完全感覚Dreamer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
完全感覚Dreamer
ONE OK ROCKシングル
初出アルバム『Nicheシンドローム (#1)』
B面 独り言ロンリーナ
リングワンデルング
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル A-Sketch
作詞・作曲 Taka(全作詞・作曲)
Toru(作詞・作曲 #2,3)
チャート最高順位
ONE OK ROCK シングル 年表
エトセトラ
2007年
完全感覚Dreamer
(2010年)
アンサイズニア
2011年
ミュージックビデオ
「完全感覚Dreamer」 - YouTube
テンプレートを表示

完全感覚Dreamer」(かんぜんかんかくドリーマー)とは、日本ロックバンドONE OK ROCKの楽曲で、4枚目のシングルである。2010年2月3日に、通常盤・DVD付きの初回生産限定盤の2形態で発売。今作で、シングルとしてバンド初のオリコン週間チャートでのトップ10入りを果たした。

前作「エトセトラ」より、約2年半ぶり(ギター担当のAlex脱退後初)となるシングル[3]

「完全感覚Dreamer」のミュージック・ビデオ福居英晃が手掛け、2011年、スペースシャワーTV主催の「SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS」の「ROCK部門」にノミネートされた[4]

新型コロナウイルス感染症が流行していた2020年5月18日には、各メンバーが自宅で撮影を行い、上記のMVを彷彿とさせる演出が取り入れられたOfficial Home Performance Video「完全在宅Dreamer」がバンドのYouTubeチャンネルに投稿された[5]

収録内容[編集]

CD[編集]

  1. 完全感覚Dreamer (4:11)
    • 作詞・作曲:Taka 編曲:ONE OK ROCK、akkin
    • TBS系『あらびき団』2010年2 - 3月度エンディングテーマ[2]
    • 楽曲には、「決してこのままでは終わらない、理屈ではない感覚的発想で未来を切り開いていく」という意味が込められている[3][6][7]
    • 2010年7月6日時点で、ミュージック・ビデオの総再生回数は100万回を記録している。[8]
  2. 独り言ロンリーナ (4:17)
    • 作詞・作曲:Taka/Toru 編曲:ONE OK ROCK、akkin
    • 発売中止となったシングル「Around ザ world 少年」(2009年)の2曲目に収録される予定だった楽曲。
  3. リングワンデルング (3:24)
    • 作詞:Taka 作曲:Taka/Toru 編曲:ONE OK ROCK、平出悟

初回盤付属DVD[編集]

  • 2009年9月5日に行われた「Shinjuku LOFT "Overcome Emotion" TOUR」から、以下の5曲の映像が収録[3][6]
  1. CONVINCING
  2. Melody Lineの死亡率
  3. 存在証明
  4. 恋ノアイボウ心ノクピド
  5. Viva Violent Fellow 〜美しきモッシュピット〜

出典[編集]

  1. ^ ONE OK ROCK/完全感覚Dreamer<通常盤> (TOWER RECORDS ONLINE) 2014年12月2日閲覧。
  2. ^ a b c 完全感覚Dreamerオリコン芸能人事典)2014年12月2日閲覧。
  3. ^ a b c ONE OK ROCK理屈抜きの新曲「完全感覚Dreamer」完成音楽ナタリー、2009年11月29日掲載)2014年12月2日閲覧。
  4. ^ 毎年恒例スペシャ「MVA」ノミネート70作品が明らかに(音楽ナタリー、2011年2月1日掲載)2014年12月2日閲覧。
  5. ^ “ONE OK ROCK、自宅で撮影したパフォーマンス映像“完全在宅Dreamer”公開”. タワーレコード オンライン ニュース. (2020年5月18日). https://tower.jp/article/news/2020/05/18/tg006 2020年7月28日閲覧。 
  6. ^ a b ONE OK ROCK、2年半ぶりの新曲PVを公開BARKS、2010年1月30日掲載)2014年12月2日閲覧。
  7. ^ ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」 (Billboard JAPAN) 2014年12月2日閲覧。
  8. ^ “ONE OK ROCK、レコチョクロック部門上半期1位獲得”. BARKS (JAPAN MUSIC Network Inc.). (2010年7月6日). https://www.barks.jp/news/?id=1000062463 2016年6月1日閲覧。