834.194

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
834.194
サカナクションスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
エレクトロニカ
テクノ
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 週間2位(オリコン合算アルバムチャート)
  • 週間1位(オリコン週間デジタルアルバムチャート)
  • 週間2位(Billboard Japan Hot Albums
  • 1位Billboard Billboard Japan Download Albums)
サカナクション アルバム 年表
魚図鑑
2018年
834.194
2019年
-
『834.194』収録のシングル
ミュージックビデオ
グッドバイ - YouTube
ユリイカ - YouTube
さよならはエモーション - YouTube
蓮の花 - YouTube
新宝島 - YouTube
多分、風。 - YouTube
ナイロンの糸 - YouTube
忘れられないの - YouTube
モス - YouTube
テンプレートを表示
映像外部リンク
サカナクション / 834.194 concept movie

834.194』(はちさんよんいちきゅうよん)は、サカナクションの7枚目のオリジナルアルバム2019年6月19日に発売された。発売元はビクターエンタテインメント

概要[編集]

サカナクションのオリジナルアルバムとしては、前作『sakanaction』から約6年3ヶ月ぶりとなる作品。2019年3月7日に、ボーカル・山口一郎がパーソナリティを務める「サカナLOCKS!」(TOKYO FMSCHOOL OF LOCK!』内のコーナー[1])にてリリースが発表された[2][3]。なお、リリース発表時には本作の発売日を2019年4月24日とアナウンスしていたが、のちに2019年6月19日に延期された。延期理由は楽曲を手がける山口が歌詞を完成させることができなかったためであり、このことで山口は他のメンバーにも怒られたという[4]

本作は通常盤、完全生産限定盤A(Blu-ray付属)、完全生産限定盤B(DVD付属)の3形態で発売される。各形態ともCD2枚組で各9曲ずつの合計18曲が収録されている。CDに収録されている楽曲はスマートフォンでダウンロード・再生できる「プレイパス」でも聴くことができる。また、完全生産限定盤A・Bには、ボーナストラック『years(Setsuya Kurotaki "NF Remix")』のダウンロードコードが封入される[5]ほか、Blu-rayおよびDVDには2017年5月9日に新木場スタジオコーストにて開催された「サカナクション デビュー10周年記念イベント"2007.05.09 - 2017.05.09"」の映像が収録される(後述)。

アルバムタイトルの『834.194』は、サカナクションが札幌時代に活動拠点としていた「スタジオ・ビーポップ」(北海道札幌市中央区円山)と、現在レコーディングの際に使用している東京の「青葉台スタジオ」を結んだ距離(834.194km)に由来する[6]。また、公式な読みは数字をそのまま読んだ「はちさんよんいちきゅうよん」であるが、メンバーは「やみよいくよ(闇夜行くよ)」と読んでいる。ただし、タイトルの由来は上記の通りであり、「闇夜行くよ」とも読めることに関しては山口は「偶然こうなった」と語っている[7]

アートワーク[編集]

本作ではアーティスト・デュオ「Nerhol(ネルホル)」の作品2点がジャケット・アートワークのメイン・ヴィジュアルとなっている。北海道の海と東京の海のそれぞれで撮影された大量の写真を積層し、それを彫り込んで制作された彫刻作品を改めて撮影した写真がジャケットとなっている。それぞれ青を基調とした面と黄色を基調とした面があるが、バンドとしてはどちらが表でどちらが裏であるかという設定はしていない。ただしレーベルから販売する際のプロモーションの関係で、青を基調とした面のほうが便宜上の表として扱われている。歌詞カードのブックレットはこの作品2点の別角度から撮影された写真と文字のみというミニマルなデザインとなっている[要出典]

今作の歌詞カードではクレジット表記の欄においてバンドメンバーの後ろにギターやドラムといった担当楽器が具体的に表記されていない。この事について岩寺・草刈は、山口が作った原曲のアレンジを他のメンバー4人で進める際に、一人につき一つの楽器のみを担当する事にこだわらずこれまで以上に4人があらゆる要素に各々の意見を反映させながらアルバムを完成させた為であると語っている[8]

収録曲[編集]

DISC 1「35 38 52 9000 / 139 41 39 3000」[編集]

