SUPERMARKET FANTASY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mr.Children > SUPERMARKET FANTASY
SUPERMARKET FANTASY
Mr.Childrenスタジオ・アルバム
リリース 2008年12月10日
録音 2008年
ジャンル ロック
時間 69分54秒
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続・オリコン)
  • 2008年12月度月間2位(オリコン)
  • 2009年1月度月間2位(オリコン)
  • 2009年度上半期1位(オリコン)
  • 2009年度年間2位(オリコン)
  • オリコン歴代アルバムランキング186位
ゴールド等認定
Mr.Children 年表
B-SIDE
2007年
SUPERMARKET FANTASY
(2008年)
SENSE
(2010年)
SUPERMARKET FANTASY収録のシングル
  1. 旅立ちの唄
    リリース: 2007年10月31日CD
  2. GIFT
    リリース: 2008年7月30日(CD)
  3. HANABI
    リリース: 2008年9月3日(CD)
  4. 花の匂い
    リリース: 2008年11月1日デジタル・ダウンロード
テンプレートを表示

SUPERMARKET FANTASY』(スーパーマーケット ファンタジー)は、Mr.Childrenの15枚目のアルバム2008年12月10日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

前作『B-SIDE』から1年7ヶ月ぶり、オリジナルアルバムでは『HOME』から約1年9ヶ月ぶりのアルバム。『HOME』と同様に本作発表時にはライブツアーの開催も同時に発表された。

初回限定盤はライブ映像とPVを収めたDVD付きで、Mr.Childrenのアルバムが初回出荷分から初回限定盤・通常盤に分かれているのは本作が初。

アルバムタイトルはジャケットデザインを手掛けた森本千絵が、ジャケットの各候補に名付けていたタイトルの1つを桜井和寿が気に入ったことから。ジャケットもそのタイトルが元々付いていたものが採用された[1]

本作について桜井は「スーパーマーケットというのは消費文化の象徴。本作には大きなタイアップの付いた曲がたくさん入っているけれど、大量に消費されるからこそ起きる奇跡のようなものを信じて音楽をやっている。消費されることをポジティブに捉えたアルバム」「こちらから自発的にメッセージを発しようとはしていない。聴いてくれる人が生活の中で、お茶請けにでもしてくれればいい」などと語っていた[1]

Versus』以来6分を超える曲が存在しないが、オリジナルアルバムとしては前作『HOME』に次いで収録時間が長い。

オリコンチャートの初動売上はオリジナルアルバムでは『シフクノオト』以来3作ぶりに70万枚を突破し、2008年に発売されたオリジナルアルバムでは最高の売上を記録した。『HOME』に続き2週連続1位を獲得、発売から4週目(合算週)で累計売上100万枚を突破し、オリジナルアルバムでは『IT'S A WONDERFUL WORLD』から5作連続、アルバム通算12作目のミリオンセラーを獲得した。上半期アルバムチャートでは唯一のミリオンセラーと『HOME』に続いて3作目の1位を獲得した。

収録曲[編集]

  1. 終末のコンフィデンスソング [5:11]
    コンガの音などを取り込んだポップチューンで、サビでは韻を踏んでいる。
    2009年に開催されたライブツアーのタイトルは『Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜』と、この曲の複数形タイトルとなっている。
  2. HANABI [5:43]
    33rdシングル。
  3. エソラ [5:06]
    タイトルは「絵空事」からとられており、仮タイトルは「貨物船」である[2]
    アレンジは元々別のものであったが、桜井がラジオでふと耳にした「君の瞳に恋してる」に感銘を受け、それを踏襲した非常にポップなアレンジに修正したという[3]。歌詞が最後まで出来上がらなかったため、本作の中で最後に歌入れが終わった曲でもある。
    本作のリードナンバーであり[4]、PVも制作されている。PVの監督はジャケットデザインを担当した森本千絵と児玉裕一からなる「こだまgoen°」が務めており、終盤には片桐仁ラーメンズ)が数秒のみ出演している。ちなみにこのPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 09」で「BEST ART DIRECTION VIDEO」を受賞した。
    Mr.Childrenの楽曲の中でも一番盛り上がると言っていいほどライブでは重要な役割を果たす曲であり、「Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜」以降、イントロが追加されたバージョンで毎回演奏されているほどであったが「Tour2015 REFLECTION」で原曲通りのアレンジで演奏されて以来演奏されなくなった。
    後に発売されたベスト・アルバムMr.Children 2005-2010 <macro>」にも収録されている。
  4. [4:17]
    本作発売から1ヶ月後にフジテレビ系ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の新春スペシャルで挿入歌として使用され、後に2010年に放送された続編の『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season』の最終回でも挿入歌として使用されている。
  5. 少年 [5:38]
    NHKドラマ8バッテリー』主題歌。
    タイアップが決まった段階で曲は発表されており、NHK『夏うた2008』や「ap bank fes '08」などではすでに披露されていた。
  6. 旅立ちの唄 [5:37]
    31stシングル。
  7. 口がすべって [4:13]
    初めと終わりにある効果音は、小林武史による提案で女性の唇の音をサンプリングしている[2]
  8. 水上バス [5:05]
    桜井は「水上バス」という言葉は浮かんだものの、実際に乗ったことがなかったために体験乗車し、横浜赤レンガ倉庫を通る水上バスをイメージして作ったという。
  9. 東京 [4:37]
    本作発売以前から、雑誌のインタビューなどで度々メンバーの口から登場していた曲。
    12弦ギターが使われている。
    元々は「旅立ちの唄」のカップリング曲候補だったが、もっと時間を掛けて作りたくなったため「羊、吠える」に変更された。
  10. ロックンロール [3:31]
    ギターソロは桜井が弾いている[2]
    歌詞の内容などから鈴木英哉を意識して書かれたのではないかと思われる[5]
  11. 羊、吠える [4:40]
    31stシングルのカップリング曲。
    オリジナルアルバムにカップリング曲が収録されるのは『シフクノオト』収録の「空風の帰り道」以来となる。
  12. 風と星とメビウスの輪 [5:17]
    「声」と同様に『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の新春スペシャルで挿入歌として使用された。
    曲が進むにつれてストリングスなどが増えていく構成となっている。なお、ピアノ演奏のみの別バージョンが「GIFT」のカップリング曲として収録されている。
  13. GIFT [5:44]
    32ndシングル。
    シングルバージョンとはアウトロのミックスが異なっている。「Mr.Children 2005-2010 <macro>」にはこのバージョンが収録された。
  14. 花の匂い [5:10]
    着うた着うたフル配信限定シングル曲。
    東宝系映画『私は貝になりたい』(2008年版)主題歌。
  • 全曲作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children

DVD 「MUSIC CLIPS 2007-2008 〜SUPERMARKET FANTASY〜」[編集]

  1. 旅立ちの唄 LIVE Ver.
  2. GIFT
  3. HANABI
  4. 花の匂い
  5. エソラ 

テレビ出演[編集]

ベストアルバム収録曲[編集]

参考文献・出典[編集]

  1. ^ a b 2008年12月号『WHAT's IN?
  2. ^ a b c 2009年1月号『MUSICA
  3. ^ 2009年1月号『Talking Rock!』
  4. ^ 2009年1月号『B-PASS』
  5. ^ 「Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜」MCより