に行ったら、相手チームに(ミスチルの)中川さんが居て驚いた」とナカイの窓出演時に述べている。阪神のファンクラブ会報には中川へのインタビュー記事が掲載されたことがあり、Mr.Childrenのファンクラブ会報でも中川の記事はほとんどが阪神についての内容となっていることもある。またプライベートや、ペナントレース中に鈴木英哉阪神甲子園球場をはじめ、ライブ会場近くの球場で試合を観戦する事もある[1]
  • 鈴木や田原健一と同じ中学校に通っていた。その頃田原と「高校に入ったらバンドをやろう」と約束し、田原はギターを選んだため、自らベースを選んだ[2]。このような経緯から桜井和寿はMusic Loversで、「田原と中川の二人がMr.Childrenの原型です」と言っている。その後田原と同じ高校に進学し、軽音楽部で桜井と出会う事になる。デビューまではバンドとアルバイト(ラーメン屋のバイト)を繰り返す日々だった。
  • 中学一年の時、同じ野球部の仲間であり、すぐ近所に住む友人が趣味でギターを始めたことに触発され、楽器に興味を持ち始める。
  • 1997年4月からのMr.Childrenの活動休止中にドラム担当の鈴木、the pillows山中さわおMY LITTLE LOVER藤井謙二と共に期間限定で「林英男(はやし ひでお)」というバンドを結成。バンド名は、メンバーがよく行く飲み屋の主人の名前に由来する。1998年2月には渋谷CLUB QUATTRO等4ヶ所でライブを行い、来場者に3曲入りのオリジナルテープを配布。
  • 曲作りにおいては、2004年発売のアルバム「シフクノオト」で特集を組んだ「別冊カドカワ」のインタビュー内で、「昔はボーカルの桜井のほうから、音の注文があったが、最近はそういうことが全く無くなった。まあ、信頼されているのか、それとも勝手にやれよなのかはよくわからないけど」というような趣旨のことを述べている。
  • 身長175cm、体重60kg(デビュー時の公表数値)。既婚。

関連項目[編集]

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]