  1. 忘れられないの
    ソフトバンク「速度制限マン」篇CMソング。山口が同CMに出演している[9]。2019年5月24日放送の「サカナLOCKS!」にてフル尺が解禁された[10]田中裕介が手掛けたミュージック・ビデオが作成されている[11]
    両A面シングル『忘れられないの/モス』として、『モス』とともに本作発売後にリカットされる。『忘れられないの』及び『モス』は1980年代の音楽・カルチャーに大きく影響を受けており、当時普及し始めていた8センチCDでのリリースとなる[12]
    ライブ初披露はEX THEATER ROPPONGIで開催されたSAKANAQUARIUM2018 "魚図鑑ゼミナール"VISUAL LIVE SESSIONの初日(2018年11月30日)である。
  2. マッチとピーナッツ
    ライブ初披露はアルバム発売前のツアーであるSAKANAQUARIUM2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Sessionの初回ステージとなった幕張公演(2019年4月6日)。
  3. 陽炎
    ベストアルバム『魚図鑑』に収録されている『陽炎 -movie version-』とは異なるアレンジとなっており、間奏として岩寺によるギターソロのパートや最後のサビ前に新たな歌唱パートが追加されるなどの変化がある。楽曲としてのリリースは『魚図鑑』に収録された『movie version』の方が先であった(2018年3月)ものの、2017年4月より開催されたワンマンツアー「10th ANNIVERSARY『2007.05.09』TOUR」やそれ以降のライブでは本作に収録されている『陽炎』のアレンジに近い形で演奏されていた。なお、初披露は『2007.05.09』ツアーに先駆けて行なわれたSAKANAQUARIUM2017 高崎アリーナオープン記念ライブである[13]
  4. 多分、風。
    12thシングルの表題曲。サカナクションの楽曲では初となる奇数BPMであるBPM139で完成した。Instagramのライブ配信で山口は、本作の曲順は「ほぼこれ以外ありえなかった」としているもののDISC1における多分、風。の順番はいくらか迷ったと発言している。
    ライブ初披露はSAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"の追加公演である幕張公演の初日(2018年4月9日)[14]
  5. 新宝島
    11thシングルの表題曲。2019年6月30日の午後10時ごろ、YouTubeに公開されているMVが、バンド初となる1億回再生を達成した[15]
    ライブ初披露はSAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"の初回である北海道立総合体育センターでの公演(2015年10月3日)にて。
  6. モス
    フジテレビ系木曜劇場ルパンの娘」主題歌。GYAO!にてMVが先行公開された。
    SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY」内のコーナーである「サカナLOCKS!」の2019年6月7日放送回にて、ゲストとして出演したビクターの新入社員である有薗弥飛が、歌詞の一部である「繭割って蛾になるマイノリティ」というフレーズを、本作発売前かつラジオ放送解禁前であったにも関わらずネタバレしてしまうというハプニングがあった。
    『忘れられないの』と同様に、本作発売後にシングルとしてリカットされる。
    SAKANAQUARIUM2018 "魚図鑑ゼミナール"VISUAL LIVE SESSIONやその後のSAKANAQUARIUM2018-2019 "魚図鑑ゼミナール"では『マイノリティ』という仮タイトルで演奏されていた。完成版のライブ初披露は"834.194"ツアーの幕張公演初日。
  7. 「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
    11thシングル「新宝島」のカップリング。草刈の産休中に制作された曲であり、エレキベースは全て岩寺によるテイクが使用されている[16][17]
  8. ユリイカ(Shotaro Aoyama Remix)
    9thシングル曲を、サカナクションのプロジェクト「NF」のメンバーである青山翔太郎がリミックスしたもの。青山はツアー「SAKANAQUARIUM2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session」の『ユリイカ』の映像制作も担当している[10]
  9. セプテンバー -東京 version-
    札幌時代に作られた楽曲をリアレンジしたもの[10]

DISC 2「43 03 18 9000 / 141 19 17 5000」[編集]

  1. グッドバイ
    9thシングルの1曲目。本作に収録された楽曲の中では最初にリリースされた楽曲の一つ。
    ライブ初披露はインテックス大阪で開催されたFM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2013の二日目(2013年12月29日)。
  2. 蓮の花
    10thシングルの2曲目。
    2014年10月27日、日本テレビ系列の『LIVE MONSTER』にてテレビ初披露となった。
  3. ユリイカ
    9thシングルの2曲目。グッドバイ同様、本作に収録された楽曲の中では最初にリリースされた楽曲の一つ。
  4. ナイロンの糸
    大塚製薬カロリーメイト」CMソング。本作リリースに先駆けて発表されていた[18]。『years』『SORATO』に続いて、山田智和が手掛けたミュージック・ビデオが制作されている[19]
    『忘れられないの』同様、SAKANAQUARIUM2018 "魚図鑑ゼミナール"VISUAL LIVE SESSIONの初日に初めてライブで披露された。
  5. 茶柱
    アルバムの発売日が延期になったことで制作スケジュールに余裕が出来たため、追加でレコーディングを行ない完成した曲。本来は収録される予定ではなかった[20]。この楽曲の収録が決定する前は「DISC 1」も収録曲数が8曲の予定であり、8曲2枚組の16曲で構成されたアルバムになる予定だったという。
    2019年9月現在、ライブではまだ演奏されていない。
  6. ワンダーランド
    TBS制作の報道番組「news23」のテーマソング。当初よりタイアップ用の曲として制作された訳ではなく、アルバム製作用のデモを聴いた番組関係者からの要望を受け、2019年6月3日からの番組リニューアルに合わせ起用が決定した[20]
    バンドとしては初めてシューゲイザーを取り入れた楽曲である。曲の冒頭と終盤に特に大きくノイズが入っているが、イントロの前の音は北海道の雪を踏む足音であり、終盤の大音量のホワイトノイズの中に紛れて聞こえる音は東京の街中で録った音であることが語られている[21]
    ライブ初披露は"834.194"ツアーの幕張公演初日。
  7. さよならはエモーション
    10thシングルの1曲目。
  8. 834.194
    サカナクションと同郷のミュージシャンであるKuniyuki Takahashi(英語版)と共同制作した楽曲[10]
  9. セプテンバー -札幌 version-
    札幌時代に制作された楽曲を、当時に近いアレンジで録音したもの。山口は『セプテンバー』を2バージョン収録することについて、「札幌時代っていうのは、300人キャパシティで、CDもリリースしていないし、そこの300人に向けて作るっていうよりも、自分たちがどんな曲を作りたいのか、何を感じているのかっていうことだけを純粋に伝えている、生々しい、作為性のないものを作っていたんですよ。それが東京に出てきて、作為性みたいなものを手に入れて、無作為をどう作為的に作るかっていう……技術ですよね。技術の研究をしてきた結果、今の自分たちの立ち位置があると思う。だから、その作為性を無作為に作るっていう技術を持っている今の自分たちと、作為性がないものを作ってきた純粋な自分たちの差みたいなものがこのアルバムで表現できたらなと思って。これから作る、このアルバム以降サカナクションが向かっていく先っていうのは、その無作為性。作為性を持たずに無作為に作るっていうことに対してどうしたらいいのかっていうのを考えていく時間になると思うので、ピュアな気持ちを持っていくためにも、この『セプテンバー』っていう無作為に作られた曲を、今のアレンジと昔のアレンジに近いアレンジで2曲入れるのが大事だったんです」と語っている[10]

完全生産限定盤[編集]

映像外部リンク
サカナクション / 834.194 「"2007.05.09-2017.05.09"」Digest Movie

本作は、通常盤のほかに、完全生産限定盤A(Blu-ray付属)、完全生産限定盤B(DVD付属)もリリースされる。完全生産限定盤は特殊パッケージ仕様となるほか、ボーナストラックがダウンロードできるコードが封入される(有効期限は2019年12月19日まで)。 また、ファンからのリクエストに基づく15曲が演奏されたイベント「サカナクション デビュー10周年記念イベント "2007.05.09 - 2017.05.09" -LIVE AT STUDIO COAST 2017.05.09-」(2017年5月9日・新木場スタジオコースト)の映像が、それまでの活動を振り返るメンバーのトークとともに130分以上にわたって収録される。また、限定盤Aにのみ、6曲のミュージックビデオも収録される[22]

ツアー[編集]

2019年3月7日にアルバム発売が発表された当時は2019年のツアー中にアルバムが発売される予定だった為、一つのツアー中にアルバムを聴かずに観るライブと聴いてから観るライブの両方を体験できる特徴があることを山口は語っていた[23]。しかし、発売延期となったために2019年のワンマンツアーは結局すべての公演が「アルバムを聴かずに観るライブ」となった。この後山口は6月16日のInstagramや公式ファンサイトのライブ配信等で「アルバムを聴いてから観るライブ」となるワンマンツアーをアリーナ以外の規模の会場を回りながら新たに開催する発言をしていた。そして、8月24日に『834.194』の新たなアルバムツアーとなる「SAKANAQUARIUM2020」の開催が公式SNS等で発表された。

アルバム発売前のツアー[編集]

サラウンドツアー[編集]

映像外部リンク
サカナクション / TOUR「SAKANAQUARIUM2019 ""834.194"" 6.1ch Sound Around Arena Session」ティザー

本作のタイトルを冠したツアー「SAKANAQUARIUM2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session」が、2019年4月6日から6月14日にかけて開催された。全国7都市のアリーナで計10公演が行われ、サカナクションとしては史上最大規模のツアーとなった[24]

SAKANAQUARIUM2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session
公演日 会場 開場 開演
4月6日 千葉 幕張メッセ国際展示場9-11ホール 16時30分 18時00分
4月7日 千葉 幕張メッセ国際展示場9-11ホール 16時30分 18時00分
4月14日 広島 広島サンプラザホール 17時00分 18時00分
4月20日 宮城 ゼビオアリーナ仙台 17時00分 18時00分
4月21日 宮城 ゼビオアリーナ仙台 17時00分 18時00分
5月3日 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 17時00分 18時00分
5月21日 大阪 大阪城ホール 18時00分 19時00分
5月22日 大阪 大阪城ホール 18時00分 19時00分
6月9日 福岡 マリンメッセ福岡 17時00分 18時00分
6月14日 愛知 ポートメッセなごや 名古屋市国際展示場 3号館 18時00分 19時00分
テレビ放送[編集]

千秋楽となった愛知公演の様子がWOWOWライブにて2019年9月22日の21時00分より放送された[25]。番組では山口が本ツアーを振り返るインタビューも合わせて放送された。

アルバム発売後のツアー[編集]

中国公演[編集]

4月27日にSAKANAQUARIUM2019の中国での追加公演が発表され、この公演のプロモーションに合わせてweiboが開設された[26]。中国での2公演はアルバム発売後に開催されたが、演出やセットリストはあくまでアルバム発売前のツアーを引き継いだ内容である。

SAKANAQUARIUM2019 "834.194"
公演日 会場 開場 開演
6月28日 上海 Modern Sky LAB 19時00分 20時00分
6月30日 深セン A8 Live 18時00分 19時00分


新たなアルバムツアー[編集]

本作をひっさげたアルバムツアーとなる「SAKANAQUARIUM2020」が2020年1月18日から4月12日にかけて開催予定である。全国のアリーナで開催された2019年のツアーに対して、こちらは中規模の会場を中心に全国をまわるホールツアーとなっている。

SAKANAQUARIUM2020
公演日 会場 開場 開演
1月18日 群馬 高崎芸術劇場 17時00分 18時00分
1月19日 群馬 高崎芸術劇場 17時00分 18時00分
1月28日 京都 ロームシアター京都 17時30分 18時30分
1月29日 京都 ロームシアター京都 17時30分 18時30分
2月5日 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール 17時30分 18時30分
2月6日 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール 17時30分 18時30分
2月10日 新潟 新潟県民会館 17時30分 18時30分
2月11日 新潟 新潟県民会館 17時30分 18時30分
2月18日 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール 17時30分 18時30分
2月19日 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール 17時30分 18時30分
2月25日 宮城 仙台サンプラザホール 17時30分 18時30分
2月26日 宮城 仙台サンプラザホール 17時30分 18時30分
2月29日 石川 本多の森ホール 17時00分 18時00分
3月1日 石川 本多の森ホール 17時00分 18時00分
3月12日 広島 広島文化学園HBGホール 17時30分 18時30分
3月13日 広島 広島文化学園HBGホール 17時30分 18時30分
3月17日 兵庫 神戸国際会館こくさいホール 17時30分 18時30分
3月18日 兵庫 神戸国際会館こくさいホール 17時30分 18時30分
4月1日 福岡 福岡サンパレス 17時30分 18時30分
4月2日 福岡 福岡サンパレス 17時30分 18時30分
4月4日 熊本 熊本城ホール メインホール 17時00分 18時00分
4月11日 北海道 札幌文化芸術劇場hitaru 17時00分 18時00分
4月12日 北海道 札幌文化芸術劇場hitaru 17時00分 18時00分

脚注[編集]

  1. ^ 「サカナLOCKS!」は、2019年4月5日より毎週金曜日に放送されている「SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY」の1コーナーとなっている。
  2. ^ 「サカナクション、6年ぶりのニューアルバム、リリース決定!」”. SCHOOL OF LOCK! (2019年3月7日). 2019年6月6日閲覧。
  3. ^ サカナクション、6年ぶりのアルバム「834.194」リリース決定”. 音楽ナタリー (2019年3月7日). 2019年6月6日閲覧。
  4. ^ 「毎週(木)の教室、ラスト授業!お知らせがいろいろあります。」”. SCHOOL OF LOCK! (2019年3月28日). 2019年6月6日閲覧。
  5. ^ サカナクション「834.194」ボーナストラックは黒瀧節也による「years」リミックス”. 音楽ナタリー (2019年6月17日). 2019年6月20日閲覧。
  6. ^ NHKSONGS」(2019年7月6日放送)
  7. ^ 「サカナクション、6年ぶりのニューアルバム、リリース決定!」”. TOKYO FM (2019年3月7日). 2019年8月28日閲覧。
  8. ^ 鹿野淳 「COVER STORY サカナクション Interview with 江島啓一・岩寺基晴・草刈愛実・岡崎英美」 ,『MUSICA』 2019年7月号, 株式会社FACT, 2019年7月15日発行, 35頁右側40~47行.
  9. ^ サカナクション、新曲「忘れられないの」がソフトバンク新CMのテーマ曲に” (2019年3月22日). 2019年6月6日閲覧。
  10. ^ a b c d e 「ニューアルバム『834.194』から、新曲「忘れられないの」初オンエア!」”. SCHOOL OF LOCK! (2019年3月7日). 2019年6月6日閲覧。
  11. ^ サカナクション、80年代前半のポップスを再現した“忘れられないの”MV公開-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/187142” (日本語). rockinon.com. 2019年6月25日閲覧。
  12. ^ サカナクション、最新アルバムより“忘れられないの”&“モス”を8cmCDでリカットリリース”. rockin'on.com (2019年7月10日). 2019年7月15日閲覧。
  13. ^ サカナクション、ホールツアー初日高崎アリーナ“こけら落とし”に見た結成10年目の到達点”. BARKS (2017年4月18日). 2019年9月23日閲覧。
  14. ^ サカナクション、幕張メッセ公演で新曲を初披露決定!”. rockin'on.com (2018年3月18日). 2019年9月23日閲覧。
  15. ^ サカナクションのツイート”. Twitter (2019年7月1日). 2019年7月15日閲覧。
  16. ^ 萩原じいの 「FEATURED BASSISTS 2 草刈愛美 サカナクション」 ,『BASS MAGAZINE』 2019年8月号, 株式会社リットーミュージック, 2019年8月1日発行, 26頁.
  17. ^ サカナLOCKS! 2015年10月15日 掲示板エゴサーチ”. SCHOOL OF LOCK! (2015年10月15日). 2019年9月24日閲覧。
  18. ^ サカナクション・山口一郎出演の「カロリーメイト」新CMロングバージョンが本日19時に公開-rockinon.com” (日本語). rockinon.com. 2019年6月25日閲覧。
  19. ^ サカナクション、新アルバムから“ナイロンの糸”MV公開。カロリーメイトCMソング” (日本語). rockinon.com. 2019年6月25日閲覧。
  20. ^ a b 「サカナクションのニューアルバム『834.194』を半解剖!」” (日本語) (2019年6月14日). 2019年7月4日閲覧。
  21. ^ サカナクション山口一郎先生が生放送教室に登場!アルバム「834.194」について話を聞いて行くぞ!” (日本語) (2019年6月18日). 2019年7月4日閲覧。
  22. ^ サカナクション、約6年ぶりニューアルバム『834.194』発売”. rockin'on.com (2019年3月8日). 2019年6月6日閲覧。
  23. ^ サカナクション、6年ぶりのニューアルバム、リリース決定!”. サカナLOCKS! (2019年3月7日). 2019年8月30日閲覧。
  24. ^ サカナクション、来年4月よりアリーナツアー開催。全国7ヶ所10公演で過去最大規模”. rockin'on.com (2018年10月9日). 2019年6月6日閲覧。
  25. ^ サカナクロニカ2019 WOWOW Live Selection”. WOWOWオンライン. 2019年9月22日閲覧。
  26. ^ 中国 上海・深セン公演が決定。同時にweiboを開設。”. サカナクション公式サイト (2019年4月27日). 2019年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]